人気再び。ファーストダウンの注目アウター7選

人気再び。ファーストダウンの注目アウター7選

90年代がリバイバルしている影響もあり、2018年秋冬から再始動した『ファーストダウン』が注目されています。歴史を魅力を掘り下げつつ、ラインアップをご紹介。

近間 恭子

2018.10.25

ファーストダウン(FIRST DOWN)
アウター
ダウン
ダウンジャケット
アウトドアファッション

1980年代にアメリカで誕生したアウトドアブランド『ファーストダウン』

“アクティブに活動する人に着てほしい”という想いを込めて、1980年代にアメリカで誕生した『ファーストダウン』。その機能性とデザイン性の高さから、アウトドアからタウンまでさまざまなシーンで支持されていました。本格的にブレイクしたのは、当時のファッショントレンドを生み出していたヒップホップ専門誌「THE SOURCE」に掲載されてから。ニューヨークのファッションシーンに浸透し、音楽やファッションを愛する感度の高い若者たちがこぞって愛用するようになったのです。

俳優のジェイミー・フォックス氏やNBAプレイヤーのステフォン・マーブリー氏などをモデルに起用した広告も話題になり、ブランドの人気に拍車をかけました。さらにネイト・ドッグ氏やMCシャン氏といったラッパーたちも着用し始めたことで、ストリートシーンでの人気も確立。以降、『ファーストダウン』は極寒のニューヨークを象徴するブランドとなったのです。

当時のストリートシーンを席巻した『ファーストダウン』が、この秋冬より再スタートを切りました。ブランドの代表作である「バブルジャケット」をはじめ、現在のストリートにも影響を与えたモデルからアウトドアブランドらしい機能に優れたモデルまでをラインアップしています。ただ復刻させるのではなく、現代的かつ都会的にアップデートされているのもポイントです。

ヒット確実。『ファーストダウン』が注目されている理由とは

再始動した『ファーストダウン』をプッシュするのには、きちんとした理由があります。デザインから機能まで、注目されている理由をご紹介しましょう。

理由1懐古的かつボリューミーなデザイン

代表作の「バブルジャケット」をはじめ、『ファーストダウン』のアウターはボリューム感のあるデザインが特徴。これが90年代リバイバルの今の気分にもハマり、コーディネートの昇華してくれるのです。また、どこかレトロな雰囲気漂うカラーリングも今らしいデザインを後押ししています。

理由2高品質な700フィルパワーのグースダウン製

デザインはもちろん、機能面でも注目すべき理由があります。それが、ダウンの上質を決めるひとつの目安となるフィルパワー。これは羽毛のかさ高性を表す単位であり、数値が高いほど高品質とされています。『ファーストダウン』に使われているのは高品質とされる700フィルパワーのグースダウン。安定した保温力を発揮し、アウトドア譲りのスペックを実現しているのです。

懐かしさと今らしさを両立。『ファーストダウン』の最新コレクション

人気モデルが現代的に復刻している今季の『ファーストダウン』。豊富なラインアップから、秋冬に活躍するおすすめのダウンを厳選しました。

アイテム1ショートダウン

クライミング用ダウンがベースのモデルを、現代風に蘇らせた『フリークスストア』別注アイテム。表地は撥水性に優れ、シワになりにくい「ディクロス マイリ」を採用。ドライなタッチとマットな質感により、アウトドア由来のデザインながらもスタイリッシュな印象を与えます。

アイテム2ダウンパーカー

コントラストある配色が印象的。ゆったりしたフォルムに加え、惜しげもなく使用したホワイトグースダウンがボリューミーなシルエットを演出します。前立ての止水ファスナーや防風効果のある高めのネックなど、優れた機能を装備しているのも魅力。

アイテム3ロングダウン

古着市場でもあまりお目にかかれない「Level7 Jacket」をベースにした『フリークスストア』別注モデル。止水ファスナーやフラップ付きポケットなど、アウトドア色の強いデザインに、ミリタリースペックを搭載しているのがポイントです。表地は優れた機能とモダンな質感を両立させた「ディクロス マイリ」を採用。

アイテム4バブルジャケット

『ファーストダウン』の名作「バブルジャケット」が、リバーシブル仕様で復刻。ロゴをボーダーのように配したデコラティブな表面に対し、裏面はシンプルな無地なので着まわし力も抜群です。両面とも20デニールの撥水タフタのため、見た目以上に軽い着心地を体感できるはず。

アイテム52WAYダウン

フードのファーを取り外せる2WAY仕様。すっきりとしたルックスは、オンからオフまで幅広く活躍します。それでいて700フィルパワーのグースダウンやストレッチ性に優れたソロテックス(R)の表地など、『ファーストダウン』ならではのディテールもおすすめのポイントです。

アイテム6スタンドカラーブルゾン

80年代のヒップホップシーンに欠かせないモデルをベースに『ユナイテッドアローズ&サンズ』が別注。表地は小松精練のフェイクレザー、裏地はナイロンを使ったリバーシブル仕様になっています。どちらもシンプルなので、両A面で活躍すること必至。オーバーサイズで、より今シーズンらしい着こなしをしてみては?

アイテム7スタンドカラーブルゾン

コントラストあるブラックとホワイトのリバーシブル仕様。光沢感控えめのポリエステルなのでスポーティになりすぎず、普段の着こなしにも組み込みやすい1着です。伸縮性のあるゴムで裾や袖口をパイピングするなど、快適な着心地に導く工夫が凝らされています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    BACK