リネンジャケットおすすめ9選。清涼感たっぷりの大人服がここにある

リネンジャケットおすすめ9選。清涼感たっぷりの大人服がここにある

着心地も見た目も涼しいリネンジャケットは、夏の着こなしを品良く演出してくれる快適ウェア。オン・オフそれぞれで使えるアイテムを厳選しました。

髙須賀 哲

2020.07.29

アウター
ジャケット
テーラードジャケット

「夏でもジャケットを」。そんなシーンではリネンジャケットが重宝します

夏場はTシャツや半袖シャツなど、なるべく涼しい服装でいたいもの。しかし、プライベートでも、ちょっと高級なレストランやパーティに行くときにはラペル付きのジャケットが必要な場合がありますし、ビジネスにおいても、大切な商談などの場では夏でもジャケットを羽織るのがベターでしょう。

とはいえ、普通のジャケットでは着心地も見た目も暑苦しい。そんなときに抜擢したいのが、リネンジャケットです。通気性が良く、ひんやりサラッとした肌触りの爽やかな素材感を備えたリネンジャケットは、大人らしくきちんとした印象を醸しつつも、着こなしに清涼感を与えてくれるのです。

リネンジャケットを探すなら。押さえておくべき選び方の基本

ひと口にリネン素材といってもいくつか種類があります。コットンやシルクを混紡させたものもありますし、混率や織り方によって生地の風合いも大きく変わってきます。そのため、リネンジャケットを選ぶ際は、まず生地感に注目して選びましょう。ものによってはシワ感の強いものがありますが、リネンジャケットの場合はそれも味。カジュアルな着こなしに絶妙なこなれ感を与えてくれます。ビジネスで使う際、シワが気になるようであれば、フラットでツヤのある表情の生地のものを選ぶことをおすすめします。

オン・オフ別にリネンジャケットのおすすめを人気ブランドから厳選

ビジネスシーンでは品のあるジャケパンスタイルを構築し、カジュアルシーンでは大人っぽくもリラックス感のある着こなしを演出してくれる夏の大人の必需品、リネンジャケット。ここでは、オンとオフそれぞれに対応するおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。

▼「ビジネスシーン」に備えてチェックしたいリネンジャケット4選

ビジネスシーンには、シワ感の少ないフラットな表情で光沢のある生地感のリネンジャケットがマッチします。センタークリースの入ったスラックスにも似合うきれいめな1着を選びましょう。

アイテム1『トゥモローランド』

イタリアの生地メーカー、マリーニアンドチェッコーニが手掛けたストレッチリネンを採用。ハリのあるエレガントな生地感でありながら、リネンらしいナチュラルな質感も兼ね備えています。背抜き、アンコン仕立てで、軽やかな着心地に仕上げている一方、襟とフロントに芯地を入れて立体感も出しています。

アイテム2『ブルックスブラザーズ』

アメリカントラッドを象徴するブランド『ブルックスブラザーズ』のリネンジャケット。イタリアの著名な生地メーカー、ロロピアーナによるヘリンボーン織りの生地を使うことで高級感を演出しています。タイトめのシルエットなので、オンスタイルが引き締まって見えます。

アイテム3『チルコロ1901』

『チルコロ1901』は、イタリアの生地メーカーが展開するブランドでジャージー素材のジャケットで知られています。こちらも伸縮性のあるリネンジャージー素材を採用しており、ノンストレスな着心地を実現。タイドアップしてもサマになりますし、カジュアルにも着られます。

アイテム4『ソブリン』

ウールにリネンを混合した生地による清涼感溢れる1着。汎用性が高い色味も相まって、暑い時期には非常に重宝するでしょう。ビズシーンはもちろん、ショーツと合わせてタウンユースするのもアリですね。ていねいな作りとクラシカルな趣は、さすが『ユナイテッドアローズ』のクロージング最高峰レーベルといったところでしょう。

▼「カジュアルシーン」に備えてチェックしたいリネンジャケット5選

独特の凹凸感やシワ感が一般のジャケットよりもカジュアルでこなれた印象を醸し出してくれるのもリネンジャケットの魅力。Tシャツやショートパンツのような、思い切りカジュアルなアイテムと合わせても馴染んでくれます。

アイテム1『ザジジ』

デザイナーのピエルイジ・ボリオリ氏が手掛けるブランド『ザジジ』に、『ビームス』が別注したリネンジャケット。特徴的なのはラペルからフロント、ポケットの開口部に本体と同色であしらわれたパイピング。リネン素材の風合いに絶妙にマッチして、カジュアルさに拍車をかけています。

アイテム2『ジャンネット』

ハンドメイドの技術を駆使しながらシャツを作り続けるイタリアのブランド『ジャンネット』による2ボタンジャケット。テラコッタのような鮮やかなカラーリング、ナローなラペル、そしてパッチポケットなどのディテールが、カジュアルでこなれた印象を引き立ててくれます。

アイテム3『タリアトーレ』

優れたカッティング技術を持つイタリアのブランド『タリアトーレ』より、「G-DARWIN」と名付けられたニューモデル。アイボリーカラーのストライプが配されたコットンリネン素材は清涼感たっぷり。ピークドラペルやメタルボタンなど、特徴的なディテールもエレガンスを添えます。

アイテム4『キャプテン サンシャイン』

タテ糸にリネンスラブ糸、ヨコ糸にシルクネップスラブ糸を使って織り上げた混紡生地を採用。ゆるく織り上げられているため通気性に優れており、洗いをかけるごとに味わいを深めます。モダンなボックスシルエットやダブルブレスト、3パッチポケットなど、隅々までこだわりの詰まった1着です。

アイテム5『バグッタ』

1975年にスタートしたイタリアのシャツブランド『バグッタ』が手掛けたストライプジャケット。表情豊かなリネン100%の生地は、爽やかなストライプ柄と相まって、リゾート感あふれる雰囲気に仕上がっています。シャツ作りの技術を生かした軽快な着心地も魅力。

リネンパンツ15選。涼感ボトムスの代名詞が今の気分

リネンパンツ15選。涼感ボトムスの代名詞が今の気分

夏が本格化するにつれて出番が増えるのが、涼感たっぷりなリネンパンツ。ショーツからロングパンツまで、幅広くおすすめを紹介します。夏本番に備えて準備を整えましょう。

山崎 サトシ

クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ7選

クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ7選

クールビズの装いにジャケットは不要? いえいえ、時にはジャケットを着用したビズスタイルも求められるはず。そんなシーンにぴったりのジャケットを詳しく解説します。

池田 やすゆき

男性ライフスタイル誌「Free&Easy」の編集に8年間携わり、2013年にフリーランスの編集・ライターとして独立。紙媒体・WEB媒体を問わず、メンズファッション、ライフスタイルに関する記事を執筆しているほか、アパレルブランドのカタログやWEBビジュアルのディレクションも手がける。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルをお届けします。

    山崎 サトシ

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

    サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

    暑い日でも清涼感を与えられるサマージャケットは、春夏シーズンのマストバイ。選び方や着こなしのポイント、コーディネートの好サンプルまで幅広く解説します。

    TASCLAP編集部

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    アイテムリスト

    BACK