こだわる大人へ。ファッションブランドが提案する本革のレザーアウター5選

数を知れば、質への欲が出るのは当然だ。レザージャケットに数多く袖を通してくると、本革のそれに惹かれるてしまうもの。大人だからこそ納得するアイテムを厳選した。

深澤 正太郎

深澤 正太郎

SHARE
記事をお気に入り
2018.12.08

1着は手にしたい、本革のレザージャケット

1着は手にしたい、本革のレザージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

男らしさの演出という点において、レザージャケットに勝るモノはない。肉厚でタフなレザーの質感やバイク乗りを連想させるディテールの数々、何よりも革ならではの経年変改による風合いは他のどんな素材にも出すことができない味がある。今では合皮レザーでコストを抑えたアイテムも多く存在するが、本革ならではの魅力にはとうてい及ばないのは周知の通りだろう。

1着は手にしたい、本革のレザージャケット 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アイテム単体としての魅力だけではなく、本革のそれは着こなしへの対応力も抜群だ。写真のようにパーカーの上から羽織るだけで、シンプルなストリートコーデにタフなエッセンスを加えることができる。また、風を通さないため冬の防寒着としても申し分ない。

1着は手にしたい、本革のレザージャケット 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アウターとしての活用がレザージャケットの主要な使い道だろう。しかし最近では同アイテムを中間着として、上にロングコートを羽織ったり、写真のように同系色のダウンベストを羽織ったりと着こなしの自由度も増している。レザージャケットの魅力である男らしさをのぞかせつつも、クリーンなテイストを盛り込んだり、スポーティな側面をのぞかせたりと活用の幅が広いこともレザージャケットに惹かれる理由だ。

狙うなら、いいモノを。大人が手にしたい本革のレザージャケット

数々のレザージャケットを見たり、着たりと体験してきた大人にはやはり本革のレザージャケットを手にしていただきたい。レザーを得意とするブランドの良質な逸品はもちろんだが、ここではあえてファッショニスタに支持されるブランドを中心に厳選し、ご紹介しよう。

合わせて読みたい:
ライダースジャケットでグッと男前! シングル・ダブルで提案する大人コーデ

羽織るだけで男前。ライダースジャケットのおすすめ20選

アイテム1

『ディーゼル』00S0A90SAQS

『ディーゼル』00S0A90SAQS

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

羊革の一種として、そのやわらかさと軽さに定評があるラムスキンを採用。ダブルのライダースジャケットらしい武骨な表情ながらも、ソフトな着用感が特徴だ。ひじや背面の本格的なディテールもぜひチェックしていただきたい。

アイテム2

『ディーゼル』レザージャケット

『ディーゼル』レザージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シープスキンレザーならではのソフトな質感とスポーティなフーデッドデザインが巧妙にマッチした『ディーゼル』の1着。よりカジュアルにレザージャケットを楽しみたい方におすすめだ。

アイテム3

『ショット』×『フリークスストア』別注セミダブルライダースジャケット

『ショット』×『フリークスストア』別注セミダブルライダースジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

レザージャケットの定番ブランド『ショット』と人気セレクトショップの『フリークスストア』のコラボアイテム。ハリコシのあるシープレザーに製品洗いをかけることで生まれる、ヴィンテージライクな質感が男心に刺さる。

アイテム4

『ビームス プラス』レザージャケット

『ビームス プラス』レザージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“アメリカがもっとも良かった頃のスタイル”を提案する『ビームス プラス』らしい1着。牛革の滑らかな質感ながらも、ディテールをシンプルにそぎ落とすことでタウンユースなデザインに仕上げている。

アイテム5

『ローター』Neo A-2 ホースハイド レザー

『ローター』Neo A-2 ホースハイド レザー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スケートボードやモーターサイクルの視点でモノ作りを行う『ローター』。ホースハイドを採用したラギッドなこちらは、本物志向の大人にうってつけ。購入時は堅牢なレザーの着用感ではあるが、着倒していく過程で得られる経年変化は格別。

注目編集者
深澤 正太郎

守備範囲広めの髪ヲタ編集部員

深澤 正太郎
美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND