MADE IN JAPANの誇り。マスターピースのリュックが大人に刺さる

MADE IN JAPANの誇り。マスターピースのリュックが大人に刺さる

街を歩けば目に入る『マスターピース』のリュック。日本製の確かな品質と秀逸なデザインを兼ね備えることから、今では目の肥えた大人世代にも愛用者が増えています。

山崎 サトシ

2019.03.16

マスターピース(master-piece)
バッグ
バックパック・リュック

30代の日常に寄り添う『マスターピース』のリュック

1994年に産声をあげ、他に先駆けて“ファッションと機能性の融合”を指針に掲げてきた国産バッグブランドの雄『マスターピース』。大阪と兵庫に自社工場を持つことで品質を高い水準でキープしており、多くのバッグブランドが海外生産にシフトするなかMADE IN JAPANを頑なに守り続けています。そんな同ブランドの看板商品といえば、多彩なラインアップを誇るリュック。すでにカジュアルシーンでは圧倒的な着用率を誇りますが、ここ数年はビジネス使いに対応したモデルも拡充し、裾野を広げています。

傑作だらけ。マスターピースのバッグが日本人に愛され続けるワケ

傑作だらけ。マスターピースのバッグが日本人に愛され続けるワケ

誕生から25年が経つ今でも、衰え知らずの人気を見せるジャパンバッグブランド『マスターピース』。なぜ多くの人々に愛され続けるのか、その理由を解説していきます。

山崎 サトシ

高品質は大前提。考え抜かれた収納やギミックがライフスタイルを支える

他のバッグブランドと一線を画す個性的なデザインや、自社工場での縫製による高い耐久性はご存じの通り。しかし、『マスターピース』のリュックが支持される理由はそれだけではありません。優秀な収納性や各所のギミックも、ブランドがこだわりを光らせる部分です。

たとえば、写真の人気型「ポテンシャルver.2」は特にわかりやすいアイテムです。内部には視認性の高いメッシュポケットと、現代バッグの必須仕様となったPCスペースを搭載。さらに、メイン収納部のジップはほぼ270度オープン可能で、大きな荷物の出し入れが容易に行えます。本体サイドにハンドルを設けておりブリーフバッグとしても着用できるなど、着用にアレンジを効かせられる点も流石です。どこを見ても隙のない作りは、デザイナーと職人で何度もトライ&エラーを重ねた結果。もちろん、「ポテンシャル」以外のその他のバッグも細部まで注力されたものばかりです。

『マスターピース』の高いデザイン力が、着こなしに華を添える

スタイリッシュなデザイン性を備えた『マスターピース』のリュックは、ご覧の通り大人の着こなしとも抜群の相性を発揮! コーデにこなれた雰囲気を演出してくれるので、装いを仕上げるラストピースとして有効です。

着こなし1大人のミリタリーコーデにバイカラーリュックでクールさを

ウッドランド迷彩をまとったミリタリージャケットを着こなしの主役に抜擢。アウターがうるさく映らないよう、ボトムスとシューズ、そして『マスターピース』のリュックは黒をベースにブルーを配し、全体をピリッと引き締めています。リュックにポイント的に配されたスタッズがさり気ないアクセント!

着こなし2イエローでリンクさせて一体感ある装いをメイク

愛用のリュックはビッグサイズのカラビナが目を引く定番型「リンク」。バッグとカットソーの色合いをイエローで呼応させることで、統一感のあるコーデにまとめているのが好印象です。Tシャツ&ベージュパンツのシンプルスタイルも、バッグの使い方次第で洒脱なイメージに変化する好例でしょう。

着こなし3ツヤのあるリュックでダークトーンスタイルに抑揚を!

背負ったモデル「ライトニング」は、ヴィンテージのフライトジャケットを思わせる光沢のあるナイロンツイル生地が印象的。表情の良いファブリックが、単調に見えがちなダークトーンコーデにメリハリを描き出してくれます。トップスがッ重厚になった分、ロールアップによる足元の肌見せで重さの払しょくに貢献。

カジュアル&ビジネスで『マスターピース』の人気リュックをピックアップ

最後はカジュアルシーンとビジネスシーン、それぞれのシチュエーション別でおすすめのモデルをご紹介。自身のライフスタイルや着こなしに合わせてセレクトしましょう。日本製の矜持が宿った、珠玉の製品群をご覧あれ!

▼独壇場。趣向を凝らしたカジュアルバッグなら『マスターピース』にお任せ

まずはストリートで群を抜いた着用率を誇るカジュアルバッグからレコメンドしましょう。お得意の異素材切り替えを駆使したモデルは、いずれも存在感満点でシンプルになりがちな季節のコーデのアイキャッチとして奏功。オリジナリティあふれるコラボレートモデルも必見です。

シリーズ1リンク

ロゴ入りのオリジナルカラビナがセットされた「リンク」は、容量13Lのやや小ぶりサイズ。コンパクトに持ちたい人にうってつけです。ボディのナイロンツイルは特殊加工で仕上げており、強いコシを持たせています。サブ素材として組み合わせたのはタンニンなめしのナチュラルレザーで、使い込むと趣のある飴色へと顔付きを変えていきます。

