“魅せる”腕時計。ニクソンで探す大人のファッションウォッチ

“魅せる”腕時計。ニクソンで探す大人のファッションウォッチ

時刻を知るギアとしての役割はもちろん、おしゃれさを求めることが増えている腕時計。なかでもセンスの光る『ニクソン』の魅力を解説していきます。

MASAFUMI YASUOKA

2019.05.03

腕時計

米国生まれのライフスタイルブランド。『ニクソン』の腕時計がセンス抜群

米国生まれのライフスタイルブランド。『ニクソン』の腕時計がセンス抜群

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

カリフォルニア州生まれの『ニクソン』のウォッチラインは、サーフィンやスケートボード、またスノーボードといった、いわゆる横ノリ系スポーツを楽しむ人たちをターゲットにして1998年にスタートしました。今ではストリート全般で支持されるブランドへと成長しましたが、人気の理由は高いデザイン性と豊富なバリエーション。“時間を見る”という腕時計本来の役割はもちろん、周囲の人から「いいね」と言われる“魅せる”腕時計として注目されているのです。

カリフォルニア発。『ニクソン』というブランドを知っておく

カリフォルニア発。『ニクソン』というブランドを知っておく

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『ニクソン』が誕生したのは1989年のアメリカ・カリフォルニア州エンシニータス。当初はサーフ・スケート・スノーの3Sスポーツを楽しむ人たちのためのウォッチブランドとして、ボードショップを中心に販売をスタートしています。現在では、そのバリエーションを拡大し、フォーマルなモデルも展開。さらには、バッグやアクセサリーなどもラインアップとして並びます。

本格派の機能とトレンドをピックしたデザインの両立に大人も夢中

本格派の機能とトレンドをピックしたデザインの両立に大人も夢中

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ストリートにマッチするビッグフェイスやレディースも楽しめるカラフルなモデル、ビジネスに馴染む3針と、バリエーション豊かな『ニクソン』。見た目はもちろん、スポーツウォッチブランドを出自とするだけに、機能性の高さにおいての評価も盤石です。特にサーフウォッチでは王道ブランドとしての地位を確立し、高い防水性やGPS、タイドグラフ、カウントダウンタイマーなど多彩な機能を搭載したモデルを多く揃えています。

高級志向からリアルサーフまで。『ニクソン』のおすすめ10選

デザインも機能も多種多様な『ニクソン』のラインアップから、大人の腕元にハマる10本を厳選しました。装いのアクセントとして最適な相棒を、ぜひ見つけてください。

アイテム1SENTRY SS NA3561041-00

SENTRY SS NA3561041-00

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

定番モデルの「セントリー」。こちらはステンレススティールモデルで、ゴールドとのコントラストがラグジュアリーな雰囲気を漂わせる1本です。SS製のケース&ブレスはマットブラックなので、つやめいた印象などはなし。ケース径も37mmとミニマルなので、ジャケパンからTシャツまでさまざまなコーデに馴染んでくれます。

アイテム2THE CORPORAL SS

THE CORPORAL SS

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

直径3.8cmのステンレスケースに、厚みを持たせたベゼル。ミリタリーウォッチにインスパイアされた「コーポラル SS」は、3針のシンプルなタイプながら、腕元で抜群の存在感を示してくれます。ブラックカラーがそれを後押しつつ、一方でネオンブルーの差し色が夏っぽさをにじませます。お馴染みの大ぶりなアラビア数字も、実にアイコニックです。

アイテム3THE BASE

THE BASE

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

「ベース」は、スクエアな中にも丸みをもたせたフォルムが特徴です。昨今70年代スタイルが注目されるなか、まさに打ってつけなデザインとなっています。シンプルなデジタル表示ですが、カレンダー、バックライト、クロノグラフ、カスタムタイマーなど、機能は充実しています。

