蒸し暑い時期の足元を快適に。ニューバランスMS365に注目

蒸し暑い時期の足元を快適に。ニューバランスMS365に注目

数々のヒットスニーカーを展開する『ニューバランス』から、またまたチェック必須の1足が到着。履き心地はもちろん、最新素材のアッパーが特徴の「MS365」をご紹介。

深澤 正太郎

2018.06.07

ニューバランス(NEW BALANCE)
スニーカー

夏の足元は“涼しい”スニーカーを相棒に

どうも、編集フカザワです。過去に何度となく取り上げてきた『ニューバランス』ですが、またまた注目すべきスニーカーがリリースされているのをご存じでしょうか?

当記事でピックアップするのは「MS365」というニューモデル。“1年365日のライフスタイルシーンを快適な履き心地でサポートする”というコンセプトから誕生した1足ですが、そのメッセージを120%体現した履き心地が魅力です。

ソールシステムはお馴染みのアブゾーブを採用。1993年にリリースした「998」を皮切りに、以降の名モデルを支えるクッショニング素材として知られています。特徴は、着地時の衝撃吸収と反発性。より軽快な足運びをサポートしてくれるんです。

合わせて読みたい:
品番も機能もおすすめも。ニューバランスのスニーカーに詳しくなる!

クッショニングだけ切り取っても「さすが『ニューバランス』ですな」と言いたくなるところですが、「MS365」最大の魅力はアッパーの素材。ここ数年の同ブランドのランニングシューズに採用されている“HYPOSKIN(ハイポスキン)”アッパーにより、高いフィット感とサポート性、さらには通気性までも確保してるんです。まさに暑い時期の足元にうれしいスペックですよね。

機能面ばかり解説してしまいましたが、「MS365」は見た目も非常にスマートで大人顔。それもそのはずで、同モデルのデザインは『ニューバランス』屈指の人気作である写真の「1500」がベースになっているのです。

“チビN”の配置だったり、程良くシャープなフォルムだったりと、共通点がありますね。それでも、蒸し暑い今のシーズンを快適に過ごすのであればハイポスキンアッパーを採用した「MS365」を選びたいというのが本音。

機能も見た目も秀逸な同モデルですが、加えて12,960円(税込)というお値段も魅力的。今夏の足元を支える1足としていかがでしょうか?

-------------------
※掲載価格は記事掲載時のものとなります。
-------------------

美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ビジネスに合わせたいスニーカー10選。スーツに似合うブランドを厳選

    ビジネスに合わせたいスニーカー10選。スーツに似合うブランドを厳選

    スーツやジャケパンにスニーカーを合わせるのもアリな時代。まだ実践できていない人のために、参考になるコーデサンプルとおすすめアイテムをまとめて紹介していきます。

    近間 恭子

    洗濯のプロに聞くスニーカーの洗い方

    洗濯のプロに聞くスニーカーの洗い方

    トレンドコーデを作るのに欠かせない存在であるスニーカーですが、汚れたままでは大人のカジュアルスタイルにはふさわしくありません。そのメンテナンス方法を早速伝授!

    CANADA

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    『ニューバランス』には数多くの型番が存在しますが、とりわけ996シリーズはブランド内でも人気の銘柄。当記事では、そんな996をがっつりと深堀りしていきます!

    山崎 サトシ

    スニーカーにおける新たな提案。810s(エイトテンス)が僕らの次の定番になる

    スニーカーにおける新たな提案。810s(エイトテンス)が僕らの次の定番になる

    プロ用シューズをカジュアルアップさせたスニーカーを展開する『810s(エイトテンス)』。あの『ムーンスター』が仕掛けるからこその質実剛健なスニーカーを紹介します。

    本間 新

    防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

    防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

    どんな季節であれ、足元の“雨対策”は必要。晴れの日に履くようなルックスかつ防水性を兼備した防水スニーカーが1足あれば、突然の雨天でも困ることはありません。

    TASCLAP編集部

    BACK