タープは快適な空間作りの必需品。選び方とおすすめ15選

タープは快適な空間作りの必需品。選び方とおすすめ15選

キャンプやバーベキューで日差しや雨を避けるのに便利なタープ。上手く活用すればアウトドアシーンでの快適性がアップするので、外遊びにぜひ取り入れたいアイテムです。

ai sato

ai sato

SHARE
記事をお気に入り
2021.07.05

タープは季節問わずアウトドアシーンに必須です

タープは季節問わずアウトドアシーンに必須です

LALA STYLE(ララスタイル)

LALA STYLE(ララスタイル)

お気に入り追加

日差しや雨を避けるための布と、それを支えるポールで構成されるタープ。アウトドアシーンで見かけることが多いキャンプ用品の1つで、種類や形状はさまざまです。キャンプではテントと組み合わせてリビングスペースとしたり、バーベキューや庭、ビーチなどで日陰のリラックス空間を作ったりするときにも重宝します。また、窓やバルコニーの上に設置すれば、サンシェードとしても便利。かなり幅広く活躍してくれるうえに、季節を問わず1年中使えるというのも魅力です。

まずは自立式か非自立式か。タープを選ぶ前に目的や用途を確認

人気のギアだけに、最近ではタープも多種多様。選ぶときに迷ってしまいそうですが、そんなときにまずチェックしたいのは「自立式」か「非自立式」か。タープは大きく分けてこの2タイプがあり、使うシーンやどんな目的でどのように使うかを考えて、どちらのタイプにするかを決めるのがおすすめ。まずはそれぞれの特徴を見てみましょう。

タイプ1

強度や持ち運びに優れる「非自立式」はキャンプでの定番

強度や持ち運びに優れる「非自立式」はキャンプでの定番

ニューテックジャパン楽天市場店

ニューテックジャパン楽天市場店

お気に入り追加

キャンプギアとして使用されるタープは、ほとんどがこのタイプ。1枚布と2本以上のポールやロープ、そしてペグを使って設置するというスタイルで、タープ本体は長方形や六角形などさまざまな形状があります。そのため、テントとの組み合わせも合わせると、多彩なアレンジが可能。また作りがシンプルなため、収納性に優れているのもこのタイプの特徴。比較的軽くコンパクトに収納できるため、持ち運びに便利です。

タイプ2

設営が簡単で、キャンプ以外のレジャーにも活躍する「自立式」

設営が簡単で、キャンプ以外のレジャーにも活躍する「自立式」

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ポールやフレームなどで自立するタイプのことを指し、なんといってもその魅力は設営が簡単なこと。そのため、キャンプだけでなくバーベキューや自宅の庭などでのちょっとしたレジャーにも最適です。非自立式に比べると耐風性が低いため強度が落ちるのと、収納サイズが大きくなりがちなのがデメリット。ちなみに壁を備えたスクリーンタイプなら、よりプライベートなスペースを作ることができ、小さい子供がいたり虫が苦手だったりといった場合などにもおすすめです。

タープの形状にもいろいろあるんです。主な4種類とそれぞれの特徴を知っておく

アレンジしやすいモノから大人数向けまで、タープの形状はさまざま。設営が手軽だったり居住性抜群だったりと、それぞれ使い勝手やおすすめのシーンも変わってきます。そこでは特に人気の高い4種類の形状をピックアップ。それぞれの特徴を掘り下げてみましょう。

種類1

主流はこれ。設営が比較的容易な「ヘキサタープ」

主流はこれ。設営が比較的容易な「ヘキサタープ」

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

非自立式タープの中でも現在主流となっているのは、メインとなる布がヘキサゴン(六角形)になっているタイプ。2本のポールとロープで地面に張り、ロープの張り方をアレンジすることで、日避け部分を広げたり狭めたりもできます。比較的設営が簡単で開放感があるのも魅力。ここでピックアップした『コールマン』でも定番人気の「XP ヘキサタープ MDX」は、2本のポールがクロスした仕様で、より設営が楽になっていて初心者にも人気です。

