手の届く名品。スイスを代表する実用時計ブランド、オリス

手の届く名品。スイスを代表する実用時計ブランド、オリス

高価な印象のスイス時計。だが、作りは一流にも関わらず手の出しやすい価格帯のブランドも存在する。『オリス』はその代表格。ビギナーにもおすすめしたい魅力を解説する。

ワダ ソウシ

2019.02.05

オリス(ORIS)
腕時計

実用性と個性のバランス感覚に優れる腕時計『オリス』

1904年にスイスのヘルシュタインで創業した『オリス』は、当時から一貫してリーズナブルで高品質な腕時計を製造している。現代に受け継がれている画期的な機構をいくつか生み出したほか、近年では自社ムーブメントの開発や過去の傑作時計を復刻するなど、業界に大きな影響をもたらすブランドとしても知られる存在だ。また昨今はスウォッチグループやLVMHグループといった巨大グループ企業の傘下に入るブランドが多いなか、『オリス』は独立資本体制を維持することによって個性を失うことなく、今も昔もユーザー本位の“スイス時計界の良心”であり続けている。

ミリタリー・スポーツシーンとともに歩んだ『オリス』。その歴史に触れる

創業当時から高い技術力を持ち、1910年代には300人の従業員を抱える地域最大級の企業となった『オリス』は、機能美あふれるスタイルで本物志向のイギリスやイタリアでも人気を博したという。とりわけパイロットウォッチは定評で、伝統的に力を入れているジャンルといえる。第二次世界大戦では、操作性に優れるリューズと優れた視認性の文字盤が特徴の「ビッグクラウン」をアメリカ空軍に支給し、飛行士たちに絶賛されたエピソードがある。以来、同シリーズは『オリス』のアイコニックなシリーズとして定着しているのだ。

『オリス』はモータースポーツ界でも知られた存在である。世界最高峰のレース、F1においては名門ウィリアムズと2003年にパートナーシップを締結。車体やドライビングスーツには“ORIS”のロゴやマークが確認できるほか、チームカラーを使ったコラボウォッチ、ドライバーとのタイアップモデルなどを発表している。いずれもレーシングスピリットを具現化したデザインで大人気だ。さらには1965年に開発したダイバーズの名品を元に、その美しいルックスを活かしたリバイバルモデルをリリースするなど、とくにスポーツウォッチの分野で機械式時計の初心者でも受け入れやすいコレクションを多数展開している。

『オリス』について語りたいなら、2大機構を知っておけば間違いない

現在では多くのブランドが採用している「ビッグクラウン」と「ポインターデイト」は、もともと『オリス』が発明したとされている。その実用性が認められて広まったのだが、ルーツは今から約80年もさかのぼり、開発背景には“戦争”が関係していた。航空戦が重視されるようになった当時、作戦を成功させるためには航空時計が不可欠になったことで、操作しやすく、読み取りやすい腕時計を追求する過程で両機能が生み出されたのだった。

機構1視認性に優れたデイト表示「ポインターデイト」

カレンダー表示といえば小窓にアラビア数字で表すものが一般的だが、時刻表示をより明確化するために生み出された「ポインターデイト」は、時刻用とは別の針で指し示す手法である。主に時・分・秒に加えて4本目の針をセンターに備え、文字盤外周に表示された“31”までの数字を指して日付を表す。モデルによっては針の先端を個性的なデザインにするなど、時刻表示と区別することによって視認性の上昇に貢献している。

機構2デザインアクセントとしても機能する「ビッグクラウン」

もう1つの『オリス』が生んだ代表的な機能である「ビッグクラウン」とは、大型のクラウン(=リューズ)のことを指し、その操作性を容易にするために開発されたもの。「ビッグクラウン」は、飛行士が厚手のグローブを装着したままでもリューズが操れるようにと、パイロットウォッチでは『オリス』が初めて取り入れたとされており、そのままモデル名としても使われるようになった。現在、同社の航空時計はアヴィエイションシリーズとして統一され、その中に「ビッグクラウン」の名を継ぐコレクションが存在する。

復刻から定番まで。手に入れたい『オリス』の10の名品

1世紀を越えて、スイス伝統の機械式時計の魅力を伝える『オリス』。ターゲットにしやすいプライスながら、プロをも納得させるスペックとディテールを備える。迷ってしまうほどの多彩なコレクションを揃えるが、注目すべき10本を厳選して紹介しよう。

1本目ビッグクラウン オリジナル ポインターデイト Ref.754 7696 4064

「ビッグクラウン」と「ポインターデイト」を両方備える、1938年製のオリジナルのスタイルを踏襲する自動巻きモデル。太陽光の反射を抑えるマットブラックダイヤルに、レイルウェイパターンを挟んで“時”と“日付”を表すアラビア数字を配する。7連式ブレスレットやドーム型プレキシガラスなど、クラシカルな装いにこだわった逸品だ。先端が赤い三日月型の針が日付を指し示す。シースルーバック。ケース径40mm。5気圧防水。

2本目ビッグクラウン プロパイロット キャリバー111 Ref.111 7711 4163

2010年の創業110周年を記念し、開発された久々の自社ムーブメント「キャリバー110」をアップデート。9時位置に小窓表示のカレンダーを追加した「キャリバー111」を搭載する。ビッグクラウンやコインエッジベゼルに代表されるヴィンテージスタイルに倣いつつ、10日間パワーリザーブやそのインジケーター、衝撃や傷に強いサファイアガラス風防などの現代的なスペックやデザインを備えている。シースルーバック。ケース径44mm。手巻き。

3本目ビッグクラウン プロパイロット アルティメーター Ref.733 7705 4164

プロの意見を開発に取り入れる「ビッグクラウン プロパイロット」に、機械式時計では珍しいアルティメーター(気圧/高度計)を搭載するモデル。赤と黄色のポインターが現在高度によって左右に動き、赤が気圧を、黄色が高度を表す。4時リューズを開放することで気圧/高度を計測でき、ねじ込むことで10気圧の防水が保てる。これらの高い機能性が、フランス警察の特殊部隊「GIGN(国家憲兵治安介入部隊)」から絶賛された。自動巻き。

4本目ダイバーズ 65 Ref.733 7707 4064

1965年に開発した伝説的ダイバーズを、ちょうど半世紀後の2015年、外観を忠実にスペックを最新仕様にして復刻した人気シリーズ。オリジナルと同じ10気圧防水のため今日では潜水に適さないカテゴリーに属するが、ボールド体で描かれた夜光付きのインデックスや艶なしのブラックアルミニウムベゼルなど、再現レベルが見事である。ドームシェイプの風防は内面無反射コーティングを施したサファイアガラス製。ケース径40mm。自動巻き。

5本目ダイバーズ 65 Ref.733 7707 4354

「ダイバーズ 65」は豊富なバリエーションを有しており、ベゼルパーツのみ経年変化を楽しめるブロンズを使った趣味性の高いモデルも揃える。ライトオールドラディウムカラーのスーパールミノバで仕上げたインデックス&指針、トロピックタイプのラバーストラップが1960年代製のレトロな雰囲気を演出。写真の40mmサイズのほかに36mmバージョンも存在し、レザーかテキスタイルのストラップほか、ブレスレットも選択できる。自動巻き。

6本目アクイス デプスゲージ Ref.733 7675 4754

ボイル・シャルルの法則を用いた水深計を備える50気圧防水ダイバーズ。水に浸かると、サファイアクリスタル風防の12時位置の小穴から文字盤外周のチューブに水が入り、現在の水深値を表示する。最大深度100mまで計測可能だ。ブラックDLC加工を施した46mmケースに、硬質なタングステン製のミニッツスケール付きベゼルを搭載。ダイビングスーツ上からの装着を想定したエクステンション機能付きのラバーストラップを備える。自動巻き。

7本目アクイス プロダイバー クロノグラフ Ref.774 7727 7154

プロ向けに開発されており、軽量かつ頑強で腐食耐性の高いチタニウム製のケース&ブレスレット、傷がつきにくいセラミックベゼル、飽和潜水に対応する自動開閉式ヘリウムガス排出バルブ、そして100気圧もの防水性能を備えるダイバーズ・クロノグラフ。潜水時間を計るベゼルに「ローテーションセーフティーシステム」を採用する。交換用ラバーストラップと専用工具も収納できる特別防水ボックスが付属。ケース径51mm。自動巻き。

8本目ウィリアムズ クロノグラフ カーボンファイバーエクストリーム Ref.674 7725 8764

モーターレースのトップカテゴリー、F1に参戦するウィリアムズチームとの長年の協力関係を証明するレーシング・クロノグラフ。フォーミュラーカーに使用されるカーボンファイバーとブラックDLC加工したチタンを組み合わせたケースは、スポーティなデザインを形成するとともにわずか90gという軽さを実現する。ウィリアムズのシンボルカラー、ブルーのクロノ針をセット。シースルーバック。ケース径44mm。10気圧防水。自動巻き。

9本目クロノリス ウィリアムズ 40周年 オリス リミテッドエディション Ref.673 7739 4084

1970年に発売された「クロノリス」は、未来的なフォルムやダイヤルで一世を風靡し、アンティーク市場でもレトロモダンの代表作として評価が高い。その傑作をベースに現代解釈を与え、ウィリアムズチーム設立40周年を祝すアニバーサリーモデルとして製作されたのが写真の世界限定1,000本のモデル。ユニークなデザインのブレスレットのほかにNATOストラップが付属する。ケースバックに同チームのマークやシリアルナンバーを刻印。自動巻き。

10本目アートリエ キャリバー113 Ref.113 7738 4061

芸術品のような美しさが特徴の「アートリエ」に、10日間パワーリザーブに加えて月・日付・曜日・52週表示を備える「キャリバー113」を搭載した多針ウォッチ。各種カレンダーを読み取りやすくするため、小窓とポインターを使い分けたダイヤルデザインが秀逸だ。43mmケースの裏はシースルー仕様になっており、精工な自社製手巻きムーブを眺めることができる。バリエーションはシルバーのほかにアンスラサイトがラインアップ。5気圧防水。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    機能も見栄えも欲張る。エドックスが本物志向の大人から密かに人気

    機能も見栄えも欲張る。エドックスが本物志向の大人から密かに人気

    スポーツウォッチの名作を数々輩出してきた『エドックス』は、2007年に日本上陸を果たした。圧倒的なスペック、クールなデザイン、高コスパで市場を席捲し続けている。

    ワダ ソウシ

    誰が呼んだか、“ツナ缶”。セイコーダイバーズの名作は色あせない

    誰が呼んだか、“ツナ缶”。セイコーダイバーズの名作は色あせない

    『セイコー』を象徴するスタイルのひとつに、“ツナ缶”がある。1975年誕生の傑作ダイバーズが採用したこの特異なデザインは、時代を経ても色あせず、新鮮味に満ちている。

    ワダ ソウシ

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    30万円以下で厳選。プロがおすすめする高級腕時計15選

    30万円以下で厳選。プロがおすすめする高級腕時計15選

    高級時計が、なぜ”高級”なのかを理解できるのが、10万円前後から30万円以下の腕時計。このランクの時計を手にすれば、時計趣味の道へまっしぐらです。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK