日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2019.03.08

日常の良き相棒。男の着こなしには旬シルエットのワークパンツが欠かせない

日常の良き相棒。男の着こなしには旬シルエットのワークパンツが欠かせない

WEAR

WEAR

お気に入り追加

汎用性に優れたオールラウンダーであるワークパンツは、コーディネートに必須のド定番アイテム。そのため、最低でも1本はクローゼットのなかに待機させているという方が多いのではないでしょうか。耐久性が高くてガンガンはけるのはご存じの通りで、日常ばきとして大いに役立ってくれます。

日常の良き相棒。男の着こなしには旬シルエットのワークパンツが欠かせない 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

もちろん、もとは作業服であるため、オーセンティックなモノを選んでしまうと現代的な着こなしとはトゥーマッチです。しかし定番福であるがゆえに、各ブランドから素材やシルエットのバリエーションも豊富に出ているため、チョイス次第ではきれいめにもカジュアルにも振ることができるという美点もあります。今回はワードローブとしてハズすことのできないこのアイテムにフォーカスし、その魅力をお伝えしていきましょう。

種類豊富なワークパンツ。TASCLAP目線で3つのタイプをチョイス!

種類豊富なワークパンツ。TASCLAP目線で3つのタイプをチョイス!

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

そもそもワークパンツとは、丈夫な生地を使った作業用ズボンの総称。つまり、頑丈で動きやすい機能的なボトムスであればワークパンツとして定義できます。しかしそれではあまりにも広義なので、当記事ではワークパンツとしての認識率が高い3タイプに絞ってフィーチャー。なお、ワークパンツの王道であるジーンズはそれ単体で1つのジャンルとして成立した特別枠として除外しています。では、以下よりその3タイプを紹介していきましょう。

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

ウェア・コーデ

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

2021.02.04

種類豊富なワークパンツ。TASCLAP目線で3つのタイプをチョイス! 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1つ目はチノパン。チノクロスと呼ばれるツイル(綾織)の布を使ったボトムスで、過去には米陸軍の軍服として採用されていました。つまり由来は軍モノですが、『ディッキーズ』のイメージもあり現在はワークパンツとしての認識が大きいアイテムです。2つ目は、貨物船(カーゴシップ)の乗組員が作業着として着ていたことに由来するカーゴパンツ。両ももに付いたポケットを特徴とし、これもワークパンツとして一般的です。そして最後はペインターパンツ。もともとはペンキ職人のための作業用ズボンで、ハンマーループやスパナポケットといった独自の意匠がポイントに。他にもまだ種類はありますが、今回はこの基本的な3型に絞って見ていきます。

3つのカテゴリでピックアップ。人気ブランドと着こなし方

チノパン・カーゴパンツ・ペインターパンツはワークパンツという共通項を持ちますが、持ち味は各型でさまざま。ここからはそれぞれのタイプ別でおすすめのコーデ術とアイテムをご紹介していきます。自身のスタイルに合ったものを取り入れてみてください。

▼パンツ1:きれいめのスタイルにも難なく馴染むチノパン

▼パンツ1:きれいめのスタイルにも難なく馴染むチノパン

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワークパンツというカテゴリでありながらも、ツイル生地特有のほんのりとした光沢感のおかげで比較的上品に着用できるのがチノの強み。細身~ジャストのシュッとしたシルエットのモデルであれば、ラフな着こなしはもちろん、写真のようなこなれたジャケットコーデともすんなりハマってくれます。カラーに関しては、ベージュ・ブラック・ブラウンのような落ち着きある色だと大人っぽく仕上げやすくてよりGOOD!

チノパンブランド10選&季節別コーデ。カジュアルもビジネスも男の永久定番をはこう

ウェア・コーデ

チノパンブランド10選&季節別コーデ。カジュアルもビジネスも男の永久定番をはこう

テイストを問わず重宝するチノパンは、ワードローブに欠かせない存在。中でも汎用性が高い実力派ブランドや、季節別のおすすめコーデをご紹介。チノパン攻略の参考にぜひ。

TASCLAP編集部

2021.03.31

ブランド1

『ディッキーズ』874

『ディッキーズ』874

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

チノパンのマスターピースといえばこの「874」。コットン×ポリエステルの高耐久なチノクロスが使われ、表面は水や汚れを弾くスコッチガード加工が施されています。その丈夫さはもとより、着こなし不問の潔いストレートシルエットも持ち味。カジュアルな装いだけでなく、大人っぽい雰囲気のコーデにもハマります。

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

ウェア・コーデ

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

深澤 正太郎

2020.09.02

ブランド2

『ベン デイビス』アクティブワークパンツ

『ベン デイビス』アクティブワークパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヒップ~腿まではリラックスフィットですが、膝から下にテーパードが入っているため、すっきりとした印象。あか抜けたレッグラインで、きれいめな着こなしとも好相性を見せてくれます。ハリ・コシのあるコットンチノ生地で、頑強さに関しても折り紙付き。押さえておいて間違いなしの1本といるでしょう。

ブランド3

『カーハートWIP』マスターパンツ

『カーハートWIP』マスターパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『カーハート』のヨーロッパラインより登場の1本。ほのかにテーパードを効かせたモダンなストレートシルエットで、コーディネートのこなれ感を格上げしてくれます。なお、肉感の良い8.8オンスのツイル生地は、コットン×ポリエステルの混紡仕様。破れにくく乾きやすいという特性があり、ヘビロテに向いています。

ブランド4

『シップス』撥水加工 スリム ストレッチ チノパンツ

『シップス』撥水加工 スリム ストレッチ チノパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ビジネスばきとしても違和感のない、端正なスリムシルエット。縫い目の見えない上品な仕上げのサイドシームや、くっきりと浮き出たセンターシームなど、スラックスを思わせるディテールも印象的です。しかも、生地はナノウイングという撥水・撥油加工でフィニッシュされ、不意の雨や飲みこぼしにも対応できます。

ブランド5

『ファクトタム』ウォッシュチノ2タックテーパードパンツ

『ファクトタム』ウォッシュチノ2タックテーパードパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フランス軍の60’sミリタリーパンツをモチーフとしつつ、シルエットは今日風に昇華。美麗な細身フォルムゆえに、ニットやシャツといった品良いトップスとも合わせられます。そして、硫化染め&ウォッシュ加工を取り入れたこだわりのツイル生地もポイント。ヴィンテージっぽい独特な風合いを最初から堪能できます。

▼パンツ2:太めシルエットで男らしくキメたいカーゴパンツ

▼パンツ2:太めシルエットで男らしくキメたいカーゴパンツ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ほっそりとドレッシーにアップデートされたモダンなカーゴパンツがしばらく人気でしたが、昨今は太さのある武骨なカーゴパンツが改めて支持を集めています。正攻法で男っぽく着こなすのも良いですし、クリーンな着こなしと組み合わせてハズし的に使うのも良いでしょう。また、カーゴパンツはボリュームがある分重たく見えやすいので、足元にスニーカーを合わせたり、裾をロールアップしたりと、軽快に見せる配慮もお忘れなく。

カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

ウェア・コーデ

カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

ミリタリーアイテムのなかでも人気のカーゴパンツ。なかなか知ることのないその歴史や着こなすコツ、大人になじむ1本まで、カーゴパンツにまつわる情報を網羅します。

TASCLAP編集部

2021.05.08

ブランド1

『ア ボンタージ』ファティーグパンツ

『ア ボンタージ』ファティーグパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

モチーフとなっているのは1970年代のUSミリタリーパンツ。当時のモデルを再現したコットンリップストップ生地は、速乾性と耐久性を兼ね備えています。ウォルディス社製のアルミジップを使っていたり、裾にドローコードをあしらっていたりと、細かな部分への注力もお見事!

ブランド2

『アルファ インダストリーズ』ACUタイプカーゴパンツ

『アルファ インダストリーズ』ACUタイプカーゴパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

正統派ミリタリーブランドが手掛けた逸品。大小合計9つものポケットが配されたカーゴパンツゆえに、インパクトは抜群です。さらに、そのスタイリッシュなシルエットも魅力的。ワタリにはたっぷり余裕を与えながらも、膝下はシュっと絞ったメリハリあるワイドテーパード型で、着こなしをセンス良く彩ってくれます。

ブランド3

『ワイルドシングス』タクティカル リップ7ポケット パンツ

『ワイルドシングス』タクティカル リップ7ポケット パンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

テキスタイルメーカーの第一織物社が開発した、ディクロス マウリと呼ばれる特殊生地を駆使したモデル。軽量性と撥水性を持つポリエステル地でありながら、まるで綿のようなナチュラル感を備えているのがその特性です。デザインはミリタリー感の強いM-65フィールドカーゴが基盤ですが、薄手の生地なので重厚すぎず、街ばきとしてもすんなり溶け込みます。

ブランド4

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』ダルPE 6ポケット カーゴパンツ

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』ダルPE 6ポケット カーゴパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

さらりと薄いポリエステルクロスやドローコード式ウエストといった、リラクシングな仕立てが目を引くカーゴパンツ。膝にタックを入れることで立体感&運動性を高めるなど、細部ディテールへの気配りも好印象です。シルエットはワイドストレートで、裾のコードを使えばフォルムの微調整も可。

ブランド5

『アダム エ ロペ』4Dコットンワイドカーゴパンツ

『アダム エ ロペ』4Dコットンワイドカーゴパンツ

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

60日間熟成し、しっかりと空気を取り込んだコットンを使用。放吸湿性や速乾性に秀でるほか、適度なストレッチ感もあるので着用感はすこぶるコンフォートです。また、きれいな綾目のツイル生地で、オトコらしさの中にほんのりと都会感も感じさせます。バリエーションでは爽快なホワイトをラインアップ。

▼パンツ3:ワーク感強めのペインターパンツは太過ぎないシルエットで

▼パンツ3:ワーク感強めのペインターパンツは太過ぎないシルエットで

B:MING LIFE STORE by BEAMS

B:MING LIFE STORE by BEAMS

お気に入り追加

サイド部分にループやポケットがあしらわれているペインターパンツは、今回の3タイプの中でもっともワーク度の高いアイテム。それゆえ、本来のペインターに多いビッグシルエットを選ぶと野暮ったく見える恐れもあります。極端なオーバーシルエットは避けて、ジャスト~やや太めぐらいを選ぶとバランス良くコーデしやすいのでおすすめです。多ポケットの機能的なルックスにつき、アクティブなアウトドアMIXコーデとは特に好相性!

旬モノです。ペインターパンツの人気ブランドと最新コーデ術

ウェア・コーデ

旬モノです。ペインターパンツの人気ブランドと最新コーデ術

ストリート系全盛の'90年代に流行ったペインターパンツが今、復権を果たしています。チェックすべきブランド&コーデサンプルを押さえ、主役として大いに活用しましょう。

山崎 サトシ

2021.03.30

ブランド1

『ビームス』ストレッチペインターパンツ

『ビームス』ストレッチペインターパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トリプルステッチを筆頭に、ハンマーループやパッチポケット、ダブルニーなど、クラシカルなペインターディテールを各所に投下。一方で、旬度の高いテーパードシルエットにより今っぽさもちゃんと封入しています。レーヨンをMIXした程良く薄手のツイル生地を駆使して、季節感にも隙なく訴求!

ブランド2

『スミス』ユニセックスローファーパンツ

『スミス』ユニセックスローファーパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

NY生まれの老舗ワークブランドが放つ1本らしく、ガシっとヘビーウェイトなコットンボディ。ただし、清潔感ある色合いなので上品な着こなしにも溶け込んでくれます。ボリュームを抑えたジャストシルエットも、大人らしく装ううえで好都合! グリーンのステッチによる、さりげない遊び心も秀逸です。

ブランド3

『リー』×『グラミチ』テーパード ペインターパンツ

『リー』×『グラミチ』テーパード ペインターパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ガゼットクロッチやウェビングベルトといった『グラミチ』お得意のディテールを、ペインターパンツと巧みに融合! 高鮮度なハイブリッドデザインに仕上げています。野暮ったさとは縁遠い、シャープなスリムテーパードフィットも持ち味の1つです。素材にナイロンをチョイスしているため、スポーティなコーデに合わせてもOK。

ブランド4

『デイリーストック』×『ジャーナル スタンダード』ペインターパンツ

『デイリーストック』×『ジャーナル スタンダード』ペインターパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

質実剛健な“MADE IN USA”のプロダクト。いっときの流行り廃りに左右されない、長く愛用していける1本です。表面には細かな“綿カス”が浮き出ていますが、これは漂白せずに生地そのものの味わいを生かしているから。この素朴な風合いの綿地が、大人のカジュアルスタイルに奥深さを生み出してくれます。

ブランド5

『マスターアンドコー』×『アーバンリサーチ』ペインターパンツ

『マスターアンドコー』×『アーバンリサーチ』ペインターパンツ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

ベーシックアイテムを得意とする日本ブランド『マスターアンドコー』が展開する製品染めチノパンを、『アーバンリサーチ』がペインターデザインへアレンジ。ワークテイストが一段と強まっています。“やや太”のクセがないストレートフォルムで、多彩なトップス&シューズと高い親和性を見せてくれるのも利点。

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

マスクの下、老け顔になってない? “保湿力”が男のスキンケアには必要だ

男の第一印象を上げるには肌が重要。そして、清潔感のある健康な肌には保湿が何より大切だ。マスクによる肌荒れを恐れない男でいるためのスキンケアの秘訣をご紹介しよう。

SPONSORED by アラミス

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事