オーデマ ピゲの格。一目置かれる腕時計の超絶技巧

オーデマ ピゲの格。一目置かれる腕時計の超絶技巧

『オーデマ ピゲ』と聞いてピンとくる人は時計好きでもなければ少ないはず。時計ブランドのなかでも名門中の名門を、ここでしっかり深掘りしてみましょう。

夏目 文寛

2019.02.18

オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)
腕時計

優れたデザインのみにあらず。『オーデマ ピゲ』が担ってきたこと

『オーデマ ピゲ』の創業は1875年にさかのぼります。スイスのル・ブラッシュで設立以来今日に至るまでずっと家族経営を続けている、名だたるブランドが巨大資本に買収されている時計業界では非常に珍しいブランドなんです。そんな『オーデマ ピゲ』の名を一躍有名にしたのが、クロノグラフやミニッツリピーターといった複雑時計でした。高い技術力に加え、芸術性も持ち合わせた作品によって、『オーデマ ピゲ』は、『パテック フリップ』『ヴァシュロン・コンスタンタン』と、スイス時計3大ブランドと並び称されることになります。

優れたデザインのみにあらず。『オーデマ ピゲ』が担ってきたこと

知名度こそ『ロレックス』や『オメガ』『タグ・ホイヤー』などのメジャーブランドに及びませんが、時計業界での立ち位置は、最上級に分類されているのです。現在も創業以来の伝統である超絶技巧を誇る複雑時計で時計マニアを喜ばせる一方、セレブに愛されるラグジュアリーブランドとしての性格を強めています。特に、1972に発表されたスポーツモデル「ロイヤルオーク」の人気モデルは品薄になるほどの人気を誇り、成功者たちのあこがれの1本となっています。

『オーデマ・ピゲ』が成し遂げた、3つの“世界初”

『オーデマ ピゲ』が頭角を現し、現在の地位を手に入れたのは何も長い歴史に根差したものだけではありません。そこには、圧倒的な技術力があったのです。そこで、『オーデマ ピゲ』が成し遂げだ“世界初”をここで紹介します。

その1世界三大複雑機構、「ミニッツリピーター」の開発

世界三大複雑機構、「ミニッツリピーター」の開発

「ミニッツリピーター」とは、現在の時刻を音で知らせる機能のことです。内蔵されたゴングがケースを打つ音の回数で現在時刻を表すという、腕時計のサイズ感を維持しながら搭載するにはなかなか骨の折れる技術です。「パーペチュアルカレンダー」や「トゥールビヨン」と並び、同機構は世界3大複雑機構と呼ばれています。

『オーデマ ピゲ』は世界で初めて、1892年に腕時計に搭載することに成功し、世界にその名を轟かせました。

その2世界初の「トゥールビヨン」の自動巻き化を達成

世界初の「トゥールビヨン」の自動巻き化を達成

宝石広場宝石広場

お気に入り追加

「ミニッツリピーター」の快挙に続いて、『オーデマ ピゲ』は「トゥールビヨン」についても、世界初を達成しています。1986年、世界で初めて自動巻きの「トゥールビヨン」を発表しました。

「トゥールビヨン」とは調速機を回転させることにより、重力の影響をできるだけ小さくしようとした複雑機構のこと。それまでその複雑さから手巻きしか存在しませんでしたが、『オーデマ ピゲ』がはじめて自動でゼンマイを巻き上げる自動巻き機構を実現したのです。

その3デザインでも初。高級腕時計に、“SS”モデルを導入

デザインでも初。高級腕時計に、“SS”モデルを導入

1972年は腕時計の歴史が変わった年です。それまで、『オーデマ ピゲ』のような超高級腕時計ブランドはゴールドをはじめとする貴金属で時計を製造するのが普通でした。ところがこの年、8角形のベゼルを持つ「ロイヤルオーク」が発表されます。素材はSS、ベゼルにはビスが打ちっぱなしとなった、ラグジュアリーブランドによる初のSSスポーツモデルが誕生したのです。

この「ロイヤルオーク」の人気が爆発し、同ブランドが“ラグジュアリースポーツ”という新しいジャンルを切り拓く形となりました。

やっぱり「ロイヤルオーク」。そのデザインとバリエーションを改めて

やっぱり「ロイヤルオーク」。そのデザインとバリエーションを改めて

「ロイヤルオーク」は「ロイヤルオーク オフショア」と2つに大別されます。「オフショア」は1993年に派生したもので、無印版より大ぶり。ラバーストラップを採用することも多く、よりスポーティに仕上がっています。見分け方は、文字盤に施された格子ギョーシェ・タペストリーの大きさ。細かいものが無印の「ロイヤルオーク」、大柄なメガ・タペストリーが「ロイヤルオーク オフショア」と覚えればOKでしょう。元祖「ロイヤルオーク」の直系となる現行モデルは、時計の見本市のSIHH2019(ジュベーブサロン)で発表されたばかりのRef.15500ST。ムーブメントやディテールのアップデートはありますが、アイコニックなデザインは継続しています。

▼ポイント1:天才ジェラルド・ジェンタ氏による洗練のケースデザイン

▼ポイント1:天才ジェラルド・ジェンタ氏による洗練のケースデザイン

20世紀の時計デザイナーで重要とされる人物の1人、それがジェラルド・ジェンタ氏です。『パテック フィリップ』の「ノーチラス」、『IWC』の「インヂュニア」、『カルティエ』の「パシャ」、『ブルガリ』の「ブルガリ・ブルガリ」……。手がけた時計を列挙すれば彼の偉大さが分かるでしょう。

「ロイヤルオーク」はそんなジェンタ氏の出世作として有名です。八角形(オクタゴン)のベゼルに六角形のビスを打ちっぱなしにするという斬新なデザインは、当時の常識を打ち破るものでした。以降、有名ブランドがこぞってSSのスポーツモデルを登場させ、ラグジュアリースポーツは時計の人気ジャンルとして定着していくことになります。

▼ポイント2:スポーティなオフショアクロノや複雑機構モデルまで目白押し

先程紹介した派生モデル「ロイヤルオーク オフショア」やクロノグラフ、ミニッツリピーター、トゥールビヨンを搭載したコンプリケーションモデルなど「ロイヤルオーク」はラインアップも膨大に存在します。多彩なモデル群から、ここで5本を紹介しましょう。

1本目ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ フォージド・カーボン

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ フォージド・カーボン

従来のカーボンをより強化&軽量化し、スーパーカーや航空機にも採用されるフォージド・カーボンをケースに使用。オクタゴンベゼルにはセラミックを採用し、最先端の素材をふんだんに使用したまさに現代における「ロイヤルオーク」を代表する1本です。

2本目ロイヤルオーク クロノグラフ

ロイヤルオーク クロノグラフ

「ロイヤルオーク」のクロノグラフバージョン。ケース径は3針モデルと同じ41mmに抑えた、現代のクロノグラフとしては小ぶりの部類に入るサイズ感も魅力。2時位置、4時位置のプッシャーもオクタゴンで統一するなど、よりエッジの効いた意匠にも注目です。もちろん、完全自社製ムーブメントを搭載しています。

3本目ロイヤルオーク オフショアダイバー ブティック限定

ロイヤルオーク オフショアダイバー ブティック限定

「ロイヤルオーク」のダイバーズモデルがこちら。ダイバーズウォッチに欠かせない回転ベゼルは特徴的なオクタゴンベゼルを損なわないよう、文字盤内に酸素ボンベの残り時間を表示するインナーベゼルとして装備しています。シースルーバックながら防水性能300mを誇る本格派です。

4本目ロイヤルオーク ダブル バランスホイール オープンワーク

ロイヤルオーク ダブル バランスホイール オープンワーク

同軸に2つのテンプとヒゲゼンマイをセットした『オーデマ ピゲ』だけの特許技術。テンプとは規則正しい時刻を刻むためのパーツで、機械式時計の心臓部とも呼べる重要部品です。それを2つ搭載することで、高い精度を安定して刻むことが可能になっています。

5本目ロイヤルオーク トゥールビヨン クロノグラフ オープンワーク

ロイヤルオーク トゥールビヨン クロノグラフ オープンワーク

宝石広場宝石広場

お気に入り追加

お値段4,000万円超え! 家が建つと言われる、まさに雲上ブランドの面目躍如たるプライスです。重力の影響を補正するトゥールビヨンと、クロノグラフという2つの複雑機能を積み、さらに『オーデマ ピゲ』の限定モデルともなると、このくらいしてしまう世界なのです。おいそれと購入はできないでしょうが、参考までに。

「ロイヤルオーク」以外も。『オーデマ ピゲ』のおすすめ

『オーデマ ピゲ』の中では、「ロイヤルオーク」が圧倒的な存在感を誇りますが、もちろん長い歴史を誇るブランドのこと、ほかにも当然傑作シリーズを持っています。ここで2つの有名シリーズを紹介します。

シリーズ1ミレネリー

ミレネリー

エレガントなオーバルケースで有名なのが「ミレネリー」です。オフセットされた針&インデックスと並んで、スケルトンから見えるテンプの美しさはまさに芸術品。実用品というより工芸品という方がふさわしいマスターピースです。このモデルは日本の時計師浜口尚大氏が設計した3D構造のムーブメントキャリバー4101を搭載しています。

シリーズ2ジュール オーデマ

ジュール オーデマ

GMTGMT

お気に入り追加

「ジュール オーデマ」は、創業者の1人であるジュール・オーデマ氏へのオマージュシリーズです。そのため、ブランド初期から手がけるコンプリケーションや、高級感あふれる装飾を施したものなど、『オーデマ ピゲ』の価値観を体現したモデルが多数リリースされています。こちらは、シンプルな3針モデルですが、美しく磨かれたケースや高精度のムーブメントなど、『オーデマ ピゲ』の高いクオリティを感じることができます。

2019年SIHHで発表された、『オーデマ ピゲ』の次世代機

まだ未発売ですが、これからの『オーデマ ピゲ』を語るうえで欠かせなくなるであろうモデルにも触れておきましょう。

2019年のSIHHで新シリーズとして「コード 11.59 by オーデマ ピゲ」が発表されました。3針モデルの文字盤は極めてシンプルでオーセンティックですが、ミドルケースは「ロイヤルオーク」ばりの八角形、かなりエッジィなフォルムです。「ロイヤルオーク」に次ぐ看板モデルとして「オーデマ ピゲ」が投入した最新モデルは、2019年の時計界の一大トピックとなることが予想されます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

    編集ムタガミ

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

    まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

    腕時計とは本来、時を知るための実用的な道具。そんなことを思い起こさせてくれるのが、見た目も機能も誠実に作られた『セイコー ブライツ』のラインアップです。

    増山 直樹

    BACK