玄人もうなる、キャプテン サンシャインというブランド

玄人もうなる、キャプテン サンシャインというブランド

『キャプテン サンシャイン』は通な洒落者ほど支持しているブランド。今からでも手遅れではないので、この骨太なブランドの魅力とおすすめ品をチェックしましょう!

平 格彦

2018.06.28

キャプテン サンシャイン(Kaptain Sunshine)
ブランドまとめ

『キャプテン サンシャイン』に洒落者たちが熱視線

『キャプテン サンシャイン』のデザイナーである児島晋輔氏は、もともと男性ファッション誌の編集者。その後、2002年に『ウェイストトゥワイス』を立ち上げ、さらに独立して2013年に『キャプテン サンシャイン』をスタートさせました。

『キャプテン サンシャイン』に洒落者たちが熱視線

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

同ブランドでは、シーマンの質実剛健で凛々しいユニフォームや、目的を持ちつつもソリッドに構成されたフィールドウェアを中心に、アウトドア、ワーク、ミリタリーなどのエッセンスも取り入れながらニュートラルに着こなせるカジュアルウェアを提案。欧米のトラッドなプロダクトから影響を受ける一方、日本ならではの生地や縫製を融合しています。そんな本物志向の服作りを実践しているからこそ、洒落者からの信頼や支持が厚いのも当然なのです。

なぜ、『キャプテン サンシャイン』が洒落者に愛されるのか

『キャプテン サンシャイン』がファッショニスタから支持されている理由をもう少し突っ込んで紹介します。主な理由は2つ。服好きでもそうでなくても、琴線に触れる魅力があるのです。

理由1生地の卸問屋を母体としているからこその、高品質な素材

生地の卸問屋を母体としているからこその、高品質な素材

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

実は『キャプテン サンシャイン』の母体はファブリックカンパニー。そんな背景もあってクオリティの高い生地を使用できる体制は整っています。日常的に多様なファブリックに触れながら、徹底して生地を追求。アイテム毎に肌触り、発色、エイジングなども考慮して緻密に選び抜かれているのです。例えば画像の生地は和紙100%。意外性がありますが、ドライな触感を体感すれば、ビッグシルエットのTシャツに選ばれた理由がわかります。

理由2旅にも連れ出したくなる、男のための日常着を追求

旅にも連れ出したくなる、男のための日常着を追求

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカの伝統的なウェアをベースにしたデザインを得意とする『キャプテン サンシャイン』ですが、ディテールは独自の視点で徹底的にこだわっています。前述した通りの高品質な生地に加え、日本のファクトリーによるこだわりの縫製も駆使。傷みを気にせず洗って天日干しできる日常着を目指しているのです。さらに、シワになりにくい、コンパクトに収納できる、出先で脱いでも背負えるといった機能性もプラス。日常はもちろん、非日常であるはずの旅でも重宝する実用性まで盛り込んでいます。

『キャプテン サンシャイン』で押さえておきたい、8つのアイテム

細部までこだわり抜いた『キャプテン サンシャイン』のアイテムはトレンドも超越。長く愛されているロングセラーも少なくありません。そんな定番を始め、今選ぶべきアイテムを選りすぐって紹介します。

アイテム1ジャケット

ジャケット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

肌触りを追求し、コットン75%×シルク25%のファブリックを使用したジャケット。シアサッカー生地なので肌への接地面積が少なく、ドライな着心地になっています。適度に余裕があるシルエットが今っぽく、レイヤードも自在。ダブルジップや内ポケットといった実用的なディテールも採用しています。

アイテム2スリーピングジャケット

スリーピングジャケット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

名産地の岡山で生産した13.5オンスのセルビッジデニムを使った「スリーピングジャケット」。身幅がややワイドなシルエットと、スタンドカラーがデザイン上の特徴となっています。シンプルなデニムアウターなので合わせるアイテムを選ばず、日常的に着回せる逸品です。

アイテム3シームレスナバルセーター

シームレスナバルセーター

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカ海軍のモックネックインナーセーターがモチーフとなっている「シームレスナバルセーター」。ネック部分以外はシームレスで編み立てたホールガーメント製法で、着用時の無駄なストレスを与えないように仕上げています。素材は上質なウール100%。腕と胸を横断するラインが絶妙なアクセントとして効いています。

アイテム4フライフロントバンドカラーシャツ

フライフロントバンドカラーシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

高品位なリネンを使用したバンドカラーシャツです。ドロップショルダーとゆったりしたサイズ感の設定で、今っぽいリラックス感を最大限に高めています。ミニマルなフライフロントで品格を高めつつ、低い位置にレイアウトしたフラップポケットでカジュアルに見せているバランスも絶妙です。

