経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

“8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

編集フカザワ

2019.01.09

ドクターマーチン(Dr.Martens)
ブーツ

『ドクターマーチン』の宝刀。“バウンシングソール”と「1460」誕生の背景

『ドクターマーチン』のはじまりは1945年。同ブランド名の由来であるドイツ軍所属の医師であるクラウス・マーチン氏が休暇中に負った怪我がきっかけだ。負傷時に支給されたブーツが足の回復やリハビリにふさわしくないと感じた彼は、やわらかな履き味を求めて空気を含んだソールユニットを発案。これが後に改良を重ね、歩行時の衝撃を緩和する“バウンシングソール”の原案となっている。

同ブランド最初のモデルであり、“8ホール”の呼び名でお馴染みの「1460」は1960年4月1日に誕生。レザーブーツの屈強かつ上品なルックスと上記のとおりこだわり抜いたソールの快適な着用感が当時の警察官や郵便局員、工場労働者などに支持を得た。以降は周知の通りヒッピー文化に対抗していたスキンズやミュージシャンに愛され“カウンターカルチャーを象徴するブーツ”としてストリートシーンに波及。素材やディテールの変更がありつつもその知名度は浸透し、日本においてもファッションブーツを代表する1足として根付いた。

8ホールは経年変化こそが魅力の1足

現在は牛革のスムースレザーを採用した「1460」を指すことが多い8ホール。『ドクターマーチン』ならではの履き心地に加え、耐久性や男らしいルックス、育ってきたカルチャーなどその魅力は枚挙に暇がない。

その中で筆者が最も魅力的だと感じるのが8ホールの経年変化である。レザーシューズやブーツは「美しく履くこと」や「なめらかな経年変化」が語られがちだが、こと8ホールにおいては「履き倒してナンボ」ではないだろうか。足を踏み込んだ際にできるシワは、頑強な男の足元を物語ってくれるし、くるぶしから履き口に至るそれもまた、履き手の歴史を感じさせてくれる。

他の革靴であれば「残念」のひと言に尽きるトゥの傷でも、8ホールならば魅力的に映る。『ドクターマーチン』ならではのイエローステッチがすり切れるほどに履き込まれた状態のモノであれば、そこにはモノを永く愛用した男のひたむきな愛情すら感じられるはずだ。

実はバリエーション豊富。8ホールのラインアップ

牛革のスムースレザーを採用した「1460」以外にも8ホールを呼ばれるモノはある。定番である「1460」を中心に、“8ホール”のラインアップを紹介しよう。

アイテム11460Z 8EYE BOOT

「1460」は、ブラックやチェリーレッドなどの定番色をはじめホワイトやグリーン、ネイビーと多彩な色みをスタンバイ。汎用性の高さにおいてはブラックに軍配が上がるが、足元に個性を持たせる点では他の色みも検討したい。なお、こちらはスムースレザーにイエローステッチを採用したもっともベーシックなモデルだが、同“3ホール”も昨今8ホールに劣らない人気モデルなので、チェックしておいて損はない。

合わせて読みたい:
ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

アイテム21460 MONO 8EYE BOOT

魅力満載の8ホールだが、『ドクターマーチン』特有のイエローステッチが気になるという方も多いだろう。そんな読者諸兄にはワントーンカラーの「MONO」を推奨したい。ステッチやソール、履き口のプルタグ、ライニングまでオールブラックという点以外の素材や製法はアイテム1と同様。

アイテム31460 SNOWPLOW

より高機能な「1460」として紹介したいのが「SNOWPLOW」。モデル名は、採用されている耐水性レザーのことを指している。水だけではなく、汚れを落とすのも簡単という点も特徴だ。また、滑り止めの効果があるウインターグリップソールを備えているので、雪道でも安心して着用することができる。

アイテム4VINTAGE 1460Z 8EYE BOOT

1960年4月1日に誕生したファーストモデルの復刻版。イギリスにある同ブランドの向上で職人が手作業で製造されていたり、スムースレザーよりもキメが細かいQUILONレザーが採用されていたりと所有感を倍増させてくれる。その分高価ではあるが、『ドクターマーチン』が好きという方にはぜひプッシュしたい。

アイテム5『ビームス』別注 サイドジップ 8ホール

これまでは「1460」の定番ラインアップを紹介してきたが、別注モデルも見逃せない。『ビームス』が手がけるそれは、冬の装いに似合うスエード素材にアレンジ。品の良さを演出してくれるだけではなく、足馴染みがいいこともポイント。サイドジップが採用されているので、着脱の利便性も高い。

アイテム6PASCAL 8EYE BOOT

「1460」よりも幅が細く、甲も低めのレディースラストを採用。木型はレディースだが、28cmまでサイズ展開されているので男性でも履ける。加えてソフトレザーであることも特筆すべき点。スエード仕様のモデル同様に履きはじめから足馴染みが良い。

汎用性◎。8ホールの取り入れ方

8ホール元来のイメージとして浸透している着こなしと言えば、レザージャケットや黒スキニーといったロックミュージックやパンクを想定させるスタイリングだろう。しかし、よりタウンユースに落とし込み、今らしく取り入れる手段もある。

以下で紹介する4コーデは、ブーツインやパンツのロールアップで8ホールの存在感を強調しつつ、各々のテイストにマッチした好例だ。

合わせて読みたい:
名作を攻略! ドクターマーチンのモデル別コーデ集

コーデ1“音”の印象は小物で巧みに緩和

モッズコートに8ホールともなれば、やはり音楽の要素が香るコーディネートになりがち。それをグレーのジーンズやニットキャップ、アイウェアでかわすことで、カルチャーの印象を残しつつもカジュアルダウンに成功している。

コーデ2グランジスタイルは配色でカジュアルに

レザージャケットと8ホールの組み合わせにおいても、配色と小物使いで今に馴染むスタイリングに。ジャケットやグランジ感のあるライトブルーのダメージジーンズをジャストサイズで合わせた潔さもまたおしゃれ。

コーデ3「1460」×ワイドパンツは丈感で攻略

ゆったりとしたシルエットのパンツでも、ロールアップすることで8ホールと呼吸を合わせることができる。タイトなテーラードジャケットとの組み合わせによるIラインのシルエット構築もお見事。

コーデ4「1460」でカジュアルコーデを引き締める

レザーブーツでありながら、ラギッドなファッション以外にも活用できることも8ホールの魅力。こちらは、ブラックとベージュというツートーンのカジュアルスタイルながらも8ホールの存在感を強調することでセンスアップに成功。ハンチングやサコッシュなどの小物使いも、大人が目指すべき春先の軽装として参考に。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    世界一売れたスニーカー。アディダスのスタンスミスが持つ魅力

    世界一売れたスニーカー。アディダスのスタンスミスが持つ魅力

    メンズの足元にスニーカーは欠かせない。中でも人気なのが『アディダス』往年の名作に数えられるスタンスミス。定番からアレンジモデル、コーデまでその魅力を語り尽くす。

    菊地 亮

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

    平 格彦

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    BACK