アウトドアと都会を行き来する、ハンティング・ワールドのバッグたち

アウトドアと都会を行き来する、ハンティング・ワールドのバッグたち

バチュー・クロスの採用により、エレガントさとタフさを兼備する『ハンティング・ワールド』。アウトドアマンからセレブまで、大人をとりこにするその魅力を読み解きます。

八木 悠太

2019.01.05

ハンティング・ワールド(HUNTING WORLD)
バッグ

『ハンティング・ワールド』創設者はニューヨーク出身のアウトドアマン

「ハンティング・ワールド」は1965年、ボブ・リー氏によって設立されました。彼はニューヨーク・ロングアイランド出身のアウトドアマン。1955年に幼少の頃から憧れていたアフリカへ旅立ち、1959年にはサファリツアーを企画する会社を設立。10年間、17カ国を周ったのちニューヨークに戻った彼は、アフリカの過酷な状況下で会得した知識や経験を生かすべく、本格的なアウトドアプロダクトの開発に着手しました。

『ハンティング・ワールド』の代名詞、バチュー・クロスの魅力

「ハンティング・ワールド」の名を一躍世界に広めた要因の1つが、バチュー・クロスの存在です。1972年に開発されたこの素材は、ポリウレタンコーティングを施したナイロンオックスフォード生地にクッション性の高いウレタンフォームを貼り合わせ、さらにナイロンジャージーを裏貼りした3層構造のオリジナル生地。ボブがアフリカで培った経験と知識、そして幾度ものテストによってその強度は実証済み。どんな過酷な環境下でも使えると世界中のアウトドアマンに支持されています。また、肉厚なレザーとのコンビ使いによるタフな見た目から、多くのファッショニスタにも愛用されています。

バチュー・クロスを使用した『ハンティング・ワールド』のバッグ9選

ここからは『ハンティング・ワールド』のラインアップを、旅行に便利なタイプ、普段使いに最適なタイプ、ビジネスにも使えるタイプの3つのシーンに分けてご紹介します。どれもブランドオリジナルのバチュー・クロスを採用した、はじめての『ハンティング・ワールド』にも相応しいアイテムばかりです。

▼タイプ1:バカンスに持っていきたいバッグ3選

まずはバカンスの相棒として活躍してくれる3アイテムをご紹介。冒険家でもある創始者が開発した、アフリカ大陸の過酷な環境下にも耐え得る素材を使っているだけあって、その堅牢さは随一。2泊3日程度の著効なら余裕でこなせる、大容量のモデルも豊富に揃っています。

アイテム1バチュー サーパス ダッフルバッグ

ブランドの原点的存在と言える、人気のダッフルバッグ。潔い1室構造で、収納力も十分です。長期旅行のセカンドバッグとしても使えるうえに、日常ではジム用のバッグとしても活躍してくれます。ショルダーストラップは取り外し可。

■サイズ
W45×H25×D21cm

アイテム2バチュー サーパス エキスパンダブルダッフルバッグ

バチューコレクションのアーカイブからセレクトした、ダッフルバッグ。両サイドのファスナーを開けることでバッグの横幅を左右3cmずつ拡張ができる、エキスパンダブル仕様が最大の特徴です。U字に開く天フラップのおかげで、大きな荷物の出し入れが容易なのもうれしいポイント。

■サイズ
W50×H27×D27cm

アイテム3ウィンウッド ダッフルバッグ

使ってみると意外と便利なのが、本体下部にもう1室備えた2室タイプのボストンタイプのウィンウッド。ゴルフをはじめとした、着替えや専用シューズが必須となるスポーツシーン下での使い勝手は抜群です。深いネイビーのバチュー・クロスとビビッドイエローのレザーパーツのコントラストが目を引きます。高級感のあるレザーネームタグも付属。

■サイズ
W41.5×H31.5×D21.5cm

▼タイプ2:デイリーユースにおすすめしたい3アイテム

続いてご紹介するのは、日常使いにちょうどいいバックパックやショルダーバッグ。素材やディテールでアウトドア感をさりげなく匂わせてくれるプロダクトが満載で、大人のスタイリングの良いアクセントになってくれます。当然、耐久性にも優れるため、長年の良き相棒となってくれるはずです。

アイテム1バチュー サーパス バックパック

巾着式の大きな荷室に、スクエアの大きなフロントポケットが印象的なバックパック。アウトドアライクなかぶせ型ながら、レザーのパイピングや切り替えが品の良さを醸し出します。バックパックにおいて気になるのが背負い心地ですが、ウレタンの層を有するバチュー・クロスのクッション性に加え、通気性にも優れたメッシュパッドを背面に装備。荷物でいっぱいの時でも楽々背負えます。

■サイズ
W28×H41×D13cm

アイテム2バチュー サーパス キャリーオールM

ブランドのアイコン的ショルダーバッグ、キャリーオール。マチを大きくとったころんとしたシルエットが持ち味で、メインルームはA4サイズも楽に入る容量の広さを誇ります。フラップは、ワンタッチで簡単に取り外せるギボシにより開閉可能です。

■サイズ
W38×H26×D9cm

アイテム3バチュー サーパス ショルダーバッグ

普段使いにちょうどいいサイズ感の、薄マチショルダーバッグ。バッグ前面や内部にも小分けのポケットを配するなど、見た目のスマートさからは想像できない高い収納力を有しています。トリミングに使われたフルベジタブルタンニンレザーは、使い込むことで自然な経年変化が楽しる上質なものを使用。

■サイズ
W27×H29×D4cm

▼タイプ3:ビジネスシーンで使える3つのモデル

ビジネスにも使えそうな、端正なブリーフバッグも揃っているのが『ハンティング・ワールド』の良いところ。スーツスタイルに華を添えるアイテムを厳選して、3モデルご紹介します。

アイテム1バチュー サーパス ブリーフケース

ビジネスシーンを想定した、ミニマルなデザインのロングセラーモデル。3方開閉ができる便利なフルオープン仕様で、荷物の出し入れも楽々行えます。ショルダーストラップが付属しており、2WAYで使えるのも魅力です。

■サイズ
W40×H30.5×D7cm

アイテム2ウィンウッド ブリーフケース

メインとサブの2室構造となったシンプルなブリーフケース。小型のラップトップも収納でき、ショルダーストラップも付属するなど、現代のビジネスシーンに欠かせない機能を備えています。オールブラックの配色なので、商談やプレゼンといったかしこまったシーンにもおすすめ。

■サイズ
W32×H25×D8cm

アイテム3ウィンウッド 3WAYバックパック

縦型のトート、横型のブリーフケース、さらにはバックパックとしても使える、欲張りな3WAY仕様。2つの縦型フロントポケットは、出し入れ頻度が高い小物の収納に活躍してくれます。自転車通勤のビジネスマンに、とくにチェックしてほしいアイテムです。

■サイズ
W32×H39.5×D10cm

『ハンティング・ワールド』は財布のコレクションも人気

『ハンティング・ワールド』はバッグが原点のブランドですが、今ではオリジナルのアパレルも展開するトータルブランドとして世の人々に愛されています。とりわけ人気なのが、財布類。数あるなかから、実用性も重視したおすすめの5点をご紹介します。

アイテム1バチュー サーパス 二つ折り財布

『ハンティング・ワールド』の財布のなかでも、最も定番とされる二つ折りデザインがこちら。コンパクトな形状で、ポケットに入れてもかさ張らずに持ち運びやすいのがポイントです。アクセントとなっているトリミングレザーは、フルベジタブルタンニンのオイルドレザーを採用。

■サイズ
W11×H9.5×D2.5cm

アイテム2バチュー サーパス キルティング 二つ折り財布

レッドのステッチが効いた、キルティング仕様のバチュー・クロスを使った二つ折り財布。支払いのときに目を引くこと請け合いのデザインです。スリムなシルエットながらカード4枚分の収納に2層の札入れを備えた高い収納力にも注目。

■サイズ
W11×H9.5cm

アイテム3ブリッケル 長財布

12枚のカードをたっぷりと収納可能な、ラウンドジップタイプの長財布。ジップのスライダー部分にもバチュー・クロスを使用するなど、細部にこだわりの詰まった作りもうれしい限り。ライニングにも外装と同じカラーのレザーを使用しており、落ち着いた大人の空気が漂います。

■サイズ
W19×H10×D2.5cm

アイテム4バチュー サーパス 長財布

収納力とスマートさを兼ね備えた定番の長財布。豊富な収納を備え、内部の仕切りにもなっているファスナーポケットは、コインケースとしてもカードケースとしてもマルチに使えるデザインに。太めのステッチで留めたブランドロゴが、かわいらしいアクセントとして機能します。

■サイズ
W9×H19×D2.5cm

アイテム5ブリッケル カード&コインケース

近年人気が高まっている、コンパクトでスタイリッシュなミニ財布もラインアップされています。4枚のカードポケットと小銭を収納するジップポケットのみという、飾らないミニマルな作りが逆に新鮮。スーツのインナーポケットにも収まり、かつシルエットを邪魔しないサイズ感は貴重です。

■サイズ
W13×H7.5×D1cm

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

    経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

    “8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

    編集フカザワ

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    TASCLAP編集部

    エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

    エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

    高品質ながらもエレガントな雰囲気を醸す『ヘルノ』のダウンは、すっきり着こなせると特に大人から支持されています。その魅力をこの冬狙うべきモデルとともにご紹介。

    近間 恭子

    男なら知っておきたい。レッド・ウィングの人気ブーツ5モデル

    男なら知っておきたい。レッド・ウィングの人気ブーツ5モデル

    タフな見た目と履き込むほど経年変化が楽しめる魅力の『レッド・ウィング』。多くのファッショニスタを魅了するブランドの歴史や人気モデルについてご紹介します。

    八木 悠太

    おしゃれなビジネスバッグ20選。人気ブランドから選ぶ傑作モデル

    おしゃれなビジネスバッグ20選。人気ブランドから選ぶ傑作モデル

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    もはや常識。大人に似合う通勤リュック20

    もはや常識。大人に似合う通勤リュック20

    いまやビジネスマンにとって通勤リュックは当たり前。市民権を得たアイテムですが、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”が欲しいところ。

    近間 恭子

    BACK