注目の柄シャツ。大人が選ぶべき3つのタイプとコーデの攻略術

注目の柄シャツ。大人が選ぶべき3つのタイプとコーデの攻略術

今季注目されている柄シャツですが、存在感のあるアイテムゆえに難しさを感じている人も多いはず。おすすめの柄別に、大人にふさわしいコーデ構築のポイントを紹介します。

ai sato

2020.05.08

トップス
シャツ

今季注目の柄シャツ。大人がコーデに取り入れるのは難しい?

薄着になるシーズンには、シャツが主役の着こなしが増えてきますよね。王道のシンプルな無地も悪くないのですが、程良く今っぽさや季節感を出すなら、柄シャツを取り入れるのがおすすめです。柄シャツ=派手なイメージもありますが、色のトーンや柄の大きさなどを正しく選べば悪目立ちすることなく、大人っぽい柄シャツコーデが楽しめます。

1枚で旬度が増す。今狙うべき柄シャツはこの3タイプ

ひと口に柄シャツといっても、定番から個性的なものまでさまざま。当記事では、季節感とトレンドを程良く取り入れた大人にハマる3つの柄をピックアップしました。

▼タイプ1:リゾート感が心地良い「ボタニカル柄」

アロハシャツなどによく用いられるボタニカル柄。その名の通り、植物をモチーフにした柄のことです。花柄と混同しがちですが、花だけでなく葉や幹、実などをモチーフにしているのが特徴です。女性らしい印象の花柄と比べて、よりナチュラルな印象でシックなデザインや配色も多く、大人っぽさを出せるとあってメンズにも人気なんです。

アロハシャツは普段使いを。サラッと合わせたい15ブランド

アロハシャツは普段使いを。サラッと合わせたい15ブランド

南国テイストのアロハシャツは春夏のビッグトレンド。本格的なハワイアンブランドの1枚から人気ファッションブランドの新作まで、押さえておきたい逸品をご紹介します。

山崎 サトシ

街で浮かない。アロハシャツをタウンユースに着る方法

街で浮かない。アロハシャツをタウンユースに着る方法

夏の柄シャツといえばアロハシャツ。インパクトの強いアイテムだが、うまく着こなせばコーディネートの良いアクセントに。大人らしい取り入れ方を紹介しよう。

大中 志摩

アイテム1『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』ダークカラー オープンカラーシャツ

どこか褪せ感のあるダークトーンでまとめられたボタニカルプリントが、落ち着いた印象を醸し出すオープンカラーシャツです。ドレープ感と落ち感のあるレーヨン素材を、程良くゆとりのあるシルエットに仕立てることで、黒ベースでも軽さと抜け感のある1枚に。主張しすぎない柄のおかげで、どんなボトムスとも合わせやすいのも魅力です。

アイテム2『ジーディーシー』ボタニカルアロハシャツ

赤のボタニカル柄シャツというとかなり派手なイメージですが、こんな渋めの赤なら大人カジュアルにも取り入れやすく、普段の着こなしの挿し色としてもぴったり。レーヨン素材のクラシカルなアロハシャツですが、前身頃は短め、後ろは長めのデザインなので、少し肩を落としてリラックス感のある今年らしいシルエットで着こなすことができます。コーデの主役としてデニムやショーツなどと合わせるのはもちろん、ジャケットのインナーに取り入れて着こなしのアクセントにするのも◎。

アイテム3『ジャムス』サーフライン アロハシャツ

レトロモダンな空気感が漂うアロハシャツは、ホノルルのサーフショップ『サーフライン』から生まれたブランドによるもの。ビーチカルチャーをベースにしたブランドとあって、これ1枚で大人のレイドバックなサーフスタイルが完成します。レーヨンならではのさらりとした肌触りやゆとりのあるシルエット、開放感のあるオープンカラーなど着心地もリラックス感たっぷり!

アイテム4『フェニカ』ミニタヒチアン プリントアロハシャツ

明るいレトロ感が持ち味のアロハシャツブランド『ゴー ベアフット』の、ロングセラーテキスタイルを使用。南国ムードを代表するハイビスカス柄やリーフ柄を組み合わせた大胆な柄使いでありながらもどこか落ち着いた雰囲気なのは、その大人っぽい色合いゆえ。今季も人気のブラウンベースに黒のプリントで、都会的なボタニカル柄になっているのが新鮮です。

▽ボタニカル柄シャツはこう着る。大人コーデのグッドサンプル

リゾート感漂うボタニカル柄のシャツを大人っぽいタウンコーデに仕上げるにはどうすればいいのでしょうか。悪目立ちさせることなく、着こなしに馴染ませた好例を見ていきましょう。

コーデ1爽やかなリーフ柄を黒ショーツでアーバンライクに

白地にブルーのリーフ柄とオープンカラーで開放感溢れるシャツは、ショートパンツと合わせれば瞬時にリゾートテイストの着こなしに。ショートパンツの色を黒にすることで、都会的かつ大人っぽい雰囲気を添えています。足元はサンダルでなく白スニーカーでタウン仕様に。

コーデ2セットアップをボタニカル柄で新鮮に

セットアップスタイルには無地のTシャツを合わせるのが定番ですが、インナーをボタニカル柄シャツにアレンジすれば新鮮味のある装いに。光沢感あるポリエステルサテン地のシャツはシックでセットアップともよく似合います。もちろんジャケットを脱いでも◎。

▼タイプ2:エスニックな雰囲気が魅力の「バティック柄」

バティックとは、インドネシアやマレーシアなどで伝統的な衣装に使われてきた、ろうけつ染めのこと。このバティックに使われる伝統的な幾何学模様や動植物をモチーフにした模様など、どこかレトロでエスニック調の柄を総称して、バティック柄と呼ばれています。独特な存在感があるため、いつもの着こなしを新鮮な表情に見せるのに最適。

アイテム1『アバハウス』レーヨンバティックアロハシャツ

オープンカラーにボックス型シルエットと、どこかノスタルジックなフォルムが目を惹く1枚。レーヨン素材ならではの薄手でさらりとした肌触りが、蒸し暑いシーズンに大活躍間違いなしです。淡いトーンの色味は、力の抜けたイージーパンツにも上品なスラックスにも相性抜群です。

アイテム2『アーバンリサーチ サニーレーベル』セオαバティックプリント長袖シャツ

バティック柄でも、落ち着いたトーンと小ぶりの柄でシックな雰囲気のこちらは、東レの機能性素材である“セオα”を使用。吸汗性や速乾性、吸湿性に優れ、コットンよりもドライな着心地を楽しめるのが魅力です。Tシャツの上からさらりと羽織るも良し、タックインしてきれいめに着るも良し、大人好みの着こなしを楽しめる1枚となっています。

アイテム3『アーバンリサーチ』パターンオープンカラーロングスリーブシャツ

さまざまなバティック柄を組み合わせたクレイジーパターンは、それだけで主役級の存在感。それでいてヴィンテージレーヨン風の薄手素材のおかげで、どんなスタイリングでも馴染みやすい優秀アイテムです。小ぶりのオープンカラーにゆったりとしたオーバーサイズ気味のデザインは、1枚で着るにはもちろん、軽めの羽織りとしてもうってつけ。

アイテム4『バグッタ』別注アロハ バティックプリント オープンカラーシャツ

くすみ具合が絶妙なバティックプリントがユニークなオープンカラーシャツ。レトロモダンな雰囲気が魅力で、着こなしに遊び心を添えてくれます。クラシカルなボックスシルエットや控えめなオープンカラーは、きれいめなスタイリングにも馴染みやすく、ジャケットのインナーにしてコーデのアクセントにするのもおすすめ。

▽バティック柄シャツはこう着る。大人コーデのグッドサンプル

エスニックで独特な雰囲気を放つバティック柄のシャツは、取り入れるだけで旬度満点。一見するとハードルが高いですが、シックな配色やきれいめアイテムとの組み合わせで、上品さと抜け感のある着こなしに仕上がります。

コーデ1シックな配色ならすんなりまとまる

シックな配色かつ小柄のデザインなら、馴染みやすく、バティック柄初心者にもおすすめです。ボトムスにはチャコールグレーのチノパンをセレクト。カジュアルな組み合わせですが、シャツの生地感が品の良さを添えています。

コーデ2バティック柄を黒アイテムで引き締め

クレイジーパターンのバティック柄シャツ以外は黒アイテムでまとめ、シャツの艶やかな表情を引き立てています。ボトムスはきれいめなイージーパンツ、足元はレザーサンダルで、きちんと感とリラックス感を両立させた着こなしに。

▼タイプ3:個性と遊び心を出すなら「ペイズリー柄」

独特の勾玉形と植物モチーフが連なったペイズリー模様は、元々はインドのカシミール地方のショールなどに使われていたもの。1800年代にスコットランドにあるペイズリー市で、このショールが量産されたことから、ペイズリー模様と呼ばれるようになりました。日本では1960年代のサイケデリックブームで知られるようになったことからもわかるように、大人のカジュアルに遊びや個性を出すにはぴったり。アメカジに欠かせないバンダナを代表する柄としても人気です。

アイテム1『セヴシグ』パッチワーク染めバンダナシャツ

バンダナを3色に染め上げ、それをパッチワークに仕上げるという、MADE IN JAPANにこだわるブランドならではの凝った作りがお見事。インパクトのある柄使いとはいえ、ヴィンテージライクな黒ベースなので、大人が着ても違和感のないさりげないバンダナ柄になっています。背中に施されたV字カッティングで、後ろ姿もスタイリッシュ。

アイテム2『TMT』バンダナエンブロイダリーシャツ

パッと見はバンダナのプリントですが、実はこれすべて刺繍によるもの。刺繍ならではの凸凹感が、他にはない風合いを生み出しています。製品染めやウォッシュ加工によるナチュラルな色や風合いも、こなれた雰囲気を加速してくれます。

アイテム3『バテンウェア』5ポケットシャツ

4つポケットが特徴的なキューバのグアヤベラシャツと、トロピカルな柄が魅力のアロハシャツのいいとこ取りな1枚。2つのシャツに共通するオープンカラーのデザインはそのままに、5つのポケットを装備しているのがポイントです。これはNYのサーファーがメトロカードや小銭を入れることをイメージして付けられたもの。日焼けした肌に映える艶やかなペイズリー柄も相まって、街だけでなく海やリゾートにもぴったりです。

アイテム4『マッキントッシュ ロンドン メン』リネンペイズリープリントシャツ

やさしげなベージュにデッドストックの英国調ペイズリー柄をプリントした、品の良さが漂う1枚。細番手のコットンとリネンによる繊細で薄いローン生地を採用し、これにウォッシュ加工を施すことでほのかに抜け感と軽やかさを演出しています。レギュラーカラーやカフス仕様など、きちんと感のあるデザインをベースにしつつ、程良いリラックス感に仕上げられているのが大人好み!

▽ペイズリー柄シャツはこう着る。大人コーデのグッドサンプル

大人のカジュアルコーデに取り入れやすく、遊び心を演出できるペイズリー柄のシャツ。大人っぽく着こなすなら、ワントーンでのスタイリングがおすすめです。

コーデ1バンダナ柄が主役のシックなワントーンコーデ

派手なペイズリー柄のシャツも、上下とも落ち着いたネイビーで統一することで、大人にふさわしいスタイルに。適度にゆとりのあるシャツのシルエットに合わせて、ボトムスもワイドパンツで今っぽいリラックス感を注入しています。

コーデ2シャツの柄とボトムスのカラーリンクでこなれ感を

ブラウンベースのペイズリー柄のシャツには、ベージュのボトムスを合わせてアースカラーでスタイリング。ナチュラルな配色でまとめることで、悪目立ちさせることなく馴染ませているのがポイントです。足元に軽さを出してバランスを取っている点にも注目を。

オープンカラーシャツは長袖を選べば、春からだって楽しめる

オープンカラーシャツは長袖を選べば、春からだって楽しめる

リラックス感を押し出しつつ、きっちりも着られるオープンカラーシャツ。夏は軽快に半袖が鉄板だが、長袖のそれを選べば、異なる雰囲気で楽しむことができる。

牟田神 佑介

開襟シャツが人気で便利。真似したい着こなし&注目ブランド

開襟シャツが人気で便利。真似したい着こなし&注目ブランド

ここ数年、夏トレンドの最右翼に挙げられている開襟シャツ。抜け感の強いアイテムだけに、どう着こなせば良いのか、その答えをおすすめアイテムと共に探っていこう。

牟田神 佑介

サーフカルチャー誌、ライフスタイル誌、アウトドアムック本などの編集を経て、2003年に独立。主にファッション誌やライフスタイル誌にて、ファッションページからインタビューまで幅広く携わっており、最近ではオンラインでの記事編集も手がける。得意分野はサーフ系ファッションやライフスタイル、アウトドアなど。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    アイテムリスト

    BACK