何が今っぽい? リネンパンツを選ぶなら、この15本で

何が今っぽい? リネンパンツを選ぶなら、この15本で

これから夏が本格化するにつれて出番が増えるのが、涼感たっぷりなリネンパンツ。ニーズに合わせて旬なモデルを紹介するので、来る夏本番に備えて準備を整えましょう。

山崎 サトシ

2018.09.05

ボトムス

涼感ボトムスの代名詞。春夏はリネンパンツが気分です

涼感ボトムスの代名詞。春夏はリネンパンツが気分です

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ジメジメと蒸し暑いこれからの季節は、涼しく着られるワードローブが不可欠。とくれば、通気性良好で肌当たりも軽やかなリネンパンツは押さえておくべき筆頭候補といえるでしょう。トレンドのリラックスムードを有するアイテムでもあるので、コーデにあか抜け感を出すうえでも有効です。

涼感ボトムスの代名詞。春夏はリネンパンツが気分です 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

また、洗濯に強い優れた耐久性であったり、エイジングのこなれた表情だったりと、長年の愛用やヘビロテに向く実用的アイテムだという点も大きなポイントです。つまり、夏の日常着として非の打ち所がないということ! 1本持っておいて損はないはずです。

ニーズ別に厳選。リネンパンツの着こなし方とおすすめブランド

いくらリネンパンツが快適で旬度が高い有用アイテムだといっても、大人たるもの考えなしに選んでいてはNG! ここからはニーズ別に3つのカテゴリでリネンパンツを紹介していくので、自身のスタイルに合ったモデルをチョイスしてみてください。併せて、着こなしテクも覚えておくとベターです。

ニーズ1:ハードワークでも爽やか。ビジネスではけるリネンパンツが欲しい

ニーズ1:ハードワークでも爽やか。ビジネスではけるリネンパンツが欲しい

WEARWEAR

お気に入り追加

ざくっとドライな素材感ゆえにラフなイメージがあるリネンパンツですが、実はビジネスシーンでも着用可能。ただし、カジュアル過ぎない端正なスラックスタイプであることが絶対条件です。きっちりセンタークリースが入ったモデルであればなおよしといったところ。セットアップコーデは上級者向けですが、多少のくだけ感は許容されるジャケパンスタイルならすんなりと取り入れられるはずです。快適なリネンパンツを味方にすれば、仕事が一層はかどること請け合い!

ブランド1『ポートバイアーク』チェックトラウザーズ

『ポートバイアーク』チェックトラウザーズ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

クラシカルなトラウザーパンツをデザインベースとしつつ、軽やかなタッチのコットンリネンを使い上品さの中にリラクシングな雰囲気も巧みに注入。ウエスト内側にはドローストリングが付属しており、ベルトレスでの着用も可能となっています。ジャパンメイドならではの丁寧な仕立ても好印象。

ブランド2『サタデーズ ニューヨークシティ』ゴーディパンツ

『サタデーズ ニューヨークシティ』ゴーディパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ウエストにタックを入れて余裕を持たせつつ、膝下はテーパードさせ今どきなメリハリシルエットを実現。ビズコーデはもちろんのこと、カジュアルなトップスとも良相性を見せてくれる1本です。素材はコットン×リネンで、軽さがありつつもしっかりとした肉感。

ブランド3『ブラックレーベル・クレストブリッジ』リネンミックスリラックストラウザーズ

『ブラックレーベル・クレストブリッジ』リネンミックスリラックストラウザーズ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

リネン×綿×ポリエステルのMIX素材は、シャリシャリと心地良い肌触り。しかも、ストレッチ混なので運動性にも秀でています。ゴムシャーリングによって快適性をアップしていたり、ウエスト裏にさり気なくリバティプリントパイピングを施したりと、細部への注力も見逃せません。

ブランド4『ナノ・ユニバース』ダメリーノ ハードマンズリネン アンクルパンツ

『ナノ・ユニバース』ダメリーノ ハードマンズリネン アンクルパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