種類2

居住面積の広さがウリの「スクエアタープ」

居住面積の広さがウリの「スクエアタープ」

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

こちらも非自立式で、布部分が正方形や長方形になったのがスクエアタープ。2本のメインポールと4本のサブポールで設営するスタイルで、ヘキサタイプより少し設営に時間がかかりますが、いくつかあるタープの中で居住面積が1番広く取れるのがこのタイプ。その分、収納性はそこまで高くはありませんが、キャンプのリビングやバーベキューのくつろぎスペースなど、大人数で使用するにはうってつけ。なお、写真の『フィールドア』のスクエアタープは難燃性の布を使用しているため、焚き火やバーベキューコンロといった火の側で使うにも安心です。

種類3

コンパクトで携行性の高い「ウイングタープ」

コンパクトで携行性の高い「ウイングタープ」

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ひし形の布を二つに折り曲げた形状の、比較的小ぶりなウイングタープ。ヘキサタープと同じく、2本のポールとロープを使って固定します。日避けや雨避けとしては面積は狭くなりますが、その分設営が簡単。さらにコンパクトなサイズのおかげで、携帯するにも収納するにも便利とあって、あまり大きな荷物を持ち歩けないソロキャンプやツーリングのお供にも◎。ちなみに写真の『ケルティ』「アウトドア ノアズ・タープ12」は、ポールは別売りでキャリーバッグ付き。ポールの色次第で雰囲気が変わるので、シェード部分と同系色で統一感を出したり、メリハリのある色を選んでアクセントにしたりとアレンジも可能です。

種類4

風対策や虫除けに有効な「スクリーンタープ」

風対策や虫除けに有効な「スクリーンタープ」

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

その名の通り、側面を覆った形のスクリーンタープは、非自立式のモノと自立式の2種類あり。こちらの『コールマン』のドームテントのような自立式タイプのモノも多く、テントと違い床がないのが特徴です。側面がスクリーンやメッシュ素材で囲まれているため、虫や風を避けやすく居住性が高いのもうれしいポイント。その半面、開放感は控えめです。また、スクリーン部分などのパーツが増える分、収納性や持ち運び安さは他のタイプよりやや劣るというデメリットも。

種類別に厳選ピックアップ。今おすすめのタープ12選

さまざまなタープの魅力や使い勝手がわかったところで、今買うべきおすすめモデルをピックアップ! 使う人数やシチュエーションなどによって使いやすいサイズや種類が変わってくるので、自分の目的に合わせて選ぶのがポイントです。

▼その1:非自立式タープ

キャンプシーンでの定番人気は、やはり持ち運びやすさとアレンジのしやすさがうれしい非自立式タープ。慣れれば一人で設営できますが、ポールの立て方にコツが必要なタイプもあるので、初心者はできるだけ設営が簡単なモノを選ぶと良いでしょう。

アイテム1

『DOD』いつかのタープ

『DOD』いつかのタープ

new step 楽天市場店

new step 楽天市場店

お気に入り追加

購入したその日から使えるよう、タープ本体にポールやロープ、ペグ、キャリーバッグ、さらには延長ベルトまですべてが揃ったオールインワンタイプです。ファミリーキャンプでテーブルを置いてくつろぐのにぴったりなサイズ感で、初心者にもおすすめ。メイン素材に使用している厚手のポリエステルは、扱いやすく遮光効果の高さも魅力です。延長ベルトはテントとつなげる場合に使ったり、タープの内側に通してランタンなどを下げるハンギングチェーンとして利用したりするのも◎。

今、フィールドで目立てるDODのテント。ニーズ別におすすめ9モデルを厳選

アウトドア・キャンプグッズ

今、フィールドで目立てるDODのテント。ニーズ別におすすめ9モデルを厳選

カマボコテントで空前の大ヒットを飛ばし、キャンパーからの支持も厚い人気キャンプギアブランド『DOD』。今回はテントにフォーカスし、選び方やおすすめをご紹介します!