■DATA
W29×H42×D11.5cm

シリーズ2ハンター

アウトドアテイストなボリューム感あるルックスと、配色の切り替えが特徴的な「ハンター」。高強度ナイロンを防水透湿フィルムでラミネート加工し、さらにトリコットナイロンを貼り合わせた3レイヤー構造のオリジナル素材“マスターテックス”を使うことで、高い機能性を実現しています。また、付属のレザー部分も防水加工されているので日常使いにも安心です。

■DATA
W35×H56×D17cm

シリーズ3ポテンシャルver.2

ブランドを代表する人気リュックは街映えする大胆な風貌。こちらも素材には高機能な“マスターテックス”を使用しています。底面部分は擦れに強い1680デニールナイロン製で、裏面には防水性を高めるPVC加工を施しました。加えて、ショルダーストラップ部分にも注目。NASAのために開発された温度調節素材、“アウトラスト”を取り入れて快適な背負い心地を叶えています。

■DATA
W32.5×H54×D18.5cm

シリーズ4サーパスver.2

摩擦・引き裂き・すり切れに強い高耐久ポリエステル生地をテフロン加工し、撥水性も隙なく付与。コンビネーション素材は素朴な風合いのヌメレザーで、こちらは職人がハンドワークでバフィング&アイロンを行なっています。サイドジップから内部にダイレクトアクセスできる便利構造も高評価で、中にはラップトップ用のスペースも装備します。

■DATA
W25×H42.5×D13cm

シリーズ5『マスターピース』×『ファンダメンタル』コラボバックパック

実力派ファッションブランドとのコラボレーションモデル。『マスターピース』の定番モデル「ゲーム」をベースとして、『ファンダメンタル』お得意の襤褸(ぼろ)を高度なデジタルプリントによって表現しています。非常に精密なプリントゆえ、その色合いは本物の襤褸布かのような見栄えに。言わずもがな使い勝手も優秀で、メインルームは内部にメッシュポケットが付属し、背面側の荷室にはノートパソコンが収納できます。

■DATA
W30×H47×D20cm

▼ブランドらしさを生かした、才色兼備なビジネスリュックも用意

ビズシーンでも違和感のない、端正な顔立ちのリュックも多数スタンバイしているので見逃し厳禁。ウィークデーの着こなしをスマートに彩ってくれます。シーンに即した機能面も心強く、プライス以上の活躍が見込めそう!

シリーズ1スリック

ポリエステルをベースとして、ドイツ製樹脂とイタリア製のリリースペーパーを組み合わせた高強度素材をピックアップ。一般的なコーティング生地に比べ数倍の通気性&加水分解耐久度があるため、表面劣化に強いという特性もあります。シックな見栄えでビジネスコーデに合わせやすいうえ、キャリーケースに接続できる構造のためトラベルシーンでも活用できそうです。

■DATA
W27×H40×D11cm

シリーズ2デンシティ

「デンシティ」は根強い人気を誇る定番シリーズのひとつ。オールブラックでシャープに仕上げたこちらのモデルは、コットン×ナイロンのヘリンボーン生地に特殊なPVCコーディングを施し、高次な撥水性を与えているのもポイントです。その上にはさらにポリウレタンでコーティングし、耐久性を一段とアップ。コンビ素材には起毛感のあるカウレザースエードを使いました。

■DATA
W28.5×H42×D13.5cm

シリーズ3ストリーム

ブランド独自の“マスターテックス“素材により、圧巻の耐久&防水性を実現。組み合わせた北米産のステアレザーも防水防汚性に秀でているので、雨の日でも臆することなく着用できます。メイン収納室は荷物がセパレートできる仕様になっており、仕分けも容易。ショルダーストラップを収納して、ブリーフケースとして持つのもOKです。

■DATA
W34×H49.5×D15cm

シリーズ4ライトニング

極めて密に織り上げたナイロンツイルを使用した、やや小ぶりなスクエア型リュック。表面は超撥水コート、裏面はポリウレタンコートでフィニッシュしていて、水への強さは折り紙付きです。タンニンレザーを織り交ぜてほんのりと上質さをまとわせているのもGOOD。ショルダーストラップはクッション性に秀でていて、肩への負担を最小限に抑えます。

■DATA
W25×H43.5×D13cm

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “ならでは”の高機能。トゥミのリュックがビジネスシーンで活躍必至

    “ならでは”の高機能。トゥミのリュックがビジネスシーンで活躍必至

    タフで機能的なビジネスバッグの代名詞『トゥミ』において、ブリーフケースに続いて最近はリュックの人気も急上昇中。大人たちが欲しくなる魅力とおすすめモデルをご紹介。

    近間 恭子

    ポーターは財布もおすすめ。大人向きなレザーウォレット、集めました

    ポーターは財布もおすすめ。大人向きなレザーウォレット、集めました

    日本鞄界の重鎮なだけに『ポーター』はバッグのイメージが根強いもの。ですが、実は財布の品揃えも充実しています。財布の魅力から、おすすめモデルまでをまとめてご紹介!

    近間 恭子

    男もフルラ。洒落者たちが支持するバッグ&革小物

    男もフルラ。洒落者たちが支持するバッグ&革小物

    おしゃれな大人の女性が持つブランドというイメージが強い『フルラ』。しかし近年はメンズコレクションにも注力しており、高感度な男性の間で着用率が高まっています。

    山崎 サトシ

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    BACK