サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめの5枚

サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめの5枚

ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

小林 大甫

2018.07.12

トップス
Tシャツ
夏の着こなし・コーデ

ネイビーTシャツの立ち位置とは

持ち前のラフさから、春から夏に掛けてのカジュアルコーデに重宝されるTシャツ。基本となるのはやはり無垢な白Tだが、猛暑日を過ごすなかでスタイルに「清涼感」や「清潔感」を加味したくもなる。そんな願いをカラーでかなえてくれるのが、今回プッシュするネイビーTなのだ。深い色みが醸し出す引き締まった空気に加え、合わせる色や柄、テイストを問わない懐の深さも備えているネイビーの1枚なら、ワードローブの強い味方となってくれるはずだ。

合わせて読みたい:
白Tシャツのおすすめと選び方、着こなし術をご紹介
夏もシックに装うための黒Tシャツ着こなし講座

主要パンツ別にチェック。ネイビーTの着こなし9選

サマースタイルを構築するときにまず候補に挙がるのがジーンズ、柄ショーツ、白パンの3種。それぞれネイビーTとの相性は抜群に良く、合わせられるテイストも幅広い。ファッショニスタたちのスタイリングを参考に、今年らしい着こなしを確認していこう。

▼パンツ1:メンズの定番ボトムス、ジーンズとの着こなし

鉄板ボトムスといえばやはりジーンズ。ネイビーTと同系色で揃えられるため、気楽にスタイリングできるだろう。色落ち加減やシルエット次第で、海を感じさせるコーデからストリートスタイルまで自分好みにアレンジすることが可能だ。

着こなし1海を感じさせる爽快感と、男らしさの共存

ダメージジーンズとの組み合わせは、クラッシュ感が夏のラフな雰囲気とマッチ。そこにホワイトの小物をプラスするとホワイト×ブルーの爽やかなカラーバランスが完成され、海を感じさせる佇まいに。ネイビーTもワンポイントロゴや洗いがかった風合いのモノを選ぶと、ワントーンコーデならではの単調さを回避できる。

着こなし2濃色×ワイドパンツの出すあか抜け感に注目

今年らしい旬ボトムスとして真っ先に候補に挙がるワイドパンツ。リジッドのデニム素材で取り入れることで清潔感とこなれ感を得ることが可能となる。パンツのボリュームに合わせて、ネイビーTもオーバータイプの選択をしておけば問題ないだろう。足元はストラップサンダルで、夏らしい抜けを作っても良い。

着こなし3小物や挿し色でネイビーコーデのバランスを調整

胸元のワンポイントが特徴的な、遊びの効いたネイビーTにはスリムなウォッシュドジーンズをチョイス。全身をジャストサイズに統一することで、グッと締まった都会的なスタイルへと促せる。目の覚めるようなレッドのインナーをチラ見せしたり、バケットハットをラフに合わせることで大人らしい遊びをプラス。

▼パンツ2:夏を謳歌。柄ショーツとの合わせ

柄ショーツは濃色のネイビーTとの合わせで、柄の印象をより強めることができる。無論同色の柄が最も合わせやすいのだが、ネイビーの懐の深さを生かしてコントラストを出してみても意外とすんなりとまとまるはずだ。

着こなし1シックにまとめた大人のお手本

ベーシックなネイビーのポケTとランダムなパターンが目を引くショーツの合わせは、色みをTシャツに揃えてシックにすることでまとまりをつけた。スタイル的にビーチサンダルを合わせたくなるところだが、都会的なスニーカーを合わせてることで街向けのスタイリングとしてしっかり昇華させている。

着こなし2柄の調整が効いた楽しげなフェスアレンジ

ボトムスは丈の短い派手めなイエローベースを選択し、逆にトップスは長めに。柄の見える面積をうまく調整することで、ショーツも悪目立ちせずおしゃれな印象を加速させている。ニットキャップやサコッシュ、ストラップサンダルで、今年らしさと遊び心をプラスした大人のフェススタイルだ。

