見た目も着心地も涼しげなリネンジャケットを着よう

見た目も着心地も涼しげなリネンジャケットを着よう

サラリとした肌触りで通気性にも優れたリネンジャケットは、ビジネスからカジュアルまで幅広く活躍する優れモノ。取り入れ方からおすすめの1着までご紹介します。

近間 恭子

2019.05.31

アウター
ジャケット
テーラードジャケット

リネンジャケットなら暑い夏でも涼しげ

夏素材の代表格であるリネンは、ほかとは一線を画す清涼感ある風合いが特徴。コットンやシルクに比べて吸水性や通気性にも優れています。それでいて肌にやさしく、サラッとドライなタッチなので夏でも快適な着心地。コットンなどと混紡したリネンジャケットも多いですが、それでも同様の快適さが手に入ります。

リネンジャケットは見た目も着心地も涼しげなところが魅力ですが、一方で細かな着用ジワがつきやすいという難点もあります。気になるようでしたらアイロンなどで対処が必要ですが、そのシワがこなれ感を高めてくれる効果もあるので、あまり神経質にならず独特な風合いを楽しみましょう。

カジュアルからビジカジまで。リネンジャケットの取り入れ方

カジュアルはもちろん、デザインによってはビジカジにも対応するリネンジャケット。それぞれ取り入れ方を洒落者のコーディネートとともに紹介します。

カジュアルコーデ1今どきのシルエットバランスがコーデ成功の鍵

リネンジャケットとショートパンツのシルエットバランスが技アリ。バンドカラーシャツもゆったりとしたサイズをチョイスし、タックアウトさせて今どきのリラックス感を演出しています。ラフながらも適度なきちんと感もあるエスパドリーユを選んでいるのもGOOD。

カジュアルコーデ2上品顔リネンジャケットをカジュアルに着こなす好例

オーソドックスなリネンジャケットをロゴTで絶妙にカジュアルダウン。あえてひとクセあるシルエットのチノパンを合わせることで、コーディネートをより印象的に仕上げています。ブラックローファーには全体を引き締める効果も。

ビジカジコーデ1リネンジャケットを主役にしたビジカジコーデ

ヘンリーネックT×グレーパンツにブラウンのリネンジャケットをプラス。シンプルな組み合わせゆえにリネンジャケットが引き立ち、リラックス感がありながらもエレガントな雰囲気も漂います。足元をスエードローファーの素足履きで軽快に仕上げているのもいい感じ。

ビジカジコーデ2シンプルな色合わせが洗練されたセットアップスタイル

リネン混のセットアップにシンプルなポケットTシャツを合わせたビジカジコーデ。ベージュ×ブラックのバイカラーで構成しているのもポイントで、上品さに加えて洗練された印象も与えます。ホワイトスニーカーで着こなしに軽快さと抜け感を演出しているのもお見事。

今選びたい、リネンジャケットのおすすめ10選

ビジカジやカジュアルスタイルで今すぐ活躍するリネンジャケットを厳選。濃色から淡色までカラバリも豊富に揃うので、自分の好みに合った1着がきっと見つかるはず。

アイテム1『ユナイテッドアローズ』

夏でもサラッと快適な着心地が楽しめる、リネン100%の鹿の子を採用。裏地を極力省いた仕立てにより、軽い着心地に仕上がっているのも特徴です。スタンダードなデザインなので、ビジネスからカジュアルまで、幅広いシーンで活躍すること請け合い。

アイテム2『シップス』

リネンを鹿の子織りでざっくりとした風合いに仕上げたニットジャケット。リラックス感ある着心地に加え、リネン特有のシワを気にすることなく着用できるのも優秀です。カーディガン感覚で気軽に取り入れられるので、リネンジャケット初心者にもおすすめ。

アイテム3『エストネーション』

ジャケットに使用しているイタリアの生地メーカー「レオマスター」のリネン生地は、シャツ地よりもハリがあり、ジャケット地より薄くて軽量。高密度に織られているため、上質さとリネン特有の風合いが楽しめる仕上がりとなっています。

アイテム4『ジーステージ』

手書き風のフラワープリントとのダブルフェイス仕様。リネン100%の大人っぽい雰囲気とのギャップが楽しめる1着です。見た目はクラシックながら、肩パッドや裏地などを省いた軽量でミニマルな仕立て。シャツを羽織る感覚で気軽に取り入れられます。

