おしゃれに履きこなしたい! コンバースのハイカットスニーカー

おしゃれに履きこなしたい! コンバースのハイカットスニーカー

老若男女問わず長年愛され続けている『コンバース』のハイカットスニーカー。オールスターを始め、ジャックパーセルやSKハイなど、その人気の秘密と魅力を探ります。

ai sato

2018.12.07

コンバース(CONVERSE)
スニーカー

コンバースのハイカットスニーカーが支持される理由

コンバースのハイカットスニーカーが支持される理由

一般的にハイカットスニーカーといえば、足元にボリュームが出てぼってりとした印象になりがち。けれど、『コンバース』のハイカットはキャンバス地を中心にレザーやデニムなど薄手の素材を使い、すっきりとシンプルなフォルムに仕上げた軽やかなデザインが主流。主張が強すぎないので足元だけ悪目立ちすることもなく、スタイル問わずさまざまなコーデに合わせやすいのが特徴です。

コンバースのハイカットスニーカーが支持される理由 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

また、着こなしにこなれ感が出せる点も、『コンバース』のハイカットが人気を集める理由として挙げられます。アクセントカラーを選べば足元で程良く遊びを演出できますし、足首周りの紐をゆるめたりほどいたりすればハイカット部分がクタッとなり、洒脱なルーズ感を出すことができます。はたまた、スタイリッシュにも履きこなしが可能で、つま先から足首までを包み込むデザインは足首が引き締まって見えるメリットも。ボトムスと色を合わせることで脚長効果も期待できます。履きこなし次第で印象を自在に変えられるのも魅力のひとつです。

コンバースで人気のハイカットスニーカー3モデル

オールスターハイやジャックパーセルなど、魅力的なハイカットスニーカーが豊富にそろう『コンバース』ですが、そのなかでもおさえておきたい定番人気モデルを厳選。それぞれの特徴や魅力を解説します。

モデル1オールスターハイ

オールスターハイ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

言わずと知れた永遠の定番モデル、オールスターハイ。1971年の登場以来、今も愛され続けるロングセラーアイテムです。無駄な装飾のないシンプルなデザインで、カジュアルからきれいめスタイルまで合わせやすいのが特徴。キャンバス地ならではのナチュラルな表情は、着こなしの抜け感出しにも最適です。

オールスターハイ 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

従来のオールスターよりも軽量化とコスパの良さを実現した、次世代モデルがこちら。バルカナイズ製法を取り入れることで、屈曲性とクッション性に優れた履き心地の良い1足に仕上がっています。アッパーもソールも、さらにはシューレースまで黒で統一したクールな表情もスタイリッシュ!

オールスターハイ 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ヒールラベルのMADE IN JAPANの文字が光るこちらは、2013年に登場。耐摩耗ソールを採用することで、耐久性とクッション性を高めています。足元からトレンド感を漂わせるなら、今シーズンらしいこんなパープルが正解!

オールスターハイ 4枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

2017年に『コンバース』誕生100周年を記念して作られた、オールスター100シリーズのひとつ。個性的なクレイジーカラーに加え、防水透湿性素材であるゴアテックスやクッション性の高いカップインソールなどを使った機能性の高さも見所です。

オールスターハイ 5枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アッパーに足馴染みの良いソフトレザーを使い、洗練された表情を出したこちら。スニーカーのカジュアルさとレザーのスタイリッシュな雰囲気を両立させた優秀アイテムです。履くほどに風合いが増すレザーの質感と立体的なヒールパッチが、足元からさりげなく大人の品格を演出してくれます。

モデル2ジャックパーセル

ジャックパーセル

ABC-MART楽天市場店ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

1935年、当時のバドミントンチャンピオンであるジャック・パーセル氏が開発に関わり、運動靴として生まれたジャックパーセル。そのハイカットモデルであるこちらは、1980年代前半までのモデルをイメージしたカラーリングと、70年代前半のモデルを意識したヘリンボンソールを採用したヴィンテージ感のある雰囲気がポイント。白のサイドステッチも、さらにクラシカルな表情を加速させています。

モデル3SKハイ

SKハイ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

クラシカルなタイプが多いコンバースのスニーカーのなかでも、スポーツラインと呼ばれているシェブロン&スター。そのアーカイブモデルをベースとしたスケーター向けの1足がこちらのモデルです。耐久性の高いスエード素材に軽量で機能性に優れたカップインソールを搭載することで、リアルスケーターも納得の履き心地を実現しています。

ボトムスは何を選ぶ? ハイカットスニーカーを履きこなすコツ

一般的なローカットに比べ、ハイカットのスニーカーは履きこなすのが難しいと思っている人も多いのでは? 好相性なボトムスとしっかり合わせれば、実はおしゃれなコーデを作るのはそう難しくないのです。

コーデに取り入れるコツ1メリハリのあるカラーを優しげなチノに合わせる

ナチュラルなテイストのチノパンは、存在感のあるハイカットと相性抜群。どんな色でも合わせやすい懐の深さがあるチノですが、あえて黒などの強めカラーを選ぶと、コントラストの効いた足元に仕上がって洒落感も演出できます。

シンプルなアメカジを黒ハイカットで締める!

シンプルなアメカジを黒ハイカットで締める!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

MA-1とパーカというラフなスタイルに、チノを合わせることで少し品の良さを出したアメカジスタイル。足元に黒のハイカットをプラスすることで、全体が引き締まりメリハリのあるスタイリングにブラッシュアップしています。ニット帽とスニーカーを黒で統一して、カジュアルながら大人っぽい雰囲気を添えているのもポイント。

コーデに取り入れるコツ2ハイカット×同色のスキニーで脚長効果を狙う!

ハイカットは足首がすっきりと締まって見えるのも魅力。特に同色のスキニーボトムスを合わせると、さらにすらりと美脚に見えるのでぜひお試しを。このスタイリングテクは、個性や存在感のあるトップスやアウターを引き立てたい時にもおすすめです。

ボトムスと足元の統一感で個性派レイヤードを強調!

ボトムスと足元の統一感で個性派レイヤードを強調!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

トップスにタイやボルドーカラーのニット、ベストを重ねたトラッド感の強いレイヤードスタイルを選んだこちら。ボリュームと存在感があるトップスに対して、ボトムスは黒でまとめ、スキニーパンツとハイカットですっきりとコンパクトに収めています。そのバランスの良さがぜひ真似したいポイント。

コーデに取り入れるコツ3ストレートジーンズはロールアップでバランス良く!

カジュアルボトムスの代表格であるストレートジーンズですが、シルエットがゆるければゆるいほどハイカットと馴染ませるのが難しくなります。そんなときは、ジーンズの裾をロールアップしてスニーカーとのバランスを取るのが正解です。ジーンズの裾とスニーカーとの間にチラリと見える靴下や素肌が、絶妙な抜け感を出してくれますよ。

差し色ハイカットで定番カジュアルをブラッシュアップ!

差し色ハイカットで定番カジュアルをブラッシュアップ!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ベーシックな白シャツとジーンズの着こなしに、ニュアンスカラーのカーデとハイカットをプラスしてトレンド感を演出。ロールアップしたジーンズの裾部分と白ソックスで、ジーンズの濃紺とスニーカーの茶色のコントラストを自然と馴染ませているのも見逃せない小技のひとつです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

    リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

    メンズカジュアルシーンに欠かせないジージャン。なかでも老舗ブランド『リーバイス』は人気です。そこで、定番モデルやカラバリ、着こなしまで一挙紹介!

    ライターR

    使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

    使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

    Tシャツ1枚は少し早いけど、上着を着るほど寒くもない……。気温が曖昧な時期にさらりと羽織れるカーディガンは必携です。人気ブランドを、しっかり把握しておきましょう。

    山崎 サトシ

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK