押さえたいブランドを厳選。リカバリーサンダルってどんなモノ?

押さえたいブランドを厳選。リカバリーサンダルってどんなモノ?

最近よく耳にするリカバリーサンダルという名前。“ワークアウト後の疲れた足”に合わせたい、疲労回復に適した高機能サンダルは街歩きにも重宝します。

編集カク

2018.06.24

サンダル

最近良く聞く”リカバリーサンダル”って何?

リカバリーサンダルとは、ランニングやトレイルラン、激しいワークアウトや数時間立ち続けた後などの疲れた足を癒やすために生まれたサンダルのこと。その名の通り足の疲労をリカバリーすることを目的にしており、足の構造や歩くときの衝撃のかかり方などを分析し、サンダルの構造に落とし込んでいるのが特徴です。人間工学に基づいた、ハイテクノロジーなサンダルなんです。

"リカバリーサンダル”の特徴とは?

ポイントは何と言ってもソール。衝撃吸収性に優れた素材を使い、高いクッション性で着地したときの足への衝撃を大きく減らしてくれます。そのため、足裏のみならず膝や腰、背中にかかる負担まで軽くしてくれるのだとか。

また、土踏まずや踵などの足裏の曲線に沿ってフットベッドが設計されており、履いたときに足が包み込まれるような感覚が味わえるのも魅力。土踏まずをしっかりサポートすることで安定感も得られ、足の疲労を最小限に抑えることができます。

機能的でスタイリッシュなリカバリーサンダル8選

リカバリーサンダルの誕生は2011年。アメリカの大手シューズメーカーの製品開発者が、足のリカバリーを目的としたシューズがないことに着目したのが始まりとされています。今では同様の観点からいくつかのブランドからも登場。デザイン性が高いモノも出ているので、ワークアウト後に限らず、街やバカンス先でたくさん歩くときなどにも最適です。

アイテム1『ウーフォス』トングリカバリーサンダル

リカバリーサンダルのパイオニアと言われる『ウーフォス』のトングタイプ。前進力を生むことを目的とした一般的なEVA素材より、衝撃による反発を37%(※同社調べ)抑えることができる特殊素材「ウーフォーム」が使われています。シンプルなデザインかつブラックなら、普段使いにも最適です。

アイテム2『ウーフォス』ウーアースポーツ

こちらも『ウーフォス』のモノ。スライドタイプなので、素足はもちろんソックスと合わせて履くこともできます。ベルト部分にブランドロゴが大きく入るデザインは、“アフターレース”を想定した「ウーハースポーツ」モデルのみ。よりスポーティな印象に仕上がっています。

アイテム3『テリック』フリップフロップ ジャパンモデル

“雲を歩くような履き心地”を謳う『テリック』のアイテムは、羽のような軽さと素足にぴったりとフィットするフットベッドのカーブが特徴。こちらは、日本人向けに甲を高く改良したモデルのトングタイプです。豊富なカラー展開をしていますが、街使用にもマッチするアーシーなカーキがおすすめ。

アイテム4『テリック』スライド ジャパンモデル

『テリック』のアイテムをもう1つ。スライドタイプは流行りのシャワーサンダルのようにタウンユースでも活躍しそうです。また、軽量なので旅行時の機内履きやホテルのルームシューズとして同行させるのもあり。前述のトングタイプ同様、日本人向けに甲高に改良されています。自社で独自ブレンドしたEVA素材使用で、衝撃吸収だけでなく反発力を追求することで疲労を押さえる働きが期待できます。

アイテム5『ホカ オネオネ』オラ リカバリースライド

ランニングシューズやトレイルシューズを展開する『ホカ オネオネ』からもリカバリーサンダルが登場しています。ブランド独自の技術を駆使したボリューム満点のミッドソールが特徴で、クッション性は抜群。こちらはアッパー部分に透け感のある軽やかなルックスのスライドタイプ。ホワイトを選べば夏の足元を爽やかに演出してくれます。

アイテム6『ホカ オネオネ』オラ リカバリーフリップ

『ホカ オネオネ』のトングタイプ。特徴的なソールは、"メタロッカージオメトリー"と名付けられた同ブランド独自の形状。車輪のようなローリング運動を促し、スムーズな足運びを叶えます。ホワイトとブラックを織り交ぜた独特のカラーリングは、モノクロながら動きのあるデザインです。

アイテム7『クロックス』ライトライド スライド

アメリカでボートシューズメーカーとして誕生した『クロックス』。とにかく軽量で履き心地が良く、定番アイテムの「クロッグ」が爆発的にヒットしたことも記憶に新しいですね。新作のこちらは、フットベッドに新素材のライトライドを使用。従来のモノより40%柔らかく25%軽量(※同社調べ)と、より足の負荷を軽減する機能がウリ。沈み込むような柔らかさで着地のたびに足にフィットします。ビビッドなイエローを足の指の隙間から覗かせることで、着こなしのアクセントに活用できます。

アイテム8『クロックス』ライトライド フリップ

こちらも今年の新作。ライトライドを採用しているため、柔らかく軽量で弾力性の高い履き心地が魅力です。TPU素材のアッパーは、履き始めでも違和感なくフィットするのもうれしいところ。フットベッドの深みのあるレッドとアッパーのブラックのマッチアップが新鮮な、大人スポーティなルックスも秀逸ですね。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    暖かく心地良い。冬サンダルで着こなしに抜け感を

    暖かく心地良い。冬サンダルで着こなしに抜け感を

    温かみのある素材で楽に履ける便利な冬サンダルが続々登場。ワンマイルにアウトドアにとあらゆるシーンで取り入れられています。そのコーデ術とおすすめアイテムをご紹介!

    ai sato

    人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

    人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

    アメリカの老舗ワークウェアブランド『ユニバーサルオーバーオール』の人気が急騰しています。その理由を解説しつつ、定番品・人気アイテム・別注モノを一挙に紹介します!

    平 格彦

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    デザイン性と機能性を両立させたアイテムに定評がある『ザ・ノース・フェイス』。それはグローブもしかり。その魅力をおすすめのモデルとともにお届けします。

    近間 恭子

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    TASCLAP編集部

    エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

    エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

    高品質ながらもエレガントな雰囲気を醸す『ヘルノ』のダウンは、すっきり着こなせると特に大人から支持されています。その魅力をこの冬狙うべきモデルとともにご紹介。

    近間 恭子

    BACK