無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

無地のTシャツをメインに展開する国内ブランド、『ユナイテッドアスレ』。長い歴史に裏打ちされた品質とバリューな価格が両立されたアイテムを紹介していきます。

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2020.07.07

80年以上もの歴史が紡ぐ、高品質な無地Tブランド

80年以上もの歴史が紡ぐ、高品質な無地Tブランド

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ユナイテッドアスレ』の母体は、1930年に創業した名古屋が拠点のアパレルメーカー。モノ作りに長い間こだわってきたため、安定感のある品質は折り紙付きです。無地のTシャツを追求し続けてきたのが大きな特徴。すべてのアイテムでプリント加工に対応しているため、他ブランドやユニフォーム用のアレンジも行っています。その技術力を生かし、Tシャツだけでなくスウェット生地のアイテムやシャツ、キャップ、バッグなども展開しています。

無地ゆえに大切にする、生地とシルエットへのこだわり

数々のアイテムをリリースしている『ユナイテッドアスレ』。なかでもラインアップの軸である無地のTシャツを参考に、同ブランドならではのこだわりを見ていきましょう。

こだわり1

着心地の好みで選べる多様なオンス展開

着心地の好みで選べる多様なオンス展開

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デザインはシンプルだからこそ、生地にこだわりつつ多種多様にラインアップ。生地の重さを表すオンスだけを見ても、Tシャツのみで4.0~7.1まで展開しています。品質はそのままに、季節によって、または気分によって好みの着用感を選ぶことができるのも同ブランドならではの長所なんです。

こだわり2

タフな首元をつくるダブルステッチ製法

タフな首元をつくるダブルステッチ製法

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

Tシャツを中心に生産しているため、ディテールの追求に余念がありません。象徴の1つがネック部分の“ダブルステッチ”。首元のリブと身頃の縫製箇所をまたいてステッチを2本施した縫製の仕様のことで、首周りの伸びを抑えることが可能です。生地やデザインに合わせて“細リブ”や“バインダー”なども使い分け、できるかぎりヘタれないTシャツを実現しています。

こだわり3

90からXXXLまで。豊富なサイズ展開でシルエットを重視

90からXXXLまで。豊富なサイズ展開でシルエットを重視

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

生地の厚みだけではなく、シルエットも豊富です。Tシャツのタイプに合わせてレギュラーフィットやルーズフィット、ビッグシルエットを採用しつつ、サイズ展開も充実しています。すべてのアイテムで全サイズ揃えているわけではありませんが、定番アイテムではキッズ用の90からXXXLまで展開しています。好みのサイズが見つからないわけがありません。ジャストサイズならトレンドを超えて使えて大人らしいニュアンスに。インナーとしても重宝しますよね。

90からXXXLまで。豊富なサイズ展開でシルエットを重視 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

今っぽさを重視するなら写真のようなビッグシルエットやオーバーサイズを選ぶのが気分です。ちなみにカラーのバリエーションも豊富で、定番アイテムで51色、アイテムを横断した全カラー数は80を超えます。

生地別に見る。押さえておきたい無地Tシャツ

ブランドを象徴する無地のTシャツは、無限とも思えるほどのバリエーション。その中から、ブランドのアイデンティティを感じさせつつ、実際のコーディネート作りに重宝する逸品を生地別で厳選して紹介します。

アイテム1

5.6オンス ハイクオリティTシャツ

5.6オンス ハイクオリティTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

定番中の定番モデルで、 “ヨレない”、“透けない”、“長持ち”という三大要素を兼備しています。やや厚手の生地なので1枚で着てもサマになり、インナーとしても使いやすいシルエットという万能タイプ。

アイテム2

4.7オンス ファインジャージー Tシャツ ポケット付

4.7オンス ファインジャージー Tシャツ ポケット付

エフ スリーズィー

エフ スリーズィー

お気に入り追加

モイスト感があって肌触りが抜群のやや薄手なファインジャージー生地を起用。鎖骨が微妙に見える広めのネックラインがモード調の大人なムードも放ってくれます。1枚で着てもサマになる胸ポケット付き。

アイテム3

5.3オンス インディゴTシャツ

5.3オンス インディゴTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

素材はコットン100%。インディゴ染めによる独特な風合いを製品洗いによるアタリ感などで高めているこだわりの1枚です。シンプルに着こなすだけで、無造作で洗練されたムードを放ってくれます。

アイテム4

スーパーヘビーウェイトTシャツ

スーパーヘビーウェイトTシャツ

ディ-ファインズ

ディ-ファインズ

お気に入り追加

USコットンを使用。持ち前の厚みと特有のざっくり感を生かした天竺地を用いています。武骨でヘビーウェイトな生地は着心地を損ないがちですが、これはリブ地のサイドパネルを採用することでストレッチ性も確保。半袖のスウェット感覚で着回せる逸品です。

アイテム5

5.6オンス ロングスリーブTシャツ

5.6オンス ロングスリーブTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

半袖Tシャツの汎用性は言うまでもありませんが、今シーズンはロンTもチェックしましょう。引き続きリラックス感のあるフィットが気になる方でも、同ブランドならば幅広いサイズから選ぶことが可能です。もちろん、品質もここならでは。

Tシャツ以外も。魅力のスウェットアイテム

Tシャツに次いで定番となっているのがスウェットを使ったアイテム。スウェット生地もバリエーションが多彩で、さまざまなアイテムが展開されています。

アイテム6

10.0オンス クルーネック スウェット

10.0オンス クルーネック スウェット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

裏パイルスウェット生地を用いたいたってスタンダードなクルーネックのスウェットシャツ。だからこそ、着回しやすくて重宝します。カラーバリーエーションが圧巻で、すべて含めると17種類。上品で爽快なロイヤルブルーが狙い目です。

アイテム7

9.3オンス レギュラー パイル スウェット プルオーバー パーカー

9.3オンス レギュラー パイル スウェット プルオーバー パーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

最もベーシックなパーカー。コットン85%×レーヨン15%のやや厚手な裏パイルスウェット生地が快適です。大きめなサイズ感のフードは生地が二重になっていて、ボリューム感が的確。平ヒモを用いることでルームウェアの印象を払拭しているのも特徴です。

アイテム8

10.0オンス スムースプルオーバーパーカー

10.0オンス スムースプルオーバーパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

しっかりした生地なのでフードがヘタらず、立体的な首周りを演出してくれます。冬はインナーとして、春先はメインアウターとして活用したい1着です。

アイテム9

8.4オンス フレンチテリースウェットパンツ

8.4オンス フレンチテリースウェットパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

裏毛素材のフレンチテリーを採用。その表情はヴィンテージ調ですが、細身のシルエットでスタイリッシュに仕上げています。グレーに加え、ディープネイビーとブラックも展開。

アイテム10

8.4オンス ファイン フレンチテリースウェット ショーツ

8.4オンス ファイン フレンチテリースウェット ショーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イチ押しのフレンチテリースウェット生地ということで、ショートパンツもラインアップ。ヴィンテージライクなリラックス感を宿しているため、スタイリングの大人なハズしとして活躍してくれます。膝上丈のレングスも絶妙!

Tシャツ完全ガイド。人気27ブランドから選ぶおすすめの1枚

ウェア・コーデ

Tシャツ完全ガイド。人気27ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2020年の春夏も必需品。27の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦

2020.08.11

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

ウェア・コーデ

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェットは定番中の定番アイテムですが、それだけに選択肢が多く、選ぶ際に頭を悩ませがち。そこで、真っ先に押さえておきたい15ブランドを厳選してご紹介します。

髙須賀 哲

2019.10.01

家族でいかが? ジムマスターで探す、ベーシック&個性豊かなアスレチックウェア

ウェア・コーデ

家族でいかが? ジムマスターで探す、ベーシック&個性豊かなアスレチックウェア

おしゃれで快適で、しかもコスパ良好。そんな利点づくしの『ジムマスター』が人気です。家族で楽しめる幅広いラインアップがうれしく、今どきのパパにもぴったり!

山崎 サトシ

2020.04.02

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND