汎用性抜群。黒パンツが1本あると重宝する!

汎用性抜群。黒パンツが1本あると重宝する!

黒パンツはオールマイティ。ですが、何を選んでもOKという訳ではありません。大人なコーデに組み込みやすい黒パンツを厳選し、着こなし方からおすすめ品までご紹介します。

平 格彦

2018.12.20

ボトムス
冬の着こなし・コーデ

ワードローブにマストハブ。何かと頼れる黒パンツ

メンズファッションの定番カラーの1つである、黒。着こなしに1カ所取り入れるだけで着こなしが引き締まりますし、黒でトータルコーデしても何かとサマになるもの。髪色が黒いアジア人には馴染みやすい色とも言われていますね。とくに、黒いパンツは合わせるトップスやシューズを選ばない万能選手。インディゴジーンズやベージュチノパンなどと比べてカジュアル度も抑えられ、大人なムードを演出してくれます。つまり、ワードローブに1本あると何かと便利なアイテムなのです。ただし、黒ければどんなパンツでも良いという考えは早計です。今回は大人なスタイリングに用いやすい種類に絞って、着こなし術とおすすめアイテムを紹介します。

パンツのタイプ別に提案。着こなし方とおすすめの1本

ここからは黒パンツをタイプ別に解説していきます。コーディネートの実例を使って着こなし術のポイントを紹介しつつ、今おすすめのアイテムもピックアップ。素材やシルエットが変われば印象も大きく変わるので、今のワードローブに必要な1本を見極めましょう。

▼タイプ1:上品なのにリラックスできる“イージースラックス”の黒

ブラックのイージースラックスは本当に万能です。見た目はクリースの効いたスラックスそのものなのでオンのビジネスカジュアルでも使用でき、はき心地が快適なのでアクティブなオフのシーンでも間違いありません。もちろん、見た目に品があるので大人な印象も備えています。トレンドのアウトドアコーデを都会的に仕上げるスパイスとしても有効です。

コーデ1黒で統一したアウトドアMIXもどこかクリーンに

シューズのシューレースをカラーアクセントとした、シックなアウトドアMIXコーデ。9分丈にロールアップしたイージースラックスは、センタークリースの存在も手伝って着こなしを都会的にクラスアップさせてくれます。チノパンやデニム素材だとカジュアルさが先行してしまうため、ここはスラックスが適任でしょう。

コーデ2カジュアルなダウンジャケットを黒パンツで格上げ

真冬に欠かせないダウンジャケットは、ダウンを封入していることによるボリューム感が特徴。そのカジュアルなニュアンスを大人っぽくアレンジするのに黒パンツが活躍してくれます。スリムなシルエットの1本をシンプルに着こなすだけで、上半身のボリュームを自然にいなしてくれます。足元にクッションができて野暮ったく見えないよう、クロップド丈のモノを選ぶと良いでしょう。この着こなしではモノトーンのスニーカーを合わせ、落ち着きと軽快感を両立させています。

黒イージースラックスのおすすめ1『パブリックトーキョー』エアレットイージースラックス

全体的に細身シルエットに加え、裾に向かってテーパードさせた美脚シルエットを採用。保温性に優れるTR素材を起用しつつ、裏面に特殊な起毛加工を施すことによって温かい着心地に仕上げています。ストレッチ性も高いので動きやすさも兼備。

黒イージースラックスのおすすめ2『ミスターオリーブ』レトロ ポリエステルツイル 1プリーツ スタプレスト テーパードパンツ

ポリエステル100%のツイル生地を使用したワンタック入りのテーパードスラックス。センタープレストがシャープな気品や脚長効果を生み出し、幅の狭いダブル仕上げの裾が今っぽいトラッドテイストを醸しています。シワが残りにくいイージーケア仕様なのも大きな魅力。

▼タイプ2:オールマイティに使える“スリムチノパン”の黒

ワーク、ミリタリー、ビジネスカジュアルなど、幅広いスタイルの定番品となっているチノパン。そんなユーティリティなパンツもブラックを選ぶと新鮮です。どんなコーディネートにも合わせやすい上に、カジュアルアイテムながらクールな印象も加味できます。

コーデ1コートスタイルをブラックでスマートに見せた好例

チノパンに加え、インナーやシューズもブラックで統一。その結果、黒い縦のラインが生まれ、上品なコートスタイルをスマートに見せることに成功しています。パンツ自体もストレッチが効いておりシルエットもスリムで美しいため、美麗でシャープなイメージに。スキニー並みに細身のパンツを選ぶときは、フルレングスを選ぶことでよりシャープさが強調されることも覚えておきましょう。

コーデ2旬なミリタリーアウターもクールな印象に昇華

ミリタリー調のアウターを使用したコーディネートを黒パンツで引き締めたお手本。上半身はスウェットパーカーも使っているのでラフなイメージですが、下半身を黒いチノパンツ×黒革のシューズでワントーンにまとめ、全体として大人っぽく仕上げています。スラックスにはない、サイドシームのパッカリングが見せる程良い男らしさは、コットンツイル素材ならでは。

黒スリムチノパンのおすすめ1『カーハート ダブリューアイピー』シドパンツ

洗練されたワークテイストで人気の『カーハート ダブリューアイピー(WIP)』のなかでも、スタイリッシュなスリムフィットで高い支持を得ているチノパンのブラック版。美麗なフォルムですがシルエットが効いているのではき心地は快適です。

