世界が魅了されたカラーウォッチ。ヘンリーロンドンって知ってる?

世界が魅了されたカラーウォッチ。ヘンリーロンドンって知ってる?

アンティーク感とファッション性、その巧みなバランス感覚で腕時計業界に新しい世界観を生み出す『ヘンリーロンドン』。新進気鋭ながら腕時計通をうならせる魅力に迫る。

小林 大甫

2018.05.25

腕時計

2015年誕生の新進気鋭。『ヘンリーロンドン』が熱い

『ヘンリーロンドン』誕生のきっかけは、とあるロンドンの骨董市。「Henry, August 1965」という文字が裏蓋に刻印されたスイス製のヴィンテージウォッチを1組のカップルが手にしたことから始まった。その腕時計を現代によみがえらせたいというデザイナーの強い思いから、2015年にブランドを立ち上げることとなる。

2015年誕生の新進気鋭。『ヘンリーロンドン』が熱い

neelセレクトショップneelセレクトショップ

お気に入り追加

同年のバーゼルワールドにて初お披露目となった『ヘンリーロンドン』。クラシカルな意匠とカラフルなバリエーションに世界中のバイヤーが注目、一気に話題となる。現在では、世界70か国以上で取り扱われるほどの世界的ブランドとなった。腕時計としての古き良きデザイン性はもちろんのこと、豊富なバリエーションや手頃な価格帯でファッションウォッチとしての魅力も備えている。

クラシカルなのに、キャッチー。『ヘンリーロンドン』のデザインに迫る

クラシカルなのに、キャッチー。『ヘンリーロンドン』のデザインに迫る

骨董市で運命的な出会いをしたヴィンテージウォッチが、インスピレーション源。温かみのあるクラシカルな佇まいが、『ヘンリーロンドン』の象徴としてまず挙げられる。ぽってりとしたドーム状のミネラルガラスの風防や、その風防の形に添ってカーブしている曲げ針がまさにそれ。そのほかにも繊細なインデックスやリーフ針など、随所にアンティーク調の意匠を施している。また小ぶりなサイズ感や、フェイスによってベルトの素材やデザインを変えるなどの小技も粋なあしらいだ。

クラシカルなのに、キャッチー。『ヘンリーロンドン』のデザインに迫る 2枚目の画像

CAMERONCAMERON

お気に入り追加

カラフルなバリエーションも、『ヘンリーロンドン』らしさだろう。原色のような鮮やかさではなく、どこか渋さや風情を感じさせる独特の色合いは、ほかの腕時計にはかなわない繊細なアクセントを与えてくれる。また、シリーズ名にはロンドンの地下鉄の駅名を採用。それぞれのカラーより各駅のイメージに思いをはせるのも『ヘンリーロンドン』ならではの楽しみ方だ。デザイナーのヴィンテージディテールへのこだわりと、気の利いた遊び心。語るうえでも申し分のない品々ではないだろうか。

よりどりみどり。『ヘンリーロンドン』のおすすめ8本

クラシカルな意匠とオリジナリティのあるカラーリング。その融合を楽しむことのできる腕時計のラインアップはなんと80種類以上にも及ぶ。今回はその数あるモデルの中から、大人の男性に刺さる8モデルをレコメンドしていこう。

1本目ハイゲート オートマチック

ハイゲート オートマチック

neelセレクトショップneelセレクトショップ

お気に入り追加

ブランド誕生のきっかけとなった、1965年製のアンティークウォッチへのオマージュとして作られた「ハイゲート」。シルバーホワイトのシンプルな文字盤に、視認性に優れたダブルドーム型風防とカーブ針をあしらったブランドを代表するモデルだ。新しく誕生したこちらは、オープンハートからその繊細なムーブメントを楽しむことのできる機械式腕時計。オン・オフで重宝するタイムレスな一品である。

