荒ぶる男のユニフォーム。バーバリアンのラガーシャツが欲しい

荒ぶる男のユニフォーム。バーバリアンのラガーシャツが欲しい

スポーツトレンドを追い風に、人気急上昇中のラガーシャツ。取り入れるならやはりその道のリーディングブランドが正解です。とくれば、狙うべきは『バーバリアン』一択!

山崎 サトシ

2019.02.16

バーバリアン(BARBARAN)
トップス
シャツ
ラガーシャツ

『バーバリアン』の看板商品、ラガーシャツ。ポロシャツとは何が違う?

『バーバリアン』の看板商品、ラガーシャツ。ポロシャツとは何が違う?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ポロシャツと似ているアイテムだけに違いが分からない人も多いと思いますので、まずはここで簡単に解説を。ポロシャツが本来ポロ競技のユニフォームであるのに対し、ラガーシャツはラグビーのユニフォームが原型となっています。フロントが2つボタンor3つボタンで襟付きというのは両者共通ですが、生地はポロシャツと比べがっしり肉厚。激しいプレーの際に怪我をしないよう、ボタンにゴムが使われているのもラガーシャツの特徴です。また、ポロシャツは襟にニット地が使われることが多いのですが、ラガーシャツの襟は基本的に織地を使用。このように、パッと見は似ている両アイテムながら目的の差により細部にはさまざまな違いがあるんです。

ラガーシャツのスタンダード、『バーバリアン』

ラガーシャツのスタンダード、『バーバリアン』

Being 【ビーイング】Being 【ビーイング】

お気に入り追加

そんなラガーシャツのリーディングブランドとして名高いのが、北米最大のシェアを誇るカナダ生まれの『バーバリアン』。ラグビーシャツを押さえるなら、まずこのブランドをチェックしておきたいところです。1981年にわずか2台のニットマシンと6人のスタッフで始動した同ブランドですが、今では世界各国で取り扱われるまでに成長。デザイン・カット・ソーイング・付属品・生地・強度まで徹底的にこだわったラガーシャツは、最高品質と呼ぶに相応しい仕上がりです。

『バーバリアン』のラガーシャツが大人に選ばれる理由とは

数あるラガーシャツブランドのなかでも、『バーバリアン』の支持率は圧倒的。もちろん、それにはきちんとしたワケがあります。ここからは高感度な大人たちから人気を集める理由を紐解いていきましょう。

理由1タフさはお墨付き。高品質さを保証するMADE IN CANADA

タフさはお墨付き。高品質さを保証するMADE IN CANADA

フレームショップフレームショップ

お気に入り追加

創業以来メイド・イン・カナダを貫き続けることで、高いクオリティを維持している『バーバリアン』のラガーシャツ。とりわけボディの丈夫さは突出しており、何度洗い込んでもヘタりません。筆者もリアルユーザーですが、すでに購入から5シーズンが経過した今もバリバリの一軍選手。当然色褪せはありますが、生地のがっしりとした肉感は数十回と洗濯を重ねた今も健在です。

理由290年代トレンドにがっちりハマるレトロスポーツなルックス

90年代トレンドにがっちりハマるレトロスポーツなルックス

Being 【ビーイング】Being 【ビーイング】

お気に入り追加

ゆるっとしたビッグシルエットに色味の効いたボディなど、そのレトロスポーツなルックスは90’sストリートテイスト満点! 実際に当時のファッションシーンでもトレンドアイテムとして君臨していました。90年代リバイバルが全盛の昨今、取り入れない手はないというもの。サラッと着るだけで、コーデに旬な雰囲気を与えてくれます。

どう着こなす? 『バーバリアン』のラガーシャツコーデ

『バーバリアン』のラガーシャツが旬なアイテムだと理解していても、取り入れ方を間違えてしまうと台無し。ならばまず参考にしたいのは、街のおしゃれな大人たち。彼らの着こなしをヒントにすれば、こなれたスタイリングが叶います。

着こなし190’sっぽいムードを出しつつもクリーンに!

90’sっぽいムードを出しつつもクリーンに!

WEARWEAR

お気に入り追加

パーカーにラガーシャツ、ボトムスはワイドパンツと、90’sストリートの香りがするアイテムを中心にスタイルメイク。ただし、子供っぽく見えないようにベージュやホワイトなどクリーンなカラーを落とし込んでいます。ゆるいけど大人っぽい、このバランス感が絶妙です。

着こなし2ラガーシャツの配色が際立つ潔いコーディネート

ラガーシャツの配色が際立つ潔いコーディネート

WEARWEAR

お気に入り追加

マルチカラーのラガーシャツを効果的に際立たせるべく、余計なレイヤードをせずシンプルにコーデ。また、フェードカラーのラフなワイドジーンズを合わせることでリラックスムードを高めています。足元には『コンバース』の白オールスターをセレクトして、軽快感をアップ。

着こなし3アクティブなスタイルをテーラードで格上げ

アクティブなスタイルをテーラードで格上げ

WEARWEAR

お気に入り追加

ラガーシャツ×ショーツ、そして足元はスポサンというスポーティなスタイルがベース。そこにキッチリ感あるテーラードジャケットをオンすることで、大人顔なカジュアルコーデに帰結させました。ラガーシャツも、よりクリーンなノーカラーをセレクトしている点に注目です。ラガーシャツとソックスをボーダーでリンクさせるなど、統一感を高める小技も◎。

