街でも使える、ザ・ノース・フェイスの手袋に注目!

街でも使える、ザ・ノース・フェイスの手袋に注目!

いまいちビビッとくる手袋が見つからないという人は、『ザ・ノース・フェイス』の手袋をチェック。洗練された見た目はもちろん、アウトドアブランドならではの機能性も◎。

CANADA

2015.02.18

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)
小物
グローブ・手袋
アウトドアファッション

アウトドアだけではない、街でも使える『ザ・ノース・フェイス』の手袋をチェック!

シリアスなアウトドアシーンからデイリーユースまで、幅広いフィールドで真価を発揮する『ザ・ノース・フェイス』は、優れた機能と秀逸なデザインが人気のブランド。ここ最近はファッションブランドとコラボするなどしてスタイリッシュなデザインのアイテムを多く展開しており、特にグローブは人気が高いです。

合わせて読みたい:
おしゃれで高機能。ザ・ノース・フェイスのグローブが欲しくなる!

イーチップグローブ

街では手袋として、雪山ではインナーグローブとして使用可。掌部分に最先端技術のU|R POWERED伝導性テクノロジーを用いることで、すべての指でスマートフォンをはじめとしたタッチスクリーンをスムーズに操作できる。

イーニットグローブ

見た目はノスタルジックな柄のニット素材グローブながら、導電性の遷移を配合した、タッチスクリーン対応のニットグローブ。継ぎ目ができないホールガーメント製法で仕上げた、美しいつくりにも注目したい。カラーバリエーションが豊富なので、好みの商品をセレクトして。

バーサロフトグローブ

独特のもこもこ感はフリースジャケットと同じ素材を使用。心地よい肌触りで、汗をかいてもさらりとした質感を維持してくれる。また、ストレスを感じにくい優れたストレッチ性も備えており、オーバーグローブと組み合わせれば冬の山岳シーンでも活躍可能だ。

デナリSEウールグローブ

上質なレザーにウール、ワックスドコットンを使用したスペシャルエディションモデル。耐久性に優れているのでガシガシ使うことが可能。また、使い込むほどに味わいが増し、愛着が沸く。

スノーミット

冬でも暖かく過ごせる、使い勝手のいいミトンタイプのグローブ。見た目からは分からないハイスペックな素材を採用することで、水と冷気をシャットダウン。ダウンジャケットにも採用される光電子プリマロフトを中綿に採用することで、しっかり指先まで保温してくれます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    1枚でもサマになる。長袖ポロシャツが大人カジュアルに効く

    1枚でもサマになる。長袖ポロシャツが大人カジュアルに効く

    ポロシャツと聞くと半袖をイメージする方も多いかもしれませんが、実は長袖も便利。定番の素材からテイスト別の着こなし方、おすすめのアイテムまでを一挙に解説します!

    平 格彦

    MADE IN JAPANの誇り。マスターピースのリュックが大人に刺さる

    MADE IN JAPANの誇り。マスターピースのリュックが大人に刺さる

    街を歩けば目に入る『マスターピース』のリュック。日本製の確かな品質と秀逸なデザインを兼ね備えることから、今では目の肥えた大人世代にも愛用者が増えています。

    山崎 サトシ

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    BACK