人気のキューバシャツを今年こそ着こなしたい

人気のキューバシャツを今年こそ着こなしたい

昨今の開襟シャツ人気を追い風に、大ブレイクを果たしているキューバシャツ。今夏こそ取り入れてみようかと思案中の人に、コーデ術とおすすめアイテムをお届けします。

山崎 サトシ

2019.06.26

トップス
シャツ
開襟・オープンカラーシャツ

そもそも論。キューバシャツってどんなモノ?

蒸し暑い気候においても快適に過ごせるように作られたキューバ発祥のシャツ。同国における伝統服であり、冠婚葬祭で着用されるなど正装としても認識されています。基本的には開襟仕様で、最大の特徴となるのはフロントに付く4つのポケット。これは、収穫した農作物をできるだけ多く入れるために生まれたディテールなのだそう。生地感は総じて薄手で、肩から裾にかけて刺しゅうやプリーツが施されたモデルも多く見られます。

最高に今季らしいシャツだけに、取り入れないのは損!

リラックス感のあるリゾートスタイルがビッグトレンドとなっているこの夏、キューバシャツは今っぽさを演出するにあたって最適なアイテムと言えるでしょう。リゾート感漂う軽快な開襟仕様に加えて、フロントに配されたポケットや刺しゅうが南国の雰囲気をアシスト。さらりと着るだけで、今季顔の抜け感たっぷりな装いが完成します!

日本の街に馴染む。キューバシャツの大人な着こなし方

リゾートムードが魅力的なキューバシャツですが、街着として採用するなら大人っぽくこなれた感じで着こなすことが肝要! そのヒントを探るべく、洒落者たちの取り入れ方をチェックしてみましょう。

コーデ1モノトーンを基調としてスマートに

キューバシャツ×ショーツのラフなコーディネートも、上下ともモノトーンに徹すればスマートに見せられるという好例! インナーに取り入れた鮮やかなカラーをチラ見せして、重たく映らないように配慮しているのも高ポイントです。

コーデ2ホワイトを選んで爽やかさを助長

リネン使いのキューバシャツ&ストローハットで涼しげな夏スタイルをメイク。クリーンな白のキューバシャツであれば、夏らしく装いつつ大人っぽさもきちんとキープできます。黒のボトムスで引き締めれば一層街っぽさが向上!

コーデ3旬度の高いワイドパンツとのマッチアップ

キューバシャツにワイドパンツという、トレンドアイテム同士のコンビネーション。ゆるいサイズ感が生み出すくだけた着こなしの足元には、スニーカーが好相性です。シャツに配された大胆な刺しゅうが目を引き、シックな色味ながらアピール度は充分!

コーデ4ロンTとの組み合わせでメリハリを出すのも良手!

長袖Tとのレイヤリングでストリート系のテイストに仕上げたコーデ。シャツは黒、ロンTは白と、色のコントラストを生んで奥行きを出しているのも技アリです。重ね着した分、足元には軽やかなサンダルをピックアップして重さを中和。

コーデ5淡めのカラーリングで涼感たっぷりな装いを形成

サックスブルーのキューバシャツに、ライトベージュの膝上丈ショーツを合わせた着こなし。どちらのアイテムも淡いカラーなので、涼感漂うスタイルに帰結しています。ハットとシャツ、スニーカーとショーツでそれぞれ色をリンクさせて統一感を出しているのもキモ。

キューバシャツのおすすめ10選

一大トレンドということもあって、今季は各ブランドからこぞってリリースされているキューバシャツ。そのなかでも特に大人におすすめの逸品をレコメンド! シンプル系から機能派、さらにはアイキャッチ効果抜群なモデルまで幅広くお届けします。

アイテム1『マイキューバンストア』キューバシャツ

『マイキューバンストア』は伝統的技術を持つ工場でキューバシャツを生産するマイアミのブランド。オールホワイトのシャツはどんなボトムスとも合わせやすいミニマルなイメージですが、キューバシャツならではのデザインディテールがさり気ないアクセントに。フロントやポケットだけでなく随所に装飾されたボタンもデザイン性を高めています。

アイテム2『チャオパニック』ワイドキューバシャツ

ドロップショルダー仕立てのゆるっとしたキューバシャツ。カジュアルさと上品さを併せ持つリネン混素材で、大人のリラックススタイルにぴったりのアイテムです。着丈はやや短めに作られているのでワイドパンツやショーツとも好相性。

アイテム3『イチエフ』ドライダンガリージップキューバシャツ

キューバシャツでは珍しいジップフロントを採用したユニークなデザイン。コットンライクな質感とペールトーンの色味でナチュラルに仕上がっています。ゆったりとしたシルエットが今っぽく、重ね着がしやすい点も魅力的。

アイテム4『アメリカンラグシー』キューバンシャツ

ブラックボディとボタニカル柄刺繍のコントラストが目を引く1枚は『アメリカンラグシー』から。風通しの良さが魅力のリネン混素材で夏でも快適な着心地を提供。落ち着きのあるシックなデザインの為、きれいめコーデがお好みの方にもおすすめです。

アイテム5『グラム』バックリーシャツ

前面の4つポケットや、肩から裾に縦断するプリーツといったキューバシャツならではの意匠を生かしつつも、『グラム』らしいアレンジも加えたバックリーシャツ。プリーツのセンターに織り交ぜられたオレンジステッチや、パイナップルジャガードの生地が個性を主張します。

アイテム6『サブサエティ』キューバシャツ

ブランドの象徴であるペイズリー柄がアイキャッチとなった1枚。写真のホワイトのほかブラックとパープルも展開しており、それぞれで異なる表情の刺繍が楽しめます。生地はコットン100%のブロード素材で夏にぴったりのさらっとした着心地です。

アイテム7『ディッキーズ』TCツイルS/Sキューバシャツ

4ポケットではなくあえて2ポケットスタイルを採用した『ディッキーズ』のキューバシャツ。ブランドの代名詞でもあるTCツイル素材使用で、ワークライクなパリッとした質感が楽しめます。左裾にあしらわれたロゴマークがシンプルなデザインのさりげないアクセントに。

アイテム8『ネイタルデザイン』キューバ ドライ3

ブルゾンを思わせるウエストポケットがユニークなこちらは、MADE IN JAPANで折り紙付きのクオリティです。シックな色みなので、スラックスやテーパードパンツのようなきれいめボトムスにもハマります。機能的な速乾生地というのもうれしいかぎり。

アイテム9『マージン』コットン オープンカラーキューバシャツ ショートスリーブ

風合いの良いコットン素材を製品洗い加工でフィニッシュ。着込んだような洒脱な表情を最初から楽しむことができます。前面に入るオリジナル刺しゅうのおかげで、1枚で着用してもサマになりますが羽織りものとしても有能!

アイテム10『バックヘッド』キューバシャツ

ゆったりとしたシルエットに仕上げられた『バックヘッド』の1枚は、タッチの軽いコットン×リネン素材。使うほどに味が深まっていくので、じっくり育てていきたいところです。季節感ある爽快なカラーリングもGOOD。

開襟シャツが人気で便利。真似したい着こなし&注目ブランド

開襟シャツが人気で便利。真似したい着こなし&注目ブランド

ここ数年、夏トレンドの最右翼に挙げられている開襟シャツ。抜け感の強いアイテムだけに、どう着こなせば良いのか、その答えをおすすめアイテムと共に探っていこう。

編集ムタガミ

オープンカラーシャツは長袖を選べば春からだって楽しめる

オープンカラーシャツは長袖を選べば春からだって楽しめる

リラックス感を押し出しつつ、きっちりも着られるオープンカラーシャツ。夏は軽快に半袖が鉄板だが、長袖のそれを選べば、異なる雰囲気で楽しむことができる。

編集ムタガミ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    半袖サマーニットが上品な夏の大人コーデを約束する

    半袖サマーニットが上品な夏の大人コーデを約束する

    Tシャツのように気軽に取り入れられ、それでいて着こなしが上品かつ大人っぽく仕上がる。そんな半袖サマーニットの魅力からおすすめ、着こなし方までをご紹介します。

    近間 恭子

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    TASCLAP編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    TASCLAP編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    TASCLAP編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK