アメカジ好きは避けて通れない、スタンダードカリフォルニアを知る

アメカジ好きは避けて通れない、スタンダードカリフォルニアを知る

西海岸の空気感をまとったアイテム展開で、アメカジ好きから絶大な支持を集める『スタンダードカリフォルニア』。通な大人から若い世代まで、幅広く愛される名店を深掘り!

山崎 サトシ

2019.01.19

スタンダードカリフォルニア(STANDARD CALIFORNIA)
ブランドまとめ
アメカジファッション

東京・恵比寿から発信し続けている名店、『スタンダードカリフォルニア』

今やアメカジフリーク以外からも人気を博す東京・恵比寿を代表する名店、『スタンダードカリフォルニア』は、2003年にオープンしたセレクトショップ。オーナーを務める阿久戸秀高氏は若い頃からサーフィンやスケートなどを通じて西海岸カルチャーと濃く深く触れ合ってきた人物で、カリフォルニアの魅力を伝えるべく海外遊学やスノーボード関連会社勤務を経て同店を設立しました。

ショップではカリフォルニアの文化や陽気なライフスタイルを揺るぎない軸に据えてアイテムをラインナップ。もともとはユーズドを中心としたショップでしたが、現在は厳選された古着に加えて『HTC』や『ダナー』を始めとしたアメリカの有力ブランド、そして阿久戸氏プロデュースのオリジナルラインまでトータル的に展開しています。

古着、ヴィンテージにインスパイアされたオリジナルにはファン多数

高感度なセレクトアイテムや雰囲気あるユーズドもハズせませんが、『スタンダードカリフォルニア』と言えばオリジナルラインにも定評があります。古き良きアメリカを彷彿とさせる古着や今では手に入りにくくなった希少なヴィンテージをモチーフとしつつ、シルエットは現代的スタイルに合うようにアップデート。また、店内で展開するアイテムとの親和性を考えてベーシックデザインに仕上げているため汎用性にも秀でており、大人の日常にスムーズに溶け込んでくれます。

アメカジ好き垂涎。人気のオリジナルアイテム5選

続いては『スタンダードカリフォルニア』のオリジナルアイテムにフォーカス。アパレルはもちろん、雑貨類まで多彩にリリースしています。どれも西海岸の雰囲気に満ち溢れており、アメカジ好きの大人に刺さること請け合いです。

アイテム1『スタンダードカリフォルニア』ボアデニムジャケット

岡山メイドの高品質なデニムを駆使して仕立てた1着。襟元や身頃裏にはボアを採用しており、真冬のメインアウターとして活躍してくれそうです。生地だけでなくボタン、ネームに至るまでヴィンテージ加工を施して、リアルな古着感を演出しているのもここならでは。袖裏は滑りの良いキルティング生地をチョイスしました。

アイテム2『スタンダードカリフォルニア』チェックシャツジャケット

洗いを掛けたチェック柄のフランネルボディはユーズドさながらの見栄え。これ1枚でレトロなアメカジスタイルを狙えます。また、今作は中綿入りのキルティング仕様のため、保温性も十分。表地は程良く薄手なため、気温に応じてアウター&インナーどちらに対応してくれるのもうれしいところ。重ね着を考慮し、シルエットはゆるめの設定に。

アイテム3『スタンダードカリフォルニア』フィールドシャツ

吸湿速乾性に秀でたクールマックス素材をコットンとMIXした、実用本位なフィールドシャツ。優れたストレッチ性も強みで、あらゆるシーンで快適な着用感を約束してくれます。袖はロールアップしてテープで留められるなど、応用力も抜群です。シンプルなデザインにつき、ジーンズを始め多種多様なボトムスとマッチします。

アイテム4『スタンダードカリフォルニア』バンダナ

おなじみのカリフォルニア州旗をモチーフとした、W55cm×H36.5cmの大ぶりコットンバンダナ。直球で西海岸テイストを感じさせる今作は、1枚1枚職人がハンドワークでプリントしています。ポケットからチラッと覗かせて使うのがセオリーと言えますが、額装すればおしゃれなインテリアにも!

アイテム5『スタンダードカリフォルニア』スケートデッキ

オリジナルデザインのスケートデッキは、表裏で表情がガラっと変わるのがユニーク。表面はお得意のシールドロゴが潔く鎮座するデザインですが、裏側はロゴマークでびっしりと埋め尽くされています。ディスプレイとしてもスタイリッシュなこのデッキは米国のファクトリーにて製作。全長85cm、幅21.5cmと少しワイドな作りとなっているのもキモです。

“スタカリ”といえばコラボ品。珠玉の5品をピックアップ

米国ブランドを筆頭として、さまざまな有力ブランドとのコラボ・別注アイテムを展開している『スタンダードカリフォルニア』。その中から今購入できる良作をピックアップしました。どれもセンスが光るプロダクトで、着こなしにこなれ感を与えてくれます。

アイテム1『スタンダードカリフォルニア』×『バンズ』ロンT

毎年人気の『バンズ』とのジョイントワーク。同ブランドが得意とするチェッカーフラッグを身頃&スリーブにプリントしており、存在感は抜群です。半袖Tシャツの下に重ねてもサマになるので、使い勝手も良好。背面にはチェッカーフラッグとともに『スタンダードカリフォルニア』のロゴが鎮座しています。

合わせて読みたい: スニーカーだけじゃない。バンズのTシャツならではの魅力とは?

アイテム2『スタンダードカリフォルニア』×『サンタクルーズ』コーチジャケット

コラボしたのは、1973年にスタートしたカリフォルニアの老舗スケートカンパニー。スポーティなコーチジャケットは、今季も引き続きトレンドとして見逃せないアイテムです。今作は薄手のナイロン生地なので、春先のコーデに重宝すること必至。胸元に入るロゴは『サンタクルーズ』往年のロゴ“クラシックドット”をアレンジしたオリジナルで、バックにも同ロゴがデカデカと入ります。

アイテム3『スタンダードカリフォルニア』×『アナザーヘブン』プリントTシャツ

『アナザーヘブン』はLA在住の日本人アーティスト、コミー氏が創立したブランド。こちらのコラボTは某スケートボードブランドのアートワークをモチーフに、メキシカンスカルを使ってチリソースのパッケージロゴのようにアレンジしています。また、脇に縫い目のない丸胴ボディを採用しているのでチクチク感は皆無で、着心地はコンフォートそのもの!

アイテム4『スタンダードカリフォルニア』×『HTC』スタッズベルト

長年続いている、米国のベルトブランドとのコラボレーション。肉厚なレザーボディには、クラフトマンの手作業でスタッズ&ターコイズが打ち込まれています。垂らしやすいよう、剣先をやや長めに設定しているのもこだわり。バックルやスタッズ、ストーンに至るまで徹底してアンティーク加工がほどこされているのでアジ感はたっぷりです。

合わせて読みたい: スタッズベルト選び HTCなどの人気ブランドを厳選紹介

アイテム5『スタンダードカリフォルニア』×『ポーター』サコッシュ

言わずと知れたジャパンバッグブランドの雄とタッグ。ポップなカラーリングをまとったサコッシュは、着こなしのアクセントとしておあつらえ向きです。撥水性に優れたポリエステル生地&止水ジップのおかげで機能性も優秀で、雨の日でも憂いなく着用することが可能。カラーバリエーションではグリーン&レッドを展開します。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    TASCLAP編集部

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    TASCLAP編集部

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    サーフパンツはこの人気15ブランドから。海でも街でもはける1本を狙おう

    サーフパンツはこの人気15ブランドから。海でも街でもはける1本を狙おう

    海ではもちろん、街ばきとしても活躍するサーフパンツは夏スタイルの強い味方。大人が選ぶべきサーフパンツのポイントからおすすめ品までをご紹介します。買うなら今です!

    近間 恭子

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    全力で楽しむために。フェス用バッグは用途に合わせて揃えたい

    全力で楽しむために。フェス用バッグは用途に合わせて揃えたい

    7月~9月にかけては野外フェスのハイシーズン。思い切りエンジョイするために、バッグ選びはかなり重要です。フェスを最高に楽しむためのバッグについて、まとめました。

    山崎 サトシ

    BACK