美人プレスの妄想デート服vol.4|ジャーナル スタンダード浅野 愛さん

美人プレスの妄想デート服vol.4|ジャーナル スタンダード浅野 愛さん

デートの服装に困ったら、女性の意見を参考に! 4回目の連載となる今回は、『ジャーナル スタンダード』の美人プレスに理想のお出かけコーデを聞いてきました。

近間 恭子

近間 恭子

SHARE
記事をお気に入り
2018.06.01

癒やし系プレスが考える理想のデート服は、“シンプルでゆったり”がキーワード

癒やし系プレスが考える理想のデート服は、“シンプルでゆったり”がキーワード

『ジャーナル スタンダード』のプレスとして活躍している浅野 愛さんは、ふんわり柔らかな雰囲気が漂う癒やし系女子。自身の好きなファッションもそうだからか、ゆったりとしたシルエットのアイテムをシンプルに着こなしている男性が好みだそう。もちろん清潔感は必須とのことです。

美人プレスに一問一答

普段の仕事内容からプライベート、さらには好みの男性のファッションまで、浅野さんにあらゆる質問に答えてもらいました。

美人プレスに一問一答

■普段の仕事内容は?

「『ジャーナル スタンダード』のショップスタッフを経て、昨年の秋からレディースのプレスになりました。カタログやタイアップの撮影に立ち会ったり、雑誌などへのリース業務が主な仕事です。念願のプレス業務はやりがいがあって楽しいですね」

美人プレスに一問一答 2枚目の画像

■休日はどう過ごしていますか?

「実はインドア派でして……(笑)。休日はのんびりDVDを見たり、家でまったり過ごすことがほとんどですね。しっかり休むからこそ、平日の仕事をフルスロットルで頑張ることができるんです」

美人プレスに一問一答 3枚目の画像

■自身のファッションテイストは?

「シンプルながら、どこか女性らしさも感じさせるコーディネートが好きですね。あと、体の線が出る服が得意じゃないので、ゆったりしたシルエットでまとめることが多いかも。まさに今回の着こなしが、私の好きなテイストですね」

美人プレスに一問一答 4枚目の画像

■今日のコーデのポイントは?

「カフタン風のワンピースをサラリと1枚で着たのがポイント。表情豊かなリネンの風合いも特徴で、シンプルながらも適度に存在感を放ってくれます」

美人プレスに一問一答 5枚目の画像

「ゴールドとシルバーのミニマムなアクセで女性らしさを加味しつつ、足元はレースアップのサンダルで品良く締めました」

ワンピース 23,000円/マウ ロア、リング 15,000円/ギャラ イズ ラブ、バングル(細)31,000円/アデリン カシュー、バングル 38,000円/アデリン カシュー、サンダル 69,000円/マルティニアーノ、その他私物

美人プレスに一問一答 6枚目の画像

■どんなファッションの男性が好み?

「基本的にはベーシックカラーを使ったシンプルな着こなしがいいですね。全体的にゆるっとしたシルエットも好みなので、今回のデートコーデもボトムスはすべてゆったりとしたシルエットをセレクトしました。あと、チェック柄の半袖シャツに弱くて、なぜか昔から惹かれるんです(笑)」

美人プレスに一問一答 7枚目の画像

■逆に嫌いなファッションは?

「体の線が出るぴったりとした服を着た男性は苦手ですね。タイトすぎるボトムスはとくに……。逆にゆったりしたシルエットでまとめたファッションのほうが、包容力がある気がするし、どこか男らしさも感じるんですよ」

シチュエーション別に提案。浅野さんの妄想デート服

ここからが企画の本題。浅野さんが「こんな着こなしでデートに来てくれたらうれしいな」というコーディネートを、3つのシチュエーション別に作ってもらいました。

スポーツ観戦編

シックな配色でスポーティな着こなしを大人っぽく

シックな配色でスポーティな着こなしを大人っぽく

サッカー観戦をイメージしたというこちらのコーディネート。「応援しているチームの試合に行くとはいえ、家からユニフォームを着ていくのはちょっと……。電車に乗ったり、街を歩いたりしますしね。だからユニフォームはスタジアムだけにしてほしいかな」。そこで浅野さんが提案するサッカー観戦デートのコーデは、フットボールTシャツ×イージーパンツの組み合わせ。

シックな配色でスポーティな着こなしを大人っぽく 2枚目の画像

「全体的にゆったりとシルエットでまとめた動きやすいスタイリングながら、シックなカラーリングで構成することでタウンも意識しました。スニーカーでグリーンを差して遊びをプラスしたのもポイントです。色も好きですが、派手すぎるのは一緒にいて少し恥ずかしいので(笑)、さりげなく効かせるのがいいかな」

7分袖Tシャツ 16,000円/フィル ザ ビル×ジャーナル スタンダード トライセクト-2、パンツ 14,000円/J.S.ホームステッド、スニーカー 15,800円/リプロダクション オブ ファウンド×ジャーナル スタンダード

アウトドア編

フェード感ある色みが決め手のアウトドアスタイル

フェード感ある色みが決め手のアウトドアスタイル

「インドア派なのでアウトドアデートを妄想できなくて……。なので、このコーディネートを作るのが一番難しかったですね(笑)」という浅野さん。本格的すぎるのではなく、アウターを脱いだら街着としても対応することを意識したそう。「イエローのナイロンパーカーをセレクトしていますが、ややフェード感ある色みで主張は控えめ。さらにシャツやパンツをベージュ系でまとめ、レトロな雰囲気漂うクラシックなアウトドアスタイルに仕上げました」

フェード感ある色みが決め手のアウトドアスタイル 2枚目の画像

「アウターや足元といった部分的に濃色を取り入れることで、ゆったりとしたシルエットで構成していながらも膨張することなく、メリハリをもたせたのもこだわりです」。オープンカラーシャツやウエストポーチなど、さりげなくトレンドアイテムを盛り込んでいるのも見逃せません。

ナイロンパーカー 27,000円/ザ・ノース・フェイス パープルレーベル×ジャーナル スタンダード、シャツ 26,000円/インディビジュアライズド シャツ×ジャーナル スタンダード、パンツ 13,000円/ジャーナル スタンダード トライセクト-2、バッグ 5,500円/グレゴリー×ジャーナル スタンダード、サンダル 18,000円/スイコック×ジャーナル スタンダード

ショッピング編

大好きなチェックシャツをシンプルかつ大人っぽくスタイリング

大好きなチェックシャツをシンプルかつ大人っぽくスタイリング

「チェック柄のゆったりとした半袖シャツがとにかく好きで、それをサラリと着こなしている人を見かけるとつい目で追ってしまうんです(笑)」。ボトムスはシンプルなペインターパンツをチョイスし、あくまでもシャツを主役にしたスタイリングを提案。

大好きなチェックシャツをシンプルかつ大人っぽくスタイリング 2枚目の画像

「シャツのシルエットに合わせて、ボトムスもゆったりとしたものを選びました。それによって、シンプルだけど今っぽさも感じられると思います」。また、表参道でのショッピングをイメージし、足元はレザーシューズで適度なきちんと感をもたせたのもポイントだそう。「私の好きな男性のファッションを盛り込んだ、まさに理想的なコーディネートです。この格好で待ち合わせ場所に登場したら、キュンとしちゃうかも(笑)」

シャツ 15,800円/カインダガーデン、パンツ 9,800円/ユニバーサル オーバーオール、シューズ 25,000円/ティンバーランド×ジャーナル スタンダード

ゆったりシルエットのデート服はいかがでした?

男性のスタイリングには自信がないと謙そんしていた浅野さんでしたが、どれも彼女のセンスの良さが光る仕上がりでした。ゆったりとしたシルエットでまとめると、休日ならではの大人のリラックス感も演出できるので、ぜひ実践してみてくださいね!

取材協力/『ジャーナル スタンダード』

取材協力/『ジャーナル スタンダード』

アメリカンカジュアルをベースに、ベーシックながらもトレンド感あふれるアイテムを展開している『ジャーナル スタンダード』。独自のセンスが光るオリジナルや国内外のセレクトに加え、話題のブランドとの別注アイテムも充実しています。

Photo_Emiko Hara
--------------------------------------
※掲載の金額はすべて税抜価格です
--------------------------------------

注目編集者
近間 恭子

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事