世界最高峰の肌触り。ロロピアーナの生地を身に纏う

世界最高峰の肌触り。ロロピアーナの生地を身に纏う

世界最高峰の素材だけを使う高級服地の代名詞であり、トータルメゾンとしても展開する『ロロピアーナ』。同ブランド極上のラインアップを魅力とともに紹介します。

池田 やすゆき

2018.11.27

アウター

最高峰のテキスタイル&ヤーンメーカー。『ロロピアーナ』とは?

1925年、北イタリア・ビエラ州の小さな街であるクアローナにて創業したロロピアーナ社。同社は世界中から最高級の原毛を調達し、糸を紡績し生地に織り上げるまでを一貫して行う希少なメーカーです。生地メーカーとして多くのブランドやテーラーに生地を卸しており、ブランドによっては自社ネームに『ロロピアーナ』の生地タグを並べることもあるので、スーツなどで見かけたこともあるでしょう。天然素材と特殊なフィルムを張り合わせることで撥水性や放湿性といった機能を備えた生地・「ストームシステム」は、秋冬のアウターにも多用されているのでスーツ以外にもさまざまな分野でニーズがあります。

さらに『ロロピアーナ』は現在、自社でプレタポルテを展開しており、シーズンごとメンズ&レディースのコレクションを展開しています。シンプルでベーシック、そこへトレンドをスパイス使いした大人のアイテムは、世界中のセレブリティにも愛用されているのです。

原料の生産からこだわりアリ。ウールとカシミヤはまさに別格

『ロロピアーナ』の生地の高いクオリティは誰もが認めるところで、スーツ生地としてはトップクラス。とくに高級素材の取扱いは、生産量も品質もロロピアーナ社が群を抜いています。たとえばウールは、オーストラリアやニュージランドの契約牧場から最高品質の原毛だけを買い取る契約を締結。カシミヤについては生後1年以内の仔山羊1頭から30〜40gほどしか採取できないベビーカシミヤを扱える世界でも希少なメーカーです。カシミヤよりも希少なペルー高地に生息するビキューナについては希少動物の保護育成のプロジェクトを発足させ国家とともに保護区を設立するなど、単なる生地メーカーの枠を超えた活動も行っています。

『ロロピアーナ』を採用しているか否かは、ここを見れば一目瞭然

世界中のラグジュアリーブランド&テーラーが信頼を寄せる『ロロピアーナ』。たとえばパリやミラノのラグジュアリーメゾンも『ロロピアーナ』の生地を自社製品に使っています。ロンドンやナポリはもちろんのこと、日本のテーラーでも店舗に生地のバンチブックを置き、希望する色柄生地を1着分から取り寄せることができるようになっています。

また『ビームス』や『ユナイテッドアローズ』など、有名セレクトショップのオリジナルブランドスーツにも『ロロピアーナ』の生地が採用され、その証としてスーツの袖口に同社の生地タグが取り付けられています。スーツの生地だけでなく、コートやブルゾンなどカジュアルなアウター生地に「ストームシステム」を使っているブランドでは、内ポケット部分に生地タグを取り付けることもあります。

『ロロピアーナ』を使用したおすすめアイテム10選

ロロピアーナ社の高級生地は、スーツ、コート、ブルゾンなど、ドレスに限らずカジュアルまで多彩なアイテムに採用されています。そんな『ロロピアーナ』の生地を使ったコレクションをご紹介します。

アイテム1『トゥモローランド』Super170'sウール シャークスキン 段返り3Bスーツ

セレクトショップの『トゥモローランド』がオリジナルで手がけるスーツには、『ロロピアーナ』のスーパー170’sクラスウールを用いた「ROYAL WISH」が使われています。極上のウールを使った滑らかな生地は、昇進などの機会にここぞのときの勝負スーツとして1着用意しておきたいものです。

アイテム2『エディフィス』3ボタン ロロピアーナ サージスーツ

こちらのスーツは『ロロピアーナ』の定番生地「FOUR SEASON」を採用。先程の「ROYAL WISH」はスリーシーズン生地ですが、こちらは通年着用できる薄手の素材。スーパー130’sクラスウールですので、上質な光沢がありながらシワがつきにくく、ビジネス使いに適しています。

アイテム3『グリーンレーベルリラクシング』ロロピアーナ グレンチェック 2ボタン RV NT 2PP ジャケット

起毛感のある「SOFT TOUCH」は薄手で軽量ながら秋冬向きの素材です。しなやかなスーパー130’sクラスウールはビジネススタイルに相応しい色柄が揃っています。こちらはジャケット単品ですが、同素材のパンツとベストも揃っているので、3点で購入してそれぞれ単品使い、2ピース、3ピースで着回すことができてコスパが高い点も好印象。

アイテム4『グリーンレーベルリラクシング』ロロピアーナ STORM/S チェスターコート

ベージュのチェスターコートは、メランジカラーのリュクスな風合い。ひと目で上質さがわかる素材はロロピアーナが誇る「ストームシステム」です。天然素材に特殊なフィルムを貼ることで、撥水・透湿・防風機能を付加していますが、タッチは上質なウールそのもの。スーツの上から羽織れば、ビジネススタイルの格が上がります。

アイテム5『エディフィス』ロロピアーナ ウールワッフル ステンカラーコート

アルパカを混紡したウールワッフルのステンカラーコート。生地は厚手で見た目にも重厚ですが、上質なウールゆえに軽く着心地は良好。ビジネススーツにはもちろん、ジーンズやニットなどと合わせてカジュアルに着こなせば、ギャバやナイロンのステンカラーとはひと味違う大人の装いが仕上がります。

アイテム6『エディフィス』ロロピアーナ ヘリンボーン ストライプ カバーオール

しなやかで上質なタッチのヘリンボーン生地を、カジュアルなワークテイストのカバーオールに採用。都会の大人のカジュアルトップスに仕上がっています。春夏にはTシャツの上から、秋はクルーネックやタートルニットに羽織って、冬場はジャケット代わりに着て上からコートを羽織ってもかさばらない通年で使えるアイテムです。

アイテム7『キーレッド』ロロピアーナマウンテンパーカー

『キーレッド』はナポリの名門キートングループの一角をなすカジュアルアウターのブランドです。モノ作りの精神は完璧なラグジュアリー志向ゆえ、マウンパも洗練されたデザインに。採用したのは「レインストーム」という、防水性に富む上質な生地で、アウトドアウェアとは思えないほど品格のある佇まいとなっています。

アイテム8『タトラス』DOMIZIANO ダウンジャケット

『ロロピアーナ』のシルク×ウールの混紡生地をシェルに使った『タトラス』のダウンジャケット。シルクを混紡しながらも、雨や雪に強い「レインシステム」を採用しています。上質素材のダウンゆえ、アウトドア感は払拭されて実に都会的。それでいて各部にはしっかり本格的な帰納ディテールも有しています。ダウンにはポーランド製ホワイトグースダウンを使い、保温性も抜群。

アイテム9『シップス』タートルネック ニット

ロロピアーナ社のメリノウールを使って編み立てたミドルゲージのタートルニット。ニットですがひと目で上等がわかるほど柔らかく、上品な光沢も浮き上がります。細身ですっきりとしたシルエットも都会的で、今時分はジャケットを1枚羽織るだけで、温かく着られます。

アイテム10『エディフィス』ロロピアーナ バーズアイ イージーパンツ

ロロピアーナ社のストレッチ素材「MOVING」を使ったイージーパンツ。天然繊維にこだわってきた同社が初めて手がけたストレッチ素材で、デュポン社が開発したライクラ繊維を混紡しています。ウエストはゴムを使ったシャーリング仕様となっており、はき心地も楽ちんなイージーパンツですが、シルエットも細身でジャケットにも合わせられるデザインです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK