都会に映える北欧アウトドアブランド。ヘリーハンセンがほしい

都会に映える北欧アウトドアブランド。ヘリーハンセンがほしい

海を感じさせるアウトドアブランドとして独自の地位を築いている『ヘリーハンセン』。機能性だけでなく、北欧由来のデザインも大きな魅力です。

平 格彦

2018.06.06

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)
アウトドアファッション

創業130年以上の老舗ブランド、『ヘリーハンセン』を知っていますか?

『ヘリーハンセン』の創業は1877年。ノルウェーの商船隊で船長を務めていたヘリー・J・ハンセン氏が37歳でリタイアし、オイルスキンクロスとキャンバスの工場を設立したのが起源です。初めての商品は、亜麻仁油を染み込ませたセイルキャンバス素材の消化バケツ。翌年にはパリ万博の展示会でシーマン衣料部門のデザイン賞を獲得し、セイラーに愛されるブランドとなっていきました。その後、1950年にはウェルダー縫製による完全防水ウェアの商品化を世界で初めて実現。テクノロジーの進化を取り入れながら、現在でも高機能な防水ウェアをリリースし続けています。

ノルウェー由来の北欧デザインが、人気の理由です

オーシャンレースに参加するセイラーや北海油田の労働者の御用達であった『ヘリーハンセン』。今では、タウンユースにおいても重宝されるブランドへと成長しています。その大きな理由は、北欧発のブランドらしいシンプルなデザインにあります。海を感じさせるデザインは爽やかで、春夏に最適。また写真のデイパックのように、ネイビーやホワイトを基調にしたマリンテイストのカラーリングは、大人なカジュアルスタイルにももってこいです。ちなみにこのバッグの背面には、ブランドの母国であるノルウェーの国旗をトレースしたエアメッシュバックパネルを採用。使いやすいだけでなく、個性が垣間見えます。

洗練されたアウトドアスタイルのために。『ヘリーハンセン』のウェアはこう着こなす

ブランドの特徴を把握した後は、実際に『ヘリーハンセン』を取り入れたコーディネートの好例を紹介。同ブランドの強みである、爽やかなマリンテイストを活用するのが大きなポイントです!

着こなし方1特徴的なブルーをメインにした爽快なスタイリング

薄くて軽量なジャケットの美しいロイヤルブルーを活かすため、パンツやスニーカーもブルー系のカラーでそろえて爽やかなコーディネートに仕上げています。このアウターのように、『ヘリーハンセン』にはネイビーを含めたブルー基調のシンプルなアイテムが豊富なため、その色みやデザインを尊重して着こなしを組み立ててれば、おのずと爽快で大人っぽいスタイリングが出来上がり。

着こなし方2マリンテイストを意識した夏らしい大人カジュアル

その出自の通り、マリンテイストのアイテムを得意とする『ヘリーハンセン』。この着こなしでも、海を感じさせるパネルボーダー柄のカットソーが同ブランドのアイテム。そのボーダーから色を拾い上げ、スリムなデニムショートパンツとホワイトのスリッポンスニーカーをセレクト。夏にぴったりのコーディネートが簡単に完成します!

着こなし方3定番カラーのワントーンスタイルでさりげなくシックに

奇抜なデザインが少なく、カラバリは王道的な色が中心。また、セットアップでそろえることのできるアイテムも充実しているため、全身『ヘリーハンセン』でワントーンスタイルを築くのもおすすめです。この着こなしでは、ベージュのアイテムはすべて『ヘリーハンセン』。ノーカラーのヴィッカジャケットを始め、ややルーズなシルエットで揃えていますが、単色のコーディネートでモダンな印象に仕上がっています。

夏に似合う、『ヘリーハンセン』のウェア8選

コーディネートもイメージできたところで、『ヘリーハンセン』の今季コレクションから今おすすめのウェア類をピックアップ。シンプルで落ち着きのある北欧テイストのデザインは、合わせるアイテムを選びません!

アイテム1サンレインジャケット

サンレインシリーズはその名の通り、晴れていても雨が降っていても頼れるシリーズ。こちらのジャケットは、軽量なナイロン生地に薄いコーティングで防水性を与え、フルシーム仕様や止水ジップで完成度を高めています。レトロなリップストップ生地はこなれた表情で着こなしに溶け込みやすく、急な雨にも対応できるので傘代わりに携帯しても便利。

アイテム2ベルゲンジャケット

幅広いシーンで活躍するシンプルなベルゲンジャケット。アウトドアからタウンユースまで対応するマウンテンパーカー型のウインドブレーカーです。アクティブに活動することを想定して、今季から軽量性が一層向上。耐久撥水加工で小雨程度は問題なく防ぎ、ドローコードでフィット感が調整できます。腰ポケットに本体が収納できるポケッタブル仕様も便利。

アイテム3ウォーターフレックスフルジップパーカー

ウォーターフレックスフルジップパーカーは、異型断面糸によって優れた吸水&速乾性を実現した機能素材、クールマックスを使用。海やプールから上がった際に羽織ったり、汗をかきすい季節のライトアウターとして用いたりするのに重宝します。ミニマルなデザインで着回しやすいのもポイント。紫外線カット率95%以上のUVプロテクト機能を備えているので、強い日差しからも守ってくれます。

アイテム4ショートスリーブモーレンパイルポロ

こちらも紫外線をしっかりとガードしてくれるショートスリーブモーレンパイルポロ。ソフトな触感の薄手のパイル地は、コットン調の風合いながらポリエステル100%で汗や水も素早く乾きます。1つボタン仕様のポロシャツタイプなので、着やすくて大人の品格も十分。オールマイティな真夏のトップスとして活躍してくれること確実です。

アイテム5ショートスリーブボーダーボートネック

マリンテイストのアイテムを得意とする『ヘリーハンセン』の定番カットソー。開放的なボートネックがリラックス感を振りまき、今っぽいムードを演出してくれます。生地は度詰め天竺でハリ感があり、上質なニュアンス。素材はコットン60%×ポリエステル40%で速乾性や耐久性に優れ、イージーケアも実現しています。

アイテム6スピタースイージーパンツ

スピタースイージーパンツは縦方向にも横方向にも伸びるストレッチ性が特徴。股下にガゼットを採用しているため開脚しやすく、可動性も確保しています。適度に細身なテーパードシルエットの9分丈なので、着用すると今っぽくて都会的。耐久撥水加工を施しているため、雨や汚れにも強い仕上がりです。

アイテム7グランイージータックショーツ

グランイージータックショーツは、裾に向かって適度に広がるグルカショーツのようなシルエット。全体としては上品なのに、リラックス感も漂う絶妙なバランスは見事。また、ツータック仕様で見た目よりゆったりした着用感も特徴的です。程良い厚みとストレッチ性を併せ持つ生地は、トレッキングにも使用できる強度。速乾性を備えつつ、耐久撥水加工も施しているため、天候が変わりやすい季節こそ活躍してくれます。

アイテム8ダブル ボーダー ウォーター ショーツ

ダブルボーダーウォーターショーツは『ヘリーハンセン』の定番ビーチウェア。ワイドなボーダー柄がインパクトのあるマリンテイストに仕上がっています。速乾性に優れるナイロンタッサー生地は、さり気ない光沢もあって上品なムード。耐久性や強度にも秀でているため、水遊びだけでなくマリンスポーツにも最適です。股下がミディアム丈なので、街着としてコーディネートのアクセントに活用するのもアリ。

防水性に定評あり。『ヘリーハンセン』のバッグ3選

『ヘリーハンセン』はアウトドアブランドということで、水に強い高機能なバッグ類もリリースしています。シンプルなタイプはもちろん、タウンユースを意識したタイプも充実しているため、カジュアルからビジネスカジュアルまで使えます。

アイテム1アーケルデイパック

タウンユースにも適している薄めのボックスフォルムを採用したアーケルデイパック。コーティングを施したポリエステルオックス生地を起用し、ブランドが得意とする防水性も宿しています。耐久性が高いのはもちろん、底面は別生地で補強することで耐摩耗性や耐水性をさらにアップ。止水ジップを使用しており、細部まで抜かりのない完成度です。内側には15インチまで対応するノートPC用スリーブも装備。

アイテム2セイルトートビッグ

セイルトートビッグは、幅70cm弱の大きなサイズ感が圧巻。セイルクロスのような風合いのポリエチレン素材の生地は防水性に優れ、街からアウトドアまでユーティリティに使用できます。シンプルなデザインでスタイリングの邪魔をしない一方、ハンドルのロゴが絶妙なアクセント。手持ち用と肩掛け用、2タイプのハンドルを備えているため、使用しない方が垂れて挿し柄になるという仕様が巧妙です。サイズ違いもラインアップ。

アイテム3アーケルヒップバッグ

小ぶりなバッグが最近のトレンドですが、アーケルヒップバッグもそんな需要に応える逸品。3WAYなので、使い勝手も抜群です。基本はウエストバッグですが、肩掛けもできるうえにウエストベルトを収納してショルダータイプとしても使用できます。メインの生地は防水コーティングを施したポリエステルオックス。底部の補強や止水ジップによって耐水性をさらに高めています。オーガナイザーで小物の整理も簡単なうえ、リフレクター素材のパイピングで夜間の視認性も確保しています。

ヘリーハンセンのアウター。マウンテンパーカー、ダウンを中心に人気作をお届け

ヘリーハンセンのアウター。マウンテンパーカー、ダウンを中心に人気作をお届け

セーリングを出自とするノルウェー発の『ヘリーハンセン』。今やそのフィールドを海辺からバックカントリーまで広げている同ブランドの魅力とおすすめアウターをご紹介。

那珂川廣太

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ツーブロック難民へ。スタイル別ツーブロック40選

    ツーブロック難民へ。スタイル別ツーブロック40選

    メンズヘア定番のツーブロックのなかでも、おすすめの髪型を一挙公開。「ツーブロックとは」という基本やオーダー方法、スタイリング剤に関する参考記事もご紹介します。

    深澤 正太郎

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    ボサボサはNG。かっこいい大人のひげスタイルと整え方の基本

    ボサボサはNG。かっこいい大人のひげスタイルと整え方の基本

    ワイルドでたくましい雰囲気を高めるひげですが、作り方で印象が良くも悪くも転ぶので周到な手入れが必要。上手に付き合ってひげスタイルをよりかっこよく演出しましょう。

    橋本 裕一

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    BACK