いつも胸に音楽を。バンドTシャツを着こなすコツと、今おすすめの15枚

いつも胸に音楽を。バンドTシャツを着こなすコツと、今おすすめの15枚

最近にわかに人気再燃中のバンドTシャツ。単なるファングッズの域を超えてファッションアイテムとしての地位を確立している。大人流のコーデ術について改めて解説しよう。

山下 皓平

山下 皓平

SHARE
記事をお気に入り
2020.06.05

今ふたたび愛用者急増中。大人コーデにもマッチするバンドTシャツ

今ふたたび愛用者急増中。大人コーデにもマッチするバンドTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヴィンテージブームの煽りを受けて、人気再燃中のバンドTシャツ。だが、時代を経ても変わらないロックならではの格好良さは認めつつも子供っぽく見えてしまわないか不安でなかなか手が出せない……という人も多いのでは? しかし、今季はバンドTシャツのトレンドとして、大人めなデザインのものが多くラインアップされている。つまり、我々TASCLAP世代でも抵抗なく自然に取り入れられるチャンスというわけだ。本記事では、そんなバンドTシャツの選び方から大人にふさわしいコーデテクまで、2021年的A to Zをお届け。今こそ、遊びを効かせた大人の着こなしにチャレンジしてみてはいかがだろうか。

バンドTシャツはこう着る。大人が押さえておくべきコーデの重要ポイント

大人でも、いや大人だからこそ着たいバンドTシャツ。いったいどう取り入れるのが正解なのだろうか? サイズ感やカラーコーディネート、ボトムスとの組み合わせなど、覚えておきたい着こなしのハウツーをコーデサンプルとともにご紹介。以下の5つのポイントを押さえて、今どき感のある大人のバンドTコーデを思いきり楽しんでほしい。

ポイント1

シンプルな白黒の色使いでシックに着こなす

シンプルな白黒の色使いでシックに着こなす

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トレンド筆頭のフォトプリント系バンドTシャツは、白と黒のシンプルな色使いでサラッと大人っぽく着こなしたいところ。ご覧のようにほんのりルーズなサイズ感で旬のストリートな雰囲気を追加すれば、今どき感がさらにアップ。シンプルに着こなしさえすれば、年齢や体形を問わずに似合うのでまずお試しあれ。また、それだけで寂しいという人はひとクセある小物をアクセントとして使うのも手だ。

ポイント2

きれいめなボトムスで甘辛のバランスを調整

きれいめなボトムスで甘辛のバランスを調整

WEAR

WEAR

お気に入り追加

1970~80年代のメタルやハードロックのバンドTシャツは、とにかくプリントが派手なものが多い。コーディネートを黒でまとめて、モチーフを強調するのもセオリーではあるが、味のあるTシャツに対してクリーンなスラックスを合わせたギャップのあるスタイルを狙ってみよう。そんなきれいめMIXコーデが今、ちょうど良い塩梅に収まるはず。オーバーサイズが主流の昨今、あえてジャストなサイズ感のTシャツを選ぶのもまた面白い。

ポイント3

'90sライクなワントーンスタイルでこなれ感アップ

'90sライクなワントーンスタイルでこなれ感アップ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ニューメタルシーンを代表するバンド「コーン」のTシャツを主役にコーディネート。バンドTシャツといえば白か黒が定番だが、あえてブラウンを選べばこなれ感がアップする。同系色のパンツを合わせ、ワントーンスタイルにまとめれば、洒落感はさらに上昇。サイジングは、90年代後半のトレンドを彷彿とさせるゆったりシルエットがおすすめ。バケットハットや『ヴァンズ』のスニーカーでストリート感たっぷりにキメてみよう。

ポイント4

タックインでシンプルなTシャツコーデに変化を

タックインでシンプルなTシャツコーデに変化を

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バンドTシャツにジーンズというシンプルな着こなし。さらりとそれだけで着てももちろん良いが、大人流のコーディネートはそこに少しヒネリを加えるのがポイント。おすすめは、タックイン。そのまま着るのとはほんのり違った味わいのある着こなしを構築できる。簡単なのでぜひ取り入れてほしいテクニックだ。しかも、きちんとした印象も加えられるので足元がサンダルでもだらしなく見えないといううれしいおまけつき。

