寒い日もノンストレス。おしゃれなスマホ対応手袋で暖かく快適に

寒い日もノンストレス。おしゃれなスマホ対応手袋で暖かく快適に

冬の手元に必須のグローブ。最近はつけたままスマートフォンを操作できるモノが増えています。便利で防寒力が高く、かつおしゃれな今季おすすめアイテムをご紹介!

ai sato

2019.01.09

小物
グローブ・手袋

手袋の着脱は面倒。スマホ対応モデルが重宝する

真冬の外出中、スマートフォンを操作するためにいちいち手袋を外すのは面倒ですし、手がかじかんでしまいますよね。そんなシーンで頼りになるのがスマホ対応手袋です。登場したての頃は機能性重視で見た目はイマイチ……なんてモノも多くありましたが、今ではデザインにこだわったアイテムも次々と登場しています。おしゃれの邪魔をする心配もなく便利で快適。寒さの厳しい季節に欠かせないアイテムです。

手袋をしたまま操作できるワケ

スマホやタブレットなどの操作は、タッチパネルと指の間の電流を読み取ることで可能になります。スマホ手袋は、指先に「導電糸」と呼ばれる電流を通しやすい糸が縫い込まれているため、素手と同じように電流を読み取ってスマホの操作ができるのです。ちなみに、この「導電糸」には金属素材が使われていることが多いので、金属アレルギーの人は要注意。

タイプ別にセレクト。スマホ操作対応手袋14選

様々なスマホ対応手袋が登場しているなか、大人の着こなしに取り入れやすいモノを中心におすすめをピックアップ。ビジネスシーンにもOKなシックなタイプと普段使いにおすすめなカジュアルなタイプ、2タイプから好みや用途で選んでみてください。

▼ビジネスシーンで使えるスマホ対応手袋

通勤コーデに合わせるなら、ビジネスシーンでも浮かないベーシックカラーのシンプルデザインのモノを。その分レザーやスエード、ウールなど素材にはこだわって、大人らしい上品かつリッチな雰囲気を漂わせましょう。

アイテム1『アーバンリサーチドアーズ』スエードレザーグローブ

甲側にピッグスキンのスエード、手のひら側にゴートレザーの表革、手首部分にニットを使用。ブラックはメンズのグローブでは定番中の定番ですが、こんな異素材ミックスならさりげなく個性や変化を出せるのでおすすめです。甲にあしらったステッチラインが洒落感も添えてくれます。

アイテム2『コムサ・メン』レザーグローブ

ソフトなフィット感と滑らかな肌触りが自慢のこちらは、日本製の上質なラムレザーを使用。肌馴染みの良いダークブラウンと潔くシンプルなデザインで、長く愛用できること間違いなしです。手首周りにはステッチを施し、ホールド感と着脱のしやすさをアップさせています。

アイテム3『クーフ』フォトグローブ

「フォトグラファーをサポートする」がコンセプトのブランド『クーフ』による、つけたままカメラ操作が容易にできるレザーグローブ。親指と人差し指部分はタッチスクリーンに対応しており、さらに手のひら側にシリコンプリントを施しグリップ力を高めています。カメラはもちろん、スマホやタブレットもスムーズに扱える工夫が散りばめられています。

アイテム4『ランバンオンブルー』キルトステッチ レザーグローブ

上質なレザーをベースにキルトステッチをあしらうことで、立体感のある表情を出したグローブです。手首のベルトや甲の切り替えなど、さりげなくミリタリーテイストを取り入れているのも特徴。ライニングはカシミヤ混のブルーカラーを使用しており、優しい着け心地が魅力です。

アイテム5『シップス』スエード ナッパレザーグローブ

2色使いで洒落感を出したグローブは、上質な素材使いに定評のあるイタリアのファクトリー製。甲側はステッチがアクセントになったネイビーのスエード、手のひら側はソフトな黒のナッパレザーを使い、コントラストの効いたデザインに仕上げています。裏地にはウールを使い、保温性を高めているのもポイント。

アイテム6『アルフレッドバニスター』カノニコグローブ

シックな雰囲気が漂うストライプ柄は、イタリアの老舗テキスタイルメーカーのモノ。ソフトで馴染みの良いシープレザーとのコンビネーションで、洗練された表情を演出しています。手首にあしらったロゴとベルトがアクセントに。

アイテム7『マッキントッシュ フィロソフィー』ガンクラブチェック スマホグローブ

クラシカルなガンクラブチェック柄が、手元からトラッドで品の良い雰囲気を醸してくれます。手のひら側のラムスキンには導電加工を施しており、スマホ操作が可能。ダークトーンが中心の冬のビジネススタイルにアクセントとして取り入れれば、おしゃれ度もグンと上がります。

▼カジュアルスタイルにおすすめのスマホ対応手袋

カジュアルスタイルに取り入れるなら、機能性が高いアウトドアブランドのモノや、色や柄を効かせた遊び心のあるデザインがおすすめです。ビジネスシーンのような縛りがない分、自分の好みのままに選んでみてはいかがでしょう。

アイテム1『ザ・ノース・フェイス』イーチップグローブ

本来はタッチスクリーン対応のインナーグローブですが、シンプルなデザインとさりげないロゴ使いゆえに、単品での普段使いにも重宝します。柔らかな質感のストレッチフリース素材はフィット感が抜群で、適度な通気性により蒸れにくいのが特徴。さらに手のひら部分はシリコンプリントでグリップ力を高めているので、冬のアクティブシーンでも頼れる存在です。

アイテム2『ハミィ』ハリスツイード×ラムレザー スマホ 手袋

トラッドな印象が魅力のチェック柄グローブは、冬の定番であるハリスツイード素材とラムレザーのコンビ。内側はボア仕様で防寒性も申し分なし。落ち着いた色味のチェック柄なので、きれいめな着こなしにもシンプルコーデのちょっとした差し色アクセントとしてもおすすめです。

合わせて読みたい:
バッグも手袋も。ハリスツイードの小物で季節感を取り入れる

アイテム3『ホンズ』レザーグローブ LOGAN CROSSHATCH

エッジの効いたモノトーン柄のグローブは、カリフォルニアのグローブ工場が立ち上げたファクトリーブランド製。指の曲線を3Dパターンに起こした立体裁断や、親指と人差し指に入れたタッチパネル対応の刺繍など、こだわりの職人技にもぜひ注目を。手のひら側はしなやかなレザー、内側はボア仕様なので、フィット感と着け心地の良さが得られます。

アイテム4『テト』フォークロアグローブ

香川県発の手袋ブランド『テト』による新作グローブは、今年顔のフォークロア柄を採用。少し長めの毛足がより温かみを演出してくれます。手のひら側にはしっとりと手に馴染む羊革を合わせており、コンビデザインならではの表情も楽しめます。手首には防寒力を高めつつワンポイントにもなるスナップボタン付き。

アイテム5『ソフネット』カモフラージュ メルトン レザー タッチグローブ

『ソフネット』オリジナルのカモフラ柄のメルトン素材と黒レザーを組み合わせた男らしいグローブ。手首にはビビッドなパープルリブニットを配してメリハリをつけ、保温性を高めながら大人の遊び心を演出しています。

アイテム6『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』ウールステッチグローブ

この冬注目のウォームカラーでトレンドを意識したグローブ。鮮やかなオレンジのウールにはクラフト感のあるステッチを施しています。シンプルコーデにアクセントを加えたいときや季節感のある着こなしを狙いたいときには、ぜひ投入したいアイテムです。

アイテム7『ペンドルトン』ネイティブ柄グローブ

先シーズンに引き続きまだまだ人気のネイティブ柄は、グローブでさりげなく取り入れるのもあり。『ペンドルトン』のブランケットやシャツと同じネイティブ柄のウール素材を使用したこちらなら、手元からほっこりとした印象を醸し出せます。手首にあしらったカラー違いのブランドロゴがワンポイント。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    コムデギャルソンの財布で目立とう! 個性を演出できるおすすめ10選

    コムデギャルソンの財布で目立とう! 個性を演出できるおすすめ10選

    大人が選ぶ財布は、伝統的なブランドや大人気のメゾンブランドがほとんど。周囲と差をつけたいなら、選択肢に『コムデギャルソン』を加えてみては?

    平 格彦

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    BACK