夏もシックに装うための黒Tシャツ着こなし講座

夏もシックに装うための黒Tシャツ着こなし講座

Tシャツコーデはついついラフになりがちですが、大人ならシックにまとめるべきです。そんな時に役立つ黒Tシャツの着こなし方とおすすめ5着を解説します!

平 格彦

2018.07.11

トップス
Tシャツ

黒Tシャツがコーデを引き締める

爽やかさに欠け、暑苦しく見えるという理由で夏に避ける人もいる黒Tシャツ。ですが、大人のコーデにおいてこんな便利なカラーはありません。ブラックは、我々が求めたいシックさと着こなしを選ばない汎用性を併せ持ち、同時にスマートな男らしさを振りまく優秀な色。ラフさが先行するTシャツで取り入れれば、幼さを緩和してくれるうえに汗染みが目立たないというメリットも見込めます。Tシャツ1枚のスタイリングが締まらないとお悩みなら、黒Tシャツで夏の着こなしをブラッシュアップしましょう。

合わせて読みたい:
白Tシャツのおすすめと選び方、着こなし術をご紹介
サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめの5枚

この夏、黒Tシャツを賢く着こなす3つの方法

黒Tシャツを着こなすといっても、ベースがシンプルなTシャツゆえにコーディネートのパターンは多種多様。そこで、この夏に挑戦すべき効果的な着こなし方を3つに絞り込んでご紹介します。

▼着こなし方1:シックなワントーンでまとめてみる

ブラックのシックな魅力を最大限に活かすなら、黒Tシャツを起点とするワントーンスタイルがイチ押し。単純に黒いアイテムを選ぶだけでなく、着こなしにポイントを作ることを意識すると一気におしゃれに映るはずです。

着こなし1-1素材感の変化でこなれたムードを演出

ワントーンによる統一感は上品かつクールな印象を生み出す一方、フラットで無難なイメージも与えがち。そこで、トップスとボトムスの素材の変化によって表情を生み出すことがポイントとなります。この実例では、Tシャツはナイロン混紡、パンツはデニム地、スリッポンはレザーという素材の違いがシンプルな着こなしに表情を加味しています。

着こなし1-2セットアップを活用すれば手抜きでもおしゃれ

ミニマルな黒Tシャツも、セットアップで取り入れることでより洗練された印象に早変わり。この着こなしで注目すべきは、セットアップの間に挟んだ白インナーの存在。光沢のあるポリエステルに対しナチュラルなコットンで白を挿して、上記コーデ同様に素材感でリズムを生み出しています。ごくごくシンプルなスタイリングですが、奥行きのあるルックスに仕上げることが可能です。

着こなし1-3サングラスなどの小物で個性やアクセントをプラス

ブラックのワントーンスタイルは、シンプルなアイテムで大人っぽくまとめようとすればするほど個性のないコーディネートになりがち。そんな時は、黒い小物を加えることで個性を上乗せするのもおすすめです。夏ならサングラスが最適でしょう。他にも気負わず取り入れることが出来る黒の腕時計やミニショルダー、リュクス感が加味できるビット付きのローファーなどを活用するのもさり気なくておしゃれです。

▼着こなし方2:リゾートテイストの引き締めに

2018年は特に注目を浴びているリゾートテイスト。さまざまな演出方法がありますが、黒Tシャツ+明るい色のパンツ+サンダルでリゾート感を生み出すとクールに仕上がるのでおすすめです。軽やかなパンツを黒いTシャツで引き締めるイメージで着こなすのがポイント。

着こなし2-1ホワイトのパンツでクリーンな抜け感を演出

気軽にはくだけでクリーンなリラックス感が打ち出せる、ホワイトのパンツ。ブラックのTシャツで引き締めれば、メリハリの効いた大人なバランスに仕上がります。Tシャツならではの開放感を足元のサンダルで拡大し、モダンでクールなリゾートスタイルにまとめました。

着こなし2-2ウォッシュドジーンズのラフなムードを中和

ハードなウォッシュ加工が施されたジーンズも、リラックスしたニュアンスを生み出すパンツの代表格です。そこにビーチサンダルを合わせれば、ビーチサイドらしい抜け感はキープできます。そんなボトムスの開放感を、黒Tシャツで中和。大人っぽく引き締めることで、シックなバランスに仕上がります。

着こなし2-3清涼なシアサッカー生地とのコントラストが新鮮

見た目も着用感も爽快なシアサッカーは、エレガントなリゾート感を振りまく生地。だからこそ、男っぽさの香るブラックTを合わせ、上下でコントラストをつけると新鮮に映ります。上品だけど開放感もある、夏素材の旨みを十二分に生かしたスタイリングです。

