覚えて損なし。バンダナのおしゃれな巻き方&使い方を6つご紹介

覚えて損なし。バンダナのおしゃれな巻き方&使い方を6つご紹介

ハンカチの代用品としてだけでなく、コーデのアクセント付けとしても重宝するバンダナ。おしゃれな巻き方や活用術について解説しつつ、おすすめ品も合わせてご紹介します!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2021.08.27

ハンカチ代わり……だけじゃない。バンダナはおしゃれ小物としても優秀です

おしゃれな人は、コーディネートのアクセントとして巻き物や小物を上手に使っています。そして彼らが活用している代表的なアイテムの1つが、バンダナです。

ハンカチ代わり……だけじゃない。バンダナはおしゃれ小物としても優秀です

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

そもそもバンダナとは、コットン素材などを使った正方形の大きめな布のこと。デザイン的な起源はインドにあり、ヒンドゥー語で「絞り染め」を指す「バンドゥヌ(Bandhnu)」が語源だといわれています。また、実用的な起源はメキシコにあるとされ、農家の人々が強い日差しから首を保護するのに巻いていた布が発展したものだという説が有力です。その後、アメリカやヨーロッパでファッションアイテムとして広がり、今のような形で定着しました。

ハンカチ代わり……だけじゃない。バンダナはおしゃれ小物としても優秀です 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バンダナとよく似たアイテムにスカーフがあります。細かい違いについては曖昧な部分がありますが、バンダナがコットン製なのに対してスカーフはシルク製が主流。マットな生地感であるバンダナのほうがカジュアルなイメージです。さらに、コットン製だからこそリーズナブルな価格で手に入れることができ、ハンカチの代わりとしても使えるのがバンダナならではの特長といえるでしょう。もちろん、ファッション小物としても大活躍。いろいろ使えて重宝すること必至なので、バンダナの使い方をマスターしておいて損はありません!

マスターすれば洒落感アップ! バンダナの巻き方&使い方、まずは代表的な3パターン

バンダナの使い方は多様ですが、ファッション小物として使用する際にもっとも基本となるパターンは3つ。ここでわかりやすく解説していきましょう。着用する際の詳しい折り方についてはスカーフと同様なので、以下の記事を参考にしてみてください。

コーデのスパイスにスカーフを。巻き方から着こなし術、おすすめ品まで

バッグ・ファッション小物

コーデのスパイスにスカーフを。巻き方から着こなし術、おすすめ品まで

大人の男性ならぜひ活用したい、スカーフ。取り入れれば簡単にコーデをクラスアップできる、おすすめの小物です。気になる巻き方や着こなしへの合わせ方など、徹底解説!

平 格彦

2021.05.08

▼パターン1:首に巻く

バンダナの発祥は、農民が作業をする際に日光から首を守るために使っていたアイテムだといわれています。そうしたオリジナルに近い使い方が、バンダナを首に巻く方法。だからこそ最初にマスターしておきたいところです。適度に上品でこなれたニュアンスが演出できるのがポイント!

コーデ1

コンパクトに巻いてさりげない挿し柄に

コンパクトに巻いてさりげない挿し柄に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バンダナはカジュアルなアイテムなので、細かいルールは気にせず使えばOK。とりあえずコンパクトに首元に巻けば、好バランスなアクセントとして活用できます。このお手本のように、上半身を同系色でまとめるとバンダナが馴染んでおしゃれにまとまります。

コーデ2

結び目を強調して大人っぽい巻き物として活用

結び目を強調して大人っぽい巻き物として活用

WEAR

WEAR

お気に入り追加

少しエレガントなムードを演出したい場合は、定番デザインのペイズリー柄を避けつつ、バンダナのボリュームを少し増やすように意識するのが吉。結び目が見えるように巻くと、スカーフやネクタイのようなイメージに近づいて品良く仕上がります。スウェットシャツ・ジーンズ・スニーカーを使ったカジュアルなコーディネートもこんなに上品に!

