古き良きアメリカンスタイルを追い求める、エンジニアドガーメンツ

古き良きアメリカンスタイルを追い求める、エンジニアドガーメンツ

ファッション通からの評価が高い日本生まれの骨太ブランド『エンジニアドガーメンツ』。日本人として知っておいて損はありません。

平 格彦

2018.08.03

エンジニアドガーメンツ(ENGINERED GAREMENTS)
ブランドまとめ

MADE IN USAを追求する『エンジニアドガーメンツ』の魅力

『エンジニアドガーメンツ』はセレクトショップ『ネペンテス』のニューヨーク企画として1999年にスタート。つまり、ネペンテス ニューヨークのオリジナルブランドです。“巧みに設計された服”という意味のブランド名の通り、細部までこだわった骨太な作りとトレンドを超越した独自のデザインにより、ファッションに精通した人から熱い支持を得ています。『ネペンテス』をはじめ、日本、アメリカ、ヨーロッパのセレクトショップの他、青山のオンリーショップ『エンジニアドガーメンツ東京』でアイテムを展開。また最近は、スタンダードなアイテムが揃うディフュージョンライン『エンジニアドガーメンツ ワーカデイ』も人気です。

特徴1日本のブランドなのにMADE IN NEWYORK

『エンジニアドガーメンツ』のデザイナーは鈴木大器氏。展開しているのは『ネペンテス』ということで日本のブランドですが、拠点はニューヨークです。洋服の問屋や工場が立ち並ぶアパレル産業の集積エリア、ミッドタウンのガーメントディストリクトに事務所を構え、工程の多くをその周辺で行っています。だからこそ、細部に至るこだわりを反映できるのです。

特徴2サイズもアメリカ規格なので大きめ

ニューヨークで生産しているということで、すべての基準はセンチではなくインチ。サイズ感も日本ではなくアメリカ向けの設定になっています。つまり、アメリカの規格で作っているアメリカの製品と考えるべき。世界を視野に入れたブランドである証しと言えます。

特徴3受賞に裏づけられた高いクオリティ

海外のジャーナリストやバイヤーといった業界人からの評価も高く、2008年にはアメリカ版の『GQ』とアメリカのファッションデザイナー協議会が主催する「GQ/CFDAメンズ新人デザイナー賞」で最優秀賞を受賞しています。この賞の初代受賞者ということもあってデザイナーの鈴木大器氏は世界から注目される存在になりました。“アメリカ人よりもアメリカらしい洋服を作る日本人デザイナー”とも称されています。

『エンジニアドガーメンツ』で押さえておきたいアイテム

豊富な『エンジニアドガーメンツ』のアイテムの中から、定番を中心におすすめをご紹介。オーセンティックなアイテムにディテールで個性を光らせるのが『エンジニアドガーメンツ』ならではの手法です。

アイテム1ファティーグパンツ

ブランドがスタートした1999年当時は、ブラックの細身のパンツがトレンドでした。そんな時代に逆行するかのように『エンジニアドガーメンツ』は太めのパンツをリリースしています。つまり、ゆったりとしたシルエットのパンツはブランドの象徴。こちらのファティーグパンツも代表的な定番です。オーセンティックなアイテムだからこそ、シルエットや縫製の良さが浮き彫りに。上質なコットン100%のダブルクロスは厚手でハリ感があり、風合いも抜群です。

アイテム2デッキジャケット

ミリタリー、トラディショナル、ワーク、アウトドアの4つを核に置く『エンジニアドガーメンツ』。こちらのデッキジャケットのようなミリタリー要素あふれるアイテムも多く生み出しています。上質なコットン素材を使用し、武骨な見た目ながら肌触りは良好。両サイドに配したハンドポケットの他に、左胸についたフラップポケットがアクセントになっています。襟元の裏地はコーデュロイ仕様で、スタンドカラーでも着られますが、折り返せば生地感の変化が楽しめます。

アイテム3ミリタリージャケット

男っぽいテイスト感じさせるデザインはブランドを通して一貫しています。こちらはフロントにずらりと並ぶボタンが印象的ですが、スナップボタンとボタンホールを交互に配したユニークな仕様。定番のミリタリージャケットに変化がつき、ディテールへのこだわりが感じられます。ドローコードの他にテール部分にはスナップボタンが配されており、丈感も調整可能。ブラックカラーはシックにも仕上がるので、『エンジニアドガーメンツ』らしい骨太でひとクセある大人なスタイルが完成します。

アイテム4ウィークエンドバッグ

最大幅89cmという大容量のトートバッグ。風合いに優れるナイロン100%の生地を使用しているため、耐久性も抜群です。ロゴパッチがついているだけのミニマルなデザインですが、長短2種類の持ち手がついているので、手持ちと肩掛けを瞬時に使い分けられます。とにかくたくさん荷物が入るので、アウトドアやレジャーに便利。ブラック、ホワイト、ダークネイビー、ブルー、レッド、グリーン、イエローという豊富なカラバリも魅力です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    グラミチのおすすめパンツ17選。定番のNNパンツから新作&別注モデルまで

    グラミチのおすすめパンツ17選。定番のNNパンツから新作&別注モデルまで

    「NNパンツ」を筆頭に、街でもおしゃれにはけるクライミングパンツとして根強く人気の『グラミチ』。その定番から新作、別注までおすすめのラインアップを紹介します。

    編集フカザワ

    着用マナーも解説! ボタンダウンシャツの着こなしガイド

    着用マナーも解説! ボタンダウンシャツの着こなしガイド

    この春はカジュアルにもきれいめにも使えるボタンダウンシャツに注目。今回は、ボタンダウンシャツの基本的な選び方からおすすめのアイテム、着こなし方までお届け。

    大中 志摩

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

    ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

    ヴィンテージを背景に、目の肥えた大人をうならせる圧巻のクオリティーで支持を集める『オアスロウ』。定番モデルを中心に、その魅力を解剖します。

    山崎 サトシ

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

    編集フカザワ

    “見られること”を意識して選ぶ、良いモノ|大人のMY定番

    “見られること”を意識して選ぶ、良いモノ|大人のMY定番

    旬なファッション業界人に定番の選び方やコーデのイロハを学ぶ人気連載も今回でvol.6。多方面で活躍するスタイリストの森田さんが、独自のこだわりを明かしてくれました。

    山崎 サトシ

    BACK