懐かしのあのロゴが復活! フィラのウェア人気が再燃中

懐かしのあのロゴが復活! フィラのウェア人気が再燃中

スポーツブランドとして知られる『フィラ』ですが、ここ最近の90年代ブームに則り、カジュアルウェアも人気に。その中から今季取り入れたいアイテムをピックアップします。

ai sato

2018.07.18

フィラ(FILA)
ブランドまとめ

改めて知りたい! 『フィラ』ってどんなブランド!?

1911年、イタリアのビエラでニット素材の工場としてスタートした『フィラ』。70年代にリリースされたカラフルなテニスウェアのヒット以来、インパクトのあるカラーやビッグロゴがアイコニックなアイテムをメインに展開するように。とくにスポーツウェアやフットウェアをがその中核を担っていました。ここ最近は多彩なブランドコラボに加え、'80〜90年代のヒットモデルを復刻させるヘリテージラインを登場させるなど、昨今の90年代ブームを意識した動きにより多数のファンを獲得しています。

カジュアルシーンでも注目の『フィラ』。その取り入れ方をチェック

昨年より続く90年代ファッションのブームと連動して、『フィラ』のロゴTやスウェットなどの人気が再燃中。その流れでスポーツスタイルだけでなく、普段のカジュアルコーデに『フィラ』を取り入れたコーデも多く見られるようになってきました。ロゴや色みが特徴的なブランドだけに、むやみに合わせるのではなくきちんとロジックを考えてスタイリングを構築しましょう。

着こなし1ミニマルなモノトーンコーデのポイントにトリコロールを

『フィラ』のブランドカラーを効かせたTシャツを主役に、ほかは黒でまとめて緩急をつけたスポーツMIXコーデ。ビッグシルエットのTシャツを黒のリュックとライン入りジャージで締めているので、ラフすぎずスッキリとした印象です。ソックス×スポーツサンダルで今年らしさを出した足元もポイント。

着こなし2上品シャツをロゴ入りトラックパンツでハズす

ネイビーワントーンの知的な着こなしに、あえて第1ボタンまで閉めたきれいめシャツと『フィラ』のトラックパンツというコンビでギャップを創出。真面目な表情のシャツが、グッとアクティブで遊び心のある雰囲気に仕上がります。パンツのブランドロゴやサイドのカラー切り替えが、スポーティなアクセントに。

着こなし3旬なサコッシュでロゴを挿して、スポーツテイストをMIX

白T×チノショーツのベーシックな夏カジュアルも、『フィラ』のサコッシュを投入すればあっという間に旬なスポーツテイストに。ポイントは、ブランド名をふんだんにあしらったショルダーストラップ。柄を抑えたシンプルコーデだからこそロゴテープが映え、アクティブな雰囲気が漂います。ニット帽やオールドスクールなスニーカーを足せば、カジュアルなショーツスタイルもこなれ感たっぷり。

トップスからスニーカーまで。『フィラ』のおすすめアイテム8選

今シーズンも様々なアイテムが登場している『フィラ』ですが、そのなかでも特に大人におすすめの8品を厳選! 普段のカジュアルに気軽に取り入れることができ、同時に旬なスポーツテイストを漂わせてくれるモノばかりを集めてみました。

アイテム1グラントヒル ロゴ半袖Tシャツ

基本のシンプルな白Tに、『フィラ』の名作スニーカー“グラントヒル”のロゴを載せて90年代風なインパクトをアピール! バックにも“グラントヒル”を型どったプリントをあしらい、どこから見ても洒落感のある1枚に仕上げています。ゆったりめのサイズ感で今年らしいシルエットが楽しめるのもうれしいところ。

アイテム2サイドジップビッグトレーナー

一見シンプルな単色のスウェット。ですが、よく見るとエンボス加工によりブランドロゴが大きく浮き上がるという、遊びの効いたデザインがあしらわれています。さらに両サイドの裾にはジッパーが施されており、重ね着した時に着こなしに応じてアレンジも可能。ゆったりとしたシルエットと裏毛のスウェット素材で、素肌に着てもリラックスした着心地が楽しめます。

アイテム3切り替えラインジャージ

シャープな切り替えが印象的なサイドラインと、ほどよく細身のシルエットでスタイリッシュな空気を作り出すジャージー素材のパンツ。柔らかく伸縮性のある生地は快適な着心地に加えて通気性も良く、季節を問わず活躍してくれること間違いありません。Tシャツやスウェットとラフに着るのはもちろん、シャツなど上品なアイテムのハズしとしてもおすすめです。

アイテム4半袖ポロシャツ

上品カジュアルに欠かせないポロシャツに。こちらにも、トリコロールのロゴ刺しゅうとラインでさりげなくスポーツテイストを添えて、『フィラ』らしさを漂わせています。ストレッチの効いたカノコ素材は吸汗速乾やUVカット機能も備えているので、汗ばむ真夏でも快適に過ごせます。ジーンズやチノパンを合わせたり、オフィスカジュアルに投入したりとヘビロテは確実でしょう。

アイテム5イージーロングパンツ

こちらはスポーティなトラックパンツを、落ち着いたカラーとスリムなテーパードシルエットで都会的な表情にアレンジ。イージーパンツの楽な着用感はそのままに、着こなしを問わず取り入れられるシンプルでこなれたデザインが魅力です。収縮性と通気性にも優れているので、普段のカジュアルからスポーツシーンまで、着こなしの幅広さも申し分ありません。

アイテム6マインドベンダー

80〜90年代にヒットしたバスケットボールやテニスのプロダクトを復刻した“ヘリテージライン”の1つ、マインドベンダー。1994年リリースのランニングシューズをベースにしたこのモデルは当時のストリートシーンを想起させるデザインで、当時を懐かしむスニーカーフリークからも注目を浴びています。

アイテム796GL

同じく“ヘリテージ”シリーズの1つであるこちらのスニーカーは、1996年にリリースされたグラント・ヒル着用モデルである“GRANT HILL 2”の復刻版。バスケットシューズらしいボリュームのあるシルエットにアイコニックなブランドロゴが映え、インパクトのある足元が作れる1足となっています。

アイテム8WEGO/FILA別注LOWキャップ

フロントにミニロゴのみを配したシンプルで飽きのこないデザインは、合わせるアイテムやシーズンを問わず使えるので便利。ややソフトな素材と後ろのアジャスターで、きちんと頭にフィットさせることができます。ユニセックスでカラーバリエも豊富なため、カップルでのリンクコーデに投入するのもあり。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    『ニューバランス』には数多くの型番が存在しますが、とりわけ996シリーズはブランド内でも人気の銘柄。当記事では、そんな996をがっつりと深堀りしていきます!

    山崎 サトシ

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

    平 格彦

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    BACK