コーデ3

先端を垂らすアレンジでバンダナの存在を主張

先端を垂らすアレンジでバンダナの存在を主張

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スカーフに近いイメージで、結んだバンダナの先端を垂らしてもOK。1辺50~55cm前後の正方形が主流のバンダナは、両端を垂らしてもスト―ルなどよりコンパクトにまとまり、初心者でもバランス良く仕上がります。このお手本コーデは、トップスをモノトーンで揃えてシックな印象に。スニーカーも含めた統一感が上品なイメージにつながっています。

▼パターン2:バッグに結び付ける

バッグをコーディネートの一部と考えれば、バンダナをバッグに結び付けてアクセントにするのも効果的。実際、おしゃれな人ほどバッグに付けるテクニックを駆使しています。必要になったときにはハンカチのようにも活用できることを考えれば、実用面でも重宝する使い方です。

コーデ1

バックと同色のバンダナを控えめなアクセントに

バックと同色のバンダナを控えめなアクセントに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベースとなるコーディネートは、白と黒を軸にしたシンプルなきれいめカジュアル。トートバッグもシンプルですが、バンダナをアクセサリー感覚でプラスしてさりげないスパイスとして活用しています。バッグと同色のバンダナなら必要以上に主張せず、コーディネート全体にもすんなり馴染むという好例です。

コーデ2

バンダナを挿し柄として効かせた実用的なお手本

バンダナを挿し柄として効かせた実用的なお手本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バンダナをサコッシュとセットで活用するのもおすすめ。体にフィットするように持つサコッシュはコーディネートに溶け込みやすく、そこに付けたバンダナも違和感のないアクセントになりやすいからです。このお手本では、バイカラーのデザインが特徴的なバンダナの赤い部分を挿し柄として活用。シンプルなコーディネートに刺激を加え、おしゃれ度を高めています。

▼パターン3:腰から垂らす

ここのところ増えているのが、バンダナを腰周りから下げる使い方。パンツのベルトループに結び付けて垂らすのが定番ですが、バックスタイルにアクセントを加えたいときはヒップポケットから垂らしてもOKです。

コーデ1

Tシャツと色を揃えてクールな小物として着用

Tシャツと色を揃えてクールな小物として着用

WEAR

WEAR

お気に入り追加

腰から垂らすのに慣れるまでは、バンダナを少し小さめにたたみつつ、トップスやパンツと色を合わせるがおすすめ。バンダナが目立ち過ぎず、バランス良くまとまります。スタイリッシュなイメージが演出できるので、おしゃれ上級者も定番ワザとして多用。このお手本では、ジーンズ以外をブラックで揃えてクールなTシャツスタイルを築いています。

コーデ2

色を拾いつつバンダナを主張するとスタイリッシュ

色を拾いつつバンダナを主張するとスタイリッシュ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バンダナを思い切り主張する際も、ウェア類から浮かないように意識するのがポイント。そのためには、コーディネートのどこかから色を拾ってリンクさせるテクニックが有効です。このお手本コーデではTシャツと連携。白に赤いプリントが入った色使いがリンクしています。思い切り垂らしたバンダナが目立っているのに、一体感があっておしゃれな印象ですね。

まだある。プラスαで覚えておきたいバンダナの活用法を3つ

バンダナの使い方はいろいろとあり、定番的な巻き方&使い方以外にも覚えておきたい活用法があります。余裕があればマスターしたいテクニックをピックアップしたので、シーンやタイミングを考慮しつつトライしてみましょう!

▼その1:手首に巻く

▼その1:手首に巻く

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バングルのような感覚で、バンダナを手首に巻いてもおしゃれ。細めに折りたたんでコンパクトに巻くと、違和感なく着けることができます。この好例のように腕時計とは逆の手に巻いても、片腕にまとめて巻いてもOK。コーディネートに馴染む色なら自然なニュアンスにまとまりますし、バンダナを目立つ色にして挿しても面積が小さいので好バランスです。

▼その2:パンツのバックポケットから覗かせる

▼その2:パンツのバックポケットから覗かせる

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

折りたたんだバンダナをポケットから覗かせても、アクセントとしての効き目は十分。もっとも控えめな使用法だからこそ、誰もが使いやすいテクニックです。ヒップポケットに挿すなら、きちんと見えるように短めのトップスやアウターを選ぶか、タックインするのが基本。ポケットチーフのような要領で覗かせればOKです。そして実際、胸ポケットに挿すという手もあります。その際はたたんだバンダナのボリュームが気にならないよう、ややルーズなアウター類などの胸に挿すのがおすすめです。

▼その3:頭に巻く

▼その3:頭に巻く

WEAR

WEAR

お気に入り追加

かつてバンダナを頭に巻くのが主流の時代もありました。ロック系ミュージシャンはその象徴ともいえるでしょう。とはいえ、もちろん今も頭に巻くのはアリ。ただしインパクトが強いので、使用するシーンは選ぶようにしましょう。ハチマキっぽく見えないように太めに折って巻くか、頭全体を覆ってから縛るのが基本。ヒッピーなムードやアウトドアな雰囲気が演出できるのもポイントです。

使いやすくて好アクセント。大人におすすめしたいバンダナ10選

最後は、おすすめのバンダナを厳選してご紹介。大人でも使いやすいデザインの逸品をピックアップしました。どのアイテムもリーズナブルな価格なので、気軽に使ってみるのがおすすめ。普段のコーディネートに馴染みやすそうな色柄からトライしてみましょう!

