ユニクロコラボで注目の的。エンジニアドガーメンツとは?

ユニクロコラボで注目の的。エンジニアドガーメンツとは?

『ユニクロ』とのコラボレーションで幅広い世代の男女から注目された『エンジニアドガーメンツ』。人気の秘密と合わせて、魅力的なアイテムの数々をご紹介します。

髙須賀 哲

2020.02.13

エンジニアドガーメンツ(ENGINERED GAREMENTS)
ブランドまとめ

『ユニクロ』とのコラボフリースで話題沸騰。『エンジニアドガーメンツ』とは?

『エンジニアドガーメンツ』というブランドをご存じでしょうか? ファッション好きの間では知らない人はいなブランドですが、さほど詳しくない人でも聞き覚えがあるのではないでしょうか。というのも、この秋冬にリリースされた『ユニクロ』とコラアボアイテムが大人気になったことで、一躍、広く名前が知れ渡ったからです。なかでも、『ユニクロ』の定番であるフリースをアレンジしたアイテムが秀逸で、デザインは言わずもがなそのディテールやコストパフォーマンスが大きな話題となりました。当記事では『ユニクロ』とのコラボをきっかけに『エンジニアドガーメンツ』に興味を持った人のために、ブランドの背景と服好きを魅了するアイテムの数々をご紹介しましょう。

そもそも、『エンジニアドガーメンツ』が設立されたのは1999年のこと。セレクトショップ「ネペンテス」のオリジナルブランドとしてスタートしました。立ち上げ時からデザイナーを務める鈴木大器氏はニューヨーク在住で、現地でデザインと生産を行いながら世界に発信しています。

ヴィンテージのワークウェアやミリタリーウェアなどに見られる実用的で個性的なディテールを取り入れたクラシックで武骨なデザインが『エンジニアドガーメンツ』の真骨頂です。そのオリジナリティの高さが評価され、2008年には、アメリカでCFDAベストニューメンズウェアデザイナー賞を受賞しています。

『エンジニアドガーメンツ』の服はオリジナリティに溢れているものの、決して奇をてらったものではありません。実用性に基づいた意味のあるディテールワークは、程良く個性を主張してくれると同時に男っぽさを漂わせ、大人の着こなしにもしっくり馴染んでくれます。

『エンジニアドガーメンツ』の本領発揮。大人が注目すべきおすすめアイテム14選

ここからは、『エンジニアドガーメンツ』の本領が発揮されたアイテムの数々をご紹介していきましょう。トップスにしろ、ボトムスにしろ、コーディネートに1点取り入れるだけで、普段の着こなしをより男っぽく引き締めてくれるはずです。

アイテム1『エンジニアドガーメンツ』ワークシャツ

シンプルでありながら『エンジニアドガーメンツ』の魅力を最も体現しているのがこちらのシャツです。胸元に配された非対称のポケットはヴィンテージのワークシャツに採用されていたディテールを踏襲したもの。一枚はおるだけで存分にこだわりを主張できます。

アイテム2『エンジニアドガーメンツ』バンドカラーシャツ

大胆な柄使いも『エンジニアドガーメンツ』の魅力の1つです。こちらのシャツはエスニックな柄をあえてアンバランスに配置することで、着こなしにアクセントを加えてくれます。

アイテム3『エンジニアドガーメンツ』パッチワーククラシックシャツ

さまざまな柄を組み合わせたパッチワーク調の生地を使って構築されたシャツ。こんな大胆な発想も『エンジニアドガーメンツ』の魅力です。一枚で着てもインパクト十分。インナーに合わせれば絶妙なアクセントになってくれることでしょう。

アイテム4『ユニクロ』×『エンジニアドガーメンツ』フリースプルオーバー

『ユニクロ』とのコラボレーションで大人気となったのがこちらのフリース。襟元にスナップボタンを配して着脱を容易にしたり、胸元に異素材のポケットを取り付けるなど、他と一線を画すアレンジが秀逸です。

アイテム5『エンジニアドガーメンツ』ジレ

シンプルなベストに見えますが、襟元にあしらったコーデュロイ、防風性を高めるためのスロートタブ、マチ付きのポケットなど、特徴的なディテールが随所に取り入れられ、武骨な印象に仕上がっています。

アイテム6『エンジニアドガーメンツ』トンプソンジャケット

『バブアー』とのコラボレーションによるマウンテンパーカー。『バブアー』ならではのトラディショナルなアウトドア要素に、多機能ポケットなどのミリタリー要素を融合させることで男っぽさに拍車をかけています。

アイテム7『エンジニアドガーメンツ』ベッドフォードジャケット

フロントに4つのパッチポケットを配してワークテイストに仕上げたジャケット。異なる生地をパッチワークのように組み合わせた個性的なデザインですが、同系色にまとめているため、大人っぽく落ち着いた着こなしができます。

アイテム8『エンジニアドガーメンツ』MA-1 フライトジャケット

近年、人気のMA-1も『エンジニアドガーメンツ』が手がけると他と一線を画す仕上がりに。オリジナルにはない絶妙なカラーリングや前立ての上部に配されたボタンなどのディテールがさりげなく個性を主張してくれます。

アイテム9『エンジニアドガーメンツ』ショールカラーリバーシブルコート

コットン素材とボア素材というまったく異なる素材感を両方楽しめるリバーシブルコート。コットン側ならシックな着こなし、ボア側なら華やかな着こなしが可能です。柔和な印象を与えるショールカラーやアクセントとなるウエストベルトもポイントです。

アイテム10『エンジニアドガーメンツ』DLジャケット

上品なスタイリングに活用したいダブルブレストのテーラードジャケット。表地には風合いの良いフランネル素材を使用しており、洗練された雰囲気を醸し出します。サイドにアジャスターを備えるなど、ブランドらしい機能的なデザインも魅力です。

アイテム11『エンジニアドガーメンツ』×『バラクータ』G9

トラッドを象徴するアイテムであるバラクータG9ですが、『エンジニアドガーメンツ』の手にかかればまったく違う印象に。ヒョウ柄をプリントした人工ファーを採用しており、インパクト抜群のコーディネートが可能です。

アイテム12『エンジニアドガーメンツ』デニムジャケット

色合いの異なるデニム生地がパッチワーク状になったカバーオール。非対称のポケットやチンストラップなど、ヴィンテージのカバーオールのディテールを踏襲していますが、素材の妙により、モダンな印象に仕上がっています。

アイテム13『エンジニアドガーメンツ』カーゴパンツ

フロントとバックの両面にマチ付きのポケットをあしらって、立体感のある表情に仕上げたカーゴパンツ。武骨なデザインですが、ハリのあるコットン素材を使っているため、上質感も漂わせています。

アイテム14『エンジニアドガーメンツ』ファティーグパンツ

ミリタリーのファティーグパンツをモチーフにした1本。合わせやすいシンプルなデザインですが、異素材使いによるアシンメトリーなデザインでさりげなく個性を主張しているところがさすが『エンジニアドガーメンツ』です。

男性ライフスタイル誌「Free&Easy」の編集に8年間携わり、2013年にフリーランスの編集・ライターとして独立。紙媒体・WEB媒体を問わず、メンズファッション、ライフスタイルに関する記事を執筆しているほか、アパレルブランドのカタログやWEBビジュアルのディレクションも手がける。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    シューズは機能性や履き心地も大切な要素。とくればアウトドア由来のスペックを備えた1足を活用するのが好手です。街履きに適したグッドルッキングなおすすめ品をご紹介!

    平 格彦

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

    小林 大甫

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    BACK