洋服に適したウール。知れば面白いメリノウールの世界

洋服に適したウール。知れば面白いメリノウールの世界

メリノウールと聞くと、最高級や希少といった言葉を想像するが、実際のところはどうか。素材の詳細をひも解きながら、買うべきアイテムを挙げていく。

菊地 亮

2019.01.20

アウター

メリノウールってなんだ?

ウールの大半は羊毛によって作られるが、ひとえに羊といってもロムニー種、ドライスデール種、オーストラリアやニュージーランド、フランスで飼育されているメリノ種など種類は様々。とりわけオーストラリアメリノ種の毛は、白く、細く、そして捲縮が多い。そのため、洋服にもっとも適しているとされ、太さの違いにより「ファイン・メリノ」、「ミドル・メリノ」、「ストロング・メリノ」に分けられている。

購入前に押さえたい。メリノウールならではの長所と短所

どんな素材であれ、メリットもあればデメリットも存在する。賢い大人ならば、短所をカバーしつつ長所の恩恵を授かることができる逸品を選びたい。まずは以下で紹介するメリノウール全般の長所と短所をチェックしておこう。

メリノ種の羊毛は、非常に細く柔らかい。その特性を存分に生かしたメリノウールは、体から発する熱を繊維間に閉じ込め外部へ逃がさないため、着たそばからとにかく暖かいという点がメリットだ。速乾性があるためかいた汗を素早く吸収し蒸気として外へ放散。涼しさも感じられることから夏にも嬉しい素材として重宝されている。しかも、天然の防臭効果に加え、捲縮が多く弾力があり型崩れしにくいことから、アウトドアウェアに用いられることも少なくない。また、ニット特有のチクチクとした感触が少ないため、現在ではアンダーウェアにも広く採用されている。

購入前に押さえたい。メリノウールならではの長所と短所 2枚目の画像

メリノウールにも短所はある。ウールの特徴のひとつが、スケールと呼ばれる人の髪の毛のような鱗片の繊維表面。そのため、非常に絡みやすくすぐにピーリング(毛玉)を起こしてしまう。しかも、水に濡れればスケールが開いてしまい、もみ洗いすると絡み合って硬くなってしまう恐れがある。さらに、そのまま乾かせば縮んでしまうことも。そのため、洗濯にはかなり神経をすり減らさざるをえない。化繊よりも重く、水を含みやすいため燥きにくい性質があり、耐久性に難があるため磨耗も激しい。しかも、虫食いにあいやすいので、保管時には十分なケアも必要だろう。

特徴を生かすなら、メリノウールで買うべきはこんなアイテム

メリノウールだからといって、その長所だけを享受できるわけではない。選びたいのは、各ブランドの技術により短所がカバーされた良品だろう。とりわけ、以下で紹介するような6アイテムならば申し分ないはずだ。

アイテム1『マーモット』クライムウールボーダーハイカークルー

汗を素早く吸収し外部へと発散させるメリノウールの特徴を最大限に活かしたアンダーウェア。冬はもちろん夏でも寒暖差のある場所には必携のアイテムで、保温性を確保できるウール混ながら気軽に洗濯ができるのも嬉しい。

アイテム2『バトナー』シグネチャークルーネックプルオーバーニット

古くからメゾンブランドのアイテムを手がけてきたファクトリーのブランド。メリノウール特有の肌触りの良さに加え、素材を独自に仕上げているため不安要素のピーリングもおきにくい。ラグランスリーブによるリラックス感も特徴。

アイテム3『テイラー スティッチ』コミューターチノ

2017年の日本初上陸以降、瞬く間にシーンからの信頼を掴んだ西海岸ブランドの1本。その生地は独特で、メリノウールを軸に耐久性や伸縮性に優れるソロナ(R)と呼ばれる糸を混紡。はき心地だけでなく、強さや動きやすさも加味したアイテム。

アイテム4『ブルックス ブラザーズ』ウォッシャブルメリノウール Vネックカーディガン

メリノウールを贅沢に使用しジャージー編みで仕上げているだけに、袖を通した時の心地良さはハイレベル。しかもただのメリノウール生地でなく、独自に開発したブルックステックメリノウール。そのため自宅で洗濯も可能。

アイテム5『ガッロ』ロングホーズソックス

70年以上にわたりソックスのみを作り続けてきたイタリア屈指の老舗専業メーカー。足とのズレを防止すべく専門の職人が1本の糸を使いハンドメイドでていねいに仕上げている。メリノウールを使用しているだけに、履き心地も最高。

アイテム6『ダックス』ニットワッチ

英国で開業した小さなテーラー屋がルーツだけに、ニットキャップへのこだわりもひとしお。メリノウール仕立てのこちらは、保温性はもちろん暑いときでもサラッとした着用感。チクチクした感触もなく、しかも防臭性にも優れている。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アランか、ガンジーか。フィッシャーマンニットで温もりのある男になる

    アランか、ガンジーか。フィッシャーマンニットで温もりのある男になる

    優秀な防寒着としてはもちろん、そのデザイン性からおしゃれ着としても人気が高いフィッシャーマンニット。秋冬コーデの最終兵器となりえる、その魅力を読み解きます。

    TASCLAP編集部

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

    八木 悠太

    アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

    アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

    機能美あふれるデザインで人気を集めるブランド『エフシーイー』。代表的アイテムであるバッグを中心にウェア類やコラボ品を紹介しながら、その魅力を解説していきます。

    平 格彦

    レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

    レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

    楽チンで機能的な反面少し子供っぽさもあるリュックですが、リッチなレザー製なら大人の日常着ともマッチ。オーバー30世代に似合う上質な革リュックをリコメンドします。

    山崎 サトシ

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

    山崎 サトシ

    BACK