池田 やすゆき

2020.08.28

アイテム2

『ロゴス』キャンプターフ

『ロゴス』キャンプターフ

山渓オンラインショップ楽天市場店

山渓オンラインショップ楽天市場店

お気に入り追加

黒の幕に赤のポールというスタイリッシュなカラーリングが印象的なこちらは、UVカット率と遮光率の高さが自慢。夏の強い日差しをしっかり防ぎ、断熱効果も期待できるヘキサタープです。幅570cmという大型サイズであり、フレキシブルな張り方が楽しめるため、大人数でのキャンプやバーベキューなどでのリビングスペースとして、余裕のある使い方ができます。

ファミリーキャンパー御用達。ロゴスのキャンプグッズとウェアが使える

アウトドア・キャンプグッズ

ファミリーキャンパー御用達。ロゴスのキャンプグッズとウェアが使える

キャンプブームの影響でアウトドアブランドが注目されています。なかでもコスパの良さや家族向けグッズの豊富さでキャンパーから人気なのが『ロゴス』。その魅力をご紹介!

ai sato

2019.10.20

アイテム3

『テントファクトリー』TCウィングタープ

『テントファクトリー』TCウィングタープ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

2012年に横浜で誕生したアウトドアブランド『テントファクトリー』による、ウイング型のタープ。コスパの良さで知られる同ブランドらしく、耐水圧200mmのTC素材を使ったしっかりとした作りながら、お手頃価格というのが魅力的。ソロや2人キャンプなどで活躍するコンパクトなサイズ感で持ち運びやすく、車やバイクでのキャンプにも最適です。

アイテム4

『テンマクデザイン』ムササビウィング13ft. TC 焚き火バージョン

『テンマクデザイン』ムササビウィング13ft. TC 焚き火バージョン

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

国内外問わず、1年中旅をしながらカヌーやテレマークスキーなどのアウトドアを楽しむ“遊行人”堀田貴之氏。彼がプロデュースしたウイングタープを、『テンマクデザイン』とのコラボで復活させたのがこちらのモデル。美しくカーブを描く形状と、ソロや少人数にぴったりなサイズ感はそのままに、本体にTC素材を使うことで耐久性をアップ。火の粉でも穴の開きにくい素材なので、焚き火の近くで安心して張ることができます。

アイテム5

『ヘリノックス』タクティカルレクタ3.5

『ヘリノックス』タクティカルレクタ3.5

sotosotodays -ソトソトデイズ-

sotosotodays -ソトソトデイズ-

お気に入り追加

ミリタリーテイストな渋いカーキカラーで、シンプルな中にも男らしさを漂わせたスクエアタープです。生地の裏にはブラックPUコーティングが施され、遮光性とUVカット効果をアップ。この幕を、10か所のループを使ってさまざまな形にアレンジして使うことができます。ソロキャンプにはもちろん、2人でのキャンプにも十分な大きさなので、暑い季節の少人数キャンプにもぴったり。

ヘリノックスはキャンパー御用達チェアの代表格。部屋でも映える推しモデル15

アウトドア・キャンプグッズ

ヘリノックスはキャンパー御用達チェアの代表格。部屋でも映える推しモデル15

本気系キャンパーに愛されるだけでなく、おしゃれなおうちチェアとしても人気な『ヘリノックス』。現在大ブレイク中の、同ブランドの魅力とラインアップに迫ります。

山崎 サトシ

2021.07.29

アイテム6

『キャプテンスタッグ』CSクラシックス ビッグレクタタープUV

『キャプテンスタッグ』CSクラシックス ビッグレクタタープUV

総合通販PREMOA 楽天市場店

総合通販PREMOA 楽天市場店

お気に入り追加

渋めの色が多いタープので、キャンプサイトでおしゃれに目立つならこれくらい淡めの爽やかカラーもおすすめ。こちらは24個のグロメットとポールのアレンジ次第でセッティングを変えられる、自由度の高い長方形タープです。写真のように大人数で使える開放的なリビングスペースとしてはもちろん、片側を下ろしてプライバシーを確保したり、三角テントやウイングタープのように使ったりすることも可能。幅広いシーンで使うのであれば、こんなタイプが1つあると便利です。

