定番のロゴから新作まで。今欲しい、ナイキのTシャツ

定番のロゴから新作まで。今欲しい、ナイキのTシャツ

トレンドのスポーツMIXコーデを実践するなら、やはりその道の本格ブランドを取り入れるのが定石。とりわけ『ナイキ』のTシャツは鉄板のチョイスでしょう!

山崎 サトシ

2018.07.06

ナイキ(NIKE)
トップス
Tシャツ

『ナイキ』のTシャツが夏のスポーツMIXにうってつけ!

『ナイキ』のTシャツが夏のスポーツMIXにうってつけ!

この夏もスポーツMIXコーデが隆盛を極めています。スポーツテイストの取り入れ方は実にさまざまですが、何といっても手っ取り早いのは本格ブランドのアイテムをコーデに落とし込むことでしょう。そして、その本命的存在といえるのがご存じ『ナイキ』。誰もが知るスポーツブランドだけに、アピール効果は絶大です。なかでもとくにおすすめしたいのがTシャツでの投入。パッと視線に入りやすいのでスポーティさを主張しやすいうえ、『ナイキ』のTシャツはパフォーマンス性にも秀でているモノが多いのでコンフォートに装えます。

定番のロゴTからユニークモデルまで。この夏狙いたい10枚はコレ

早速、夏コーデの主役として取り入れたい『ナイキ』のTシャツをチェック。安定のロゴTからヒネリを効かせたユニーク作まで幅広く揃うので、自分のスタイルに合った逸品を探し出しましょう。

アイテム1フューチュラ アイコン メンズ Tシャツ

フューチュラ アイコン メンズ Tシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スウッシュロゴが胸元にあしらわれた王道デザイン。シンプルなルックスゆえに、汎用性の高さに関しては折り紙付きです。クルーネックの内側にテーピングを施して、耐久性を向上させるあたりもさすがは『ナイキ』。

アイテム2ナイキSB ロゴ メンズ Tシャツ

ナイキSB ロゴ メンズ Tシャツ

『ナイキ』のスケートボードラインであるナイキSBのロゴをセッティング。こちらも優れた着回し力を誇るアイテムです。汗を逃して蒸発させる同ブランドお得意のドライフィットテクノロジーのおかげで着心地は快適そのもの。

アイテム3ブラジル CBF ドライフィット メンズ Tシャツ

ブラジル CBF ドライフィット メンズ Tシャツ

サッカーブラジル代表でお馴染みのカナリアカラーで彩られた1枚。鮮やかなカラーリングゆえ、夏らしさを演出するにはうってつけといえるでしょう。こちらのモデルもドライフィットテクノロジーを採用しており、快適性は申し分なし。

アイテム4“Have A Nike Day”メンズ Tシャツ

“Have A Nike Day”メンズ Tシャツ

“Have A Nice Day”ならぬ“Have A Nike Day”とプリントされたユーモアセンスあふれるモデル。スマイルマークの口元がアイコンのスウッシュマークとなっているなど、細部にも遊び心が宿っています。周囲からのリアクションも期待できそうな1着!

アイテム5“Still Fresh” メンズ Tシャツ

“Still Fresh” メンズ Tシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

思わず視線を奪われる『ナイキ』らしいポジティブなメッセージプリントともに、小ぶりのロゴマークを配しています。素材はコットン100%で、ソフトな肌触りとスポーツブランドらしい優れた耐久性を兼備。リブ裏にはテープによる補強が入ります。

アイテム6レッドハイブリッドTシャツ2

レッドハイブリッドTシャツ2

胸に入った“NIKE OFFICIAL”のあしらいがポイント。胸プリントはコンパクトなサイズですが背面には同デザインのプリントが大胆に入っており、前後でギャップ感を創出しています。大人っぽい落ち着いた色合いもGOOD。

アイテム7ドライフィット メダリスト

ドライフィット メダリスト

速乾性に優れており、ランニングウェアとしても日常着としても役立つアイテム。熱がこもりやすい箇所である胸&肩にはオープンニットステッチをあしらって、通気性を高めています。腕を動かしやすいラグランスリーブ仕様も印象的。

アイテム8ジョーダン アイコニック ジャンプマン Tシャツ

ジョーダン アイコニック ジャンプマン Tシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドを象徴するアイコンマークのひとつであるジャンプマンをフロントに堂々とプリント。同系色プリントなので、インパクトがありつつもすっきりと着こなせます。ボディはポリエステル・レーヨン・コットンの3種混紡のジャージー素材で非常になめらかなタッチ。

アイテム9サマーストライプ Tシャツ

サマーストライプ Tシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ドライフィットテクノロジーを有するコンフォータブルなTシャツ。生地にオーガニックコットンをMIXするなど、環境に配慮した生産背景でも魅了します。季節感あるカラーリング&柄使いで重宝すること請け合いです。

アイテム10ナイキFC ジャージ トップス

ナイキFC ジャージ トップス

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

サラッと軽快に着こなせるサッカージャージにプリントされているのは、世界のサッカー強豪国の国旗。斬新な風貌だから、1枚で着ても存在感あるコーディネートに仕上がります。ゴールドに輝くNIKE F.C.のプリントもアイキャッチ効果抜群!

『ナイキ』のTシャツで作るスポーツMIXコーデもチェック

お気に入りの1枚が見つかったなら、それを活用したスポーツMIXコーデもチェックすべし! 初心者でもチャレンジしやすいロゴTシャツに絞って着こなしをお届けします。

コーデ1ジーンズとのコンビでアメカジ×スポーツを融合

ジーンズとのコンビでアメカジ×スポーツを融合

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

程良く色落ちしたストレートジーンズでアメカジテイストを描き出すと同時に、『ナイキ』のロゴTでスポーティなムードも演出。ともすればアクティブ感が前面に出るアメカジ×スポーツのMIXスタイルですが、色使いを抑えることでセンス良く見せています。

コーデ2バギーズとのマッチアップでラフに装う

バギーズとのマッチアップでラフに装う

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ボトムスは夏の定番たる『パタゴニア』のバギーズショーツ。軽やかなイメージの膝上ショーツだから『ナイキ』のロゴTとの相性は申し分ありません。Tシャツに加えて足元も同ブランドでまとめ、スポーツテイストを加速しました。

コーデ3ロゴTで作る大人のサマースタイル

ロゴTで作る大人のサマースタイル

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

主張しすぎないダークレッドのロゴTは、スポーティながらも大人顔。ショーツのシックなネイビーカラーとも相まって、大人っぽいサマースタイルに帰結しています。小物類もダークトーンで統一すれば、こなれ感はさらにアップ!

コーデ4上下のコントラストで遊ぶのも面白い!

上下のコントラストで遊ぶのも面白い!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ベーシックで合わせやすい『ナイキ』のロゴTは、タイダイ染めで仕上げられた派手顔ショーツともベストマッチ。こんな風に個性派ボトムスとのコントラストで遊ぶのも小粋ですね。レイヤードをせずともあか抜けたムードに仕上がります。

コーデ5ちらっとのぞかせるだけでもコーデの旬度が向上

ちらっとのぞかせるだけでもコーデの旬度が向上

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

単品で着るだけじゃなくインナーとしての着用も当然あり。ロゴマークを少しのぞかせるだけで、スタイリングがほんのりとスポーツテイストに。プレーンでクセのないロゴTは、どんなトップスとも高い親和性を見せてくれます。

おさえておきたい定番品。スポーツブランドのロゴT着こなし30選

おさえておきたい定番品。スポーツブランドのロゴT着こなし30選

世代を問わずに愛されるスポーツブランドのロゴTシャツ。定番モノはとくに、着こなしで他人と差を付けることが大切です。お手本にしたい30スタイルをピックアップ!

TASCLAP編集部

Tシャツ完全ガイド。人気25ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツ完全ガイド。人気25ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2019年の春夏も必需品。25の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦

今年も人気健在。チェックすべきナイキのサンダル10選

今年も人気健在。チェックすべきナイキのサンダル10選

空前の大ヒットとなったベナッシをはじめ、『ナイキ』のサンダルはまだまだ衰え知らず。サンダルシーズンも本格到来ということで、改めてその魅力や注目作に迫ります。

山崎 サトシ

ナイキのベナッシをおしゃれに履こう。コーデのポイントとおすすめ9選

ナイキのベナッシをおしゃれに履こう。コーデのポイントとおすすめ9選

ファッションアイテムとしてすっかり定着したシャワーサンダル。その人気をけん引しているのが『ナイキ』の「ベナッシ」です。特徴からコーデ術までを網羅して紹介します。

平 格彦

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    デニムとスニーカー。日本における両分野のパイオニアが初のタッグを実現

    デニムとスニーカー。日本における両分野のパイオニアが初のタッグを実現

    『エドウイン』と『ミズノ』。いわずもがな片やデニム界、片やスポーツ界をリードし続ける日本を代表するブランドだ。この両者がタッグを組み日本のクラフトマンシップを…

    TASCLAP編集部

    旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

    旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

    引き続き人気を集める90年代ファッション。そのムードを感じさせるボアブルゾンがブレイク中です。選び方から着こなしルール、おすすめアイテムまでを一気に解説します。

    平 格彦

    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    スウェットシャツは秋の王道ウェア。とはいえ、シーズンごとにおしゃれな着こなし方は変化します。2019年はスウェットシャツをどう着こなすべきか、探ってみました。

    平 格彦

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

    TASCLAP編集部

    フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

    フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

    冬のメンズウェアの中でも特に注目度の高いフリース。温かさはもちろん、見た目も申し分ないブランドをピックアップしつつ、それぞれのレコメンドアイテムをご紹介。

    TASCLAP編集部

    BACK