アイテム5『ナノ・ユニバース』

高級リネンの代名詞と評価を得ているハードマンズ社製のアイリッシュリネンを採用したジャケットは、軽やかさに加え、上品な雰囲気が漂う1着。通常のリネンよりも速乾性に優れ、快適な着心地も持ち合わせた逸品です。肩周りに適度なゆとりを持たせることで、動きやすさも確保。

アイテム6『ビームスプラス』

リネンならではの表情豊かな風合いが引き立つシンプルなデザイン。裏地を省いた1枚仕立てなので、シャツ感覚で気軽に取り入れられます。フラップ付きのパッチポケットを採用するなど、ミリタリーを感じさせるディテールにも注目を。

アイテム7『コムサコミューン』

ハードマンズ社製のリネンとコットンをヘリンボーンで織り上げた生地を使用。清涼感とハリ感、さらにはしなやかな風合いが楽しめるジャケットです。フックベントをはじめとする本格的なディテールも見逃せません。

アイテム8『wjk(ダブルジェイケイ)』

タテ糸にナイロン、ヨコ糸にリネンを使ったオックス地を採用したモデル。ノンストレッチ素材ながらも動きやすいのは、立体的な特殊パターンで仕上げているため。動きやすくすることで生地に負担がかからないため、経年劣化にも強いという利点があります。

アイテム9『GDC』

リネンジャケットで周りと差をつけるなら、ノーカラージャケットがイチ押し。ショート丈なのですっきりとスタイリッシュに取り入れることができ、レイヤードもしやすいんです。同素材のパンツも展開しているので、セットアップでの着用もおすすめ。

アイテム10『アバハウス グレイ』

リネンをストレッチ性に優れたジャージーに仕上げているので、一般的なリネン素材に比べるとシワになりにくく、ストレスフリーの着心地が楽しめるのがポイント。袖の裏地を省いているので、袖口をロールアップしてこなれた雰囲気で着こなすこともできます。

最後に知っておきたい、取り扱いの注意

リネンは自宅で洗濯できる素材ですが、芯地などの副資材を使っているジャケットはクリーニングが適しています。なので、必ず洗濯表示をチェックするようにしましょう。また、リネンジャケットで気になるシワは乾いた状態ではとれにくいので、霧吹きをしてからアイロン掛けを。生地を傷めないために当て布も忘れずに。

リネンシャツの着こなし方とおすすめのブランド10選

リネンシャツの着こなし方とおすすめのブランド10選

好印象を与える春夏のシャツスタイルを作るなら、リネンシャツを選ばない手はありません。その軽やかな素材感は、着用するだけで爽やかさと清潔感をアピールできます。

宮嶋 将良

何が今っぽい? リネンパンツを選ぶなら、この15本で

何が今っぽい? リネンパンツを選ぶなら、この15本で

これから夏が本格化するにつれて出番が増えるのが、涼感たっぷりなリネンパンツ。ニーズに合わせて旬なモデルを紹介するので、来る夏本番に備えて準備を整えましょう。

山崎 サトシ

クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ7選

クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ7選

クールビズの装いにジャケットは不要? いえいえ、時にはジャケットを着用したビズスタイルも求められるはず。そんなシーンにぴったりのジャケットを、詳しく解説します。

池田 やすゆき

ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

    小林 大甫

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    シューズは機能性や履き心地も大切な要素。とくればアウトドア由来のスペックを備えた1足を活用するのが好手です。街履きに適したグッドルッキングなおすすめ品をご紹介!

    平 格彦

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ10ブランド

    チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ10ブランド

    チェックシャツといえば日常着における基本の“き”。ただ、その中にも多彩な種類があり、それぞれで持ち味も異なります。その特性と、おすすめブランドをまとめました。

    山崎 サトシ

    2020年の二大トレンドカラー。クラシックブルーとヒューマンレッドを取り入れよう

    2020年の二大トレンドカラー。クラシックブルーとヒューマンレッドを取り入れよう

    2020年のトレンドカラーをご存じですか? 今年の色は、クラシックブルーとヒューマンレッド。時代を象徴するこの2色を取り入れれば、着こなしがさらに華やぐはず。

    髙須賀 哲

    BACK