夏の腕を彩るワカミのブレスレット。今年の狙いはコレ

夏の腕を彩るワカミのブレスレット。今年の狙いはコレ

“7連重ね付け”で知られる『ワカミ』のブレスレット。あらゆる着こなしへの汎用性の高さとリーズナブルさで人気です。夏を前に今年の狙い目を集めました。

TASCLAP編集部

2019.07.10

アクセサリー
ブレスレット・バングル

改めて『ワカミ』って?

改めて『ワカミ』って?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『ワカミ』はグアテマラ発のフェアトレードを目的に生まれたハンドメイドブランド。創業者のマリア・パチェコ氏が、長年の内戦で貧困に苦しむグアテマラの農村地域の生活改善を進めるために開始したプロジェクトがブランド誕生のきっかけです。中米の伝統的な編み方や文化に根付いた独特のデザインをベースに、住民たちが手作りした作品を世界中に発信しています。

『ワカミ』の代名詞、ブレスレットの魅力とは?

今ではウェアやサンダル、バッグなども展開している『ワカミ』ですが、始まりはブレスレットやアンクレットなどのアクセサリー。日本にも広く浸透しているのでご存じの人も多いと思いますが、ここで改めて特徴を。まずスペック面は、ろうでコーティング加工したワックスコードというひもを使っている点。ろうによって耐水性と耐久性が増すため汗に強いのはもちろん、ちょっとした水遊びのときにも着用できるのが魅力です。

『ワカミ』の代名詞、ブレスレットの魅力とは?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

デザイン面では、南米らしい色使いや独特な編み方が特徴。エキゾチックな印象で、夏の着こなしにとてもマッチします。さらに、重ね付けを前提とした複数本のセット売りも『ワカミ』ならでは。メジャーなのは7本セットで、すべてを付けてがっつりと存在感を出しても良し、数本をチョイスしてさり気なく付けるのも良し。1本1本デザインが違うので、組み合わせを変えれば印象も変わり、何パターンも楽しむことができます。

『ワカミ』の代名詞、ブレスレットの魅力とは? 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

さらに、注目したいのはなんと言ってもその価格。定番の7本入りで5,000円少々、3本セットでおよそ3,000円で手に入れることができます(2019年7月時点、編集部調べ)。いくつかカラー違いをゲットして自分なりの最高の組み合わせを作り上げる、なんて楽しみ方も出来ちゃいます。

2019年夏に選びたい注目アイテムをご紹介

魅力がたくさんの『ワカミ』のブレスレット。豊富なカラー展開をしているので選ぶのに迷ってしまいますが、ここでは、今夏の注目かつ大人の男の街着にハマるカラーをピックアップしました。夏の着こなしのアクセントに取り入れてみて。

アイテム1『グリーンレーベルリラクシング』別注7ストランド ブレスレット

『グリーンレーベルリラクシング』別注7ストランド ブレスレット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『ワカミ』×『グリーンレーベルリラクシング』の別注モデルで、7本セットのブレスレット。ビーズ使いや編み方がそれぞれ異なり、合わさることで淡色ながら着用時に動きのある印象になります。深みのあるネイビーは、着こなしを選ばないので汎用性が高いのがポイント。夏には白Tシャツなどの明るいウェアに合わせて、落ち着いた大人のアクセ使いを楽しんで。

アイテム2『フリークスストア』別注 3WAYブレスレット/ネックレス

『フリークスストア』別注 3WAYブレスレット/ネックレス

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『フリークスストア』別注モデルのこちらは、2本のブレスレットと1本のロングタイプがセットになっています。ロングタイプはそのままならネックレスとして、3重巻きにすればブレスレットとして使えるので、着こなしに合わせて用途が選べるのがうれしいですね。爽やかなサックスブルーなので、差し色として活用したいところ。

アイテム3『シップス』別注 7ストランド ブレスレット

『シップス』別注 7ストランド ブレスレット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『シップス』の別注カラーで、個性的なトリコロール。赤×白のみや青×白のみ、赤・青・白の3色が使われたものなど、配色や紐の編み方が1本1本異なります。7本セットで付けて存在感を出すのも良し、着こなしに合わせて“青メイン”や“赤メイン”など、数本をピックアップして付けるも良し。パターンで遊べるブレスレットです。

アイテム4『ビームス』別注 ビーズブレスレット 3本セット 2019

『ビームス』別注 ビーズブレスレット 3本セット 2019

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ワックスコードを編み込んだブレスレット2本とビーズブレスレット1本の3本セットです。ビーズタイプは存在感があるので、付けたときの印象が7本タイプとはまたひと味違ったものになります。ナチュラルな色味なので主張が強すぎず、着こなしの程良いアクセントに。

アイテム5『ワカミ』2SET ロープ ブレスレット

『ワカミ』2SET ロープ ブレスレット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

さり気なく腕元を飾りたい方には、2本セットのこちらがおすすめ。色味と真鍮のアクセントにより、男らしい印象です。

アイテム6『ワカミ』アウトドア アイグラス チェーン

『ワカミ』アウトドア アイグラス チェーン

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらは番外編としてご紹介。夏に必携のサングラスに合わせて、おしゃれなグラスコードはいかがでしょう? 『ワカミ』ならではのハンドメイド感だったり、オリジナル性だったりと欲しい要素は十分。アンダー3,000円という価格帯も、同ブランドならでは。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

    山崎 サトシ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    ワイルドで男前なレザージャケット。ハードな印象が強いですが、大人ならスマートに着こなしたいところ。ここでは、コーデのポイントとおすすめブランドを紹介します。

    Goto

    お値段以上! “安いのに使える”スーツ選びのコツとおすすめ8ブランド

    お値段以上! “安いのに使える”スーツ選びのコツとおすすめ8ブランド

    価格が安い=質が悪いというのは今や昔。最近は低価格でも見た目や着心地の良いスーツが増えています。ここでは失敗しない選び方のポイントやおすすめブランドをご紹介。

    近間 恭子

    チャンピオンのパーカーを主役に。トライしたい大人のアメカジコーデ

    チャンピオンのパーカーを主役に。トライしたい大人のアメカジコーデ

    我々にとって馴染み深いチャンピオンのパーカーですが、学生の頃と同じ雰囲気で着こなすのは禁物。大人ならではのアメカジコーデを覚えておきましょう!

    山崎 サトシ

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    時代が変われど“ネルシャツ=定番”という方程式は不変。とはいえ、昔ながらのアイテムゆえに野暮ったさはつきもの。そう見せないための選び方を知っておきましょう。

    山崎 サトシ

    BACK