新潟県燕三条市発。キャプテンスタッグは日本の正統アウトドアブランドだ

アウトドア・キャンプグッズ

新潟県燕三条市発。キャプテンスタッグは日本の正統アウトドアブランドだ

“身近な名品”という言葉が似合うアウトドアブランド『キャプテンスタッグ』。「買いやすさ」「使いやすさ」を信条に掲げる名門は日本のキャンパーたちの頼れる存在です。

押条 良太

2021.10.30

アイテム7

『スノーピーク』タープ ランドベース6

『スノーピーク』タープ ランドベース6

ユニオン

ユニオン

お気に入り追加

ワイドなパネルの上に六角形のルーフを組み合わせた、大人6人が余裕で過ごせる広々としたスペースが自慢。専用のインナーテントやシート、マット類を使えばキャンプベースとしても使えるとあって、グループキャンプにも最適。跳ね上げ可能なパネルやメッシュパネルなどを組み合わせ、開放的な空間にもプライバシー重視のスペースにもできるフレキシブルな作りも魅力です。4か所にベンチレーターも付いているので、フルクローズにしても換気性は抜群。

デザインも品質も高次元。スノーピークのテントで叶える極上キャンプライフ

アウトドア・キャンプグッズ

デザインも品質も高次元。スノーピークのテントで叶える極上キャンプライフ

アウトドア初心者からベテランキャンパーまで、絶大な支持を集める『スノーピーク』のテント。幅広いユーザーに愛される理由からおすすめモデルまで、その魅力に迫ります!

ai sato

2021.06.04

▼その2:自立式タープ

ワンタッチタープやスクリーンタープなど、基本的にペグで留める必要のない自立式は、設営の手軽さが魅力。中でも、元々ドーム型の骨組みができているためにサッと設営できるワンタッチタープや、きちんとプライベート空間を確保できるスクリーンタープが人気です。

アイテム8

『ロゴス』クイックどこでもターフプラス 220-L

『ロゴス』クイックどこでもターフプラス 220-L

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

シートとポールが一体化しており、クイックジョイントを伸ばすだけで完成するワンタッチタープです。インナーとグランドシートは着脱式になっており、タープだけで日避けに使ったり、インナーにはシャワーヘッド用のフックが付いているので、別売りのシャワーを付けてシャワールーム代わりにしたりとアレンジ自在。開口部の幅と高さがあるので、車椅子のまま出入りできるのも高ポイントです。

アイテム9

『キャプテンスタッグ』クイックシェード250UV-S

『キャプテンスタッグ』クイックシェード250UV-S

XPRICE楽天市場店

XPRICE楽天市場店

お気に入り追加

フレームを広げて天幕をセットするだけという手軽さがうれしいシェードです。シンプルな作りながら、天幕部分には日差しをしっかりと防ぐシルバーコーティングを施し、強度のあるスチールフレームを組み合わせ、アウトドアシーンにも最適。約3.8畳というゆったりサイズはキャンプのお供だけでなく、庭やスポーツイベントなどの休憩スペースとして使うにもうってつけ。開放的な作りに加えて天井部にはベンチレーション付きなので、風通しの良さは抜群!

アイテム10

『コールマン』スクリーンIGシェード

『コールマン』スクリーンIGシェード

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

フルオープンもフルクローズも対応でき、季節を問わず使いやすいと人気の3~4人用スクリーンタープ。風に強いクロスポール構造や、水が染み込みにくいフロアなどの使い勝手の良さに加え、防虫効果の高いメッシュ素材を二面に採用。キャンプなどのアウトドアシーンで悩みの種だった、虫の侵入を防いでくれるうれしい特徴です。防虫の有効成分が拡散しない設計となっているのも安心。