ポイント5

ゆるっと感を意識して着こなせば今っぽさがさらに上昇

ゆるっと感を意識して着こなせば今っぽさがさらに上昇

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スタイリッシュなアートワークがTシャツでも大人気のポストパンクバンド「ソニック・ユース」。こちらは、1995年リリースの「ウォッシングマシーン」のTシャツを主役に据えたコーディネートだ。キメキメなロックスタイルになりがちなバンドTの着こなしも、リンガーデザインやルーズなサイズ感、足元のサンダルなど、抜け感たっぷりのスタイリングで今っぽいゆるさに着こなすことが可能。ロック全開に見せないところがしゃれた雰囲気をもたらすコツだ。

大人の着こなしの心強い味方。今こそ相棒にしたいバンドTシャツ15枚

ここ最近のバンドTシャツのトレンドは、コテコテのロックよりも'80s~'90sのオルタナティブ系が主流。ここからは、そんな流行も踏まえつつ、今選ぶべき逸品たちをご紹介。自分の好きなバンドをファングッズ的に選ぶのももちろん良いが、今年はファッションアイテムとして使えるということを意識して取り入れてみるのもいいだろう。

アイテム1

『ヒステリックグラマー』ソニック・ユースTシャツ

『ヒステリックグラマー』ソニック・ユースTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

バンドTに定評のある『ヒステリックグラマー』が、盟友「ソニック・ユース」のTシャツを制作。こちらは1988年ブライトンビーチでのライブのメインビジュアルとして使われたアートワークを採用。シティ感のある淡い色合いのグラフィックが着こなしを旬に彩る。「ソニック・ユース」のアイテムは、アートなデザインで発売されるたびに注目されるので要チェックだ。

アイテム2

『ザ・ティー』THE 1975 Tシャツ

『ザ・ティー』THE 1975 Tシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

英国マンチェスター出身のオルタナティブロックバンド「THE 1975」のロゴTシャツ。デスメタルバンドによく見られるハードコアなロゴデザインは、ジャンルの垣根を超えて注目されている。黒と赤の配色やロゴのみのシンプルなデザインも、ロックマインド溢れる仕上がりだ。1枚でもインパクトたっぷりに着こなせること間違いなし。

アイテム3

『チャオパニック』ブラーTシャツ

『チャオパニック』ブラーTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

国内外の音楽雑誌を中心に活躍するロックフォトグラファーである久保憲司のフォトグラフィックを大胆にプリント。90年代のブリットポップムーブメントの立て役者「ブラー」のメンバーフォトを、1999年リリースの名曲「テンダー」の歌詞とともに落とし込んだ意欲作。さらりと今っぽくシンプルに着こなしたい。

アイテム4

『グラム』ザ・ローリング・ストーンズTシャツ

『グラム』ザ・ローリング・ストーンズTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「ザ・ローリング・ストーンズ」の来日30周年を記念して『グラム』が制作したフォトTシャツ。1990年の来日時に撮影された写真にフィーチャーしたデザインがクールだ。フロントにはミック・ジャガーの躍動感溢れる1枚を、バックにはお馴染みの”リップス&タンロゴ"と当時のセットリストをプリント。ロゴはリッチな刺繍仕様で、後ろ姿でも魅せるデザインに。

アイテム5

『スリフティールック』ラモーンズTシャツ

『スリフティールック』ラモーンズTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ニューヨークパンクシーンの最重要バンド「ラモーンズ」が1976年にリリースした、1stアルバムのアートワークを大胆プリント。バンドTの王道ともいえるメンバー写真のジャケットがロックなムード満点。特殊な洗い加工によりヴィンテージのくたっと感を再現したボディで味や雰囲気もたっぷり。ぜひともストレートに1枚でキメたい。

アイテム6

『ビームス ライツ』ジョイ・ディヴィジョンTシャツ

『ビームス ライツ』ジョイ・ディヴィジョンTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イアン・カーティス率いる、ポストパンクの代名詞的バンド「ジョイ・ディヴィジョン」。こちらは、1stアルバム「アンノウン・プレジャーズ」のアートワークを採用。聴いたことがなくても、グラフィックに見覚えがある方も多いのでは? 無線パルスの波形を表したこのデザインは、良い意味でバンドTらしくなく、着こなしにも取り入れやすい。

アイテム7

『ボンジュールレコード』パティ・スミスTシャツ

『ボンジュールレコード』パティ・スミスTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

英国の音楽雑誌「NME」でチーフフォトグラファーを長年務めたケヴィン・カミンズによる写真をあしらったカプセルコレクションからの1枚。こちらはクイーン オブ パンクの異名で知られる「パティ・スミス」をプリント。サンドベージュのボディに味のあるモノクロ写真がロックな雰囲気を演出。シンプルな着こなしでもバッチリ映えそうだ。

アイテム8

『ミュージックティー』ダイナソーJr Tシャツ

『ミュージックティー』ダイナソーJr Tシャツ

10ver

10ver

お気に入り追加

90年代グランジシーンで人気を博したバンド「ダイナソーJr」の4thアルバム「グリーンマインド」のアートワークを落とし込んだこちら。モノクロのポートレートにネオンカラーのバンドネームが今っぽさ満点。ファッションアイテムとしても優秀なデザインで、コーディネートをこなれた雰囲気たっぷりに彩ってくれるだろう。

アイテム9

『インソニア』レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンTシャツ

『インソニア』レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

いわゆるミクスチャーと呼ばれる新しい音楽性と過激な政治的メッセージで90年代にシーンを確立した「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」。こちらは、ヴォーカルのザックとギターのトムが敬愛するキューバ革命の指導者、チェ・ゲバラの姿をあしらった定番デザイン。ヴィンテージ風の巧みな加工も生きる意欲作だ。

アイテム10

『ノーブランド』ニルヴァーナTシャツ

『ノーブランド』ニルヴァーナTシャツ

Golden Rock T楽天市場店

Golden Rock T楽天市場店

お気に入り追加

グランジロックの象徴的バンド「ニルヴァーナ」の定番デザイン。このイラストは、カート・コバーンがアルバム「ネヴァーマインド」リリース時にフライヤー用として描いたものなのだとか。程良くかわいらしさがあるグラフィックは、ロック感が強すぎず日常着に取り入れやすい。バンドTシャツの入門としてもおすすめだ。

アイテム11

『ビームス』グレイトフル・デッドTシャツ

『ビームス』グレイトフル・デッドTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

バンドTといえば真っ先に名前が挙がるアメリカのロックバンド「グレイトフル・デッド」。このTシャツは、バンドのマスコット”デッドベア”をポップなチェック柄で彩った、『ビームス』ならではの小粋なデザインが特徴。バックにはバンドネームを大胆にプリントし、前も後ろも目を引くデザインを楽しめるしゃれた1枚だ。

アイテム12

『ノーブランド』ブラック・フラッグTシャツ

『ノーブランド』ブラック・フラッグTシャツ

dragtrain/ドラッグトレイン

dragtrain/ドラッグトレイン

お気に入り追加

LAハードコアの最重要バンド「ブラック・フラッグ」のEP「シックスパック」のアートワークをフロントにオン。ヴォーカル、グレッグの兄であるアーティスト、レイモンド・ペティボンのインパクト溢れるイラストが何よりの魅力。ちなみにレイモンドは、「ブラック・フラッグ」のほか「ソニック・ユース」の名盤「グー」も手掛けている。そういったトリビアを頭に入れながら手に取るのもバンドTの楽しみ方だ。

アイテム13

『ディーヴォ』ウィーアー ディーヴォ Tシャツ

『ディーヴォ』ウィーアー ディーヴォ Tシャツ

TRADMODE

TRADMODE

お気に入り追加

ニューウェーブの雄「ディーヴォ」のTシャツ。こちらは78年の1st LPのジャケットを落とし込んだ、なんともキャッチーなアイテム。美術をルーツとするバンドだけに、そのデザイン性は抜群。アートなビジュアルは、バンドのファンでなくてもぜひ着たい。

アイテム14

『メゾンスペシャル』ジョン・ライドンTシャツ

『メゾンスペシャル』ジョン・ライドンTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「セックス・ピストルズ」や「パブリック・イメージ・リミテッド」でフロントマンを務め、パンクやポスト・パンクに大きな影響を与えたジョン・ライドンにフィーチャー。『メゾンスペシャル』が手掛けたこの1枚は、アメリカのグラフ誌「ライフ」とのコラボレーション。ビッグサイズで、今っぽく着こなそう。

アイテム15

『ノーブランド』ナイン・インチ・ネイルズTシャツ

『ノーブランド』ナイン・インチ・ネイルズTシャツ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

インダストリアル・ロックの代表的バンド「ナイン・インチ・ネイルズ」のロゴをあしらったシンプルな1枚。アイコニックなデザインが映え、着こなしのアクセントとしても有効。バンドTシャツといえば、メンバーのポートレートやアルバムのアートワークが主流だが、こんな完成されたデザインならロゴものも大いにアリだ。

盛夏の救世主、プリントTシャツ。知っておきたいその作法とおすすめ

ウェア・コーデ

盛夏の救世主、プリントTシャツ。知っておきたいその作法とおすすめ

無地Tに飽きた、夏コーデがマンネリ気味……。そんなときはプリントTシャツにお任せあれ。Tシャツの基本にして王道であるこのアイテムが大人のおしゃれの救世主に!

押条 良太

2021.08.02

ロゴTシャツはこれが正解! 大人がおしゃれに着こなすための選び方とは

ウェア・コーデ

ロゴTシャツはこれが正解! 大人がおしゃれに着こなすための選び方とは

コーデが地味になりがちな夏。だからこそ“そうは見せない”主張あるロゴTが活躍します。選び方からコーデ術、気になる今季の新作まで、まるっとご案内していきましょう!

山崎 サトシ

2021.06.18

大人が楽しむグラフィックTシャツの選び方。人気ブランドから買いを厳選

ウェア・コーデ

大人が楽しむグラフィックTシャツの選び方。人気ブランドから買いを厳選

キャッチーなデザインでコーデのアクセントとして活躍するグラフィックTシャツ。大人が着るならどんなものを選べばいいのか? おすすめ品とともにその疑問にお答えしよう。

TOMMY

2021.07.14

Tシャツ完全ガイド。人気28ブランドから選ぶおすすめの1枚

ウェア・コーデ

Tシャツ完全ガイド。人気28ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2021年の春夏も必需品。28の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙にご紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦

2021.08.13

ただかわいいだけじゃない。キャラクターTシャツを大人が着こなすコツとは

ウェア・コーデ

ただかわいいだけじゃない。キャラクターTシャツを大人が着こなすコツとは

没個性的なシンプルコーデに陥りやすい夏だからこそ、程良いインパクトを残せるキャラクターTシャツがおすすめ。そこでマスターしたいのが、大人ならではの着こなし術。

菊地 亮

2021.06.23

山下 皓平

ビューティ、ファッションからグルメまで広範囲に執筆

山下 皓平
出版社の編集を経て2013年に独立。男性ファッション誌を中心に、ファッションブランドのカタログからメンズビューティまで幅広い媒体の編集・執筆に携わる。また、編集・ライターと並行して、ヴィンテージショップを経営。最近さらにヴィンテージぬいぐるみのオンラインショップをオープン予定。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

革靴好きスタイリストが話題の1足を徹底レビュー。GUの本革シューズは買いなのか?

衝撃的な価格設定でファッションシーンの話題をさらっている『GU』の「リアルレザーシューズ」。その真なる実力を、革靴に一家言ある人気スタイリストとともに検証します!

SPONSORED by GU

続きを読む

オープンハートから覗く機械式が男心をくすぐる。次なる腕時計はオロビアンコの1本で

ビジネスマンから支持される『オロビアンコ』のベストセラーモデル「オラクラシカ」は、価格以上の高級感と遊び心が魅力。長年売れ続けるには、相応の理由があるんです。

SPONSORED by オロビアンコ

続きを読む

ハイパフォーマンスな“ラグスポ”の大本命! 新作ティソ PRXの実力を徹底検証

2021年初頭、発売と同時に各方面の話題をさらった「ティソ PRX」に、待望の自動巻きモデルが登場です。時計市場にさらなる衝撃をもたらす秋の大本命、その実力とは?

SPONSORED by ティソ

続きを読む

レトロ顔の新作ソーラー時計に注目。フォッシルの新作は大人の腕元にちょうど良い

日本にインスパイアされた「THE JAPAN COLLECTION」の第2弾「DF-01」。レトロな顔に実用性と素材へのこだわりを込めた、その完成度やいかに?

SPONSORED by フォッシル

続きを読む

小さな違いが生み出す比類なきエレガンス。特別仕様の“GS”が大人の腕元にもたらすもの

腕時計の本質を追い求め、着用者に違いをもたらす稀有なブランド『グランドセイコー』。そのタイムレスな魅力と合わせて、販路を絞った特別なモデルを解説していきます。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

いつもの1足、1着から考えるサステナブル。ヴァンズの試みに、乗っかってみない?

近頃、さまざまなブランドがサステナブルに取り組んでいるが、『ヴァンズ』のそれは一味違う。環境はもちろん、大人のおしゃれにも多くの恩恵をもたらしてくれる。

SPONSORED by ヴァンズジャパン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事