温かみあふれるカフェの空気感を、自宅にも|おしゃれな人の服と部屋

温かみあふれるカフェの空気感を、自宅にも|おしゃれな人の服と部屋

おしゃれな人の自宅にセンスのある家具が揃うように、ファッションとインテリアは常に密接な関係にあります。今回はコーデックスの第一人者、横町 健さんのお部屋を訪問。

伊藤 勝太

2018.06.15

インテリア
お部屋連載
インタビュー記事

コーデックス(塊根植物)ブームの仕掛け人、横町 健さん

服にこだわる人は、いったいどのような部屋作りを行っているのでしょう。プライベート空間に表れるファッションとインテリアの共通点を、実際に拝見していきましょう。今回に登場してくれるのは、コーデックス(塊根植物)ブームの火付け役であり、また4店舗のカフェオーナーという顔も持つ横町 健さんです。

コーデックス(塊根植物)ブームの仕掛け人、横町 健さん

飲食店プロデュース会社『アネアデザイン』の代表として都内に4店舗のドッグカフェを経営する傍ら、コーデックス収集の趣味が高じてオープンさせたエキゾチックプランツのセレクトショップ『ベースアネアボタナイズ』も運営する横町さん。カフェ、セレクトショップとも内装デザインや設計は自ら行っており、空間作りに関してもプロの腕前をお持ちです。コーデックスに関しては、定期的なセレクトショップでのポップアップショップや、アパレルブランドとのコラボ商品を展開するなど精力的に活動中。ご自身の著書も香港やアメリカのメディアにも取り上げられるほど、日本のみならず世界中のファンから支持を得ています。

設計から携わった、こだわりの詰まったリビングルーム

ヘリンボーンの床がおしゃれなインパクトを放つリビングは、ウッドを基調とした温かみあふれる雰囲気に仕上がっています。経営するカフェ同様に、自宅の内装と設計も自ら担当したそうで、中2階のスキップフロアを設けるなど、一般住宅ではなかなかお目にかかれない独自の空間が広がっているのです。

設計から携わった、こだわりの詰まったリビングルーム

実はこの床、当初の無垢材から愛犬のために変更したというクッションフロアで、ほかにもスキップフロアの下に見える穴蔵をはじめコーナーに凹みをつけたトイレなど、愛犬仕様のスペースがちらほら。設計の際に愛犬も快適に過ごせるよう考慮されたそうです。購入時は大事に扱っていた高級ソファ『ル・コルビジェ』のLC2も、今では愛犬の定位置というからなんともぜいたく。カフェと愛犬に共通する心地よい空気感こそ、横町さんが描いた理想の空間なのです。

私服、愛用品から見えてくる横町さんのこだわり

自宅のおしゃれ空間に裏打ちされた“統一感”は、この日のファッションにもダイレクトにリンクしています。部屋の家具のトーンのように、ベージュのワントーンコーデを披露。リラックスした雰囲気も部屋に漂う空気感を連想させます。

横町さんの着こなし。そのポイントをチェック

私服、愛用品から見えてくる横町さんのこだわり

シャツとパンツはともに『レッドキャップ』で、最近購入したホットアイテム。「リーズナブルな価格はもちろんですが、ワークブランドとあってすごく動きやすいんです。汚れても気にせずにいられますし、仕事のガーデニング作業に最適なんですよね」。コーデックを育てるのに土を扱う横町さんにとって、楽な着心地は服をチョイスするうえで重要なポイントとなっています。またベージュのワントーンで合わせた統一感も見逃せません。リラックスした雰囲気の中に都会的な印象を生み出していて、さらにシャツとレイヤードした『シーシー』のサーマルカットソーが程良い抜け感を作るなど、着こなしの上手さも光ります。

スタイルを表現してくれる、お気に入りのファッションアイテム

その1『ザ・ノース・フェイス パープルレーベル』のアウトドアベスト

私服、愛用品から見えてくる横町さんのこだわり 2枚目の画像

多彩なポケットを配したベストは今季の新作。「仕事柄、植物のツールが入れられるかなどを考えてしまい、自然にポケットの多いデザインに惹かれます。しかもこのベストは機能性に加えて、立体感や奥行き感のある見た目もおしゃれ。Tシャツの上から羽織ってレイヤードスタイルを楽しみたいですね」。