アイテム4THE REGULUS

THE REGULUS

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

元特殊部隊隊員の経験をフィードバックさせた「レグルス」。オリーブカラーのケースは、衝撃吸収性の高いポロン素材を採用し、撥水性と耐久性に優れたTPU80製ストラップやビスデザインとともに無骨さを示します。機能においても、デュアルタイム、デュアルクロノグラフ、自動カレンダー、LEDバックライトなど、多機能を誇っています。

アイテム5THE PORTER LEATHER

THE PORTER LEATHER

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

3針に加えてバーインデックスを採用。さらにフェイスから針に至るまでオールシルバーで統一したシンプル&クリーンなデザインは、夏のカジュアルウォッチとしておすすめです。控えめサイズなので、ピンクゴールドを選べば女性の腕にもマッチします。

アイテム6THE ULTRATIDE

THE ULTRATIDE

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

サーフメディア『サーフライン』とのコラボレーションとなる「ウルトラタイド」。『サーフライン』が所有する膨大なサーフィンに関するデータベースを活用し、タイムリーなタイド情報や、スウェルの高さや方向、風向きや風速、そして水温に至るまであらゆる情報を網羅。世界約2,700か所のサーフスポット情報なども得ることができる、サーフウォッチの決定版です。

アイテム7THE MISSION SS NA1216130-00

THE MISSION SS NA1216130-00

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

タッチスクリーンを採用する「ミッション SS」。ポリカーボネイトにステンレスベゼルを組み合わせたケースや、ゴリラクリスタルガラスなど、一見して武骨な印象を匂わせるデザインが男心をくすぐります。AndroidOSに対応したスマートウォッチで、サーフィンやスノーボードといったスポーツに対応した機能が満載。スマホとの連動により、従来以上の膨大な情報を得ることができます。

アイテム8THE 51-30 CHRONO

THE 51-30 CHRONO

モデル名の51は直径51mmを、30は防水300mを表しています。豊富なラインアップの中でも、モンスター級の存在感と呼ばれる同モデルは、夏にこそ楽しみたいモデルの筆頭。3つ目のクロノグラフがさらに武骨さをあおると思いきや、ホワイトフェイスにより意外にも洗練された印象に。海だけでなく、都会のビル街にも馴染んでくれます。

アイテム9NIXON× ANDY DAVIS/THE TIME TELLER P

NIXON× ANDY DAVIS/THE TIME TELLER P

夏のビーチサイドでは、こんなポップなデザインも楽しみたいところ。ビビッドなイエローをまとったケースに対し、フェイスにはシンプルなラインで描かれたイラストをデザイン。手がけたのは、『ニクソン』と同じカリフォルニア出身のサーフアーティストであるアンディ・デイビス氏。単にポップなだけじゃなく、アートとしても価値があるデザインがポイントです。一見チープな素材感ですが、ポリカーボネート製のケースは軽く丈夫です。

アイテム10NIXON THE TIME TELLER P

NIXON THE TIME TELLER P

museomuseo

お気に入り追加

クラブシーンで映える、マットブラックとネオンブルーのコントラストが秀逸。ケースは軽量で丈夫、かつ傷がつきにくいポリカーボネート。ウレタン製のストラップも着け心地と防水性を兼備し、シンプルな3針ですが機能は十分。カラバリで揃えたくなるモデルです。

出版社、編プロを経て独立。主にメンズ・ファッション誌で執筆。たまに50代と間違われる、老け顔だけどまだまだアラフォーなフリーランスライター。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

    “胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

    洋服にせよ、車にせよ、現代版としてアップデートした過去の名作は、オールディーズファンにとってもはじめましてな人にとっても新鮮だ。それもこれも名盤としての確かな…

    TASCLAP編集部

    時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

    時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

    腕時計とは時刻を指し示すもの、というとそっけなく感じてしまうが、その手法はプロダクトによってさまざまだ。キリキリと歯車が回転して時間を刻む、有機的な時の流れを…

    編集ムタガミ

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    BACK