フェアファクスのネクタイでアメトラを気取る

日本のタイドアップスタイルは米国東海岸のアイビールックの影響が大。そんな東海岸のファッションスタイルを、本格的に日本に持ち込んだのが『フェアファクス』なんです。

池田 やすゆき

池田 やすゆき

SHARE
記事をお気に入り
2018.12.15

アメリカを感じさせるジャパンブランド『フェアファクス』

『フェアファクス』の創業者である慶伊道彦氏は、日本に初めて『ラルフ・ローレン』のネクタイを輸入した立役者。1976年に独立し、『フェアファクス』を創業されました。ダンディな慶伊氏は、いまも日本を代表するウェルドレッサーとして知られていて数々のメディアがご意見番としてリスペクトしています。

アメリカを感じさせるジャパンブランド『フェアファクス』

ドレスシャツSHOPウィンザーノット

ドレスシャツSHOPウィンザーノット

お気に入り追加

創業から40年を超えた現在も『フェアファクス』は一貫して、アメリカ東海岸のトラディショナルなスタイルをベースに時代のトレンドを取り入れた「東京ハイスタンダード」をテーマにコレクションを展開しています。慶伊氏ご自身も、アイビースタイルとそのカルチャーへの想いが深く、かつてワシントンD.C.にあったホテルの名前をもじったブランド名からもそれがうかがえます。ちなみに、今もホテルの建物は現存しており、リッツカールトンになっているそうです。

ジャパンメイドの洗練されたフォーマルアイテムが揃う

ジャパンメイドの洗練されたフォーマルアイテムが揃う

ドレスシャツSHOPウィンザーノット

ドレスシャツSHOPウィンザーノット

お気に入り追加

ネクタイをメインにドレスシャツやタイバーやタイクリップ、カフリンクスなどの服飾小物と、チーフやマフラーなども扱う『フェアファクス』のオリジナルアイテムは、生地はもちろん裁断・縫製までの全行程を国内で、しかも熟練した職人の手作業で行なっています。そのため手仕事ならではの温もりを感じさせるアイテムに惚れ込むファンが多く、国内はもとよりアメリカ本国では『バーニーズ ニューヨーク』でも取り扱われるなどそのクオリティは国境を超えて支持されているんです。

注力商品であるネクタイは、コストパフォーマンスも魅力

注力商品であるネクタイは、コストパフォーマンスも魅力

トラッド ハウス フクスミ

トラッド ハウス フクスミ

お気に入り追加

アメリカントラッドをベースにしながらもそこに固執せず、時代に合わせた色柄の展開は実に当を得ています。また『フェアファクス』のネクタイには芯地や裏地、締め心地にもこだわりが。締めやすくノットがきれいに結べると共に、緩みにくく、解けばシワの回復力も高いのです。型紙を縫製にこだわったドレスシャツのコレクションもリピーターが多く、同ブランドの人気の高さを物語ります。

注力商品であるネクタイは、コストパフォーマンスも魅力 2枚目の画像

ドレスシャツSHOPウィンザーノット

ドレスシャツSHOPウィンザーノット

お気に入り追加

『フェアファクス』のオリジナルブランドのネクタイは、ほとんどが9,000円(税別)と10,000円を下回ります。アメリカントラッドを意識したオリジナルブランド『フィッツジェラルド』でも11,000円と、アラウンド10,000円はネクタイの価格としてはリーズナブルです。上質なモノを買いやすい価格で、多くの人に届けたいうという想いあ込められたモノ作りも『フェアファクス』ならではです。

高級感あるVゾーンを構築。『フェアファクス』コーデサンプル

『フェアファクス』のネクタイはトラディショナルな東海岸的スタイルに相応しいコレクションです。知的で品格ある上流階級の富裕層をイメージさせる、そんなコーディネートをご紹介します。

コーデ1

ソリッドなスリーピースが、小紋で華やぐ

ソリッドなスリーピースが、小紋で華やぐ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

秋冬にふさわしいブラウンの3ピーススーツに、トーンを合わせたバーガンディのペイズリータイを結んだビジネスエグゼクティブらしいコーディネート。ソリッドな見た目のスーツのなかで、さりげない柄使いがアクセントとして効いています。シューズも深いブラウンをセレクトすることで、タイも含めてトータルの統一感を高めています。

コーデ2

ピークドスーツに貫禄のペイズリータイ

ピークドスーツに貫禄のペイズリータイ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ピークドラペルのグレースーツは、圧倒的存在感で個性を発揮します。この力強さにはダブルカフスのシャツとともに、ペイズリータイで作るVゾーンが有効です。このネクタイ、一見派手な柄使いですが、グレーベースでスーツと合わせていることに加えて、グレーと相性のいい同じトーンのグリーン柄を採用。ポケットチーフにもグリーンを使うことで、より馴染んで見えることがわかります。

コーデ3

パーティにも相応しい華やかなソリッドタイ

パーティにも相応しい華やかなソリッドタイ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

明るいネイビースーツにロイヤルブルーのネクタイという組み合わせは、色調は違えど同系のブルーだからこそコーディネートとして成立するコンビネーション。素材の良さに合わせて上質な芯地を使っているからこそ、ノット下の深いディンプルに美しい艶が浮き上がります。

コーデ4

クラス感を漂わせるならクレストタイを

クラス感を漂わせるならクレストタイを

WEAR

WEAR

お気に入り追加

小紋の柄がクレスト(紋章)になっているネクタイをクレストタイといいます。この紋章は本来、由緒正しい貴族の家系や、名門大学などに所属することを表す印でした。そのため、若々しさあふれるジャケパンスタイルでも首元に合わせることでクラス感を簡単に獲得することができます。柄がガチャつかないよう、タイと色を合わせた無地ジャケットをセレクトすることが肝要です。

コーデ5

カジュアルタイドアップにはニットタイ

カジュアルタイドアップにはニットタイ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ニットタイはカジュアルスタイルに大人っぽさを加えるのに便利なアイテム。とくにオックスフォードのBDシャツとの相性が良く、アメリカントラッドなイメージのスタイリングには鉄板です。チノパンを合わせて革靴を履けば、大人のオフスタイルが簡単にメイクできます。

主力としても申し分なし。『フェアファクス』のネクタイ5選

『フェアファクス』はオンからオフまで対応できるネクタイを揃えるブランド。今回はとくに、ビジネスにも使いやすいものをメインにセレクトしてみました。色柄だけでなく、素材にもこだわりがあるだけに、結んだときの存在感が格別です。

アイテム1

ソリッドバスケット織ネクタイ

ソリッドバスケット織ネクタイ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ネクタイは柄選びが肝心と考えている方は少なくないと思いますが、もっとも使いやすいのは無地タイです。とくに紺無地のネクタイは、ネイビーやグレーといったベーシックカラーのスーツとの相性がいいので手持ちのスーツと合わせやすく、しかもシンプルでモダンに見えるので洒落感も高いもの。「悩んだら無地」は、ネクタイ選びの基本です。

アイテム2

4色のブロックストライプタイ

4色のブロックストライプタイ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

レジメンタルと呼ばれるストライプタイは、本来英国軍の所属を表すものでした。そのためフェアファクスの提唱するアメリカ東海岸的なコーディネートとは、ちょっと違うのですが、ネイビー、ブルー、ホワイトなどの配色なら知的でスマートな印象です。この配色は清潔感があり、知性も感じさせるので真面目なビジネススタイルにはおすすめです。

アイテム3

ドット&ピンドットのネクタイ

ドット&ピンドットのネクタイ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

整然と並ぶ水玉柄は、秩序と安定を表すといわれます。そのためビジネススーツに水玉柄のネクタイは、ビジネスマンとしての信頼性を高める効果があるとも。ネイビーに白の水玉は使いやすいものですが、こんなチャコールグレーにピンクの水玉柄も、ピンクが目立ちすぎずに、さりげなく色気を醸せます。

アイテム4

ニットタイ 剣先タイプ

ニットタイ 剣先タイプ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ニットタイは一般的に先端が真一文字にスクエアカットされていますが、こちらは剣先があるタイプ。剣先があることでビジネススタイルに合わせやすく、しかも程良くカジュアルな雰囲気なので、打ち解けやすい人物像を演出できます。ちなみにこのニットタイはウール素材。シルクのニットタイが多いなか、マットな質感がよりリラックスした雰囲気です。

アイテム5

ダブルチェックのウールタイ

ダブルチェックのウールタイ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ウールのチェックタイは、カジュアルななかにも高級感漂う質感が売り。それもそのはず、こちらはイタリアの名門生地メーカー、ロロピアーナ社の素材を使用したものです。ウールのマットな質感と、シンプルなダブルペーン、しかもセンターではなく少し寄せている点が無造作感を漂わせてしゃれています。

ネクタイを男性にプレゼントするならこのブランドで。世代別のおすすめ15選

バッグ・ファッション小物

ネクタイを男性にプレゼントするならこのブランドで。世代別のおすすめ15選

女性が男性に贈るプレゼントの定番であるネクタイ。ただ、ブランドが膨大すぎて選ぶのが大変ですよね。そこで贈る男性の世代別におすすめのブランドをご紹介します。

近間 恭子

2019.12.19

注目編集者
池田 やすゆき

ビジネススタイルのベテラン

池田 やすゆき
「FINEBOYS」編集部を30歳で独立。以後フリーのファッションエディター&ライターとして「MEN’S EX」「LEON」「GQ」「AERA STYLE MAGAZINE」など各メンズ誌・WEB版のほか、企業広告、オウンドメディアにて執筆。BBQインストラクター、第二種電気工事士など資格多数。目下の目標は危険物取扱者乙種4級取得。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND