日常の良き相棒に。フルーツオブザルームの逸品たち

日常の良き相棒に。フルーツオブザルームの逸品たち

アメリカ発の老舗ブランド『フルーツオブザルーム』。象徴であるTシャツは米国人の日常に古くから寄り添ってきました。その魅力とおすすめアイテムをご紹介!

山崎 サトシ

2018.06.14

フルーツオブザルーム(FRUIT OF THE LOOM)
ブランドまとめ

米国の老舗ブランド『フルーツオブザルーム』 

ベーシックアパレル&アンダーウェアを手掛ける『フルーツオブザルーム』は、1871年に産声を上げた歴史あるアメリカンブランド。ケンタッキー州を本拠としています。米国のアンダーウェア、プリント用Tシャツ市場において揺るぎない地位を確立しており、同ブランドの“果実ロゴ”を知らないアメリカ人はいないと言われるほど。『ヘインズ』と並ぶパックTシャツの定番ブランドとしても有名です。

ブランドの代名詞はTシャツ。その魅力とは?

『フルーツオブザルーム』を象徴するアイテムといえば、やはりパックTをはじめとするTシャツです。その魅力をここで解説していきましょう。

まず、真っ先に挙げられるのがマテリアル。同ブランドのTシャツは、上質な米国産コットンを惜しみなく使って製作されています。強さとしなやかさを兼ね備えたハイクオリティな綿が、コンフォートな肌触りを約束してくれます。しかも、着込むほどに味が深まるというメリットもあるので、育て甲斐もあります。

さらに、ボディの仕立てにも強いこだわりが。一般的なTシャツは2枚の生地を縫い合わせて作られるため、サイド部分にシームがあります。しかし、同ブランドは筒状の1枚生地を使った丸胴ボディのため、サイドに縫い線がありません。その分、肌に対するチクつきがなく、着心地に秀でます。この丸胴ボディはヴィンテージTシャツによく見られる仕様で、生産に手間が掛かるのが特徴です。

活躍必至! 『フルーツオブザルーム』のアイテム10選

Tシャツを中心に、着心地が良く日常シーンで大活躍してくれるアイテムをピックアップしました。人気ブランドとのコラボレーションモデルも多くリリースしているので、そちらも見逃せません!

合わせて読みたい:
Tシャツ完全ガイド。おすすめ20ブランドから選ぶ推しの1枚

アイテム1Tシャツ

空気をたっぷりと含むオープンエンド糸を使い、ドライな風合いに作り上げられた1枚。2本針縫製を取り入れているためネックもヨレにくく、長く愛用できます。シルエットは日本人向けにアップデートされており、すっきりと着こなすことが可能。

アイテム2VネックTシャツ

首元を軽やかに見せてくれる、やや深めのVネックがポイント。もちろん、クルーネックタイプと同様に米国産コットン&丸胴ボディが採用されています。肌が透けない、程良い肉感も『フルーツオブザルーム』ならでは! 何枚か色違いで持っておくのもおすすめです。

アイテム3色違いクルーネックパックTシャツ

『フルーツオブザルーム』が十八番としている、USコットン製のパックT。2枚セットで色違いが入っているのがうれしいところ。ホワイト×イエローやホワイト×ブルーなど、好きな色を選びながら定番の白も手に入るのでコーディネートの幅が広がりますね。今の時期は主役として、秋冬にはインナーとして。通年で使えるので持っておいて損はありません。

アイテム4『グリーンレーベル リラクシング』別注パックTシャツ

少しルーズめのサイズ規格に特別変更した別注アイテム。1960年代の旧ロゴをパッケージに使用するなど、スペシャル感に満ちあふれたプロダクトです。ホワイト×グレーの2枚パックのほか、ホワイト×ネイビーもラインアップ。

アイテム5製品染めTシャツ

ボディに製品染めを施して、独特の色ムラ感を演出した1枚。味わい深いルックスのおかげで、1枚でさらりと着ても十分サマになります。差し色としても使いやすいので、さまざまなスタイリングにおいて活用できること間違いなしです!

アイテム6『ビームス』別注リブ付きTシャツ

パッと見はシンプルな無地カットソーですが、『ビームス』別注となる今作は袖と裾にリブが付いており、スウェットライクに着こなせます。旬なスポーティコーデと抜群の相性を見せてくれるので重宝するはず。さらに、リブのおかげでフィット感も良好! 

アイテム7ジップパーカー

少し肌寒いときにさっと羽織れてレイヤードもしやすい、やや薄手の天竺製ジップパーカー。プレーンなデザインにつき、トレンド問わず活用できます。YKK社のジップを使うなど、ディテールも抜かりナシ。首元のタグがプリント仕様なので、チクチクと不快な思いをしない点も高評価です。

アイテム8『ジャーナルスタンダード レリューム』別注 パイルセット

吸水性・通気性に富むパイル素材を用いた、Tシャツ・ショーツ・巾着ポーチの3点セット。セットアップ着用はもちろん、上下別々でも着られます。持ち運びしやすいアイテムなので、トラベルシーンのパートナーとしてもうってつけ! シルエットは上下ともややゆったりめです。

アイテム9『コーエン』別注キャップ

『コーエン』がオーダーを掛けたベースボールキャップ。フロントパネルには『フルーツオブザルーム』の“果実ロゴ"が線画であしらわれており、絶妙なアクセントに。加えて、鮮やかなカラーリングが夏の着こなしに華を添えてくれます。

アイテム10『グッドオル』別注ソックス

鮮やかなライムカラーとホワイトの切り替えが印象的なこちら。夏コーデにインパクトを与えてくれる1足です。シンプルなスタイリングに投入すると効果絶大。しっかりとした肉感でヘタりにくいあたりも、さすがは『フルーツオブザルーム』です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    人気のブランドと合わせ方はコレ! 今こそローファーを履こう

    人気のブランドと合わせ方はコレ! 今こそローファーを履こう

    クラシカルな着こなしの人気が高まっている今だからこそ、ローファーを1足手に入れましょう。主な種類からコーデテクまで、その魅力を余すところなくご紹介します。

    近間 恭子

    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

    八木 悠太

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

    山崎 サトシ

    BACK