その“ふかふか”はやみつきに。アグの定番靴と合わせ方

その“ふかふか”はやみつきに。アグの定番靴と合わせ方

ふかふかの履き心地が魅力の『アグ』の靴。サーフカルチャーで支持されたアイテム群は、日本でもレディースから火が付きメンズにおいてもその人気を高めています。

ai sato

2018.12.18

アグ(UGG)
ブーツ
ムートンブーツ
モカシン・デッキシューズ
スリッポン

サーフカルチャーから生まれた『アグ』

『アグ』はオーストラリア人サーファーによって1978年、南カリフォルニアでスタートしたシューズブランド。ブランドを象徴する上質なシープスキンで作られたシューズは、海上がりに素足で履ける心地良さが話題となり、サーファーを中心とした南カリフォルニアのカルチャーシーンでたちまち人気となりました。2000年代には雑誌「ヴォーグ」のカバーを飾ったり、ラグジュアリーブランドとコラボするなど、スタイリッシュなシューズブランドとして進化。2006年には、海外進出の第一歩として表参道ヒルズ店をオープンしました。食肉産業の副産物のみのレザーを取り扱うという、エシカルな姿勢も評価されています。

段違いの履き心地。『アグ』がこだわるモノ作りの秘密

『アグ』の履き心地の良さを作り上げているのは、まずなんと言ってもふかふかのシープスキン! 温かいのに湿気がこもりにくいという特徴を持つシープスキンですが、なかでも『アグ』ではグレードAと呼ばれる、最高品質のツインフェイスシープスキンのみを使用。わずかな傷でも製品に使わず、毛足の長さが均一になるように選別を何度も行うなどのこだわりが素足で履ける心地良さへとつながっているのです。

季節やシーンによって取り換えられる2種類のインソールも特筆すべき点。従来のクッション性のあるインソールと、ソフトな天然ウールのインソールのツインソールを採用することで、季節やスタイルに合わせて選べ、快適な履き心地を実現しています。

『アグ』の定番モデルを紹介

シンプルなブーツからモカシンタイプまで、さまざまなデザインが揃う『アグ』。そのなかでも定番の人気モデルをピックアップ! どれも履き心地の良さはもちろん、普段のカジュアルコーデに取り入れやすいデザインが魅力です。

アイテム1アスコット

リラックス感がありながらすっきりとミニマルなデザインで、コーデを問わず投入しやすいのが「アスコット」。ジーンズとも合わせやすい定番モカシンなので、長年愛用する人も多い1足です。素足で履いても心地良い天然ウールのライニングや、軽量なモールドラバーのアウトソールで、屋内外問わず履けるのもポイント。

アイテム2ケントン

丸みのある優しげなスタイルが印象的な人気スリッポンが、2018秋冬モデルとして5年ぶりに復活! そのまま履いても、かかとを折りたたんでバックレススリッポンとしても履ける2WAY仕様で、幅広いシーンで楽しめます。ボリュームがあるので、あえてスキニーパンツと合わせてメリハリのある足元を演出するのもおすすめ。

アイテム3『エディフィス』別注ヘンリック ツインフェイス

すっきりとしたラインのドライビングシューズを、ツインフェイスシープスキンで秋冬仕様にブラッシュアップ。足を優しく包み込む天然ウールのインソールと、ホイールをイメージしたデザインが光る軽量アウトソールで、歩きやすさもお墨付き。国内ではセレクトショップ『エディフィス』限定での展開なので人とかぶりにくいレア感も魅力です。

アイテム4クラシックミニ

『アグ』のロングセラーモデルである「クラシックミニ」。湿気を逃がし温かさを保ってくれるツインフェイスシープスキンの優しい履き心地が、サーファーを始め男女問わず人気です。足首丈なので、ボトムスの裾をラフにインして着こなしても◎。

アイテム5タスマン

丸みを帯びたころんとしたフォルムが目を引くスリッポンタイプ。ふんわりと足を包み込むシープスキンライニングとかかとの無いデザインを生かし、ルームシューズとして愛用する人も多いモデルです。一方、しなやかでグリップ力とクッション性の高いEVAアウトソールを使用しているので、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍すること間違いなし。

アイテム6オルセン

アメカジコーデに取り入れたい洗練されたデザインのモカシンです。スエードアッパーにあしらったグレーのレザーレースが、足元からさりげないしゃれ感を演出。インナーにもボリュームのあるグレーのシープスキンを使い、靴を脱いだときにもスタイリッシュな表情を漂わせてくれます。

アイテム7ニューメル

男らしいレースアップブーツを、ふかふかのシープスキンでマイルドに仕上げた「ニューメル」。ボリュームがありながらも、ソフトなカウスエードアッパーとシープスキンのライニングで、足入れしやすく快適な履き心地を実現しています。ボリュームのある1足なので、シンプルコーデにメリハリをつけたり、足元に存在感を出したいときなどにもうってつけ!

リラックススタイルからきれいめまで。『アグ』を取り入れた着こなし例

サーフ系のイメージが強い『アグ』ですが、シンプルなデザインかつ上品な風合いから、普段のカジュアルスタイルはもちろんきれいめスタイルにもハマります。この冬、参考にしたい『アグ』を取り入れたコーデをご紹介!

着こなし1シックなパンツに優しげな表情をプラス

力の抜けた雰囲気が魅力の『アグ』ですが、上品なドライビングシューズなら大人っぽいトラウザーパンツとも相性抜群! シックな組み合わせなので、明るめの赤のトップスやチェック柄のマフラーで単調に見えないひと工夫を入れるとさらにしゃれ感が漂います。

着こなし2モカシン×淡青ジーンズでサーフテイストを演出

海上がりに心地良い『アグ』のモカシンと、ゆったりとしたショールカラーニットを合わせたサーフスタイル。淡青ジーンズとさりげなく覗かせた足首が、重たくなりがちな冬の着こなしを程良く軽快に仕上げています。

着こなし3デニム・オン・デニムはモカシンで抜け感を

男らしいデニム・オン・デニムの着こなしを、今シーズン注目のネイティブ柄のニットでこなれた雰囲気にスタイリング。足元に『アグ』のオルセンをプラスすることで全体を洗練されたムードにまとめつつ、さりげなくリラックス感を出しています。

最後に知っておきたい。着用時の注意とお手入れのポイント

『アグ』の上質なシープスキンはやはり繊細な素材。履く前にスエード用の防水スプレーをすることで、水や汚れから守りましょう。普段のお手入れとしては、着用後は埃や汚れなどを落とし、スエード用ブラシで毛並みを整えること。水分がついたらよく乾かすのが鉄則です。専用のスプレーやブラシなどもあるのでぜひチェックを。長く大切に履き続けるためにはお手入れを忘れずに!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    寒い日もノンストレス。おしゃれなスマホ対応手袋で暖かく快適に

    寒い日もノンストレス。おしゃれなスマホ対応手袋で暖かく快適に

    冬の手元に必須のグローブ。最近はつけたままスマートフォンを操作できるモノが増えています。便利で防寒力が高く、かつおしゃれな今季おすすめアイテムをご紹介!

    ai sato

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    デザイン性と機能性を両立させたアイテムに定評がある『ザ・ノース・フェイス』。それはグローブもしかり。その魅力をおすすめのモデルとともにお届けします。

    近間 恭子

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    TASCLAP編集部

    エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

    エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

    高品質ながらもエレガントな雰囲気を醸す『ヘルノ』のダウンは、すっきり着こなせると特に大人から支持されています。その魅力をこの冬狙うべきモデルとともにご紹介。

    近間 恭子

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    編集カツラガワ

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

    TASCLAP編集部

    BACK