大人のための文房具。時代を超えて愛されるモレスキンのノートブック

大人のための文房具。時代を超えて愛されるモレスキンのノートブック

デジタルガジェットに頼りがちな昨今。にも関わらず愛用者が多いステーショナリーが『モレスキン』です。ブランドを代表するノートブックはなぜ選ばれるのでしょうか。

八木 悠太

2019.01.30

モレスキン
雑貨
ブランドまとめ

伝説的ノートブックで知られる『モレスキン』

豊富な種類のノートブックやダイアリー、シティガイド、その他ステーショナリーを展開する『モレスキン』は、1997年にイタリアのミラノにて創業。同ブランドといえば、過去にヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、パブロ・ピカソ、アーネスト・ヘミングウェイ、ブルース・チャットウィンといった名だたる芸術家や思想家に愛されてきた伝説的ノートブックで有名です。

そもそも伝説的と言われるノートブックは、19世紀後半フランス・トゥールの小さな製本所で作られていた名もなきノート。丸い角を持つ黒のカバーに、ゴムバンドと内側のマチ付きポケットが搭載されたシンプルな作りが特徴的です。1986年に製本所の倒産により販売終了となってしまうのですが、現在の『モレスキン』によって復刻されたのです。

多くの人に愛用される。『モレスキン』のノートの人気の理由

スマホやPCが当たり前となっている昨今ですが、現在も『モレスキン』のノートは多くの人に愛用されています。

その最大の魅力は、自在な使い方ができる点。サイズやレイアウトの種類まで豊富に揃っているため自分のスタイルに合わせて使いやすいスタイルを選べます。思いついたことをスケッチ、アイディアメモ、走り書き等、思い思いに書き込める自由度の高さも人気の理由です。

使い込むほどに味が出てくる点も見逃せません。ハードカバーの表紙は、オイルクロスでコーティングされた厚紙を使用。使うほどに経年変化とともに味のある表情になります。これはヴィンテージ好きにはたまらないポイントでしょう。

クラシカルなノートブックの他、デジタル化したシリーズにも注目を。ペーパータブレットにスマートペンで書くとアナログな線や文字がそのままデータ化される仕組みで、『モレスキン』のノートブックならではの自由度はそのままにデジタルでの表現が可能です。こういった点もクリエイティブの職種の方から支持される理由です。

『モレスキン』のおすすめノートブック

まずは『モレスキン』の鉄板といえるクラシカルなノートブックよりおすすめをご紹介します。

アイテム1クラシック ノートブック

ベーシックなデザインと書き味抜群の中性紙を採用した、伝統的なノートブック。栞や拡張ポケット、バンドが付属するのもお馴染みです。サイズは芸術家たちが愛したポケットから、現代的で使いやすいL、XLまでラインアップ。レイアウトはドット、横罫、方眼、無地と4種類、表紙カバーはハード、ソフトの2種類があるので、好みの組み合わせで思い思いに使ってみましょう。

アイテム2リポーター

クラシックが横開きなのに対して、リポーターは縦開きタイプのいわばメモ帳のようなタイプ。サイズはポケット、Lの2種、レイアウトは横罫と無地の2種が揃います。最後の24ページにはミシン目が入っていて、切り離して使うことも可能。こちらも裏表紙内側にはクロス生地で補強された拡張ポケット付き。

アイテム3カイエ ジャーナル

薄くて軽い「カイエジャーナル」シリーズは、背表紙に覗くステッチがアイキャッチとなったデザインが特徴です。表紙は柔軟なカードボード紙を採用。サイズはポケット、L、XLの3種、レイアウトはドット、横罫、方眼、無地と4種類。末尾16ページはミシン目が施され、切り離しが可能。3冊がセットになっています。

種類豊富のダイアリーシリーズ

ノートブックと同様、人気の高いダイアリーシリーズ。5タイプのレイアウトとサイズとカバーの種類の組み合わせでお好みの1点が見つかります。

アイテム4マンスリー ダイアリー

見開きで1か月の予定を書き込めるマンスリータイプ。軽くて小さいポケットサイズは、手帳をコンパクトにしたい人に最適です。お馴染みゴムバンド付きなので、バッグの中でも広がることもなく、メモを挟むことも可能。

アイテム5ウィークリー ダイアリー

大きくて見やすい見開きXラージ(19×25cm)の1週間タイプ。週間のスケジュールを細かく書き込め管理できるので、忙しい方にうってつけ。『モレスキン』定番の拡張ポケット付きで名刺や領主書を入れておける点も便利です。

アイテム6デイリー ダイアリー

日々のスケジュールから打ち合わせ時のメモ、思いついたアイディアなどいろいろ書き込みたい人には、贅沢に1日1ページのデイリーレイアウトの12ヶ月ダイアリーがおすすめ。1年を通して愛用でき、ハードカバーの経年変化等も楽しめます。

革新的なデジタルシリーズ

『モレスキン』の中で最も革新的なアイテムがこちら。Ncode(TM)技術を搭載したノートブックに専用のスマートペン「Pen+」で書くと、手書きのデータをデジタルデバイスへ転送することができるという代物。書き留めた手書きのメモやスケッチをデジタル化することで、編集、整理、共有も楽々。アナログとデジタル、2つの創造性をつなぐエポックメイキングな1点です。

『モレスキン』は、バッグや小物にも注目を

ノートをはじめ、文房具に定評のある『モレスキン』ですが、バッグや財布、ガジェットケースに至るまで、大人のビジネス&ライフスタイルにふさわしいアイテムが揃っています。

アイテム1クラシック バックパック

現代のノマドライフにぴったりな性能と控えめかつ上質なデザインが魅力のバックパック。クラシックノートブックのような落ち着きのある表情はビジネス使いにも最適。自立可能なハードシェル底部構造を採用したり、デジタルデバイスを保護するパッドを搭載するなど機能性にも優れ、15インチまでタブレットやラップトップが収納できる容量も持ち合わせています。

アイテム2リネージ ジップウォレット

使い勝手の良い3方開きのラウンドジップの財布。広々とした室内はカード収納もたっぷり12室用意され、大きめの小銭入れも完備。素材はノートブックのソフトカバーを彷彿とさせる、柔らかな100%ソフトレザー。シボ革だから傷に強く、長く愛用できるでしょう。また控えめでシンプルなデザインなので、トレンドに左右されることなく使えます。

アイテム3ラップトップケース

手書き派だけでなくデジタル派もきちんとサポートしてくれるのが、『モレスキン』のいいところ。ノートの表紙を彷彿とさせるマットブラックのラップトップケースは、ゴムバンド付きのデザインが特徴的。ポリウレタン素材なのでガジェットをしっかり保護しながら持ち運びが可能です。10インチ、13インチ、15インチの3サイズ展開。

アイテム4ジャーニー トラベルライト

旅先で受けたインスピレーションをさっと書きこむといった使い方もされる『モレスキン』のノートゆえに、トラベルシーンでも使いやすいリーディングライトも展開しています。 USBケーブルで充電するタイプで、頑丈なクリップが付属。読書灯としてはもちろん、自転車のライトとしても活用できるのも、うれしいポイントです。

アイテム5ジャーニー ハードポーチ

EVA素材で作られたハードポーチは、ノートブックや文房具、デジタルガジェットやタブレットなどあらゆる収納に活躍するアイテム。XS、S、M、A5、B5、ペンサイズと豊富なサイズ展開で用途によって選べます。肩掛け可能なストラップ付き。シンプルでスタイリッシュな見た目にも惹かれます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ビーチサンダルを街でも履こう! 大人が選ぶならこの14ブランドから

    ビーチサンダルを街でも履こう! 大人が選ぶならこの14ブランドから

    定番のラバー製から上品なレザー製までラインアップが豊富なビーチサンダル。タウンユースにも活躍する大人におすすめのビーチサンダルを厳選してご紹介します。

    近間 恭子

    ヘアスタイリング剤30選。メーカー別のおすすめと選び方

    ヘアスタイリング剤30選。メーカー別のおすすめと選び方

    ヘアスタイリング剤選びに失敗しがち。そんな男性のために、ヘアスタイリング剤の選び方や、人気メーカーから厳選したおすすめの製品等を3つのパートに分けて紹介します。

    編集フカザワ

    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

    山崎 サトシ

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

    編集ムタガミ

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

    菊地 亮

    BACK