この冬人気のアイテム! フリースベストの上手な着こなし方

この冬人気のアイテム! フリースベストの上手な着こなし方

アウトドアウェア人気の影響から、フリース素材のアイテムが注目されています。なかでも手軽にレイヤードが楽しめるベストがおすすめ。着こなしのコツを解説していきます。

ai sato

2018.12.26

トップス
フリース
冬の着こなし・コーデ

アウトドアのテイストは、フリースベストで取り入れましょう

アウトドアウェアの流行により、今シーズンはフリースアイテムが充実。防寒力の高いジャケットやパンツも人気ですが、今買い足すならフリースベストにも注目したいところ。というのも、ジャケットに比べてコンパクトなベストは、シャツやニットと重ねたり軽めアウターにしたりとレイヤードが幅広く楽しめるから。普段の着こなしにアウトドアテイストをMIXさせたい時にも便利ですよね。また、「冬になると外は寒いのに、室内は暖房が強くて暑い」というケースも多いため、体温の微調整に適したベストが重宝するんです。

アウターとしても、中間着としても有効。フリースベストの着こなし方

さっと羽織れてコンパクトに持ち運べるフリースベスト。アイテム単体では魅力十分ですが、着こなしに取り入れられなければ宝の持ち腐れですよね。どのように活用すべきか、実例をチェックしましょう。

▼着こなしパターン1:フリースベストをアウターとして着用

冬のはじまりや終わりなど、比較的暖かい時期は軽めのアウターとして役立ちます。ニットやパーカーの上に羽織ったレイヤードスタイルなど、フリースベストをアウターとして着こなしているコーデをピックアップしました。

コーデ1アメカジにアクティブ感をプラス

パーカーとブルーのパンツというシンプルなアメカジコーデに、フリースベストを重ねて今年らしいスポーティな印象に。すっきりとコンパクトなベストとゆったりとしたパーカーというレイヤードで、着こなしにメリハリを出しているのもポイントです。

コーデ2上品コーデにアウトドアテイストをプラス

フリースベストはきれいめな着こなしのハズしアイテムとしてもぴったり。白シャツと黒スキニーという上品なスタイルに、あえて男らしいカーキのフリースベストを重ねることで、アウトドアテイスト漂うMIXコーデに仕上げています。

コーデ3ダークトーンに“ほっこり感”を加えて冬仕様に

ダークトーンでまとめたカジュアルに重ねたベージュのフリースベストが、温かみを感じさせるアクセントとして効いている好例。ニット×フリースというほっこり素材同士のレイヤードで、優しげな表情を演出している点も季節感がありますよね。

▼着こなしパターン2:フリースベストを中間着として着用

真冬にフリースベストを楽しむなら、普段のアウターの下に、中間着として取り入れるのが正解。どんな種類のアウターと合わせるのが今季的なのかを見ていきましょう。

コーデ1白のフリースベストで抜け感を演出

ダウンジャケットの中間着として着用した白のフリースベストをのぞかせ、防寒しながら抜け感を出すという上級テクニックを披露。インナーには同色の白Tシャツを重ね、立体感のある襟元を作り出しています。ニット帽とスリッポンにネイビーを選び、全体を引き締めているのも参考に。

コーデ2タフなモッズコートはネイビーのフリースベストで今季的に

ミリタリーを出自とするモッズコートは武骨なイメージに偏りがち。より今季らしく仕上げるには、フリースベストを中間着として取り入れてアウトドアテイストをMIXさせるのが近道です。カーキとネイビーという好相性な配色のため、違和感なく着こなせるはず。

コーデ3明るめのフリースベストでジャケットスタイルをカジュアルダウン

クリーンなジャケットスタイルをラフに着こなしたい時にも、フリースベストは有効です。明るめのカラーをセレクトすることで、渋い色みのジャケット&パンツという着こなしが軽快な印象に。ニット帽でフリースベストとリンクさせ、きれいめとアウトドアのテイストMIXを実践しています。

手軽に挑戦できる。この冬狙いたいフリースベスト

アウトドアブームもあって、今季様々なタイプが登場しているフリースベスト。その中から、手軽に普段の着こなしに取り入れられるモノを厳選しました。

アイテム1『ナノ・ユニバース』ボアフリーススタンドジップベスト

ソフトで贅沢な起毛感のあるボアフリース素材を使用。スタンドカラーで、首元の防寒力を高めているのもポイントです。ミニマルなデザインと、クールな単色カラーで合わせやすい点も魅力。

アイテム2『フリークスストア』ウェブ限定 ボアフリースベスト

肉厚で、ボリューム感のあるデザインが魅力のボアフリースベストです。軽くて暖かいので、冬のレイヤードスタイルにはぴったり。ややゆったりとしたシルエットのため、旬のオーバーサイズのスウェットやパーカーにも重ねやすいですよ!

アイテム3『スノーピーク』ウールフリースベスト

イングランド製のウールを、ポーランドのウールフリース専門工場で製造したこだわりの1着。上質なウール素材は、軽やかさと暖かさを両立し、普段のお手入れも簡単なのでヘビロテ間違いなし。すっきりとしたVネックはインナーとしてもアウターとしても、重ねるアイテムを選びません。

アイテム4『チャンピオン』シェルパフリースベスト

毛足が長めのシェルパフリースを使った、ふんわりとした肌触り良好なベスト。左胸のロゴ刺繍テープや襟後ろにあしらったロゴワッペンなど、さりげなく『チャンピオン』らしさも加味しています。

アイテム5『シーグリーン』ストラダエスト別注 フリースベスト

ベロアタイプの起毛を両面に施したリッチなフリース素材は、ストレッチ性も高くストレスフリーな着心地が自慢。胸より上にはハリ感のあるディバイバークロスと呼ばれる素材を切り替えデザインに取り入れ、スタイリッシュな表情を演出しています。

アイテム6『パタゴニア』メンズ クラシック レトロ-Xフリースベスト

表地は厚手のシェルパフリース、裏地は通気性に優れたポリエステルメッシュ、そして間には防風性バリヤーを挟んで冷気の侵入を防ぐという、防寒力の高さはアウトドアブランドならでは。襟とチェストポケットには撥水加工のナイロン素材をあしらい、デザイン性と機能性を高めています。

合わせて読みたい: パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    1枚でもサマになる。長袖ポロシャツが大人カジュアルに効く

    1枚でもサマになる。長袖ポロシャツが大人カジュアルに効く

    ポロシャツと聞くと半袖をイメージする方も多いかもしれませんが、実は長袖も便利。定番の素材からテイスト別の着こなし方、おすすめのアイテムまでを一挙に解説します!

    平 格彦

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    BACK