その2『ベドウィン&ザ・ハートブレイカーズ』×『ボタナイズ』のTシャツ

私服、愛用品から見えてくる横町さんのこだわり 3枚目の画像

こちらのTシャツはご自身のブランド『ボタナイズ』と『ベドウィン&ザ・ハートブレイカーズ』がコラボをした別注Tシャツ。「1週間着続けても匂いを抑える防臭・抗菌加工が施された1枚なので、これからの季節に最適です」。ボディには横町さんが撮影したコーデックスの写真がプリントされています。

その3『サウス2ウエスト8』のバッグ

私服、愛用品から見えてくる横町さんのこだわり 4枚目の画像

デイリーユースしているバッグは、アメリカ製のテント生地を使用したタフな素材と見た目以上の収納力がお気に入り。「生地がしっかりしているので仕事で使うコーデックスのツールなど、いろんなものがガンガン入れられます。撥水性も兼備しているので、雨の日でも使える点が素敵ですね」。

審美眼が光る、こだわりが満載のお部屋をチェック

経営するカフェでも空間に奥行きや段差をつけることを意識する横町さんは、そのセオリーを自宅にも反映。すべてフラットだと広くは見えても、かっこよさでは少し物足りない、と語ります。また素材や色を巧みに組み合わせた絶妙技にも注目。ウッドベースの空間には、家具に使用されているアイアンやブラックカラーを散りばめ、洗練された雰囲気を形成しています。

ポイント1リビングの中に作ったステップの段差が奥行き感を演出

審美眼が光る、こだわりが満載のお部屋をチェック

カフェ空間の技を実際に取り込んでいるのが、中2階へ続くステップ部分。リビングの中にあえて存在させることで奥行きのある空間を生み出しています。素材には海外から取り寄せたウッドを使い、木目やちょっとした色の違いにも目を向けてレイアウトしたテクニックも見事。天候や気分によって飾るコーデックスとも好相性を見せています。

ポイント2厳選されたコーデックスが彩り&アート性をプラス

審美眼が光る、こだわりが満載のお部屋をチェック 2枚目の画像

パキポディウム グラキリスやユーフォルビア オベサなどのコーデックスをベランダの一角に発見。「植物は環境に適したところに置いているので、家にはほとんどありません。お店の『ボタナイズ』で育成管理をしたなかから飾っても大丈夫なものを選んでいます」。幾何学的なホワイトラインに芸術性があふれる『インビジブル インク』の鉢は、発売されるたびに即売する人気アイテムです。

ポイント3統一感と温かみをもたらすデンマーク製の家具

審美眼が光る、こだわりが満載のお部屋をチェック 3枚目の画像

スキップフロアに確保したのが横町さんのパソコンスペース。アンティークの鏡台デスクと『カイ・クリスチャンセン』のチェアはどちらもデンマークのもので、北欧デザインのつながりが自然と統一感を生み出しています。「デスクは6年、チェアは8年も使っているほどのお気に入りです。チェアは座面が剥げてきたのでそろそろ張り替えないといけないかな(笑)」。ノートPCやカメラといった無機質なモノでもやさしく包み込むような、独特の温かさが宿っています。

ポイント4異なるデザインのチェアたちがさりげなく主張

審美眼が光る、こだわりが満載のお部屋をチェック 4枚目の画像

ダイニングスペースにはさまざまなデザインのチェアたちが小気味良く並んでいます。どれも名作ばかりで、手前のチェアは新婚旅行でフィンランドを訪れた際に出会った『イルマリ・タピオヴァーラ』。現地で色と素材をセミオーダーした思い出の品だそうです。一方、シルバーのチェアは『ピエール・ガーリッシュ』のチューリップチェア。アルミニウムを削り出した一体成型で、インダストリアルな雰囲気が独特の存在感を放っています。今では入手困難な代物ということもあり、横町さんのお気に入りのひとつです。

ポイント5コーデックスに通ずるリクガメを育てるのも趣味のひとつ

審美眼が光る、こだわりが満載のお部屋をチェック 5枚目の画像

部屋の一角に設置した水槽で飼うのは、ケズメリクガメというアフリカに生息するリクガメ。ピラミッド型の大きな突起をした甲羅が特徴です。「この甲羅の形が面白いですよね。コーデックスが持つ不思議な形状と似たような感覚がありますし、生息地も同じアフリカということもあってこの子に運命的なものを感じました」。

Photo_Katsunori Suzuki
Interview&Text_Shota Ito

    KEYWORD関連キーワード

    BACK