アイテム1

『エレファントブランド』バンダナ

『エレファントブランド』バンダナ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『エレファントブランド』は、1910年ごろから1980年代にアメリカの東海岸で生産を行っていたバンダナブランド。今でもヴィンテージコレクターやファッションフリークに愛され続けています。その膨大なアーカイブから柄を選定して復刻した『ジャーナル スタンダード レリューム』だけのエクスクルーシブなアイテムがこれ。オーセンティックな仕上がりですが、小さな像のアイコンが個性を控えめに主張しています。

アイテム2

『ハバハンク』バンダナ

『ハバハンク』バンダナ

JUGLANS

JUGLANS

お気に入り追加

アメリカのサウスカロライナ州で創業した『ハバハンク』は、バンダナやハンカチなどを展開しているブランド。スタンダードなペイズリー柄のバンダナは、実に多彩なカラーバリエーションでリリースされています。かなりリーズナブルな価格設定なので、色違いを何枚か揃えるのもおすすめです。

アイテム3

『フォックスキャッチャー』フラワー バンダナ

『フォックスキャッチャー』フラワー バンダナ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2014年に創業した『フォックスキャッチャー』は、ロサンゼルス発のバンダナブランド。古き良きアメリカのモノ作りを再現していて、この1枚もオーセンティックなムードです。中央部分のチェック柄には大小のフラワーモチーフがあしらわれ、レトロかつボタニカルな雰囲気。ライトブルーのほかに、ホワイト、ブラック、ブラウンも選べます。

アイテム4

『ペンドルトン』バンダナ

『ペンドルトン』バンダナ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ネイティブ柄を使ったブランケットで有名な『ペンドルトン』は、象徴的なチーフジョセフ柄を使ったバンダナもラインアップ。誇り高きネイティブアメリカンの部族、ネズバースの族長を称えた柄はどこか威厳を感じさせます。落ち着きある2色使いに加え、存在感のある多色使いのアイテムも展開。

アイテム5

『ショット』コットンバンダナ ニューヨークシティ

『ショット』コットンバンダナ ニューヨークシティ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

お土産としても定番になっているバンダナは、都市にちなんだ柄もよく見られます。ライダースジャケットで人気の『ショット』は、ブランドの拠点であるニューヨークをモチーフしたバンダナをリリース。ヴィンテージのバンダナに見られる玄人好みの仕様を採用していて、4辺のうち1辺はあえて縫製を行っていません。

アイテム6

『ビンドゥー』シティ バンダナ

『ビンドゥー』シティ バンダナ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

このバンダナも、世界の名所を手描きタッチのグラフィックで表現したシリーズの1枚。パリに加え、ロンドン、東京、ティフアナ、テキサス、ニューオリンズ、アラスカ、カナダ、ジャマイカ、キューバ、アフリカなどバリエーション豊富に展開しています。手掛けている『ビンドゥー』は、トライバルアートをモチーフにしたオリジナルのグラフィックを採用したアイテムを提案。

アイテム7

『オリジナル マドラス トレーディングカンパニー』チェックバンダナ

『オリジナル マドラス トレーディングカンパニー』チェックバンダナ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

メンズファッションでは定番でも、バンダナで取り入れると新鮮な柄があります。チェック柄もその1つ。使いやすいのに意外性があっておすすめです。このアイテムはマドラスチェックを採用。色柄も豊富なので、普段のコーディネートに合うタイプを選ぶことができます。1970年代に誕生した老舗の柄は発色が美しく、品格を感じさせるのも魅力。

アイテム8

『ビームスライツ』ストライプ バンダナ

『ビームスライツ』ストライプ バンダナ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ビジネススタイルではお馴染みのストライプ柄も、バンダナなら新鮮。ピッチの細かい縞模様はエレガントなムードで、大人なコーディネートに馴染みます。素材感も上品な印象なので、ポケットチーフの感覚で胸ポケットやヒップポケットなどに挿してもサマになります。

