七つの海を渡るがごとく。逸品が集う名店ナナミカに行こう

七つの海を渡るがごとく。逸品が集う名店ナナミカに行こう

目の肥えた高感度な大人たちが多く集まる、代官山の人気ショップ「ナナミカ」。アウトドアでも街でも使えるアイテムを多く展開する同店は、今のトレンドにも似合います。

山崎 サトシ

2019.02.01

ナナミカ(nanamica)
ブランドまとめ

アウトドアトレンドをけん引する東京・代官山の名店「ナナミカ」

2003年に代官山に誕生した「ナナミカ」。その名は“七つの海”を意味し、現在のアウトドアトレンドをけん引するショップとして高感度な大人たちから支持を集めています。また、オリジナルラインは『ウールリッチ』や『ニューバランス』を始めさまざまな有力ブランドとのコラボレーションを行うなど、シーンへの影響力も絶大。現在は代官山の本店に加えて、神戸店と福岡店、そして代官山には“都会で楽しむ山”をテーマにしたショップ「ナナミカ マウンテン」も展開し、合計4つの店舗を構えます。

ブランドの定番ステンカラーコートに見る「ナナミカ」のキーワード

「ナナミカ」が誕生以来揺るぎないキーワードとして据えているのが、“スポーツ”と“ユーティリティ”の2つ。つまり、優れた機能性と日常使いしやすさの両立を最重要視しているということです。その指針はオリジナルラインにも色濃く現れていて、たとえば人気定番のステンカラーコートなどは分かりやすいアイテム。ゴアテックスの採用によって本格的機能を持たせつつも、見た目はアウトドアスペックのアウターとは思えないほどミニマルで、街着としても何ら違和感がありません。街使いとアウトドア、どちらの観点も取り入れたブランドやショップは今でこそ珍しくありませんが、その先駆こそが「ナナミカ」なのです。

「ナナミカ」のコンセプトを体現する『ザ・ノース・フェイス』との別注ライン

街でも外遊びでも、ライフスタイルに合わせてフレキシブルに使える……。そんな「ナナミカ」のコンセプトを忠実に表現したブランドが、『ザ・ノース・フェイス』と「ナナミカ」のコラボラインである『ザ・ノース・フェイス パープルレーベル』です。国内でのみ展開される同ブランドのアイテムは、高機能なアウトドア素材でありながらも都市生活者を意識した洗練のデザインが持ち味。まさに「ナナミカ」のテーマ性と完璧に合致しています。そのラインアップの一部をここでいくつかご紹介しましょう。

合わせて読みたい:
まさにアーバンアウトドア。ザ・ノース・フェイス パープルレーベルが狙い目

アイテム1マウンテン ウインド プルオーバー

薄手ながらも耐久性に秀でる20デニールのマイクロリップストップナイロンを素材に使用。製品洗いを施すことで、独特のシワ感を演出しているのもポイントです。くるっと丸めて本体に自己収納できるパッカブルタイプのジャケットなので、トラベルシーンでも大活躍してくれること請け合いです。

アイテム265/35バークレージャケット

ポリエステル65%×コットン35%から成る65/35ベイヘッドクロスで仕立てた1着は、軽量性と速乾性に特化。端正なテーラードシルエットでありながら、アウトドアジャケット感覚で軽快に着こなせます。なお、ウエストポケットは『ザ・ノース・フェイス』のヴィンテージマウンテンパーカがデザインモチーフに。

アイテム3ブック リュック パック

ブランドロゴが隙間なくびっしりと散りばめられた、アイキャッチ効果抜群なリュック。シンプルコーデのアクセントとして取り入れたいアイテムです。デザインベースとなっているのは1970年代に『ザ・ノース・フェイス』が発表したクラシカルなブックバッグ。裏側にポリウレタン樹脂加工を施したナイロンを使っているので、少々水に濡れても問題ありません。

自分の定番が見つかる。「ナナミカ」で今季手に入れたい8のアイテム

最後は、「ナナミカ」のオリジナルラインから放たれるアイテムを厳選ピックアップ。どれも使い勝手とデザインが高次元でクロスオーバーしており、日常生活の頼もしいパートナーとなるはずです。

アイテム1ゴアテックス チェスターコート

「ナナミカ」のゴアテックスコートと言えばステンカラータイプの印象が強いかもしれませんが、よりトラッド顔なチェスター型もリリースしています。3レイヤーのゴアテックス素材を使っており、ハードな雨も余裕でシャットアウト。ややゆとりを持たせたシルエットなので、厚手のインナーを着込むことも可能です。ベーシックデザインでビジネスコートとしてもうってつけ。

アイテム22WAY スプレイコート

デタッチャブル式のライナーが付属したコートのため気温に応じた着こなしアレンジができ、冬・春・秋と3シーズン役立ちます。表地には通気性&透湿性に富む高密度なコットンスプラッシュクロスをセレクト。しかも、撥水・撥油加工で仕上げているので雨や汚れにも強さを発揮してくれます。便利に着回せて、なおかつタフにヘビロテできる1着は気候を問わず重宝することでしょう。

アイテム3クルーザージャケット

耐久撥水加工のマイクロポリエステルタフタ生地で仕立てた1着ですが、まるでコットンのようにしなやかな風合い。フードを取り外せる2WAYデザインであったり、通気性を高めるメッシュを取り入れたりと、各種仕様への注力も光っています。奇をてらわないシンプルな風貌で、多彩なボトムス&インナーと合わせられるというのも大きな美点です。

アイテム4クールマックス ロングスリーブ ティー

いたってスタンダードなルックスとは裏腹に、吸湿速乾性を備えるクールマックス素材をブレンドしているのであらゆるシチュエーションで快適に過ごせます。冬は中着として、そして春夏は主役として活躍必至。清潔感ある見た目の1枚なので、キレイめコーデと合わせるのが正攻法です。

アイテム5『チャンピオン』別注 ハーフジップシャツ

言わずと知れた老舗ブランド『チャンピオン』とのジョイントワーク。フロントにハーフジップを起用することで、スポーツテイストをグッと強めているのが特徴的です。また、コットン×ポリエステルの混紡生地はソフトなうえに洗濯耐久性にも優れています。左胸&左袖には『チャンピオン』のロゴマークをセット。

アイテム6ゴアテックスキャップ

今季らしいやや浅めのジェットキャップは、ゴアテックス素材を組み合わせることで防水性も確保。裏側にはシームテープ処理が施されており、縫い目から水が侵入する恐れもありません。サイドには「ナナミカ」のロゴをさりげなく刺しゅう。フィット感はバックに配されたアジャスターによって調整できます。

アイテム72ウェイトートバッグ

ダメージに強いコーデュラ素材を綾織にしたコーデュラツイルをマテリアルに抜擢しており、頑強性は申し分無し。トート&ショルダーの2WAY仕様になっているため、使い勝手にも優れています。ちなみにデザインは、古き良き時代のゴム引きバッグがイメージソースだとか。内側にはパソコン&タブレットを収納でき、サイドには傘やペットボトル用のポケットを配置。

アイテム8キューブトートバッグ

使い込むほどに味の出るキャンバス素材を使った、ロゴ刺しゅう入りのトートバッグ。アメカジ系のコーディネートと抜群の相性を見せてくれる1品です。しっかりとした厚みのあるボディには撥水加工を施しており、オーセンティックな見た目ながら機能性も優秀。ジャパンメイドならではのていねいな仕立ても魅力の1つです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

    アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

    機能美あふれるデザインで人気を集めるブランド『エフシーイー』。代表的アイテムであるバッグを中心にウェア類やコラボ品を紹介しながら、その魅力を解説していきます。

    平 格彦

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

    平 格彦

    BACK