2本目エッジウェア

エッジウェア

腕時計のななぷれ腕時計のななぷれ

お気に入り追加

ブラックとシルバー、ホワイトという実直なモノトーンだけで構成されるシリーズ「エッジウェア」からは、上品なミラネーゼブレスを採用したデイト3針モデルをレコメンド。39mm径の収まりのいいケースにブラックの文字盤、そこに乗せた控えめなシルバーインデックスと長短針により都会的なムードを醸し出してくれる。時分針のルミノバで夜間の視認性も確保。

3本目ウエストミンスター

ウエストミンスター

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

「ウエストミンスター」はイエローゴールドを用いたエレガント&レトロなカラーリングが特徴。中でもこのモデルはケースとフェイス、インデックスをすべてゴールドでまとめ、ベルトにはブラックを選択したアンティーク感にあふれたルックスがラグジュアリーだ。だが小ぶりなサイズ感とシンプルなデザインによりゴージャス過ぎるということもなく、秒針のブルーが小粋な表情をのぞかせる。

4本目リッチモンド

リッチモンド

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

上品なピンクゴールドをベースに、男女問わず華やかな腕元を演出してくれるシリーズ「リッチモンド」。推薦するのは6時位置のムーンフェイズとカレンダー表記をあしらったデコラティブなモデル。ほかのモデルと比較するとフェイスデザインの要素は多いものの、繊細なデザインのためクラシカルなエッセンスを楽しむことができる。遊び心の欲しい男性にぴったりだ。

5本目ナイツブリッジ

ナイツブリッジ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

奥行きのある味わい深いネイビーカラーが魅力の「ナイツブリッジ」は、その色みを存分に堪能できる41mm径の3針タイプ。程良く存在感を示してくれるため、オン・オフともに腕元からスマートな印象を発してくれる。シーンや人、スタイルを選ばないシンプルなルックスゆえに、『ヘンリーロンドン』のエントリーモデルとしても人気のシリーズだ。

6本目フィンチリー

フィンチリー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ピンクゴールドケースとメタリックグレーフェイスによるコンビネーションが大人の品格を示してくれる「フィンチリー」。その雰囲気に合わせた39mmのミニマルフェイスとブラックのレザーストラップにより、控えめながらも大人の嗜みにうってつけな1本に仕上がっている。本来スポーティなクロノグラフも、『ヘンリーロンドン』の解釈でクラシカルな面持ちに。

7本目チャンスリー

チャンスリー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

大英博物館とロンドンの金融街を結ぶ“チャンスリー・レーン駅”をカラーイメージにした「チャンスリー」は、グラデーションをかけたアンティークレッドがほかにはない独特な感性をもたらす。ミラネーゼブレスとシンプルな3針仕様により、色合いの魅力を存分に味わってもらえるだろう。これからの時期は腕元のアクセントとして、アクセサリー代わりの主張もかなう。

8本目チズウィック

チズウィック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

「チズウィック」は『ヘンリーロンドン』のオリジナリティを発揮した特有のグリーンカラーフェイスと、華美なイエローゴールドの小気味いいバランスが特徴のシリーズ。その個性を味わうのであれば、同じくイエローゴールドで統一したミラネーゼブレスの1本がおすすめだ。大人が欲しいゴージャスさとアンティーク感のMIXが特別な腕元を演出してくれる。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

    点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

    「どうやって時間を読むの?」と、『タックス』の腕時計を初めて見た人は難しい顔をするかもしれない。文字盤が水面のように波打っていたり鏡になっていたり、はたまたカ…

    編集ムタガミ

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    日本製腕時計の鑑。ノット(Knot)を知らなきゃ損をする

    日本製腕時計の鑑。ノット(Knot)を知らなきゃ損をする

    『ノット』は2015年にスタートしたばかりの新しい時計ブランド。ジャパンメイドらしいクオリティの高さと独自のカスタムメイドシステムが新鮮な、注目の新星です。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    BACK