アイテム9

『ボヘミアンズ』スネークス バンダナ

『ボヘミアンズ』スネークス バンダナ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スタイリッシュなバンダナがほしいなら、全面にロゴをレイアウトしたこんなデザインがおすすめ。この1枚は独創的で、英字をスネークで表現した柄を採用しています。実は「ボヘミアンズ スネークス」という定番の総柄で、マスク、ヘアーバンド、キャップなどを同柄で揃えることが可能です。

アイテム10

『ドレスセン』バンダナ

『ドレスセン』バンダナ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらもロゴが主役のバンダナですが、かなりスタイリッシュ。モードなムードやフレンチテイストが好きな人にぴったりです。『ドレスセン』はフードコーディネーターの後藤順一氏が手掛けているブランドで、シンプルな中にロゴを効かせたでエプロンなどが人気。バンダナとエプロンをセットで揃えておけば、バーベキューやキャンプでおしゃれにコーディネートできますよ。

ストールの巻き方5種を覚えて、こなれた着こなしを楽しもう

バッグ・ファッション小物

ストールの巻き方5種を覚えて、こなれた着こなしを楽しもう

いつものコーデをより洗練させてくれる、ストールの巻き方をご紹介。これさえマスターすれば簡単に旬のこなれ感を出せてしまいます。春の着こなしのアクセントに。

CANADA

2018.03.06

マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

バッグ・ファッション小物

マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

冬に欠かせないマフラーですが、いつも同じ巻き方になりがちではありませんか? 簡単にできて、おしゃれに見える巻き方をご紹介。動画と画像でわかりやすく解説します。

桂川 千穂

2020.12.18

ポケットチーフのおしゃれな折り方5選。柄別におすすめブランドも紹介!

バッグ・ファッション小物

ポケットチーフのおしゃれな折り方5選。柄別におすすめブランドも紹介!

普段のジャケットスタイルやフォーマルな装いを華やかに演出してくれるポケットチーフ。大人として押さえておきたい基本の5つの折り方と、おすすめのアイテムをご紹介。

大中 志摩

2021.01.15

ハンカチで清潔感とおしゃれ感を。人気ブランドや機能素材などおすすめ20枚

バッグ・ファッション小物

ハンカチで清潔感とおしゃれ感を。人気ブランドや機能素材などおすすめ20枚

日々の生活に欠かせないハンカチは、好印象を与えることもできるアイテム。手を洗う機会が多くなり、必要性が高まっている今こそ改めて見直したいタイミングです。

近間 恭子

2021.09.10

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

いつもの1足、1着から考えるサステナブル。ヴァンズの試みに、乗っかってみない?

近頃、さまざまなブランドがサステナブルに取り組んでいるが、『ヴァンズ』のそれは一味違う。環境はもちろん、大人のおしゃれにも多くの恩恵をもたらしてくれる。

SPONSORED by ヴァンズジャパン

続きを読む

ハイパフォーマンスな“ラグスポ”の大本命! 新作ティソ PRXの実力を徹底検証

2021年初頭、発売と同時に各方面の話題をさらった「ティソ PRX」に、待望の自動巻きモデルが登場です。時計市場にさらなる衝撃をもたらす秋の大本命、その実力とは?

SPONSORED by ティソ

続きを読む

革靴好きスタイリストが話題の1足を徹底レビュー。GUの本革シューズは買いなのか?

衝撃的な価格設定でファッションシーンの話題をさらっている『GU』の「リアルレザーシューズ」。その真なる実力を、革靴に一家言ある人気スタイリストとともに検証します!

SPONSORED by GU

続きを読む

レトロ顔の新作ソーラー時計に注目。フォッシルの新作は大人の腕元にちょうど良い

日本にインスパイアされた「THE JAPAN COLLECTION」の第2弾「DF-01」。レトロな顔に実用性と素材へのこだわりを込めた、その完成度やいかに?

SPONSORED by フォッシル

続きを読む

小さな違いが生み出す比類なきエレガンス。特別仕様の“GS”が大人の腕元にもたらすもの

腕時計の本質を追い求め、着用者に違いをもたらす稀有なブランド『グランドセイコー』。そのタイムレスな魅力と合わせて、販路を絞った特別なモデルを解説していきます。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

オープンハートから覗く機械式が男心をくすぐる。次なる腕時計はオロビアンコの1本で

ビジネスマンから支持される『オロビアンコ』のベストセラーモデル「オラクラシカ」は、価格以上の高級感と遊び心が魅力。長年売れ続けるには、相応の理由があるんです。

SPONSORED by オロビアンコ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事