コールマンのテントが選ばれる理由。エントリー用から上級向きまで人気モデルが続々

アウトドア・キャンプグッズ

コールマンのテントが選ばれる理由。エントリー用から上級向きまで人気モデルが続々

キャンプ初心者が最初に迷うのはテント選びではないでしょうか。もし決めかねたなら、『コールマン』を選べば安心。多くの人に選ばれるには、それだけの理由があるんです。

池田 やすゆき

2021.06.14

アイテム11

『クイックキャンプ』ワンタッチスクリーンタープ

『クイックキャンプ』ワンタッチスクリーンタープ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

なんとひもを引くだけという、まさにワンタッチで完結する構造は初心者にもソロキャンパーにもおすすめ。さらにフルクローズからフルメッシュ、フルオープンなど仕様を変えられるので、季節や天候にかかわらず愛用できます。サイドファスナーを採用しているため、オープンにしたときにその部分のスクリーンが邪魔にならないのも優秀。別売りのポールを使ってフロントに接続すれば、カーサイドタープとしても使えて便利です。

アイテム12

『オガワ』ドームシェルター ラナ

『オガワ』ドームシェルター ラナ

アルペン楽天市場店

アルペン楽天市場店

お気に入り追加

ドームテントと接続しやすいように作られたシェルターです。専用の出入り口を2か所に備え、キャンプサイトでも快適な動線を確保。四方のパネルにはメッシュパネルとフラップを装備しており、張り上げや巻き上げ、オールメッシュなど、さまざまなスタイルで約7畳もある開放的なリビングスペースを楽しむことができます。別売りのテント連結用のカーテンを付けれれば、他のドームテントとつなげてさらに広い空間が確保できるというのも魅力。

いまも昔も職人品質。オガワ(ogawa)のテントはなぜ100年愛されるのか?

アウトドア・キャンプグッズ

いまも昔も職人品質。オガワ(ogawa)のテントはなぜ100年愛されるのか?

「オーナーロッジ」「ティエラ」「アポロン」などの名品が揃う『オガワ(ogawa)』のテント。かつて「小川テント」と呼ばれた時代から、実は100年以上も歴史があるんです。

池田 やすゆき

2021.03.09

オートキャンプ派にはこんな選択肢も。カーサイドタープも忘れずチェック!

オートキャンプ派にはこんな選択肢も。カーサイドタープも忘れずチェック!

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

車中泊やオートキャンプ好きなら、空間を効率よく使えるカーサイドタープも候補に入れておきたいところ。その名の通り車の側面などに張ることのできるタープで、気軽にキャンプエリアを作ることができます。一般的なタープと同様、フレーム付きのテント状のモノや、車に覆い被さるようなデザインなど、その形状や仕様はさまざま。以下では、設営が簡単で人気の高いモノからおすすめを厳選してご紹介します。

アイテム13

『スランバージャック』ロードハウスタープ

『スランバージャック』ロードハウスタープ

アルペン楽天市場店

アルペン楽天市場店

お気に入り追加

骨太なアウトドアギアを得意とする、アメリカの老舗ブランド『スランバージャック』のタープは、どこかミリタリーテイストを感じさせるデザインが印象的。SUVやミニバン、トラックに装着可能で、車の後方に連結して使用するタイプ。ルーフレールやルーフキャリアなどルーフを固定できる部分とタイヤにベルトを通し、バックルで固定するという武骨でシンプルなスタイルも男らしさを加速!

アイテム14

『テルッツォ』エアフレームカーサイドタープ

『テルッツォ』エアフレームカーサイドタープ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

付属のエアポンプを使えば、空気を入れるだけでフレームが簡単に組み立てられ、バックル付きベルトで取り付けるだけという初心者にもやさしいスタイルが特徴。車両のリアハッチにも、ルーフレールやベースキャリアがあればカーサイドにも付けられるので、車種やシーンに合わせて幅広く使えるのも人気の要因です。日避けや風除けにはもちろん、耐水圧が3,000mmと高いため雨天での使用にも安心。

