キャプテンサンシャインを知る。人気ブランドとの別注作からマストバイまで

キャプテンサンシャインを知る。人気ブランドとの別注作からマストバイまで

しゃれてると評する人もいればちょうど良いと話す人もいる。総じていえるのは、『キャプテン サンシャイン』は大人たちに欠かせないってこと。その魅力と注目作を紹介。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2021.05.10

『キャプテン サンシャイン』とは

『キャプテン サンシャイン』とは

O.L.D. オーエルディー

O.L.D. オーエルディー

お気に入り追加

2013年にデザイナーの児島晋輔氏が設立した『キャプテン サンシャイン』。そのアイテムは、トラディショナルなディテールやフィールドウェアの要素を、質の高い生地と融合することで生み出される。ワークやミリタリーといった往年のアメカジに見る武骨さを漂わせながら、その実、モダンさもほんのり香る温故知新の佇まい。先を行き過ぎることなく、かといって懐古主義にも陥らない絶妙な距離感が、当時を知る大人たち(30~40代)を中心に多くの共感を集めている。

『キャプテン サンシャイン』が洒落者に好まれる理由

『キャプテン サンシャイン』が洒落者に好まれる理由

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

過去のアイテムをソースにしながら、今を感じる洋服へと昇華させる。そのアプローチは決して珍しいことではない。ただ、同ブランドのアイテムを見るにつけ、そのディテールを含めた趣には、トレースでは成しえないリアル感がある。それもこれも、古着好きであり、ディテールの生い立ちに強い関心を示す児島氏だからこそだろう。古着をつぶさに見て得た知識を、感覚によって選び抜いた上質な生地に落とし込み提示するNEWスタンダード。だからこそ、目の肥えた大人たちを納得させ、魅了する。

『キャプテン サンシャイン』×『ポーター』の傑作別注たち

大人たちの琴線に響くアイテムを数多く生み出してきた『キャプテン サンシャイン』だが、とりわけ多くの識者をうならせてきたのが別注作。両者のフィルターを通して表現した新たな一品は、先々まで手元へとどめておくべき価値がある。ここでは『ポーター』との注目作を紹介。

アイテム1

スタンダードデイパック

スタンダードデイパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

普段使いにふさわしい“シンプル・イズ・ベスト”なリュック。ただし、頑強なコーデュラナイロンを素材に使っていたり、レザーの引き手にブランドネームを刻印していたりと、随所にこだわりを感じる仕上がりとなっている。内側にはラップトップ用の収納スペースを搭載し、使い勝手も文句なし。A4サイズの書類だってすっぽりと収納できる。

アイテム2

スタンディングトートバッグ

スタンディングトートバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スマートな縦長シルエットでありながら、自立も可能なほどの厚マチ仕様で見た目以上に収納力あり。しかも、サイドに付属するスナップボタンによって容量の調整が可能だ。表地にフライトジャケットを思わせる光沢感あるナイロンツイルを採用し、ミリタリーテイストを香らせているのもポイント。内部には小分け用ポケットとPCスペースを装備。

アイテム3

スタンダード ボディパック

スタンダード ボディパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“ちょっとそこまで”なワンマイルシーンから、アクティブに動きたいアウトドアシーンまで幅広く活躍してくれる逸品。余計なディテールをそぎ落としたストイックなルックスゆえ、どんなコーディネートにもすんなりとハマる。中には小物用ポケットが搭載され、カギや財布、スマホといった手回り品を効率良く収納可。

アイテム4

ビッグ ファニーバッグ

ビッグ ファニーバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『B印 ヨシダ』も交えたトリプルコラボレーション。『キャプテン サンシャイン』×『ポーター』の人気アイテムである「ファニーバッグ」をデザインベースとしつつ、一回りサイズアップすることで収納性を高めた。メインルームのほかフラップ裏にもメッシュポケットがセットされ、仕分け力に関しても優秀。素材は『ポーター』お得意のナイロンツイルを採用。

アイテム5

ロングウォレット

ロングウォレット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

上質なイタリアンブライドルレザーが放つ奥深い風合いを際立たせたミニマルなデザイン。使い込むほどにツヤが増していく素材のため、育てる過程もじっくりと楽しみたいところ。内部は多数の収納スペースがあるアコーディオン構造で、薄手の作りながらも嵩張りがちカードや領収書をすっきりと入れておける。

アイテム6

ラウンド ウォレット ゴールド

ラウンド ウォレット ゴールド

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

使いやすい2ルーム構造となった小型サイズのラウンドウォレット。ポケットにはそれぞれ“BILL(お札)”・“CHANGE(小銭)”と、用途がゴールドカラーで印字されている。さらに、背面にはカード用のスリーブが配置され、こちらにも“CARDS”の印字入り。素材には耐久性の高いゴートレザーをチョイスしており、長く愛用できる一品だ。

他にも知りたい。通販で購入できる『キャプテン サンシャイン』のアイテム

気軽に手にできる利便性を考えたら、通販という選択肢も視野に入れておきたい。そこで、今購入できる『キャプテン サンシャイン』のアイテムの中でも、とりわけおすすめの一品を厳選。

アイテム1

ウエストコーストロングスリーブTシャツ

ウエストコーストロングスリーブTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

毎シーズン人気を博す定番アイテム。左袖の配色を切り替えたユニークデザインゆえに、それ1枚で着ても主張ある着こなしに帰結する。生地はスーピマ原綿にムラ糸をMIXして製作したブランドオリジナル仕様で、まるでヴィンテージのような風合い。また、両袖の後ろ側にはラインが施され、後ろ姿でもアピールできる。

アイテム2

和紙ポロシャツ

和紙ポロシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

その名の通り、和紙を原料とした天竺生地。速乾性と吸湿性を持つ素材ゆえ、汗をかいても着心地は実に涼やか。なお、和紙と聞くと洗えるか心配になるかもしれないが、このモデルは普通のポロシャツと同じように洗濯機に入れられるのでご安心を。シルエットはゆったりめで、コーデにリラックス感を打ち出す際にも一役買ってくれる。

アイテム3

オープンカラーSSシャツ

オープンカラーSSシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

本来はワイルドさが先行するサファリシャツも、抜け感あるオープンカラーデザインだと気楽な雰囲気。ショーツやクロップドパンツと組み合わせて、ゆるく着こなしても良さそう。縦糸にスーピマコットン、横糸にリネンシルクを採用した生地は肌離れが良く、着心地は常にコンフォート。ウォッシュ加工による着慣れた風合いも印象的。

アイテム4

シャンブレーショートスリーブシャツ

シャンブレーショートスリーブシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フロントのダブルポケットやラウンドしたヨークなど、クラシカルなワークシャツを彷彿とさせる仕立て。一方、モノトーン配色や肉感の良い高密度シャンブレー生地によって、大人っぽさも巧妙に落とし込んでいる。きれいめにもラフにも振れるアイテムゆえに、着こなしの幅を大きく広げてくれること間違いなし。シルエットはややゆるめの設定。

アイテム5

グルカショーツ

グルカショーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

かつてネパールのグルカ兵が着用していたグルカショーツから着想を得て製作。極太のウエストバンドや深めに配されたプリーツは、まさに当時のモデルさながら。さらに、フィンクスコットン×ヨーロピアンリネンによる軽快生地で、夏の季節感も巧みに封入。レトロ感と今っぽさが共存した1本は、こなれた大人にぴったりだ。ちなみに、両サイドにはアジャスターが付きベルトレスでもはける。

アイテム6

『ビームスプラス』別注 M-47 ミリタリー トラウザー

『ビームスプラス』別注 M-47 ミリタリー トラウザー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1947年に登場したフランス軍のミリタリーパンツ、M-47をモチーフとした別注作。ボリューム感満点なシルエットがタフなムードを振りまくが、コットン×リネン×シルクの滑らかなヘリンボーンツイルを使うことで、街っぽさにも訴求。裾にはストラップが使用されているため、好みに応じてシルエットを変えるのもあり。

アイテム7

『シップス』別注 サファリ シャツジャケット

『シップス』別注 サファリ シャツジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ジャケット型でありながら、薄手のコットン地で仕立てているため、まるでシャツのような見栄え。軽量で風通しに優れているうえ、適度に透け感があって見た目にも涼しげで、夏場でも違和感なく着用できる。余裕を持たせたシルエットで厚めのインナーでも着込めるため、春や秋など気温が曖昧なシーズンでも活躍する。

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

青と白の共演。セイコー140周年記念限定モデルは、未来を示す光となるか

140年にわたる『セイコー』の歴史を祝し、続々と限定モデルがリリースされている今年。第2弾より、白と青をテーマにした爽やかなカラーリングの5モデルをご紹介します。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

2021年のダイバーズは“色挿し”が鍵。ティソの名作シースターを、この夏どう着けこなす?

シンプルな夏スタイルと好相性なダイバーズウォッチ。同ジャンルをより効果的に着こなしに取り入れたいなら、今年はこんな “色挿し”はいかがでしょうか?

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

夏を快適に乗り切るために。“暑さ・汗・臭い”に打ち勝つTシャツを手に入れよ!

暑さ、汗、臭い。これからの時期、男たちにとって乗り越えるべき障害は少なくない。だからこそ『ナノ・ユニバース』の三本の矢ならぬ3種のTシャツが何かと心強い!

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

高級腕時計ファンに捧ぐ。Apple Watchをハイエンドに導く、ただ1つの方法

機能的なApple Watchに惹かれつつも、見た目のガジェット感の強さから敬遠しがち……。そんな悩める高級腕時計好愛好家に、ハイエンド化の奥の手をお届けしましょう。

SPONSORED by プリンチペプリヴェ

続きを読む

“本物”を求める大人たちへ。今必要なのは、歴史に裏打ちされたダイバーズの名品だ

夏を目前に控え、今年も高まりつつあるダイバーズウォッチ熱。いい大人がどんな1本を選ぶべきかに焦点を当て、最適かつ最良のモデルを割り出していきます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

セラミックスのツヤに見惚れる。今考え得る、国産クォーツウォッチの最高峰

『グランドセイコー』から登場するセイコー140周年の記念モデルは、高機能なクォーツGMT。ブランドの未来を指し示す、最上クラスの国産クォーツウォッチが誕生です。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事