着こなし3ルーズなサイジングで旬度を高く

上下ともにオーバーシルエットで合わせた、トレンドを感じさせるショーツスタイル。ネイビー、ホワイト、ブラックで全体をまとめたことで、ルーズなフォルムながらもスマートな着こなしを実現している。ダメ押しでキャップやサングラスなどの小物を合わせることにより、より緊張感のある着こなしに。

▼パンツ3:夏に挑戦したい、白パンとのマッチング

品のあるクリーンなムードを表現できる白パンは、清潔感のあるネイビーTと相思相愛。その両アイテムの特長を生かすならば、スリム〜ジャストなサイズ感を心がけたいところだ。ドレッシーな佇まいにも振れるため、デートやディナーシーンにもおすすめ。

着こなし1爽やかさのあるシンプルルック

程良く気を抜きながらも色の持つ印象で爽やかさ際立たせたこちらのスタイルは、気をてらわないアイテムセレクトが鍵を握る。『コンバース』のオールスターやキャンバスのショルダーバッグと合わせることで、モダンな雰囲気を感じさせるマリンスタイルへと促した。

着こなし2上品さとこなれ感を小技で表現

スリムシルエットに徹したスタイリングにより、品の良さを高めた大人のオフスタイル。腕時計とアクセサリーの重ね付けやブルーのシャツ巻きによりアクセントを作りつつ、白パンのロールアップで抜けを演出してこなれ感を増幅。足元はカジュアルとドレス感を両立するブラウンローファーにより、大人っぽさを担保。

着こなし3洗練された都会の紺×白スタイル

スリットの入った特徴的なネックとジャストなサイジングにより、シャツのような品を持つネイビーカットソー。そこにスリムなクロップドパンツを合わせることで、清廉な印象のアーバンスタイルを構築した。足元にはレザーシューズの上品さと夏らしいヌーディさを併せ持つドレスサンダルをチョイスし、ハイランクな大人のおしゃれを体現した。

1枚でもスタイルを作れる。大人が手に取るべきネイビーTシャツ

ネイビーTシャツの合わせ方がわかったら、いよいよ現物をチェック。だが星の数ほどもあるなかから、何を選ぶべきか迷ってしまうかもしれない。そこで大人が手に取るべき良質なネイビーTをご紹介。デザイナーズブランドやクオリティにこだわったニットメーカーなど、1枚でもサマになるプレーンTで夏スタイルをワンランク上に引き上げよう。

アイテム1『メゾン マルジェラ』

言わずと知れたパリコレブランド『メゾン マルジェラ』が展開する3枚パックT。同ブランドにおいて、“ネイビー”はこだわりを持って展開しているカラーであり、他に類を見ない美しい発色が特徴的だ。染め方やトーンが異なるため、3枚で多くのスタイルを実現できるだろう。

アイテム2『A.P.C.』

フレンチカジュアルの代表ブランド『A.P.C.』が定番で展開するTシャツより、こちらはジャパンエクスクルーシブの1枚。やや厚手のしっかりとしたコットン素材は、ヘタれや透けの心配とも無縁だ。日本人の体に自然にフィットする品のあるシルエット形成は、さすがのひと言。

アイテム3『RRL』

ワークやミリタリーをルーツとし、ヴィンテージテイストあふれる素材やディテール、加工にこだわる『ラルフローレン』の別コレクション『RRL』。そのこだわりはTシャツ1枚にも表現されており、ナチュラルな風合いのスラブコットンに本藍染めとウォッシュ加工を施すことで独特な質感を味わえる仕様に。

アイテム4『スリードッツ』

ハリウッドセレブからも絶大な信頼を得る『スリードッツ』。その顔であるTシャツのなかでも最上級に位置する“コームドコットン”を使用したベーシックなクルーネックタイプ。独自の加工で表面を少しだけ起毛させることで繊細な肌触りと上質な光沢感を実現した。きれいめなジャケットとの相性も抜群だ。

アイテム5『カズユキクマガイ』

世界3大綿の1つで希少品種である“ギザコットン”を使用。その特徴である軽くてしなやかな風合いと、繊維の長さからくる耐久性に長けた素材は高級感が漂う。さらにシルキー加工を施したことで、表面に上品な艶をプラス。ゆとりのあるボディシルエットにより、流行に左右されず愛用できる1枚となっている。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK