この冬、フリースベストを着こなす。注目ブランド&コーデ解説

この冬、フリースベストを着こなす。注目ブランド&コーデ解説

アウトドアウェア人気の影響から、フリース素材のアイテムが注目されています。なかでも手軽にレイヤードが楽しめるベストがおすすめ。着こなしのコツを解説していきます。

2022.12.05
SHARE
記事をお気に入り
ai sato

執筆者

インテリアやアウトドア記事をメインに担当

ai sato
サーフカルチャー誌、ライフスタイル誌、アウトドアムック本などの編集を経て、2003年に独立。主にファッション誌やライフスタイル誌にて、ファッションページからインタビューまで幅広く携わっており、最近ではオンラインでの記事編集も手がける。得意分野はサーフ系ファッションやライフスタイル、アウトドアなど。 記事一覧を見る
...続きを読む

アウトドアのテイストは、フリースベストで取り入れましょう

アウトドアのテイストは、フリースベストで取り入れましょう

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アウトドアウェアの流行により、今シーズンはフリースアイテムが充実。防寒力の高いジャケットやパンツも人気ですが、今買い足すならフリースベストにも注目したいところ。というのも、ジャケットに比べてコンパクトなベストは、シャツやニットと重ねたり軽めアウターにしたりとレイヤードが幅広く楽しめるから。普段の着こなしにアウトドアテイストをMIXさせたいときにも便利ですよね。また、「冬になると外は寒いのに、室内は暖房が強くて暑い」というケースも多いため、体温の微調整に適したベストが重宝するんです。

アウターとしても、中間着としても有効。フリースベストの着こなし方

さっと羽織れてコンパクトに持ち運べるフリースベスト。アイテム単体では魅力十分ですが、着こなしに取り入れられなければ宝の持ち腐れですよね。どのように活用すべきか、実例をチェックしましょう。

▼着こなしパターン1:フリースベストをアウターとして着用

冬の始まりや終わりなど、比較的暖かい時期は軽めのアウターとして役立ちます。ニットやパーカーの上に羽織ったレイヤードスタイルなど、フリースベストをアウターとして着こなしているコーデをピックアップしました。

コーデ1

王道アメカジスタイルをアウトドア風味に味付け

王道アメカジスタイルをアウトドア風味に味付け

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ストレートデニムにチェックシャツ、足元はスニーカーと、まさにアメカジの王道を行くコーディネート。それだけだと“ド定番”な着こなしですが、そこにフリースベストを重ねることで旬なアウトドアテイストも巧く織り込んでいます。全体的に落ち着いたカラーに徹して、大人っぽく仕上げているのも高ポイント。

コーデ2

相性抜群なパーカーの上にフリースベスを重ねたお手本

2022.09.13 竹谷 大輝のジーンズのスタイリングの1枚目の画像

スタッフスタイリング(アーバンリサーチ)

スタッフスタイリング(アーバンリサーチ)

フリースベストはスウェット地などのアメカジ系パーカーとも相性抜群。パーカーが厚手の場合、アウターを重ねると肩周りの動きを制限されて窮屈さを感じることもありますが、袖のないフリースベストならそんなストレスとは無縁。アクティブでカジュアルなアイテム同士ということで、見た目も好相性です。このコーディネートでは、明るいトーンのジーンズスタイルにダークネイビーのフリースベストを合わせ、さりげない引き締め役に。

コーデ3

ビビッドカラーのスウェットに白のフリースで落ち着きを

ビビッドカラーのスウェットに白のフリースで落ち着きを

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ビビッドカラーのスウェットに柄パンでキャッチーさは申し分なし。ですが、このままだとポップな印象になりすぎるおそれも。そこで登場させたのが白をベースとしたフリースベスト。ご覧のようにたちまち落ち着きある雰囲気を呼び込むことができます。色や柄で遊んだ着こなしを上手にいなした好例です。

▼着こなしパターン2:フリースベストを中間着として着用

真冬にフリースベストを楽しむなら、アウターの下に中間着として取り入れるのが正解。どんな種類のアウターと合わせるのが今季的なのかを見ていきましょう。

コーデ1

明るいトーンのフリースベストで抜け感をプラスした好例

2022.10.31 窪田 孝之のダウンジャケットのスタイリングの1枚目の画像

スタッフスタイリング(ナノ・ユニバース)

スタッフスタイリング(ナノ・ユニバース)

ダウンジャケットの下に着たエクリュ(生成り)色のフリースベストがポイント。バランス良く覗かせることで、抜け感が生まれています。その効果をさらに増幅するため、同じ色のニットキャップもセット。クリーンな大人っぽさが高まっています。だからこそ、スウェットパンツを合わせてもラフすぎない雰囲気。明るい色味のフリースベストは、インナー使いに持ってこいです!

コーデ2

タフなモッズコートはネイビーのフリースベストで今季的に

タフなモッズコートはネイビーのフリースベストで今季的に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミリタリーを出自とするモッズコートは武骨なイメージに偏りがち。より今季らしく仕上げるには、フリースベストを中間着として取り入れてアウトドアテイストをMIXさせるのが近道です。カーキとネイビーという好相性な配色もポイント。

コーデ3

明るめのフリースベストでジャケットスタイルをカジュアルダウン

明るめのフリースベストでジャケットスタイルをカジュアルダウン

WEAR

WEAR

お気に入り追加

クリーンなジャケットスタイルをラフに着こなしたいときにも、フリースベストは有効です。明るめのカラーをセレクトすることで、渋い色味のジャケット&パンツという着こなしが軽快な印象に。ニット帽でフリースベストとリンクさせ、きれいめとアウトドアのテイストMIXを実践しています。

取り入れやすいブランドを厳選! この冬狙いたいフリースベスト10選

アウトドアブームもあって、今季さまざまなタイプが登場しているフリースベスト。その中から、手軽に普段の着こなしに取り入れられるモノを厳選しました。

ブランド1

『パタゴニア』メンズ クラシック レトロ-Xフリースベスト

『パタゴニア』メンズ クラシック レトロ-Xフリースベスト

Mike Museum

Mike Museum

お気に入り追加

表地は厚手のシェルパフリース、裏地は通気性に優れたポリエステルメッシュ、そして間には防風性バリヤーを挟んで冷気の侵入を防ぐという、防寒力の高さはアウトドアブランドならでは。襟とチェストポケットには撥水加工のナイロン素材をあしらい、デザイン性と機能性を高めています。

フリースの王道といえばパタゴニア。その名品と洒落者の着こなしを網羅

ウェア・コーデ

フリースの王道といえばパタゴニア。その名品と洒落者の着こなしを網羅

フリースを本物志向で選びたい年齢になると、必ず辿り着くのが本家本元の『パタゴニア』。ダウンに変わる選択肢がほしい今だからこそ、改めてその名品に注目してみては?

遠藤 匠

2021.12.26

パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

ウェア・コーデ

パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

TASCLAP編集部

2022.11.07

ブランド2

『エルエルビーン』メンズ マウンテン・パイル・フリース・ベスト

『エルエルビーン』メンズ マウンテン・パイル・フリース・ベスト

L.L.Bean公式オンラインストア

L.L.Bean公式オンラインストア

お気に入り追加

ブランドのアーカイブモデルからインスパイアされた、オーセンティックな顔立ちのフリースベスト。厚みを持たせたヘビーウェイトボディゆえに、保温性の高さはお墨付きです。裏地部分はメッシュ素材が採用されていますから、通気性に関しても◎。USフィットならではの、ゆったりとしたシルエットも特徴の1つです。

ブランド3

『コロンビア』アーチャーリッジベスト

『コロンビア』アーチャーリッジベスト

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

異素材の胸パッチポケットがアクセントになった、アウトドアテイスト満載の『コロンビア』の1着。風をシャットアウトする防風膜を挟み、少量の中綿を封入することで、見た目以上に暖かい仕上がりとなっています。肩の立体裁断と腕下のマチで動きやすさに考慮されている点も魅力。

レトロ感が今っぽい。コロンビアのフリース、狙い目はこの15モデル

ウェア・コーデ

レトロ感が今っぽい。コロンビアのフリース、狙い目はこの15モデル

軽くて温かい『コロンビア』のフリースが人気です。90年代を感じさせるレトロなデザインは、コーディネートの味付けに最適。アウター&トップスのおすすめをご紹介します。

平 格彦

2022.10.28

ブランド4

『チャムス』ボンディングフリースベスト

『チャムス』ボンディングフリースベスト

BEARS MART

BEARS MART

お気に入り追加

愛らしいブービーバードがメインキャラクターのアウトドアブランド『チャムス』は、どこかポップなデザインが魅力です。このベストでは、生地を切り替えた左胸のポケットがポップなアクセントに。さらに、その端にはブービーバードも主張しています。ボアフリースとマイクロフリースの間に防風性フィルムを挟み込み、防寒性を高めているのもポイント。見た目以上に頼れる1着です。

ブランド5

『チャンピオン』ジップベスト

『チャンピオン』ジップベスト

Champion_Hanes 【オフィシャル】

Champion_Hanes 【オフィシャル】

お気に入り追加

毛足が長めのシェルパフリースを使った、ふんわりとした肌触り良好なベスト。左胸のロゴ刺繍テープや襟後ろにあしらったロゴワッペンなど、さりげなく『チャンピオン』らしさも加味しています。

人気のフリースもチャンピオンで。スウェットだけじゃない魅力とは?

ウェア・コーデ

人気のフリースもチャンピオンで。スウェットだけじゃない魅力とは?

今季の旬モノといえば、モコモコとした風貌で装いに冬らしさをもたらしてくれるフリース。なかでも『チャンピオン』の一品は、大人にとって利点だらけでマストバイです!

山崎 サトシ

2019.12.11

ブランド6

『ナイキ』ナイキクラブ+ リバーシブル ウィンタライズド ベスト

『ナイキ』ナイキクラブ+ リバーシブル ウィンタライズド ベスト

アルペン楽天市場店

アルペン楽天市場店

お気に入り追加

王道スポーツブランドの『ナイキ』もフリースベストをリリースしています。四角形の胸ポケットとその上のロゴがクールなイメージを加味。ポケット部分に使われているリップストップ生地を裏面にも採用し、断熱性を高めています。実はリバーシブル仕様で、ボアフリースを裏側にして着用することも可能。コーディネートに合わせてアレンジできて便利です。

ブランド7

『タトラス』ディタン

『タトラス』ディタン

TATRAS CONCEPT STORE

TATRAS CONCEPT STORE

お気に入り追加

人気を集めたボアフリースシリーズの新作はスタンドカラーのベスト。左胸のグログランテープに”TATRAS”というブランドロゴをあしらい、クールかつリュクスな雰囲気に仕上げています。アウターとして着こなしやすいように着丈を少し長めに設定しつつ、インナーとしても使いやすいように少しタイトなシルエットを採用。高機能裏地でしっかりした防風性も確保しています。

ブランド8

『ショット』レザー ポケットパイル ベスト

『ショット』レザー ポケットパイル ベスト

YJshop

YJshop

お気に入り追加

クリーンさ満点なホワイトワントーンの逸品は、冬コーデのトーンアップにお役立ち! 胸元のポケットを上質な鹿革素材で切り替えるなど、さりげなくセンスを感じさせるディテールワークもGOODです。加えて、このポケット部分にはブランドお得意のスタースタッズもあしらわれています。カラバリではシックなオールブラックもラインアップ。

ブランド9

『ワイルドライフテーラー』ポーラテック ベスト

『ワイルドライフテーラー』ポーラテック ベスト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

某アウトドアメーカーが軍用品として生産していたブルゾンをベースにしつつ、今の気候や気分に合わせてベストとしてアレンジした1着です。素材に名門ポーラテックのヘビーボアフリースを採用しながらも、シンプルなデザインとボリュームを抑えた作りで野暮ったいムードを払拭。シームレスに着回せるバランスにまとめています。アームホールを大きめに設定しているため、どんなインナーにも対応。

ブランド10

『ナノ・ユニバース』LB.03 ポーラテック サーマルプロ ベスト

『ナノ・ユニバース』LB.03 ポーラテック サーマルプロ ベスト

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

90年代に生産されていたコートの型をモチーフにしながら、ベストにカスタムしたクラシックなデザインが特徴。水牛ボタンも採用し、フリースベストとは思えない上品なムードに仕上げています。メイン素材はポーラテック サーマルプロ。1906年にアメリカで創業した老舗ファブリックメーカーと『パタゴニア』の創業者が共同開発したフリース生地で、保温力に優れています。

フリースパンツがマストハブ。アウトドアでも街でも着こなしたい

ウェア・コーデ

フリースパンツがマストハブ。アウトドアでも街でも着こなしたい

冬の定番、フリース素材のアイテムの中でも特に注目なのがパンツです。暖かいのはもちろん、旬なアウトドアMIXやスポーティな装いが可能なフリースパンツにフォーカス!

ai sato

2021.12.28

今年のフリースはこの中からどうぞ。選びのポイントと大人におすすめの15着

ウェア・コーデ

今年のフリースはこの中からどうぞ。選びのポイントと大人におすすめの15着

フリースジャケットが頼りになる季節到来。ダウンと肩を並べる冬の主役は、選択肢が増えた現在、群雄割拠の状態に。選びの要点を押さえつつおすすめ品を披露しましょう。

遠藤 匠

2022.11.08

この利便性がクセになる。アウトドアベストを、おしゃれに取り入れる方法

ウェア・コーデ

この利便性がクセになる。アウトドアベストを、おしゃれに取り入れる方法

アウトドア系ベストが、自然の中に限らず街でも増殖中。多ポケットゆえに収納力が高く、レイヤードにも最適なんです。かなり使えるので、1着持っていて損はしませんよ。

遠藤 匠

2022.06.10

難しくない。フィッシングベストの簡単コーデ術とおすすめ15選

ウェア・コーデ

難しくない。フィッシングベストの簡単コーデ術とおすすめ15選

アウトドアトレンドの追い風を受け、フィッシングベストの支持率がシーンでうなぎ上りに。一見クセが強そうですが、コーデのコツを押さえればタウンユースにも役立ちます!

山崎 サトシ

2022.05.27

ダウンベストのコーデを楽しむ。秋冬春のおしゃれな着こなし実例集

ウェア・コーデ

ダウンベストのコーデを楽しむ。秋冬春のおしゃれな着こなし実例集

ダウンベストは、取り入れ方次第で3シーズン活躍する優れもの。万能アイテムをどうレイヤードするか、その実践的な活用術を紹介したい。

大中 志摩

2021.01.19

軽くて暖かい。フリースカーディガンで、賢くおしゃれに体温調整

ウェア・コーデ

軽くて暖かい。フリースカーディガンで、賢くおしゃれに体温調整

寒い季節は体温調節が重要。昼と夜の寒暖差に加え、屋外と屋内の温度差もあるので気軽に調節できると便利です。おすすめはフリースカーディガン。今、人気上昇中です!

平 格彦

2022.11.18

パーカーもフリースで。旬な着こなしが叶う人気ブランドのおすすめ10選

ウェア・コーデ

パーカーもフリースで。旬な着こなしが叶う人気ブランドのおすすめ10選

冬の定番素材ながら、これまで以上に注目されているフリース。なかでも人気がうなぎ上りのパーカーにスポットを当て、着こなしやおすすめブランドをご紹介します。

近間 恭子

2020.12.26

メンズコーデの格上げにはベストがBESTだ。季節別に見る選び方と着こなし実例

ウェア・コーデ

メンズコーデの格上げにはベストがBESTだ。季節別に見る選び方と着こなし実例

着こなしのマンネリを解消させたり、コーデ幅を広げたりしたいときに活躍するベスト。こなれたレイヤードの演出にもうってつけなので、有効に活用するのがおすすめです!

近間 恭子

2022.05.25

この記事の掲載アイテム一覧(全10商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『パタゴニア』メンズ クラシック レトロ-Xフリースベスト
    『パタゴニア』 メンズ クラシック レトロ-Xフリースベスト
  • 『エルエルビーン』メンズ マウンテン・パイル・フリース・ベスト
    『エルエルビーン』 メンズ マウンテン・パイル・フリース・ベスト
  • 『コロンビア』アーチャーリッジベスト
    『コロンビア』 アーチャーリッジベスト
  • 『チャムス』ボンディングフリースベスト
    『チャムス』 ボンディングフリースベスト
  • 『チャンピオン』ジップベスト
    『チャンピオン』 ジップベスト
  • 『ナイキ』ナイキクラブ+ リバーシブル ウィンタライズド ベスト
    『ナイキ』 ナイキクラブ+ リバーシブル ウィンタライズド ベスト
  • 『タトラス』ディタン
    『タトラス』 ディタン
  • 『ショット』レザー ポケットパイル ベスト
    『ショット』 レザー ポケットパイル ベスト
  • 『ワイルドライフテーラー』ポーラテック ベスト
    『ワイルドライフテーラー』 ポーラテック ベスト
  • 『ナノ・ユニバース』LB.03 ポーラテック サーマルプロ ベスト
    『ナノ・ユニバース』 LB.03 ポーラテック サーマルプロ ベスト

掲載アイテムをもっと見る(-2商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP