蒸し暑い時期の足元を快適に。ニューバランスMS365に注目

蒸し暑い時期の足元を快適に。ニューバランスMS365に注目

数々のヒットスニーカーを展開する『ニューバランス』から、またまたチェック必須の1足が到着。履き心地はもちろん、最新素材のアッパーが特徴の「MS365」をご紹介。

編集フカザワ

2018.06.07

ニューバランス(NEW BALANCE)
スニーカー

夏の足元は“涼しい”スニーカーを相棒に

どうも、編集フカザワです。過去に何度となく取り上げてきた『ニューバランス』ですが、またまた注目すべきスニーカーがリリースされているのをご存じでしょうか?

当記事でピックアップするのは「MS365」というニューモデル。“1年365日のライフスタイルシーンを快適な履き心地でサポートする”というコンセプトから誕生した1足ですが、そのメッセージを120%体現した履き心地が魅力です。

ソールシステムはお馴染みのアブゾーブを採用。1993年にリリースした「998」を皮切りに、以降の名モデルを支えるクッショニング素材として知られています。特徴は、着地時の衝撃吸収と反発性。より軽快な足運びをサポートしてくれるんです。

合わせて読みたい:
品番も機能もおすすめも。ニューバランスのスニーカーに詳しくなる!

クッショニングだけ切り取っても「さすが『ニューバランス』ですな」と言いたくなるところですが、「MS365」最大の魅力はアッパーの素材。ここ数年の同ブランドのランニングシューズに採用されている“HYPOSKIN(ハイポスキン)”アッパーにより、高いフィット感とサポート性、さらには通気性までも確保してるんです。まさに暑い時期の足元にうれしいスペックですよね。

機能面ばかり解説してしまいましたが、「MS365」は見た目も非常にスマートで大人顔。それもそのはずで、同モデルのデザインは『ニューバランス』屈指の人気作である写真の「1500」がベースになっているのです。

“チビN”の配置だったり、程良くシャープなフォルムだったりと、共通点がありますね。それでも、蒸し暑い今のシーズンを快適に過ごすのであればハイポスキンアッパーを採用した「MS365」を選びたいというのが本音。

機能も見た目も秀逸な同モデルですが、加えて12,960円(税込)というお値段も魅力的。今夏の足元を支える1足としていかがでしょうか?

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    デザイン性と機能性を両立させたアイテムに定評がある『ザ・ノース・フェイス』。それはグローブもしかり。その魅力をおすすめのモデルとともにお届けします。

    近間 恭子

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    TASCLAP編集部

    エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

    エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

    高品質ながらもエレガントな雰囲気を醸す『ヘルノ』のダウンは、すっきり着こなせると特に大人から支持されています。その魅力をこの冬狙うべきモデルとともにご紹介。

    近間 恭子

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    編集カツラガワ

    大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

    大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

    『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

    TASCLAP編集部

    BACK