アイテム15

『オガワ』カーサイドリビングDX

『オガワ』カーサイドリビングDX

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『オガワ』のロングセラーモデルを、ナチュラルなベージュとブラックフレームでスタイリッシュに仕上げた新作です。ルーフに吸盤フックで取り付ければ、カーサイドタープとしてはもちろん、パネルを閉めればシェルターとしても使える2WAYタイプ。大きなメッシュ窓はフラップ付きで開閉でき、換気ができるのも◎。別売りポール2本使えば自立でき、さらに『オガワ』のテントと連結してさらに広々使うというのもあり。

ポップアップテント&ワンタッチテント20選。購入する前に知りたい選び方

アウトドア・キャンプグッズ

ポップアップテント&ワンタッチテント20選。購入する前に知りたい選び方

アウトドアレジャーで手軽に設営できるポップアップテントやワンタッチテントが人気急上昇。これから購入するなら知っておきたい選び方やおすすめモデルをご紹介します!

ai sato

2021.08.12

キャンプで睡眠の質を上げる、コットの正しい選び方と使い方

アウトドア・キャンプグッズ

キャンプで睡眠の質を上げる、コットの正しい選び方と使い方

キャンプをするなら寝袋を買い揃えようと思うのが普通だと思いますが、私ならコットをおすすめします。より快適に寝られるのはもちろん、何かと使い勝手が良く重宝します。

池田 やすゆき

2020.07.31

おしゃれキャンパーが愛用するティピーテントとは? 魅力や使い方を徹底解説

アウトドア・キャンプグッズ

おしゃれキャンパーが愛用するティピーテントとは? 魅力や使い方を徹底解説

雑誌などにも登場するおしゃれキャンパー御用達のティピーテント。ドーム型テントと双璧を成す、この三角屋根のテントについて、人気の理由や魅力を探ってみましょう。

池田 やすゆき

2020.09.08

外遊びにマスト! おすすめアウトドアキャリーで、アクティビティをもっと便利に

アウトドア・キャンプグッズ

外遊びにマスト! おすすめアウトドアキャリーで、アクティビティをもっと便利に

大容量ながらコンパクトに折りたためるアウトドアキャリー。荷物を運ぶという用途以外にも活用方法があるんです。意外な活用術をおすすめキャリー15点と合わせてご紹介!

伊藤 千尋

2021.06.16

今キャンプで主流のカマボコ型テントって? 選び方とおすすめ11選

アウトドア・キャンプグッズ

今キャンプで主流のカマボコ型テントって? 選び方とおすすめ11選

最近キャンプ場ではカマボコ型のテントが主流です。その理由はデザイン、居住性の良さもありますが、何よりも設営が簡単! 今人気のカマボコ型テントをご紹介しましょう。

池田 やすゆき

2020.06.06

大は小を兼ね……ない!? ソロキャンプ用テントの“1人ならでは”な選び方とは

アウトドア・キャンプグッズ

大は小を兼ね……ない!? ソロキャンプ用テントの“1人ならでは”な選び方とは

1人で過ごすソロキャンプに、ファミリー用テントを持っていくのはナンセンス。ソロ用のテントを持っていってこそ、快適に過ごせます。さあ、狙うべきはこんなテントです!

池田 やすゆき

2021.09.14

注目編集者
ai sato

インテリアやアウトドア記事をメインに担当

ai sato
サーフカルチャー誌、ライフスタイル誌、アウトドアムック本などの編集を経て、2003年に独立。主にファッション誌やライフスタイル誌にて、ファッションページからインタビューまで幅広く携わっており、最近ではオンラインでの記事編集も手がける。得意分野はサーフ系ファッションやライフスタイル、アウトドアなど。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

細部に宿るリュクス感。存在感満点のスケルトン時計を、人気スタイリストはどう見たか

着実に需要が高まっているスケルトン時計。選択肢は数あれど、どうせ手に取るなら確かな背景を持つブランドの1本を狙いましょう。今冬の注目作、その細部を掘り下げます。

SPONSORED by ブローバ

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP