日常の良き相棒に。フルーツオブザルームの逸品たち

日常の良き相棒に。フルーツオブザルームの逸品たち

アメリカ発の老舗ブランド『フルーツオブザルーム』。象徴であるTシャツは米国人の日常に古くから寄り添ってきました。その魅力とおすすめアイテムをご紹介!

山崎 サトシ

2019.05.22

フルーツオブザルーム(FRUIT OF THE LOOM)
ブランドまとめ

米国の老舗ブランド『フルーツオブザルーム』 

米国の老舗ブランド『フルーツオブザルーム』 

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ベーシックアパレル&アンダーウェアを手掛ける『フルーツオブザルーム』は、1871年に産声を上げた歴史あるアメリカンブランド。ケンタッキー州を本拠としています。米国のアンダーウェア、プリント用Tシャツ市場において揺るぎない地位を確立しており、同ブランドの“果実ロゴ”を知らないアメリカ人はいないと言われるほど。『ヘインズ』と並ぶパックTシャツの定番ブランドとしても有名です。

ブランドの代名詞はTシャツ。その魅力とは?

ブランドの代名詞はTシャツ。その魅力とは?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『フルーツオブザルーム』を象徴するアイテムといえば、やはりパックTをはじめとするTシャツです。その魅力をここで解説していきましょう。

まず、真っ先に挙げられるのがマテリアル。同ブランドのTシャツは、上質な米国産コットンを惜しみなく使って製作されています。強さとしなやかさを兼ね備えたハイクオリティな綿が、コンフォートな肌触りを約束してくれます。しかも、着込むほどに味が深まるというメリットもあるので、育て甲斐もあります。

ブランドの代名詞はTシャツ。その魅力とは? 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

さらに、ボディの仕立てにも強いこだわりが。一般的なTシャツは2枚の生地を縫い合わせて作られるため、サイド部分にシームがあります。しかし、同ブランドは筒状の1枚生地を使った丸胴ボディのため、サイドに縫い線がありません。その分、肌に対するチクつきがなく、着心地に秀でます。この丸胴ボディはヴィンテージTシャツによく見られる仕様で、生産に手間が掛かるのが特徴です。

活躍必至! 『フルーツオブザルーム』のアイテム10選

Tシャツを中心に、着心地が良く日常シーンで大活躍してくれるアイテムをピックアップしました。人気ブランドとのコラボレーションモデルも多くリリースしているので、そちらも見逃せません!

Tシャツ完全ガイド。人気25ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツ完全ガイド。人気25ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2019年の春夏も必需品。25の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦

アイテム1Tシャツ

Tシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

空気をたっぷりと含むオープンエンド糸を使い、ドライな風合いに作り上げられた1枚。2本針縫製を取り入れているためネックもヨレにくく、長く愛用できます。シルエットは日本人向けにアップデートされており、すっきりと着こなすことが可能。

アイテム2VネックTシャツ

VネックTシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

首元を軽やかに見せてくれる、やや深めのVネックがポイント。もちろん、クルーネックタイプと同様に米国産コットン&丸胴ボディが採用されています。肌が透けない、程良い肉感も『フルーツオブザルーム』ならでは! 何枚か色違いで持っておくのもおすすめです。

アイテム3色違いクルーネックパックTシャツ

色違いクルーネックパックTシャツ

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

『フルーツオブザルーム』が十八番としている、USコットン製のパックT。2枚セットで色違いが入っているのがうれしいところ。ホワイト×イエローやホワイト×ブルーなど、好きな色を選びながら定番の白も手に入るのでコーディネートの幅が広がりますね。今の時期は主役として、秋冬にはインナーとして。通年で使えるので持っておいて損はありません。

アイテム4『チャオパニック』別注 ヘビーウェイトリブTシャツ

『チャオパニック』別注 ヘビーウェイトリブTシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ヘビーウェイトかつビッグシルエット、さらに裾がリブ仕様という今季らしい別注Tシャツです。カラーリングもインラインでは類を見ないペールトーンで、季節感も十分。

アイテム5『ナノ・ユニバース』×『カブー』別注 ピグメントTシャツ

『ナノ・ユニバース』×『カブー』別注 ピグメントTシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『フルーツオブザルーム』のボディに『カブー』のロゴを掲載した『ナノ・ユニバース』で展開中の1枚。トリプルネームという豪華さは言わずもがな、褪せた色みや絶妙なロゴのサイズなどが大人向き。

アイテム6『ビームス』別注 リブ付き クルーTシャツ

『ビームス』別注 リブ付き クルーTシャツ

BEAMS/ビームスBEAMS/ビームス

お気に入り追加

パッと見はシンプルな無地カットソーですが、『ビームス』別注となる今作は袖と裾にリブが付いており、スウェットライクに着こなせます。旬なスポーティコーデと抜群の相性を見せてくれるので重宝するはず。さらに、リブのおかげでフィット感も良好! 

アイテム7ジップパーカー

ジップパーカー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

少し肌寒いときにさっと羽織れてレイヤードもしやすい、やや薄手の天竺製ジップパーカー。プレーンなデザインにつき、トレンド問わず活用できます。YKK社のジップを使うなど、ディテールも抜かりナシ。首元のタグがプリント仕様なので、チクチクと不快な思いをしない点も高評価です。

アイテム8『ラブレス』別注 パイル3セット

『ラブレス』別注 パイル3セット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

吸水性・通気性に富むパイル素材を用いた、Tシャツ・ショーツ・巾着ポーチの3点セット。セットアップ着用はもちろん、上下別々でも着られます。持ち運びしやすいアイテムなので、トラベルシーンのパートナーとしてもうってつけ! シルエットは上下ともややゆったりめです。

アイテム9『コーエン』×『コーエン』ロゴ EMB ローキャップ

『コーエン』×『コーエン』ロゴ EMB ローキャップ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

肌に馴染みやすい淡いレッドで適度に華やかさを加えられるローキャップ。フロントパネルには『フルーツオブザルーム』の“果実ロゴ"の刺繍があしらわれており、絶妙なアクセントに。

アイテム10『グッドオル』別注 ソックス

『グッドオル』別注 ソックス

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

鮮やかなライムカラーとホワイトの切り替えが印象的なこちら。夏コーデにインパクトを与えてくれる1足です。シンプルなスタイリングに投入すると効果絶大。しっかりとした肉感でヘタりにくいあたりも、さすがは『フルーツオブザルーム』です。

メンズファッション誌を中心に活動するライターで趣味はスタジャン&チェックシャツ収集という根っからのアメカジ好き。トレードマークのアフロヘアはすでに10年キープ中。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    人気継続のMA-1や、ここにきて注目度が上昇しているN-3Bやムートンジャケットなど、何かと盛り上がりを見せるボンバージャケット。その魅力を改めて押さえておきましょう。

    那珂川廣太

    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    スウェットシャツは秋の王道ウェア。とはいえ、シーズンごとにおしゃれな着こなし方は変化します。2019年はスウェットシャツをどう着こなすべきか、探ってみました。

    平 格彦

    フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

    フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

    冬のメンズウェアの中でも特に注目度の高いフリース。温かさはもちろん、見た目も申し分ないブランドをピックアップしつつ、それぞれのレコメンドアイテムをご紹介。

    TASCLAP編集部

    旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

    旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

    引き続き人気を集める90年代ファッション。そのムードを感じさせるボアブルゾンがブレイク中です。選び方から着こなしルール、おすすめアイテムまでを一気に解説します。

    平 格彦

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

    TASCLAP編集部

    BACK