▼着こなし方3:ショーツと合わせるならオーバーサイズでリラクシングに

暑い日に活用したいショートパンツ。そのリラックス感を活かすなら、黒Tシャツはオーバーサイズを選ぶのが基本です。人気が続いているワイド幅短丈シルエットやドロップショルダーを選べば、今っぽいムードも演出できます。

着こなし3-1シンプルなTシャツ&ショーツでも今時な雰囲気に

Tシャツもショートパンツもオーセンティックな無地ですが、リラックスできるドロップショルダーのTシャツがにより今っぽいムードを放っています。Tシャツのスウェット地にポリエステルを混紡することで、上質感を放っているのもポイント。なお、こちらのアイテムはグレータンクトップとのアンサンブル。シンプルながら子供っぽく見えないのは、このモノトーンレイヤードも貢献しています。

着こなし3-2派手色のショーツを巧妙なバランスで引き締める

イエローのルーズなショートパンツにストラップサンダルを合わせた下半身はサーフ感満点。そのムードにマッチするビッグシルエットTを選びつつ、ブラックが引き締まった印象も加味しています。大人なムードとカジュアル感のバランスが絶妙です。

着こなし3-3リラックス感マックスの着こなしをモノトーンでクールに

トレンドでもある総柄ボードショーツは、リラックス感の強いアイテム。ただしモノトーンをセレクトすれば、適度な落ち着きが生まれて普段遣いもしやすくなります。しかも、同色ゆえにブラックのTシャツとも好相性。ビッグシルエットのTシャツと合わせることで、パンツの開放感を損なうこともなくシックでリラクシングな今っぽいスタイリングに仕上がります。

1枚でもスタイルが生まれる。大人が手に取るべき黒Tシャツ

最後は1枚でも品格を装える、大人のサマースタイルにふさわしい黒Tシャツをセレクト。一見シンプルなのにどこか個性が見え隠れする上質なアイテムばかりを厳選しています。いつもの1枚と置き換えて、その実力を文字通り肌で感じてみましょう。

アイテム1『レミレリーフ』 16度詰め天竺アウトドア素材半袖クルー

ただでさえコシのある糸を用いつつ、可能な限り目の間隔を密にした度詰め天竺生地を起用。それにより、ハリ感が品格を担保するハイクオリティなポケットTシャツを生み出しました。着古したような風合いや絶妙なあたりは、加工感にこだわる『レミレリーフ』が得意とするところ。

合わせて読みたい: 加工技術の匠。レミ レリーフの職人技に触れる

アイテム2『クラウディ クラウディ フォー ビーミング バイ ビームス』BackZip Waffle Tee

『クラウディ クラウディ』が『ビーミング バイ ビームス』のために製作。ワッフル生地を使用しているため立体感があり、上質感と通気性を備えているTシャツです。さらに、ネック部分にバックジップを装備。左胸にはボディと同色のロゴ刺繍をレイアウトするなど、ナチュラルな着こなしに都会的な要素をMIXするブランドのアイデンティティをさり気なく主張しています。

アイテム3『ディスカバード』 NEOGEO zip cutsaw

肌触りの良いコットン100%スムース生地を採用したシンプルなTシャツがベースですが、左胸にギミックを搭載。MA-1風のポケットをセットしつつ、シーズンテーマをロゴで表現した止水ジップによりさらなるアクセントも付加しています。ラウンドしている裾も特徴的な1枚です。

アイテム4『サイラス』 VENTILATION TEE

適度に肉感のある空紡天竺生地を採用した『サイラス』の「ベンチレーション ティー」。両サイドの脇から裾が別布で切り替えてあり、プランサーボタンで開閉できるため、換気のための機構としても機能します。もちろん、デザイン上のアクセントとしても好バランス。また、左胸にはボディと同色のロゴ刺しゅうが入っています。

アイテム5『アダムエロペ』 ONOメリヤス カットオフスリーブT

表地はナイロンを使用しつつ、光沢によりスポーティな印象をメイク。その一方で裏地にはコットンを使用し肌触りが抜群という、プライト裏毛スウェット生地を起用しています。適度にドライタッチで上品な生地は、『アダム エ ロペ』が老舗『小野メリヤス』に別注して実現したものです。袖のカットオフ仕様や肩の落ちたビッグシルエットで今っぽいリラックス感も加味。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK