気負わず履けるレトロ顔。ブルックス ヘリテージのスニーカーを手に入れる

気負わず履けるレトロ顔。ブルックス ヘリテージのスニーカーを手に入れる

昨今のレトロランニングシューズブームの一翼を担う、『ブルックス ヘリテージ』。スマートなフォルムと懐かしのデザインで、足元に軽快な印象を与えてくれます。

八木 悠太

2018.10.03

ブルックス(BROOKS)
ブランドまとめ

『ブルックス ヘリテージ』とは?

創業は1914年。22歳の青年がフィラデルフィアで始めた、革製のプール・海水浴用シューズとバレエシューズの製造が原点です。彼の名はジョン・ブルックス・ゴールデンバーグ氏。ブランド名は彼のミドルネームが由来です。その後1970年代になると空前のランニングブームが到来。同ブランドもランニングシューズの開発を始め、1970年代後半になるとEVA素材を世界に先駆けて採用。一躍、ランシュー界のトップブランドの1つとなったのです。

細身のフォルムとノスタルジックな顔つきがポイント!

レトロ顔のランニングシューズの大ブームも手伝って、さまざまなブランドから復刻モデルが登場している昨今。『ブルックス』も同じく、“ヘリテージ コレクション”として1970〜90年代に登場した6モデルをラインアップしています。ちょっと懐かしいデザインとランシューらしいシャープなフォルムがポイント。80〜90年代テイストのファッションがトレンドの今、改めて注目を浴びています。

押さえておきたい『ブルックス ヘリテージ』の6モデル

ここからは『ブルックス ヘリテージ』の6つのモデルを詳しくご紹介。不思議と懐かしさを感じる顔つきと、当時最先端だった搭載テクノロジーに注目していきましょう。

モデル1ヴァンガード

1974年発表の「ヴァンガード」は、オーセンティックでクリーンなデザインと、つま先のTラインが象徴するクラシックなスタイリングが特徴です。アッパーにはピッグスキン、ソールには世界初の3層EVAスポンジを採用。グリップ力の高い吸盤状のオクトピ・アウトソールも当時のまましっかりと再現されています。

モデル2ヴァンテージ

1977年発売の「ヴァンテージ」は、アメリカの権威あるランニング専門誌「Runner's World」 のアワードで、名誉ある5つ星を世界初2年連続受賞したシューズ。柔軟性と通気性が高いメッシュ素材を併用したヌバックレザーのアッパーと、衝撃吸収と耐久性を両立された三角状のアウトソールが特徴。

モデル3チャリオット

1982年誕生の「チャリオット」。80年代に開発された、衝撃分散動作をコントロールするダイアゴナル・ロールバー、クッション性を高めるために金型成形された3層インソール、衝撃吸収に優れたソリッドラバーアウトソール、可視性を高める光反射素材を採用しています。これらのテクノロジーを搭載してランニングシーンを牽引した、名作の1つ。

モデル4フュージョン

90年代のハイテクスニーカーブームのなかで開発された「フュージョン」は、ブランド初のヒールクッションテクノロジー“ハイドロフロー”を採用。2014年に復刻したこちらは、デビュー当時を彷彿とさせるデザインにレトロ感を助長させる印象的な配色が魅力です。

モデル5リージェント

1993年に発売された軽量ランニングシューズ「リージェント」。フィット感を生み出すバリアブルワイドレーシングや弾力性と強靱性を併せ持つTPUシェブロン、ビジブルヒールクッションなどなど、当時の最先端テクノロジーの数々を搭載。ランナーたちに衝撃を与えた逸品です。ダッド感のあるデザインや配色は、今まさに履きたい一足。

モデル6ビースト

1993年リリースの「ビースト」。ランナーに処方するシューズとして、当時のスポーツドクターたちも高く評価していた名品です。ユニークな2色のラグアウトソールと光反射するつま先のZトウゾーンがノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

『ブルックス ヘリテージ』の履きこなし方

レトロな見た目と細身フォルムが魅力の『ブルックス ヘリテージ』。こちらを上手に履きこなすポイントはどんなところにあるのか。スタイリング上手なサンプルを参考にしながら、コーディネートへの投入術を見ていきましょう。

着こなし1ボトムスとカラーリングを揃えてシャープさを強調!

最もシンプルな履きこなし方がこちら。ボトムスとのカラーリングを揃えることで、スニーカーのシャープさが際立ち、見た目にもスマートなスタイルが叶います。ボトムスの裾はなるべくダブつかせず、ジャスト丈ではくとその効果はいっそう高まります。

着こなし2レトロカラーの1足はシンプルコーデに投入!

『ブルックス ヘリテージ』ならではの色使いやフォルムから感じるレトロな印象は、個性的なスタイルを作るのにもってこい。その効果を最大限に発揮させるべく、合わせるコーデはシンプルな方が良いでしょう。

着こなし3太ボトムスと合わせればぐっと今っぽいスタイルに!

シンプルでクリーンなデザインも多いゆえ、スラックスタイプのパンツとも相性が良いのも魅力。特にシルエットがワイドなモノと合わせると、シャープなフォルムとのバランスが取れて、今っぽい雰囲気を醸し出すことができます。

着こなし4やっぱりスポーティスタイルとの相性は抜群

そもそもがランシューなので、スポーティアイテムと相性が良いのは当然ですね。トータルの色のトーンを揃えれば、スマートなスポーツMIXスタイルが作れます。ちょっと褪せた色みのスニーカーなら抜け感も加わり、いっそう着こなしを格上げしてくれます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    人気のブランドと合わせ方はコレ! 今こそローファーを履こう

    人気のブランドと合わせ方はコレ! 今こそローファーを履こう

    クラシカルな着こなしの人気が高まっている今だからこそ、ローファーを1足手に入れましょう。主な種類からコーデテクまで、その魅力を余すところなくご紹介します。

    近間 恭子

    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

    八木 悠太

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    ワイシャツはココを選べば間違いなし! おすすめブランド厳選15

    ワイシャツはココを選べば間違いなし! おすすめブランド厳選15

    スーツスタイルの主役であるジャケットが引き立つには名脇役の存在が不可欠。その役割を担うのがワイシャツです。選んで間違いない1枚を、名門ブランドから選びましょう。

    池田 やすゆき

    BACK