アイテム5ワークシャツ

ワークシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

コットン100%でサラッとしたタッチのファブリックを採用したワークシャツ。ポケットなどのディテールは武骨なムードですが、チェック柄で軽やかにアレンジしています。大きめなボックス型のシルエットからリラックス感が漂っているため、コーディネートを今っぽい雰囲気に導いてくれます。

アイテム6ビッグシルエットTシャツ

ビッグシルエットTシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

注目して欲しいのは、ビッグシルエットの半袖Tシャツ。実は素材が和紙100%で、吊り編み機によってオリジナルの天竺生地に仕上げています。サラッとしたドライなタッチがこれからの季節にピッタリ。自宅の洗濯機で洗うことができ、着込むことで膨らみや風合いが増すエイジングも楽しめるので、ガンガン着倒したくなる逸品です。

アイテム7ワイドイージーパンツ

ワイドイージーパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

滑らかで上質感のあるコットン素材の生地をセレクトし、ミリタリーのオーバーパンツをデザインソースにして仕上げたイージーパンツ。ゆったりとしたシルエットで見た目も着用感もリラクシングです。平ひものドローコードや左側のみの大きなフロントポケットなど、デザイン性と実用性と兼ね備えたディテールワークは見事!

アイテム8ナバルラップトラウザー

ナバルラップトラウザー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

コットン65%×シルク35%という混紡素材の滑らかで上品な生地を起用した「ナバルラップパンツ」。ワイドなシルエットとクロップド丈が独特な開放感を演出してくれます。また、共地のロングベルトが付属しているため、ベルトのセレクトや締め方で表情をアレンジできるのも魅力。

綿密なこだわりが生み出す、ハイクオリティな別注品

作り込んだプロダクトで人気の『キャプテン サンシャイン』は、コラボレーションの依頼も多数。小手先のアレンジに留まらない別注品は完成度が高いので、気になったアイテムはすぐに確保するのが得策!

アイテム1『インディビジュアライズドシャツ』×『ジャーナルスタンダード』別注 オーバーシャツ

『インディビジュアライズドシャツ』×『ジャーナルスタンダード』別注 オーバーシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

“BACK TO 90’S” というテーマで作り込んだ『インディビジュアライズドシャツ』とのコラボシャツ。アメリカの名門ファクトリーブランドが誇る名作のボタンダウンシャツをベースにしつつ、今どきなビッグシルエットで仕上げているのが特徴です。コットン100%のオックスフォード生地でクラシックなムードを強調。MADE IN USAでクオリティは折り紙付きです。販売は『ジャーナルスタンダード』のみ。

アイテム2『マーモット』×『フリークスストア』別注 サルベージュパーカー

『マーモット』×『フリークスストア』別注 サルベージュパーカー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『キャプテン サンシャイン』で定番人気の「サルベージュパーカ」がベース。『マーモット』が使っている高機能素材「メンブレン」を起用することで防水透湿性などを与えています。また、非常に軽量で微かなストレッチ性も備えているため、着心地は快適。『フリークスストア』のみで展開しています。

アイテム3『ポーター』別注 ブリーフケース

『ポーター』別注 ブリーフケース

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『ポーター』とのコラボで誕生したエクスクルーシブな2WAYブリーフケース。クラシックな面持ちですが、8号帆布と15号帆布に塩化ビニールコーティングを施した防水3レイヤー素材を使用しているため、実用面も優れています。レザーパーツをシュリンクレザーに置き換え、フロントポケットのボタンを『吉田カバン』オリジナルデザインのボタンに変更するという細部へのこだわりも圧巻です。

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    おしゃれな大人たちの間で『ダントン』のインナーダウンが人気爆発中です。その魅力からコーデサンプル、すぐに買える新作ラインアップまで、余すことなくご紹介します。

    山崎 サトシ

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

    TASCLAP編集部

    待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

    待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

    寒さが一段と厳しくなるこれからの時期、最も頼りになるアウターといえば、やはりダウン。この冬も多くのブランドからさまざまなモデルがリリースされているが、TASCLAP…

    TASCLAP編集部

    大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド12選

    大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド12選

    マフラーの人気ブランドを厳選。大人だからこそこだわりたい品質と見栄えを両立する、人気のブランドとおすすめのアイテムを一挙にご紹介します。

    モチヅキ アヤノ

    BACK