人気再び。ファーストダウンの注目アウター7選

人気再び。ファーストダウンの注目アウター7選

90年代がリバイバルしている影響もあり、2018年秋冬から再始動した『ファーストダウン』が引き続き注目株。歴史を魅力を掘り下げつつ、ラインアップを紹介します。

近間 恭子

2019.10.31

ファーストダウン(FIRST DOWN)
アウター
ダウン
ダウンジャケット
アウトドアファッション

1980年代にアメリカで誕生したアウトドアブランド『ファーストダウン』

“アクティブに活動する人に着てほしい”という想いを込めて、1980年代にアメリカで誕生した『ファーストダウン』。その機能性とデザイン性の高さから、アウトドアからタウンまでさまざまなシーンで支持されていました。本格的にブレイクしたのは、当時のファッショントレンドを生み出していたヒップホップ専門誌「THE SOURCE」に掲載されてから。ニューヨークのファッションシーンに浸透し、音楽やファッションを愛する感度の高い若者たちがこぞって愛用するようになったのです。

俳優のジェイミー・フォックス氏やNBAプレイヤーのステフォン・マーブリー氏などをモデルに起用した広告も話題になり、ブランドの人気に拍車をかけました。さらにネイト・ドッグ氏やMCシャン氏といったラッパーたちも着用し始めたことで、ストリートシーンでの人気も確立。以降、『ファーストダウン』は極寒のニューヨークを象徴するブランドとなったのです。

当時のストリートシーンを席巻した『ファーストダウン』が、2018年秋冬より再スタート。ブランドの代表作である「バブルジャケット」をはじめ、現在のストリートにも影響を与えたモデルからアウトドアブランドらしい機能に優れたモデルまでをラインアップしています。ただ復刻させるのではなく、現代的かつ都会的にアップデートされているのもポイントです。

ヒット確実。『ファーストダウン』が注目されている理由とは

再始動した『ファーストダウン』をプッシュするのには、きちんとした理由があります。デザインから機能まで、注目されている理由をご紹介しましょう。

理由1懐古的かつボリューミーなデザイン

代表作の「バブルジャケット」をはじめ、『ファーストダウン』のアウターはボリューム感のあるデザインが特徴。これが90年代リバイバルの今の気分にもハマり、コーディネートの昇華してくれるのです。また、どこかレトロな雰囲気漂うカラーリングも今らしいデザインを後押ししています。

理由2高品質な700フィルパワーのグースダウン製

デザインはもちろん、機能面でも注目すべき理由があります。それが、ダウンの上質を決めるひとつの目安となるフィルパワー。これは羽毛のかさ高性を表す単位であり、数値が高いほど高品質とされています。660フィルパワーのダウンを採用した写真のアイテムをはじめ、安定した保温力を発揮。アウトドア譲りのスペックを実現しているのです。

懐かしさと今らしさを両立。『ファーストダウン』の最新コレクション

人気モデルが現代的に復刻している今季の『ファーストダウン』。豊富なラインアップから、秋冬に活躍するおすすめのダウンを厳選しました。

アイテム1バブルジャケット

『ファーストダウン』の名作「バブルジャケット」が、リバーシブル仕様で復刻。ロゴをボーダーのように配したデコラティブな表面に対し、裏面はシンプルな無地なので着まわし力も抜群です。両面とも20デニールの撥水タフタのため、見た目以上に軽い着心地を体感できるはず。

アイテム2パネルショートダウン

クライミング用ダウンがベースのモデルを、現代風に蘇らせた『フリークスストア』別注アイテム。表地は撥水性・防風性に優れ、負担の少ないナチュラルストレッチ素材を採用。ドライなタッチとマットな質感により、アウトドア由来のデザインながらもスタイリッシュな印象を与えます。

アイテム3リバーシブルダウンジャケット

撥水加工を施した表地と、660フィルパワーのダウンを採用。シンプルなカラーリングの切り替えが特徴で、さらにリバーシブル仕様というのもポイント。裏面はオールブラックとなっているので、汎用性も抜群です。

アイテム4ダウンパーカー

コントラストある配色が印象的。ゆったりしたフォルムに加え、惜しげもなく使用したホワイトグースダウンがボリューミーなシルエットを演出します。前立ての止水ファスナーや防風効果のある高めのネックなど、優れた機能を装備しているのも魅力。

アイテム5『シップスジェットブルー』別注ダウンジャケット

『ファーストダウン』らしいデザインですが、表地にソロテックス(R)を採用し、機能性を高めた別注モデル。インラインとは異なるカラーリングもポイントです。

アイテム6ポリリップ フードダウン

フードの着脱が可能な、同ブランドらしいボリューム感のある1着。中綿はダウン90%、フェザー10%という理想的な比率で、見た目通り保温性十分なスペックです。また、カラーが切り替えられている箇所は丈夫な素材を使用しているのも特徴。

アイテム72WAYダウン

フードのファーを取り外せる2WAY仕様。すっきりとしたルックスは、オンからオフまで幅広く活躍します。それでいて700フィルパワーのグースダウンやストレッチ性に優れたソロテックス(R)の表地など、『ファーストダウン』ならではのディテールもおすすめのポイントです。

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    シューズは機能性や履き心地も大切な要素。とくればアウトドア由来のスペックを備えた1足を活用するのが好手です。街履きに適したグッドルッキングなおすすめ品をご紹介!

    平 格彦

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

    小林 大甫

    カップルで履きたいペアスニーカー12選。“お揃い”は足元でさりげなく

    カップルで履きたいペアスニーカー12選。“お揃い”は足元でさりげなく

    お揃いのスニーカーでさりげなく一体感を演出するカップルが増えています。ペアで履きたいおすすめ品を中心に、選び方からコーデ例まで一気に解説。ぜひ実践してください!

    平 格彦

    ツーブロック難民へ。スタイル別ツーブロック40選

    ツーブロック難民へ。スタイル別ツーブロック40選

    メンズヘア定番のツーブロックのなかでも、おすすめの髪型を一挙公開。「ツーブロックとは」という基本やオーダー方法、スタイリング剤に関する参考記事もご紹介します。

    深澤 正太郎

    BACK