黒スリムチノパンのおすすめ2『シップス』カラー テーパード チノパンツ

シーズン毎にリリースしている定番のチノパンツは、美しいシルエットが魅力。ヒップから太ももには適度な余裕があり、裾に向かって絞られたテーパードのラインがすっきりした印象を振りまきます。やや厚手のストレッチツイル生地により、季節を問わず着用可能です。

▼タイプ3:シャープな足元と快適性と兼備する“ジョガーパンツ”の黒

ジョガーパンツとは、ジョギングできるほど歩きやすく可動性に富んでいることから付けられた名前。スウェット地やストレッチ生地を使用しており、裾にリブやゴムを排することで足元がバタつかないように配慮されています。スポーティな印象もありますが、ブラックを選ぶことでドレス感も高まり、大人のコーディネートに最適なパンツとなります。

コーデ1ボリューミーなアウターも裾リブ効果ですっきり

ジョガーパンツは足首の裾リブに向かって細くなっていくシャープなシルエットが持ち味。その長所を活かして、ボリュームのあるアウターに合わせるとスポーティさやストリート感を損なわずにエッジィさを主張できます。全体的に重たくなりすぎないよう、スニーカーでライトグレーを挿してコントラストを出したテクニックは見習いたいところ。

コーデ2クリーンなチェスターコートは今風のスポーツMIXに

ダブルブレストのシックなチェスターコートに、トラッドテイストのチェックブルゾンを挿したきれいめコーデ。そこに黒のジョガーパンツを合わせたことで、かしこまりすぎない程良くスポーティな装いに昇華されています。ローキャップ、ソックスニーカーでストリート感をダメ押ししたテクニックにも注目を。

黒ジョガーパンツのおすすめ1『シップス ジェットブルー』T/R ツイルリブパンツ

春夏シーズンに人気が高かったジョガーパンツを秋冬仕様にモディファイ。さらっとした平織りからもっちりしたツイル生地に替えることで、シーズン感のある1本に仕上げています。裾に向かってテーパードするシルエットが流麗で、コーディネート全体をスリムに見せてくれます。

黒ジョガーパンツのおすすめ2『グローオブサンセット』ダウン切替シャギージョガーパンツ

ジョガーパンツは動きやすい反面、素材の通気性も高く保温性に乏しいものも少なくありません。その点、このアイテムはダウンを起用しているので圧倒的な温かさを誇っています。ダウンの量が絶妙でスリムに仕上がっているので、冬のコーディネートにおいても邪魔になりません。さらに切り替え仕様が適度なアクセントに。周囲と差別化できる一品です。

▼タイプ4:今っぽい温かみを振りまく“コーデュロイパンツ”の黒

秋冬の代表的な素材と言えば、コーデュロイ。起毛素材が漂わせる、レトロな野暮ったさは今の気分にもぴったりです。ウォーム感も大きな魅力ですが、ブラックを選ぶとまた一転してクールで新鮮な印象に。畝が生み出す独特な光沢感を巧みに活かして、コーディロイパンツならではの着こなしを楽しみましょう。

コーデ1コーデュロイが後押しする、温かみのある現代風トラッド

英国テイストをあおるグレンチェックのオーバーサイズコートに、デニムブルゾン、ハイネックカットソーの多重レイヤードを挿した技巧派コーディネート。そのパンツに選んだのが、程良くワイドでリラックス感のあるブラックコーデュロイパンツです。コーデュロイならではのとろみのある落ち感は、他の素材では出せない温かみを演出します。

コーデ2温もりをてんこ盛りした今冬らしいコーディネート

パンツはコーデュロイ、インナーはケーブルニット、アウターはボアフリースのベストと、温もりあふれる素材ばかりを選んだ異素材MIXのコーディネート。ほっこりとした空気が今っぽくも、トゥーマッチに見えないのは黒パンツとローファーで引き締めているからでしょう。

黒コーデュロイパンツのおすすめ1『417 エディフィス』8Wコールタックイージーパンツ

適度なテーパードシルエットを採用した汎用性の高いコーデュロイパンツ。畝の太さも太すぎないけど存在感があるという絶妙なバランスに仕上がっており、最初の1本としても適任です。ウエストをドローコード入りのイージー仕様にすることで、快適なはき心地も実現しています。

黒コーデュロイパンツのおすすめ2『ナノ・ユニバース』コーデュロイクライミングイージーパンツ

クライミングパンツの機能性を取り入れつつ、都会的にアレンジした逸品。ピグメント加工やバイオストーンウォッシュ加工などを駆使することで、コーデュロイの風合いを高めています。美脚に見えるスリムなテーパードシルエットも『ナノ・ユニバース』ならでは。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    秋冬ヘビロテ! ウールパンツの今っぽいコーディネート

    秋冬ヘビロテ! ウールパンツの今っぽいコーディネート

    寒い時期に頼りたいウールパンツ。その魅力をあらためてお伝えするとともに、今季らしい選び方&着こなし方、そして今手にしたいニューモデルをご紹介します。

    山崎 サトシ

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    TASCLAP編集部

    コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

    コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

    冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

    TASCLAP編集部

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    編集カツラガワ

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

    TASCLAP編集部

    BACK