大きさも防寒性も怪物級。真冬にはモンスターパーカーがあればいい

大きさも防寒性も怪物級。真冬にはモンスターパーカーがあればいい

多くのブランドが今季こぞってリリースしているモンスターパーカー。ビッグシルエットと圧倒的な保温力が特徴の同アイテムの魅力と、着こなし方を紹介します。

平 格彦

2018.12.17

アウター
ダウン
ダウンジャケット

モンスターパーカーとは? 押さえるべきはビヨンド社製のオリジナル

モンスターパーカーを解説する前提として、このアイテムがミリタリー由来であることと「PCU」というワードを押さえておきましょう。アメリカ軍のレイヤリングシステムとしては「ECWCS (エクワックス/Extended Cold Weather Clothing System/拡張式寒冷地被服システム)」が有名ですが、過酷な環境下で活動する特殊部隊からは防寒性の不足を指摘する意見も出ていました。そこで、供給範囲を特殊部隊に絞り込むことで最新スペックへの更新をしやすくした最高峰のシステムを開発。それが「PCU(ピーシーユー/Protective Combat Uniform/保護戦闘服)なのです。

「PCU」を象徴する存在がモンスターパーカー。なかでも、主にアメリカ海軍の特殊部隊「ネイビーシールズ」に供給されていたタイプがデッドストックや古着では人気です。これは、アウドドアウェアメーカーのビヨンド社が生産しているモノ。ダウンの8倍もの保温性を持つと言われる高機能素材・プリマロフトを中綿に起用しているため、薄手でも圧倒的な保温性能を備えています。表地には防水生地を使用し、真冬の悪天候にも対応する最強のアウターです。

“PCU LEVEL7”って、こんなにすごいんです

モンスターパーカーについてもう少し詳しく説明すると、PCUのレイヤリングシステムにおける最高段階のレベル7で用いるアイテムという点も大きな特徴です。PCUは16個のアイテムで構成され、摂氏4度からマイナス46度を想定。重ね着で保温力を高めればマイナス46度まで対応可能ができ、そのもっとも外側に着用するのがモンスターパーカーというわけです。装備の上からでも羽織れるように、かなりのビッグシルエットになっているのがデザイン的な特徴。外気の侵入を遮断するため、背面はお尻が隠れるくらい長めの着丈に設定されています。

インパクト大なモンスターパーカー。怪物級のルックスは、こんなコーデで街向けに

圧倒的なビッグシルエットで存在感を振りまくモンスターパーカー。その特徴を生かしつつ、大人っぽいタウンユースにアレンジするためのポイントを提案します。意外と着こなしやすいのでぜひとも挑戦を!

ヒント1スリムなブラックパンツで引き締める

モンスターパーカーを着た上半身は自ずと、ボリュームたっぷりに仕上がります。そこで下半身は、スリムなブラックのパンツで引き締めると全体のシルエットはV字型になり、スマートで大人っぽい印象に。重厚感を緩和するため、写真のように白いスニーカーを活用するのもおすすめです。

ヒント2旬なトラッド調をMIXして上品に

モンスターパーカーは超ビッグシルエットのミリタリーアウター。ストリート感やラフな印象が強くなりがちなので、トレンドのトラッド系アイテムを取り入れて品良くまとめるのも今季的。この着こなしでは、チルデンニットのV字型ラインを効かせてシャープな印象も加味。チェック柄のパンツでトラッド感を強調しています。

ヒント3全身ダークトーンでクールにアレンジ

クールなイメージのコーディネートに仕上げるには、全身をダークトーンでまとめるのが常套手段です。そのためには、ブラックやダークトーンのモンスターパーカーを選びましょう。パンツやシューズも黒やダーク調で揃えつつ、素材感で変化をつけるとこなれたニュアンスが生まれます。

各社・各ブランドも注目。今冬手にしたいモンスターパーカー

モンスターパーカーの出自はミリタリー。さらにアウドドアウェアの機能性も取り入れています。ということで、ミリタリーやアウドドアに強いブランドが展開しているのは当然ですが、実は他領域のブランドもモンスターパーカーをリリース。それだけ注目度が高まっています。

アイテム1『アヴィレックス』モンスターパーカー

フライトジャケットをアメリカ軍の正規品として納入してきた実績を持つブランドだけにモンスターパーカーの品質も折り紙付き。ただしこのモデルは、タウンユースに微調整しています。シンプルなデザインや色使いがクリーンで今季的。

アイテム2『ワイルドシングス』モンスターパーカー

アウドドアブランドが提案するモンスターパーカーの中で最も注目を浴びるアイテム。表地は高密度なコットンナイロン、中綿には高機能なプリマロフトを採用しています。左袖のロゴはリフレクタープリントでモダンにアレンジ。

アイテム3『フリークスストア』WEB限定 モンスターパーカー

セレクトショップがオリジナルブランドで忠実に再現しているという事実こそ、モンスターパーカーがトレンドアイテムである証。『フリークスストア』のそれは、立体的でボリューム感のあるシルエットを追求しています。レディースサイズも展開しているので、リンクコーデも可能!

アイテム4『アンルート』エステルレーヨン×コーデュロイ モンスターパーカー

モンスターパーカーをベースにしながら、モードなムードに仕上げた逸品。ポリエステルにレーヨンを混紡したソリッドな生地と、温かみのあるコットン製コーデュロイのコンビネーションがハイセンスな表情を振りまいています。

アイテム5『ウィズロム』スタンドダウン

素材開発に余念がないドメスティックブランドもモンスターパーカーに着目。マットで風合いのあるナイロン生地を用いつつ、明るいグレーやブルーのカラー展開で新鮮味のある提案を行っています。前面のポケットや裾のアジャスタブルジップといった機能面も充実。

アイテム6『ヒューストン』モンスターパーカー

日本で初めてフライトジャケットを再現するなど、ミリタリーアイテムの製造で名高いブランドが手掛けたモンスターパーカーです。シルエットや仕様は忠実に継承しつつ、機能性も圧巻。表地は2重のナイロン、中綿に高機能なシンサレート素材を採用しています。ミリタリー感を強調するカモフラージュ柄も展開。

アイテム7『ジュンハシモト』モンスターパーカー

“ファッションに疲れた大人の男”に向けた服を提案しているブランド。シンプルな中にこだわりのディテールを注入しており、同アイテムでは中綿に本物のダウン&フェザー使用をしています。シープスキンの切り替えが上質感もMIXされているので、大人の着こなしにも取り入れやすいのがうれしいところ。

アイテム8『ウィゴー』モンスターパーカー

高機能なモンスターパーカーは高価格になりがちですが、こちらはかなりリーズナブル。低価格帯ではありながら、ポリエステル素材のマットな生地を起用することでチープなムードは払拭しています。さらに、バイカラー使いで個性も上乗せ。中綿入のビッグシルエットなので、気軽にレイヤードが楽しめます。

アイテム9『エフシーイー』×『ナンガ』別注モンスターパーカー

“あなたの日常生活をちょっとだけ幸せに”というコンセプトで注目されている『エフシーイー』と、日本屈指のシュラフメーカーによるジョイントワークで大人なモンスターパーカーが誕生。ボリューム感やシルエットがタウンユースに調整されているので、他のモンスターパーカーよりも着こなしやすさに長けています。

アイテム10『ワイルドシングス』×『ティーケー タケオキクチ』モンスターパーカー

人気が高い『ワイルドシングス』のモンスターパーカーをベースにしつつ、身幅を細く、着丈を長くアレンジしたコラボアイテムです。襟背面の大きなロゴに加え、両袖のベルクロも特別な仕様。ワッペンなどでアレンジも可能です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    BACK