定番から別注まで。『バーバリアン』のラガーシャツ

今手に入る『バーバリアン』のラガーシャツを、安定の定番モデルから差別化を狙える別注モデルまで一挙見せ。実に多彩なデザインパターンがあるので、自分好みの1着を探してみましょう。

アイテム112オンス レギュラーロング(PFF42)

12オンス レギュラーロング(PFF42)

フレームショップフレームショップ

お気に入り追加

ネイビー×ゴールドはラガーシャツの王道配色。ボディには少々のことではヘタらない、しっかりハリのあるヘビーウェイトのコットン素材を使用しています。負荷の掛かりやすい脇部分には裏から円形パッチを当てて補強を行うなど、繊細な仕事もさすがの一言。ずっと愛用していけること間違いなしの1着です。

アイテム212オンス レギュラーロング(PFF23)

12オンス レギュラーロング(PFF23)

フレームショップフレームショップ

お気に入り追加

こちらも同じく12オンスのヘビーウェイトコットン製。真っ白な襟にはツイル素材が使われています。そして何と言っても目を引くのが、インパクト大なクレイジーパターン。何気なく1枚で着ても主張あるスタイリングに仕上がります。ボトムスはベージュチノなど、プレーンなデザインのものがGOODです。

アイテム312オンスレギュラーショート(BSSB01)

12オンスレギュラーショート(BSSB01)

フレームショップフレームショップ

お気に入り追加

USA産のハイクオリティなコットンを使い、カナダの工場でフィニッシュ。こちらはショートスリーブタイプなので、長袖カットソーとのレイヤリングも楽しめます。また、ヘビーウェイトのボディは最初やや硬い風合いですが、着込むほどに段々と柔らかなタッチへと変化していきます。

アイテム4『ジャーナルスタンダード レリューム』別注 ラガーシャツ

『ジャーナルスタンダード レリューム』別注 ラガーシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

1990年代に『バーバリアン』で発行されていたカタログを元に、当時のレトロスポーツなムードを感じさせるカラーに別注。ただし、シルエットは今日的にアップデートしています。落ち着きのある配色で彩られた1着なので、ジャケットやきれいめなブルゾンを合わせた大人の着こなしに取り入れやすいはず。もちろん、インナーとしても有能です。

アイテム5『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』別注 ラガーシャツ

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』別注 ラガーシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ゆとりのある『バーバリアン』らしいシルエットは踏襲しつつも、モノトーン基調のカラーにアレンジすることでスマートな印象を形成。ウールパンツなどの品良いボトムスとも好相性を見せてくれる優秀なアイテムです。カラバリではクラシカルな顔付きのワインレッドもラインアップ。

ラガーシャツ以外も。『バーバリアン』のおすすめ3選

揺るぎない『バーバリアン』のアイコンといえばラガーシャツですが、実はその他にも色々なアイテムを展開。最後に、ラガーシャツ以外の秀作アイテムをリコメンドしていきます。どれも丈夫な作りなのはラガーシャツと共通です。

アイテム1パーカー

パーカー

フレームショップフレームショップ

お気に入り追加

ブランドお得意の地厚なコットン生地で仕立てられたプルオーバーパーカーは、ベーシックな無地デザインでインナー&アウターのどちらとしても活躍。フロントにはお馴染みカンガルーポケットがセットされています。ワイドなフィット感を生かして、リラクシングなコーデを作るのが正攻法でしょう。

アイテム2カーディガン

カーディガン

ARKnetsARKnets

お気に入り追加

カーディガンはラガーシャツと同じく、ブランドの創設時より作り続けられているアイテム。ぎゅっと目の詰まった素材感は『バーバリアン』ならではです。裾や袖に配されたイエローのラインが、さり気ないデザインアクセントとして機能しています。プレッピーテイストの装いとも相性良し!

アイテム3カットソー

カットソー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

カットソーも『バーバリアン』が誇る人気アイテムの1つ。ラガーシャツと同様に別注モデルも多くリリースされていて、こちらの7分丈モデルは『ビーミング バイ ビームス』によるスペシャル仕様。当然、生産はカナダにて行なっています。袖先に配された差し色があか抜け感をアシストしてくれます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    インナーダウン専業ブランド、タイオンが気になる!その魅力とアイテム一覧

    インナーダウン専業ブランド、タイオンが気になる!その魅力とアイテム一覧

    ダウンの新定番ブランドとして注目されている『タイオン(TAION)』。多くのセレクトショップで取り扱われる人気モノですが、そこには知って納得の理由があるんです。

    山崎 サトシ

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    人気継続のMA-1や、ここにきて注目度が上昇しているN-3Bやムートンジャケットなど、何かと盛り上がりを見せるボンバージャケット。その魅力を改めて押さえておきましょう。

    那珂川廣太

    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    スウェットシャツは秋の王道ウェア。とはいえ、シーズンごとにおしゃれな着こなし方は変化します。2019年はスウェットシャツをどう着こなすべきか、探ってみました。

    平 格彦

    フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

    フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

    冬のメンズウェアの中でも特に注目度の高いフリース。温かさはもちろん、見た目も申し分ないブランドをピックアップしつつ、それぞれのレコメンドアイテムをご紹介。

    TASCLAP編集部

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

    TASCLAP編集部

    BACK