クレープソールが印象的。クラークスのナタリー

クレープソールが印象的。クラークスのナタリー

「デザートブーツ」をはじめ、数々の名作を生み出している『クラークス』。同じく名作「ワラビー」の流れを汲む「ナタリー」にフィーチャーし、その魅力を掘り下げます。

近間 恭子

2019.01.24

クラークス(Clarks)
スニーカー

ワラビーとは違います。『クラークス』のナタリーならではの特徴

『クラークス』は1825年にイギリスで誕生し、当初はシープスキンのスリッパを生産。その後、履きやすさと快適さを追求し続け、カジュアルシューズやコンフォートシューズの原点ともいえる靴作りに取り組みました。これが現在ではブランドのアイコンにもなっている「ワラビー」や「デザートブーツ」の展開へとつながっていったのです。で、本題の「ナタリー」は「ワラビー」の流れを汲んだモデルで、大きな違いは靴底。さらに深掘りしてご紹介していきましょう。

合わせて読みたい:
トレンドに左右されない秀作。クラークスのデザートブーツを履こう

クラークスの傑作ワラビー。押さえたいカラーとおすすめの着こなし

特徴1つま先からかかとまで覆ったクレープソール

1950年代に誕生した「ナタリー」最大の特徴が、底面に加えてつま先やかかともクレープソールで覆った独自のフォルム。これはデザインとしてだけでなく、履き心地にも関係しています。足を包む込むようにクレープソールを施すことによって、弾力性が高まって歩きやすさを向上させるんです。

特徴2細身ですっきりとしたシルエット

「ワラビー」から派生したモデルながら、「ナタリー」は全体的にスマートに仕上げられています。大人でも取り入れやすく、ジャケットスタイルなどの上品なコーディネートとも相性抜群。また、ローカットのデザインも特徴で、セレクトした色や素材によっては、ビジネスシーンでも重宝します。

特徴3色や素材のバリエーションが豊富

発売当初からロングセラーを記録し続けているスエード製のオークウッドカラーをはじめ、「ナタリー」は色や素材のバリエーションが多いのも特徴。色みによって与える印象も異なりますので、どんな着こなしに合わせたいか、どんな印象を与えたいかなどで色や素材をセレクトしましょう。

色や素材で印象変化。ナタリーのラインアップ

「ナタリー」は色や素材によって印象は異なります。それらの違いを解説しながら、ラインアップを紹介していきましょう。

アイテム1ド定番を狙うならスエード製のオークウッドカラーを

スエード製のオークウッドカラーは「ナタリー」の定番であり、発売以来ロングセラーを記録し続けています。ダークブラウンのクレープソールとのコントラストもポイントで、足元に絶妙なアクセントを演出。どんなボトムスとも相性がいいのも見逃せません。

アイテム2ビジネスでも活躍させるならブラックレザーを

スマートなシルエットの「ナタリー」をビジカジスタイルで取り入れるなら、ブラックカラーの表革がベストマッチ。クレープソールやシューレースもアッパーと同色なので、独特なデザインながらも主張しすぎることなく、ビジネスカジュアルの装いにも浮くことなく溶け込んでくれるはずです。

アイテム3カジュアルスタイルに合わせるならブラウンスエードを

オークウッドカラーと並び、カジュアルスタイルと相性がいいのがブラウン。デニムやチノパンなど、あらゆるボトムスにマッチするだけでなく、大人っぽくて落ち着いたカジュアルスタイルに仕上がります。やや濃いめのクレープソールが、足元をさりげなく引き締めてくれますよ。

アイテム4大人っぽくこなれた足元に仕上げるならネイビースエードを

スエードのこなれ感とネイビーならではの落ち着いた大人っぽさを両得できるのがこちら。さらにほかの色&素材に比べ、どこか上品な雰囲気を獲得できるのも特筆すべき点。きれいめパンツからラフなパンツまで幅広くカバーします。

アイテム5洗練された足元を手に入れるならブルーグレーヌバックを

ブルーグレーの美しい色みが目を引くこちらは、ブラックやブラウンなどの定番カラーにはない洗練された雰囲気。さらにヌバックの素材感とナチュラルカラーのクレープソールと相まって、柔らかで優しい印象を与えるのも特徴です。

洒落者はこう履く。ナタリーを取り入れたコーデ例

容姿の独創性が際立つ「ナタリー」をよりおしゃれに取り入れるべく、洒落者たちの着こなしを拝見。同じ色・素材をピックアップしているので、「ナタリー」の汎用性の高さも実感できるはず。

コーデ1ロールアップしたワイドパンツで好バランスを狙う

チェックシャツ×ゆったりとしたミリタリーパンツの無骨で男っぽい着こなしに、ブラウンレザーの「ナタリー」をプラス。パンツをロールアップすることで、スマートな足元とバランスを図っています。すべてのアイテムにアースカラーを取り入れて、着こなしに統一感を持たせているのもポイント。

コーデ2休日セットアップの足元を「ナタリー」で印象的に

カジュアルなブラウンレザーの「ナタリー」も、コードレーンのセットアップに取り入れると上品で大人っぽい印象。さらにライトトーンでまとめたコーディネートを絶妙に引き締めています。あえて素足履きして、「ナタリー」の存在感を高めたところにも注目を。

最後に知っておきたい、お手入れ方法や取り扱いの注意

ほかの革靴とメンテナンス方法は一緒ですが、クレープソールのお手入れは基本的に不要です。ちなみにスエードも栄養補給がマストではないですが、専用のブラシでホコリなどをはらって毛並みを整えることは必須。さらに防水スプレーをアッパーにふきかけておくと安心です。サイズに合ったシューツリーを使用することも忘れてはなりません。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    1枚でもサマになる。長袖ポロシャツが大人カジュアルに効く

    1枚でもサマになる。長袖ポロシャツが大人カジュアルに効く

    ポロシャツと聞くと半袖をイメージする方も多いかもしれませんが、実は長袖も便利。定番の素材からテイスト別の着こなし方、おすすめのアイテムまでを一挙に解説します!

    平 格彦

    ビジネスシューズ20選。頼りになる1足の選び方とおすすめ

    ビジネスシューズ20選。頼りになる1足の選び方とおすすめ

    足元はビジネススタイルの要。見た目はもちろんですが、履き心地も重視したいところです。頼れる1足を見つけるために、選び方のポイントや信頼できるブランドをご紹介!

    近間 恭子

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

    平 格彦

    BACK