高品質で名を馳せるハードマンズリネンをメイン素材として、コットンとポリエステルもブレンド。一般的なリネンパンツよりも速乾性が高いので、汗ばむ陽気の日でもストレスを感じさせません。シルエットはやや細身の設定で、今季らしいアンクルカットとなっているのもキモ。

ブランド5『トゥモローランド』リネンツイルチェック 2プリーツスラックス

『トゥモローランド』リネンツイルチェック 2プリーツスラックス

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

タータンチェック柄のブリティッシュテイストな1品。イタリア・ソルビアティ社のリネンを使ったツイル生地は、美麗な光沢感としなやかさを併せ持っています。深めの股上&ゆったりウエストではき心地を確保しながら、膝下テーパードで引き締まったレッグラインを描き出しているのも見どころ。

ニーズ2:トレンド感強めの1本をカジュアルコーデに落とし込みたい

ニーズ2:トレンド感強めの1本をカジュアルコーデに落とし込みたい

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

そもそもリネンパンツ自体が今季の旬アイテムですが、その中でもよりトレンド感が強いタイプとなると、リラックスムードたっぷりなワイドシルエット型がベストチョイス。そのゆるっとしたフォルムが、リネン素材の持つ抜け感をさらに加速します。大人っぽく装うのであれば、トップスはシャツなどカチッと感があるアイテムを合わせてバランスを取りましょう。もちろんビッグTなどのルーズなウェアとも合いますが、一歩間違えるとコーデが幼く見えるので要注意です。

ブランド1『アダム エ ロペ』リネンストレッチワイドスラックス

『アダム エ ロペ』リネンストレッチワイドスラックス

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

フランスの大手素材メーカーであるキャリーマン社のファブリックを用いて仕立てた1本。良質なフレンチリネンを基軸に、ポリエステル&レーヨンをブレンドした素材はハリとソフトさを兼備。そのうえ、ウォッシュド加工でフィニッシュしてこなれた風合いに仕上げています。

ブランド2『ビューティアンドユースユナイテッドアローズ』リネン 1P ルーズパンツ

『ビューティアンドユースユナイテッドアローズ』リネン 1P ルーズパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ルーズなシルエットのリネン100%パンツですが、落ち着いたブラックカラーなので白シャツやニットといったきれいめのトップスともハマってくれます。強めにテーパードを入れることにより、ワイドパンツでありながらすらっと美しい脚線に仕上げているのもこだわり。

ブランド3『ビームス プラス』2プリーツ リネンパンツ

『ビームス プラス』2プリーツ リネンパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

程良いボリュームを持つリネン生地を、“スペック染め”と呼ばれるムラ&かすれ感が出る手法で染め上げた1本。表情豊かなうえに、はきこむほどに深みが増していきます。かなりワイドなシルエットも特徴ですが、8分丈に設定しているため足元がもたつく心配はありません。

ブランド4『アバハウス』テンセルリネンストライプワイドテーパードパンツ

『アバハウス』テンセルリネンストライプワイドテーパードパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

リネン×テンセルのシャツ生地を使ったモデルは、肌にまとわりつかないテロンと柔らかなタッチ。しかも、幅が太いストライプ柄をプリントしてリゾートライクな趣を強めています。カットソーとサラっと合わせるだけで常夏感あるスタイリングをメイクできるので重宝!

ブランド5『ジョンブル プライベート ラボ』ダイイングリネンイージーパンツ

『ジョンブル プライベート ラボ』ダイイングリネンイージーパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

モロッコに住むベルベル民族の染めをイメージした、独特なグラデーションカラーに目を奪われるイージーパンツ。存在感抜群の1本は、夏スタイルの主役として申し分ありません。そのユニークなカラーリングを効果的に際立たせるならば、タックインで着こなすのもアリ!

ニーズ3:夏向けにショーツが気になる……。リネンショーツのおすすめが知りたい

ニーズ3:夏向けにショーツが気になる……。リネンショーツのおすすめが知りたい

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

見た目&着心地ともに涼やかさ満点なリネンショーツは盛夏に欠かせないアイテム。ですが、一方で子供っぽく見えやすい側面もあるので注意が必要です。大人のショーツスタイルを叶えるなら、まず狙いたいのが過度に主張しないシンプルな無地デザイン。さらに言うなら、すっきりと見える膝ジャスト~膝上くらいの着丈感がベストです。オープンカラーシャツとのコンビネーションで肩の力を抜いて着こなせば、今シーズンらしいリゾート風味のスタイルに!

ブランド1『アーバンリサーチドアーズ』高機能リネンイージーショーツ

『アーバンリサーチドアーズ』高機能リネンイージーショーツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

リネンにポリエステルを混紡し、接触冷感・UVカット・吸水速乾という3つの機能をプラス。どんな場面でもコンフォートなはき心地を演出してくれます。ウエストにゴムとドローコードをあしらってフィット感を高めているのもカギ。着丈はちょうど膝にかかるくらいで、シルエットは若干ゆるめ。

ブランド2『スノーピーク』インディゴ ノラギ ショーツ

『スノーピーク』インディゴ ノラギ ショーツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

日本古来の作業服である“野良着”を現代的な目線でアップデート。ツータック入りのゆるやかなシルエットからは、気負わない雰囲気が漂います。抗菌防臭機能が付与されているのもうれしく、汗の嫌なニオイとも無縁。素材は100%リネンで、国内の工場にて生産されています。

ブランド3『オーギュストプレゼンテーション』パジャマショーツ

『オーギュストプレゼンテーション』パジャマショーツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

純リネン素材ながら、風合いは驚くほどさらさらとして柔らか。パジャマライクな仕立てとも相まって、実に心地良い着用感です。生地が二重のため、アンダーウエアが透けてしまう恐れもありません。縫製・生地とも日本のファクトリーが手掛けていて、製品クオリティも折り紙付き!

ブランド4『グラミチ』リネンコットンGショーツ

『グラミチ』リネンコットンGショーツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

定番人気モデルとしておなじみの「Gショーツ」に、夏らしいコットンリネン素材を採用。片手でサイズ調節ができるウェビングベルトや、180度開脚可能なガゼットクロッチなど、『グラミチ』お得意のディテールは健在です。ちなみに「Gショーツ」はポケットやシルエットが昨年見直され、一段と履きやすく進化しています。

ブランド5『シップス』サフィラン リネン ハイブリッド イージー ショーツ

『シップス』サフィラン リネン ハイブリッド イージー ショーツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

フランス北部のノルマンディ地方で栽培された上質リネンに、機能素材のソロテックスを掛け合わせた膝上ショーツ。ストレッチ性や形態安定性が通常のリネンショーツよりも大きく向上した、実用的な1本となっています。裾幅を少し広めに取った、今夏らしいゆるいシルエットも持ち味。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

    山崎 サトシ

    お値段以上! “安いのに使える”スーツ選びのコツとおすすめ8ブランド

    お値段以上! “安いのに使える”スーツ選びのコツとおすすめ8ブランド

    価格が安い=質が悪いというのは今や昔。最近は低価格でも見た目や着心地の良いスーツが増えています。ここでは失敗しない選び方のポイントやおすすめブランドをご紹介。

    近間 恭子

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    時代が変われど“ネルシャツ=定番”という方程式は不変。とはいえ、昔ながらのアイテムゆえに野暮ったさはつきもの。そう見せないための選び方を知っておきましょう。

    山崎 サトシ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    ワイルドで男前なレザージャケット。ハードな印象が強いですが、大人ならスマートに着こなしたいところ。ここでは、コーデのポイントとおすすめブランドを紹介します。

    Goto

    コーチジャケットを着こなしたいなら。プロが教えるブランド&コーデ術

    コーチジャケットを着こなしたいなら。プロが教えるブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    BACK